PENTAX 67_4111-2_R

2017年2月8日

銀塩風冬の小さな祠

今日から3日間、けーいち(K-1)くんのモノクロームをご紹介したいと思います。

初日の今日は、お馴染みの雷土新田の小さな祠です。

毎度ご紹介しております、定点撮影ポイントです。

新機材導入の際には、いつもお世話になっている場所でもあります。

先日も、カラーVer.をご紹介いたしました。

本日は、モノクロームにて♪

imgp0306_r

imgp0304_r

imgp0305_r

imgp0307_r

1,3,4枚目:FA31mm Limited

2枚目:SMC Pentax 50mm/F1.2

如何でしょう?

一瞬、フィルムか?と思うようなトーンなのでございます。

Lightroomでのポストプロセスでも徹底的にフィルムのような描写を意識してみました。

先日、バケペンでの雷土新田の祠をご紹介しましたが、それと見まごうほどの描写です。

バケペンでのフィルムは、確かにポジ並みのハイコントラストと高精細な描写のADOX CMS20Ⅱでしたが、それでもこれには正直驚きました。

これまで、K-5やK-7でも同じようなことを試みました。

でも、トーンが足りないのか、暗部を起こそうとするとHDRのような、いかにもデジタルチックな描写になっておりました。でも、けーいちくんでは余裕を持って実に自然にトーンがもりもり出てきました。

もちろん、それを支えているのはこの2本のレンズの力も大きいと思います。

でも、やっぱりけーいち恐るべしなのでございます。

こうなると、本当にフィルムが必要なくなってしまいます~^^;

明日も引き続き、けーいちくんでのモノクロームをご紹介したいと思います。

 

さて、今回のけーいちくん導入に当たりまして、Lightroomも新調しました。

K-1購入のキャンペーンで、Lightroom CC(+Photoshop CC)が一年間値引きというのに釣られました^^;

出来ることが大きく増えたか?と言われると、そんなことないように思います。

まだ、違いについては検証しきれておりません~^^;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。