PENTAX 67_4111-2_R

背比べ♪

kowa-six_4102_r

雪国の消火栓は背が高いです。

息子はまだ負けておりますね^^;

息子の身長は、140㎝程ですから、この消火栓は150~160㎝はあるのでしょうかね。

消火栓に沿うように建てられた竹の棒は、更に更に高く3m以上付きだしております。

これは、積雪でこの消火栓が見えなくなったときに、除雪車が誤って消火栓にぶつかって倒してしまわないようにするための目印です。

この辺りの積雪量は、今は2mを超えることは稀ですが、除雪車が道路脇に雪を積み上げますので、歩道の辺りは軽く2mを超えてしまうのです。

 

さて、このお写真は一時帰国最終日の夕方に撮影しました。

残り1枚分だけケロちゃんに残っておりました。

日没後で、かなり暗かったです。絞り開放でSSは1/8でした。

それでも、露出は足りませんでしたね^^;

息子に、「動くなよ~・・・」と言いながら撮っておりました^^;

雪ん子、さて、いつになったらこの消火栓を抜くかな?


10件のコメント

  1. yuta より:

    こんにちは
    高い消火栓そして目印の竹の棒
    雪国ならではですね。

    このところ日本海側は大雪に見舞われてます。
    山陰地方は大雪の記録が出ているようです。

    • 皐月の樹 より:

      yutaさん
      こんにちは~!
      はい、雪国では消火栓やガードレールなど、道端にあるモノには、この竹の棒が等間隔で結わえ付けられます。
      これがないと、除雪車が全部ぶっ壊していきますので・・・^^;
      また、大雪の様子ですね。
      西側が結構大変になっているようで・・・。
      妻に聞くと、越後も多少吹雪いているようですが、積雪はさほどでもないとか。
      こちらの気温は、-10~-12℃くらいです。
      1月半ばの大寒波の際は、-17℃まで達しましたので、今回はまだ・・・と思っておりますが^^;
      いずれにせよ、気を付けなければですね。
      これが今シーズン最後の大寒波となりますでしょうか?

  2. 黒顔羊 より:

    雪国の消火栓は背高のっぽなんですねえ。^^
    やはり地域の特色に合わせた設計になっているんですね。
    S君、すぐに追い抜くと思いますよ。
    毎年、ここで定点観測をするとか、面白いかも♪
    それにしても、1/8秒ですか・・・見事に止めてますねえ。
    ウェストレベルは、慣れると結構、緩速シャッターができますけど、素晴らしい人間三脚ぶりです。^^

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      そうですね~、すべてがこのタイプではないのですが、私が住む地域の消火栓はこの背高のっぽが多いです^^;
      除雪車が雪を歩道に掻き上げるので、この高さでもすぐに埋まってしまいます^^;
      実際に火事になったら、まずは消火栓を掘り起こさないといけません^^;
      なるほど♪ 息子を使って定点撮影ですね!それは面白いかもですね~♪
      いつになったら、追い抜くか? 見ものですね^^;
      いや~、何とか止まってくれてラッキーでした^^;
      仰る通り、ウェストレベルはホールディング性が良くて、低速シャッターにも何とか耐えてくれます。
      ケロちゃんも、85㎜を付けると、なかなかバランスが良いです♪

  3. Lucian より:

    こんにちは。
    背の高い消火栓は初めて見ました。
    所変われば品変わるなんですね。
    凍結防止に焼酎を入れるというのは聞いたことがあります。
    身長が1年間に5~8cm伸びるとすると、あと4、5年くらいで追いつくでしょうか。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      長岡市には、このタイプの消火栓が結構あるんですよ。すべてではないのですが、
      お隣の小千谷市などでも、この背高のっぽを見かけます。
      でも、一方で、更に雪深い南魚沼辺りに行くと、もう少し背の低いタイプです。その代わり、小さな専用の小屋の中に居ります^^;
      仰る通り、所変わればで面白いのでございます。
      凍結防止に焼酎ですか~!それは知りませんでした。
      それもまた、面白いですね~^^;
      息子、小6くらいにはこの消火栓くらいになってますかね^^;
      また、それも楽しみにしながら撮ってみたいと思います♪

  4. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    今日のお写真、とても勉強になりました。自分の概念では消火栓の高さは全国
    ほぼ同じ高さと思っていましたが、地方によって違うんですね。
    確かに背が低ければ、雪に埋まってしまいますね。色は赤色ですか?
    この写真は社会科の授業で使えます。長岡市は社会科の教科書にも紹介されて
    いますよ。豊田市も5年生日本の工業で、自動車の街として取り上げられてい
    ます。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      長岡やお隣の小千谷市の消火栓は、この背高のっぽが多いです。
      街中に行けば、普通の背の高さのがございます。街中は雁木がありまして、通りには雪が積もりにくいんです。
      色は赤色です。
      なるほど、社会科の授業ですか。確かに、他の地域の方がご覧になると、びっくりされるかもしれませんね。
      豊田市、なるほどまさに自動車の街ですね。
      日本を代表する産業ですし、子供達には知ってもらいたいですよね♪

  5. フィルガソ より:

    おお~、SSは1/8、これは人間三脚ですね^^;
    お見事です!
    そして、坊ちゃんも偉い!
    お父ちゃんの言う事をちゃ~んと聞いて、しっかり止まっております(^^)v
    しかし、この消火栓の背の高いこと・・・^^;

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      何とか止まってくれて、ラッキーでした^^;
      息子も、消火栓に寄っ掛かっていたので、止まれていたようです^^;
      1月4日の午後5時過ぎでしたが、結構暗かったです^^;
      お月様が上がっていて、既に明るかったですし^^;
      こういう時の為に、ISO400のB&Wフィルムが欲しいですね^^;
      長岡市や小千谷市で見かける消火栓には、こういう背高のっぽが多いんですよ~♪
      普通のタイプですと、冬場、いざ使うとなると雪から掘り起こすのがとても大変なので^^;
      おまけに、余りに低いとこの竹を結わえ付けてもまっすぐ立たなくて、場合によっては除雪車に消火栓が弾かれてしまいます。そうなると・・・大噴水に~^^;;;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。