PENTAX 67_4111-2_R

猫が誘うヒカリトカゲ

暫く越後のお写真が続いておりました。

この辺りで、韓国の近況をお届けしようと思います。

近況と言っても、もう1カ月近く前のお写真ですが^^;

1月の半ば頃の週末、お天気が良かったのでパジュのアパート近くをお写歩に出かけました。

晴天で太陽の光が燦々と指しておりましたが・・・気温は氷点下でした^^;

ある一画が気になりスナップしていたところ、ある猫が目に入りました。

この日の最高気温-5℃・・・^^;

炬燵で丸くならなくて良いのか?と思いつつ。

日差しがあったせいか、そのにゃんちゃんも日向ぼっこしていたようです。

近づこうとすると、歩き出しました。

そのまま後をついて行って見えてきたのがこの風景でした。

IMGP0671_R

IMGP0672_R

IMGP0673_R

IMGP0663_R

IMGP0668_R

やはり、冬枯れの木のヒカリトカゲは迫力満点ですね~♪

おまけにパラレルワールドな雰囲気満点♪

にゃんちゃん、ありがとう~!

 

さて、今日のレンズは久々登場のFA43㎜ Limitedです。

パンケーキタイプながら、F1.9と明るく実に使いやすいです。

43㎜という画角も、標準としてスナップに最適と感じます。

やはりけーいちくんで使うとしっくりきます。

暫く、けーいちくんとこのレンズを使い倒さねば!と思った次第でございます♪


10件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    うぉぉぉ、素敵なヒカリトカゲです。
    お日様の光があれば、真冬でも被写体には事欠きませんね。
    氷点下5度の大気の中で生きる猫さんですか・・・
    自前の毛皮だけで、健気ですねえ。
    うちの街の地域猫さんたちは、発泡スチロールとアルミホイルを使った特殊シェルターがありますが、普通は吹きさらしの場所で寝てます。
    パジュの猫ちゃんたちのためにも、早く春になってほしいものです。

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      はい~!猫ちゃんが誘ってくれました♪
      仰る通り、極寒の地にも、太陽は燦々と降り注ぎますので、ヒカリトカゲはちゃんと居りましたv^^
      野良ちゃんや、野生動物にとっては、ここパジュはかなり厳しい生活環境だと思います。
      よく分かりませんが、三好猫の会・・・のようなボランティア団体もなさそうですし。
      時折、町はずれの民家や食堂の端っこに、野良ちゃん向けの餌の容器が置いてあることはございますが。
      でも、この極寒の中、どうやって生き延びているのか?
      少々不安になります。
      この時出会った猫ちゃんは、なかなかどっしりとした感じで、堂々と歩いておりました^^;
      仰る通り、春が待ち遠しいことと思います。

  2. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんにちは
    猫ちゃんが素敵な場所に連れて行ってくれましたね。
    いつも歩いているウォーキングロード沿いの空き地に野良猫ちゃんが
    ひなたぼっこをしています。近づいても逃げようとしません。
    最近、いないのでちょっと心配しています。
    ウォーキング仲間の方がいつも餌を持ってきているようです。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      はい、そうなんですよ♪
      最初、「お、猫だ!」と思い、写真を撮ろうと思って、様子を伺いながら近づいていきました。
      すると、逃げる様子ではなかったのですが、のそのそと歩いていきました。
      付いて行った先が、ここでした。
      おお~、そちらのウォーキングロード沿いにも猫ちゃんがおりますか。
      逃げないという事は、地域の方から良くされているのでしょうね♪
      普段見ている猫ちゃんが、見かけられなくなるのは心配ですね。
      恐らく縄張りを持っているでしょうから、滅多に他の場所には行かないと思うのですが。
      たまたま別の場所を巡回中・・・かもしれませんね^^;

  3. iwamoto より:

    猫が誘ったというだけで、ひと味加わるんですね。
    俄然、魅力が増すようです。
    マイナス5℃では、猫の足も凍るのではないかと心配です。
    光を感じながら歩いて欲しいですね。
    振り向いてはくれませんんでしたか〜。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      仰る通りで、ここで猫の存在がなかったら、面白くないですよね~^^;
      猫ちゃんのお陰ですね♪
      こういうヒカリトカゲの存在を教えてくれ、更にお写真に雰囲気を与えてくれました。
      -5℃は、猫ちゃんにとっては厳しい環境だと思います。
      この猫ちゃんも、その厳しい中を生き抜いてきたのだな~と思いました。
      その力強さを感じました。
      振り向いてはくれませんでした^^;
      堂々と、我が道を行ってました♪

  4. Lucian より:

    こんばんは。
    偶然ですが、今日はブログで木の話題が多い日でした。
    先ほどは外国の竜血樹の話をコメントしてきたところです。
    血のように赤い樹液が出る南国の木です。
    その連想が続いているので、写真を拝見すると、木の枝やその影が静脈に見えてきました。
    どちらも自然界にあるフラクタルな形なので、共通する合理性があるのでしょう。
    面白いと感じる理由の一つかもしれないですね。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      おお~、木の話題が多かったのですね。
      確かに、iwamotoさんのところは樹でした^^;
      竜血樹・・・ですか~。初めて聞きました。
      赤い樹液ですか~。流れている様子を見ると、驚くでしょうね~^^;
      呪いを感じてしまったり・・・^^;
      静脈ですか~^^;
      確かに、同じような造形でございますね。
      自然界に存在するフラクタルは、フォトジェニックですよね。
      そこに見る、規則的な法則を発見した時は、嬉しくなります。
      実に面白いですよね♪

  5. フィルガソ より:

    おおお~、これは先日FBで拝見させていただいたニャンコお写真ですね!
    素晴らしい妖艶なヒカリトカゲが待っていたのですね(^^)v
    錆銀好みの荒廃した雰囲気がツボですね~♪
    このニャンコの後姿も哀愁に満ちておりますね^^;

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      はい~、FBでお贈りしたお写真でございます~^^;
      はい、あのにゃんちゃんがこのヒカリトカゲを紹介してくれました♪
      ここはアパートのすぐ近くなのですが、この一画だけ古い建物が片間っておりまして、錆銀好みの雰囲気なんですよ~♪
      困ったら、ここに来ようかな~と思っておりますv^^
      このにゃんこ、なかなか堂々とした風格でございました^^;
      のっしのっしと歩いて行っておりました。
      でも、寒かったと思うんですよね~^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。