PENTAX 67_4111-2_R

豪雪の始まり駒ケ岳

pentax-67_4110_r

pentax-67_4111_r

昨日は守門岳。

今日は、やっぱり越後三山の一つ、駒ケ岳で参りましょう~♪

私が一番好きなお山でございます。

駒ケ岳の麓、桐沢地区の最も山深い場所です。

いつもご紹介する十二神社が佇んでおります。

この辺りは、例年5mを超える積雪がございます。

私が大晦日に訪れた時は、まだまだ少なくて、せいぜい膝下と言う感じでした。

今年は少ないかな~・・・と思っておりました。

が!

この記事を書いております1月19日時点で、南魚沼市は累積積雪量3.8mを超えたそうです^^;

この辺りは更にもう少し多いはずですので、4m超えているかもですね^^;

やっぱり例年通りですね^^;

これで、また今年の夏場の水も確保されることでしょう♪

そしてまた、美味しいお米が出来ることでしょうv^^

 

さて、この年末年始の一時帰国では、バケペンにADOX CMS20Ⅱを詰めて、2ロール消化致しました。

今日のお写真は、その中からのご紹介でした。

このADOXは、一昨年の11月に入手したものでした。かれこれ1年以上経ってしまいました^^;

心配していたのは、現像液でございました。

ADOXは専用の現像液で現像しております。フィルム6本と専用現像液6本現像分セットで購入しております。

最後のフィルム2本の消化が遅れてしまい、残っている現像液の状態が不安だったのです。

でも、現像してみてこの通り♪

問題なくて良かったです。

このフィルム、やっぱり光の弱い冬、そして雪景色を描写させるとぴか一の仕事をしてくれるな~と思いました。


6件のコメント

  1. iwamoto より:

    2枚目の雪原の白さ、明る過ぎない明るさ、気持ちが良いです。
    これが写真というものだ、そう言われれば、確かにね、と答えるべきでしょう。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      2枚目・・・ありがとうございますm(_ _)m
      この時は、ご覧の通りの曇天で、雪も曇りがちでございました。
      その中に、駒ケ岳の上空の雲が僅かに明るく、印象的でした。
      以前、マレーシアの写真家の人に、雪は白いものだろう、と言われました。
      ゾーンシステムでは7以上ではないか?と。
      でも、曇天化の雲はグレー(ゾーン5)ですし、山や木の陰にある雪もまたグレーですよ・・・と答えました。
      そうなんだ・・・と仰ってました。
      ご覧になったことが無い方にとっては、やはり雪は白なのでしょうね。

  2. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    「駒ヶ岳」という名前の山、多いですね。愛知の近くには「木曽駒ケ岳」
    家内の実家の山梨では「甲斐駒ケ岳」があります。興味があったので、
    調べてみると、「駒ヶ岳」という名の山が全国各地にあるのは一種の流行で、
    人々が大好きな馬を意味する縁起の良い駒の字を使いたいので、山名に多く
    用いられているようです。あるブログに書かれていましたよ。
    勉強になりました。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      仰る通り、日本には駒ケ岳と名の付く山は沢山ございますよね~。
      その中でも、木曽駒、甲斐駒は実に有名ですね♪
      そのお山を眺められるyamaboushiさんが羨ましいですv^^
      私も、以前越後駒から端を発して、駒ケ岳について調べたことがございました。
      仰る通り、山の背に似た山を駒ケ岳と名付けたようで、人々の馬への思い入れを感じますね。
      牛でもいいのに・・・とも思いましたが^^;
      ブログをやっておりますと、本当に色々と勉強になりますよね!
      ありがとうございます!

  3. フィルガソ より:

    まず、バケペンにADOX CMS20Ⅱ、強烈なインパクトですね!
    私も使ってみたいけど、お高いし現像液も専用なんですよね^^;
    しかし、雪があると、あの十二神社もまったく違った印象ですね。
    現像液ですが、私も先日作ってから7ヶ月経過したSPDを使いました。
    心配だったのですが、全く問題ありませんでしたよ(^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      バケペンにCMS20Ⅱ・・・仰る通り、強烈なイメージを作ってくれます!
      105㎜は勿論凄いのですが、この45㎜もなかなかに切れ味の良いレンズです。このフィルムとコラボしますと、超絶な解像感で、まるでデジタルみたいです・・・^^;
      確かに、このフィルムは結構値が張りますよね~^^;
      私も、1年に1回しか買ってません^^;
      ただ、現像液も含めて6本で6000円ほどなので、PanF⁺50よりはお値打ちなんですよ。
      でも、やっぱり普段使いはネオパンが一番いいですね^^;
      現像液、心配だったのですが、問題ございませんでした♪
      おお~、作って7カ月も大丈夫でしたか!
      私は、もっぱらミクロファインなのですが、あれは液にする前が粉末状なので助かります♪

iwamoto へのコメント

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。