PENTAX 67_4111-2_R

2017年2月19日

鉛色の空が板につく風景

imgp0251_r

 

imgp0263_r

imgp0260_r

imgp0256_r

imgp0255_r

imgp0265_r

imgp0273_r

imgp0268_r

imgp0284_r

冬の越後は鉛色・・・印象としましてはほぼ8割はそんな空を眺めているように思います^^;

これでも、良い天気の方なのです。

時折、青空が顔を出したかな~・・・と思ったら、あっという間に次の雲に覆われる。

学生時代、太平洋側出身の同級生などは、越後の冬場が憂鬱だと言っていたのを思い出します。

あちらでは、冬と言えば青空・・・なのだとか。

所変われば・・・ですね^^;

私は、ずっと日本海側で暮らしてきましたので、これが当たり前なのですが。

時折見せる、透き通った青空は、得も言われぬ美しさなのでございます♪

そんな青を反射する、川面や雪面もまた美しく♪

越後の冬空も、悪くないのでございますv^^


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。