PENTAX 67_4111-2_R

鉛色の空が板につく風景

imgp0251_r

 

imgp0263_r

imgp0260_r

imgp0256_r

imgp0255_r

imgp0265_r

imgp0273_r

imgp0268_r

imgp0284_r

冬の越後は鉛色・・・印象としましてはほぼ8割はそんな空を眺めているように思います^^;

これでも、良い天気の方なのです。

時折、青空が顔を出したかな~・・・と思ったら、あっという間に次の雲に覆われる。

学生時代、太平洋側出身の同級生などは、越後の冬場が憂鬱だと言っていたのを思い出します。

あちらでは、冬と言えば青空・・・なのだとか。

所変われば・・・ですね^^;

私は、ずっと日本海側で暮らしてきましたので、これが当たり前なのですが。

時折見せる、透き通った青空は、得も言われぬ美しさなのでございます♪

そんな青を反射する、川面や雪面もまた美しく♪

越後の冬空も、悪くないのでございますv^^


12件のコメント

  1. yuta より:

    こんにちは
    雲の間から青空がのぞいても寒々しく見えます。
    雪が降ってもすすきは元気ですね^^。

    • 皐月の樹 より:

      yutaさん
      こんばんは~!
      そうですね~^^;
      雪があるだけで、寒そうですよね^^;
      越後は、この曇天のお陰で、日中の最高気温はそれほど上がりません。
      でも一方で、ずっと曇っておりますと、放射冷却もなく最低気温はそれほど下がりません。
      その為、一日の気温差は小さいことが多いです。最低気温-1℃、最高気温0℃・・・みたいな日もございます^^;
      この時の雪はさほどでもなく、まだススキさんも元気に(?)立っておりました^^;
      でも、今頃は完全に雪の下だと思います^^;

  2. 黒顔羊 より:

    うむ~、鉛色ですねえ。
    日本も、日本海側と太平洋側では、気候がかなり違いますね。
    こういう鉛色の雲が覆うときもありますが、夏と見まがうような積乱雲が出る時もありますもんね。
    こういうお天気を撮るには、ダイナミックレンジの広い機材が必要になりますねえ♪

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      はい~、日本海側の冬は、こういう雰囲気の日が圧倒的に多いです・・・–;
      仰る通り、太平洋側とは大きく違いますね^^;
      いつも、黒顔羊さん達のブログのお写真を拝見しながら、そう思っております^^;
      先日の積乱雲ですね?!
      あれもびっくりしました。
      越後でも、冬の始め・・・と言いますか、秋の終わりと言いますか、雪下ろしの雷が鳴る頃には積乱雲が見られるのですが。真冬の頃は、もっと一様に重苦しい雰囲気です^^;
      仰る通り、けーいちくんのDRの広さは、越後の冬には重宝いたしますv^^

  3. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    今回はカラーなんですね。信濃川、とても雄大に流れています。
    雲の間からの青空、透明感があって、とても爽やかなブルースカイ
    であります。雲の色と雪の色の中での青色って本当に素敵ですね。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      はい、今回はカラーVer.で♪
      正直申しますと、沢山撮りましたので、モノクロとカラーと分けての投稿です~^^;
      この場所は、好きな場所なので、ついつい撮り過ぎてしまいます^^;
      仰る通りでして、この鉛色の雲の切れ間から顔を出す空は、実に透明感があるように感じます。
      この雲があって、よりそう感じるのかな~?とも思っております。
      そういう意味では、この鉛色の雲も、あっても良いのかな?とv^^

  4. Lucian より:

    こんばんは。
    日本海から吹く湿った風が奥羽山脈にぶつかって日本海側に雪を降らせ、乾いた空気は太平洋側に流れて晴天になる。
    と、このように小学校で習った記憶があります。
    日本海側の冬は雪と雲が多いのはこのためなんですね。
    ドイツの冬も同じように曇る日が多いそうです。
    でも、個人的にはこれくらい青空が見えれば満足です。
    ウサギの足跡は、奥の方が進行方向ですよね。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      仰る通りですね。私もそのように習いました^^;
      この日本海から湿った空気は・・・日本海で湿った空気となるという事らしいです。
      大陸では、実に冷たく乾燥した空気となっております。
      今、それを体感して実感しております^^;
      この空気が、日本海を通ることによって湿るようですね。
      ドイツ・・・そうらしいですね~。
      学生時代、ドイツから毎年留学生が来ておりました。
      新潟の冬の空は、ドイツに似ていると言ってました。
      ただ、こんなにやたらめったら雪は降らない・・・とも言っておりました^^;
      おお~、Lucianさんもこの青空でご満足でらっしゃいますか♪
      私も、こういうお空が好きですv^^
      ウサギの足跡・・・仰る通りですね。
      細長く横に並んだ跡が後ろ足で、小さく縦に並んだ跡が前足・・・ですよね?^^;

  5. iwamoto より:

    鉛色ですか。
    わたしは、鉛をしっかり見たことがあります。
    某社の仕事で、レントゲン装置の内部に、漏れ防止の鉛板を貼り込む仕事です。
    これは社員にやらせて、何か起こると面倒なことになるので、協力会社の出番となるわけです。
    しかも、同じ人が何度も出来ないような・・・。 逆に、被爆量を連想させますよね。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      おお~、鉛をご覧になったことがございますか。
      しかも、そんな大量に^^;
      なるほど、レントゲン装置の。
      一般的にみられる鉛色は、鉛の酸化膜の色ですね。
      溶かすと、もっとキラキラしますね。
      それにしても、そういう厄介業務は協力会社・・・なのですね。
      なんだかな~、ですね^^;
      その作業は、放射性物質が内蔵されてから行われるのですか?
      できれば、その前にさせてほしいですよね。

  6. フィルガソ より:

    う~ん、太平側に住む私にはこの越後の憂鬱な空に見えますね~^^;
    よく山形県からいらしたお客様が「仙台の冬は晴れていていいね~」と仰います。
    そのくらい山脈の西と東ではお天気に差があるんですよね。
    そんな貴重な晴れ間だから、より美しく見えるのでしょうね♪
    鉛色から青へのグラデーション、素敵です(^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      やはり、フィルガソさんにとっては憂鬱な空ですよね~^^;
      太平洋側とは、まるで違いますよね^^;
      なるほど~、確かに山形は典型的な日本海側の気候ですよね。
      冬場、米沢に行きましたが、余りの違和感のなさに、長岡にいるのか?と錯覚するほどでした^^;
      日本の屋根・・・とは良く言ったものですよね。
      仰る通りでして、この曇天をずっと眺めておりますと、たまに見られる青空がより美しく、実に貴重なものに見えてきます。空の青が、より澄んだ青に感じます。
      ありがたや~、と拝みたくなるくらいです^^;
      それだけに、こういうお空が好きなんですよね~♪

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。