PENTAX 67_4111-2_R

2017年2月22日

雪山行脚

昨年末の一時帰国中、結局雪が降ったのは一日だけでございました。

その1日後、これを逃してはならない・・・とばかりに山へ向かいました。

丁度大晦日で、これが2016年の撮り収めともなりました♪

場所は、大好きな駒ケ岳の麓です。

いつもであれば、既に深い雪で足を踏み入れるのが困難なくらいなのですが、この時の積雪は、精々膝の下でございました。ある意味ラッキーだったとも言えるかもしれません。

それでは、その雪山をえっちらおっちら行脚した記録をお届けしようと思いますv^^

IMGP0366_R

ここは、いつも訪れております駒ケ岳の麓にある、桐沢地区というところです。

あの十二神社がある谷です。

見下ろすと、雪に包まれた里山が広がっております。

 

 

雪が降って間もない時でした。

この時期、この辺りで山に入ろうという人は殆どいません。

IMGP0361_R

足跡は、ウサギさんくらいでした^^;

最初は一匹だったウサギさん・・・

IMGP0370_R

お仲間が増えたようです♪

そんなウサギさんの足跡に元気づけられます。

私を応援しているのは、ウサギさんだけではございませんでした。

IMGP0368_R

はい♪

ススキさんも沿道で応援してくれておりました。

そろそろ深い雪の下に閉じ込められてしまう時期です。

「お前も頑張れよ!」

と私も声を掛けつつ・・・^^;

IMGP0362_R

こちらの水門も、しっかりと雪帽子を被っておりました。

もう、今頃は、すっかり雪の中でしょう。

こうやって、錆が更に熟成されて行きます・・・^^

IMGP0374_R

さて、突然ですが!

この↑お写真の中にはある動物がおります。

それはなんでしょう?v^^

正解は~・・・?

IMGP0375_R

ニホンカモシカさんです♪

拡大してトリミングしました。

しっかりピントを外しておりますね^^;

残念ながら、この時付けていたレンズは標準ズーム。その望遠端、70㎜で撮っても上↑の写真程度です^^;

距離があり過ぎました。

暫く、互いににらめっこしておりました。

私が、レンズを下ろすと、カモシカさんはゆっくりと茂みに消えていきました。

因みに、もうこの時期は熊さんは穴倉の中ですのでご心配なくv^^

IMGP0376_R

IMGP0380_R

IMGP0383_R

杉林を抜けて、歩き続けます。

山の斜面には、薄く積もった雪が、少し崩れてきているところもございました。

まだ根雪・・・と言う感じではございませんね。

途中開けたところに出ると、一休みして景色を眺めます。

癒されるのでございます♪

IMGP0400-2_R

IMGP0419-2_R

カーブミラーを覗き込みますと、何やら雪山行脚する修行僧が・・・。

三脚と、防水風呂敷で包まれた一眼レフと共に満面の笑み・・・^^;

いつも訪れる渓流を撮って参りました。

実に楽しい雪山行脚でございました♪

その様子は、また明日ご紹介したいと思います。

 

 

さて、雪が降った後の杉林は、ある意味雪が降っている最中よりも質が悪いのです。

雪が降り始めた頃は、杉林は雪宿りが出来ます。

でも、雪が降って暫くしますと、杉の枝に付いた雪がボトボトと落ちてまいります^^;

これにやられます。

それで、雪山では防塵防滴カメラは必須なのでございます。

雨や雪が降っていなくても、木々の枝から降ってくるのです。

カメラはけーいちくんでしたので、防塵防滴です。

でも、レンズはシグマの24-70ですのでWeather sealingがございません。

特にマウント部に雪が掛かると、カメラ側にも水が入る可能性がございます。おまけにマウント部には電子接点もございます・・・ショートの可能性もございます。厄介です。

私は、片面が防水処理されたカメラ用の風呂敷を使っております。

この風呂敷、よく出来ておりまして、一つの角にゴム紐とピンチが付いております。

このゴム紐をレンズフードにぐるっと巻き付けて、ピンチで止めてやります。

そして、その風呂敷でレンズとカメラを覆ってやれば防水仕様の出来上がり♪ でございますv^^

風呂敷に手を突っ込みながら、レンズを回してズーミング、フォーカシングも出来ます。

でも・・・やっぱり面倒だな~^^;

防塵防滴レンズ・・・ほしーなー^^;;;

私が今のところも持っている防塵防滴レンズは、DA★55㎜とDFA100㎜ Macroのみなのです。

広角が欲しいんですよね~^^;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。