PENTAX 67_4111-2_R

越後の大地に立つ南国の男

IMGP0469_R

IMGP0486_R

IMGP0476_R

IMGP0487_R

IMGP0488_R

IMGP0470_R

こちらは、いつもご紹介しております、小千谷市は塩殿でございます。

私の定点撮影ポイントの一つです。

いつもは、息子以外は撮影に同行しませんが、この時はもう一方お連れ致しました。

彼は、南国・・・フィリピンの方です。

そう、彼こそが私のK-5を譲り受けて下さった方なのです。

妻の会社の同僚です。

この日は、1月2日。

私が、撮影に行くと言うと、是非一緒に来たいと申されるので、お連れ致しました。

雪国を見て、何を思うかな~?と思いながら、私も興味津々でパパらせて頂きました♪

なかなか露出に手古摺ってらっしゃるようでした。

冬の越後・・・と言っても、この時はご覧の通り、雪解けの季節のような具合でした。

午前中は、薄曇りで、太陽の光はそれなりにあり、露出に悩む条件ではございました。

それでも、一生懸命シャッターを切っては確認されてらっしゃる様子を見ながら、私も励まされたのでございます。

妻に聞くと、彼はその後、殆ど毎日のように撮影しているそうです。

特に、雪が降ると喜び勇んで撮影しているとか。

で、次の日・・・案の定、風邪を引いて妻に「何やってのー!」と叱られているのだとか^^;

お気持ちはよ~く分かるので、苦笑いするしかございません^^;

K-5も、いい人に巡り合えたようで、私も胸を撫でおろしております。


6件のコメント

  1. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    今日のタイトルも素敵なタイトルですね。ついついブログの記事が読みたく
    なってしまいます。
    確かに南国の方ですね。フィリピンの方、こんなにたくさんの雪を見て、
    びっくり仰天ですよね。気候や風土が異なっていますから、体が慣れるのに
    時間がかかりますね。風邪の方、良くなるといいですね。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      おはようございます~!
      おお~、またもタイトルをお褒め頂き、光栄です。
      過分なお言葉、大変力になります。ありがとうございます。
      フィリピンの方にとって、雪はとても新鮮なのだと思います。
      学生時代から、雪を見たことが無い・・・という南方からの留学生を多く見てまいりました。
      皆、最初の1週間はキャッキャ喜んでいるのですが、2週間目から・・・顔色が変わっていきました(笑)。
      でも、彼は、この冬ずっと雪景色を撮り続けているそうです。
      なかなかの筋金入りですね♪

  2. 黒顔羊 より:

    お~、皐月の樹さんのK-5はフィリピンのお友達のところにいったんですか。^^
    南国から来た方には、越後の雪はかなり新鮮だったんじゃないでしょうか。
    なんせ常夏ですからねえ。
    でも、知り合いの方に使ってもらえるとうれしいですよね。
    愛着のある機材で撮った写真が見られるのですもんね。
    私のK-5も全味協の友人のるるたさんのところにもらわれて行き、いまでもFacebookでその写真を見ることができますよ。

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      おはようございます~!
      はい、そうなのです♪ 彼が、私のK-5の後継人になってくださった方なのです。
      仰る通りでして、喜んで使ってくださる方の元へ行くのが、カメラにとって一番の幸せかと♪
      雪を経験したことのない、南の方にとって、仰る通り雪は大変新鮮で、かつ神聖に感じるようです。
      一面銀世界などをご覧になると、感嘆の声をあげられます。
      でも。。。一週間ほどすると、雪と共に暮らすのが苦痛になるようです^^;
      ところが、彼は、K-5を手にしてから変わったそうです。
      雪が降ると、撮りに出る・・・と。
      この冬は、かなりの雪景色を撮り収めたのだそうです。
      カメラって、いいですね~♪

  3. フィルガソ より:

    お~、この方がK-5の新しいオーナーさんなのですね!
    まさかの外人さん、なんともインターナショナルなお話になってきましたね~^^;
    やっぱり雪が珍しいのでしょうか?
    きっと寒さを忘れて撮りに出てしまうんでしょうね~
    その気持ち、分かるな~(^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      おはようございます~!
      はい~、そうなのです。この方が、私のK-5の後継人になってくださった方でございます♪
      だははは~、まさかの外国人ですよね~^^;
      雪は、最初は大変珍しく、新鮮だったようですよ~!
      でも、最初の冬の1週間で、大体満喫されるんですよね~^^;
      そして、雪の中での暮らしに大変な思いをされるようです^^;
      ただ、彼は、この冬、K-5を手に入れて、雪景色を撮りまくったようです。
      雪が降れば、撮りに出る。
      越後は、降る時は一週間ぶっ通しで降ったりしますので、毎日ですね^^;
      どうやら、相当撮り貯めたと聞いております。
      良い方に巡り合い、K-5も幸せだと思いますv^^

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。