PENTAX 67_4111-2_R

茂みでにらめっこ

昨年末辺りに、鴨のお写真をご紹介いたしました。

パジュで私が滞在しているアパートのすぐ近くに、川が流れておりまして、そこには沢山の鴨が集まっているのです。殆どは、夜、ねぐらとして利用しているようで、朝になれば飛び立ち、日没前後に戻って来るようです。

それでも、昼間でも少しは残って、餌ばみしている鴨もいるようですので、その様子を伺いに散歩に出かけました。2月の半ばの週末の事でした。

あ・・・もう1カ月も前ですね^^;

IMGP1065_R

IMGP1069_R

IMGP1048_R

IMGP1044_R

IMGP1032_R

IMGP1040_R

私が持っているレンズの望遠端は200㎜です。

寄れても精々この程度でございます^^;

という事で、鴨さんに着目することは諦め、水辺の景色と水鳥さん達で画作りすることに致しました。

近寄ろうとすると、やはり警戒して、逃げていきます。

そこで、川辺の茂みに隠れながら、じっと待つ戦法に切り替えました。

鴨の種類ですが、マガモやカルガモも少し見かけましたが、殆どは、違う種類の鴨のようでした。

よく分からなかったので、後からググってみました。

恐らく、カワアイサという種類の鴨(?)ではないかな~?と思います(1~3枚目)。

ただ、このサイズですので・・・鮮明ではなく、全く自信はございません^^;

違っていたら、すみません~^^;

こうして、日没まで鴨さんとにらめっこしていたのでございます。

 

※3/14追記

3枚目の写真、中央よりやや左側を切り抜きしました↓。

ピン甘、絞り不足・・・すみません~^^;

IMGP1048-2_R

手前がカワアイサ(メス)?

首と胴の色の境界がはっきりしている・・・?^^;

 

奥がカワアイサ(オス)?

胸が白い・・・?^^;

 

う~ん、でも、やっぱりよく分かりません~^^;


10件のコメント

  1. iwamoto より:

    一か月も前に、川沿いの茂みに隠れていたのですか、それは大変でしたね。
    動かないのですから、防寒具には気を付けたいところです。 迷彩コートでしょうか。
    御安全に。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      折角、目の前に鴨が渡来しているとありまして、頑張って撮りに出てみました。
      寒かったです~^^;
      防寒は、それなりに気を付けました。
      上は、ダウンジャケット二枚です^^; 手袋も二枚、靴下も二枚、靴は雪山用の防寒ブーツで。
      それでも、手足はかじかみましたね。
      迷彩・・・パジュでその服装は、逆に危険かも・・・なんて^^;
      でも、ご明察通り、私のダウンジャケット(大)は、迷彩っぽい色柄です^^;

  2. Lucian より:

    まだカワアイサと断定できませんよ。
    ウミアイサの可能性もあります。小型の双眼鏡があれば特徴を観察できますね。
    目の色が赤で嘴の先端が真直ぐならウミアイサ、目が黒で嘴の先が下に曲がっているならカワアイサです。
    これはススキとオギの見分けと同じくらい間違えやすいです。
    二日前に、川を泳いでいるウミアイサを観察しました。
    ウミアイサが海だけにいるとは限らないようです。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      そうですよね~^^;
      正直、私も全然自信がございません^^;
      ええ~、ウミアイサ・・・川を泳いでいることがあるのですか?!
      それは、尚更自信がなくなりました。
      一応、上の3枚目の写真の中央左部のトリミングを追加しておきました。
      なんとなく・・・カワアイサの気がしまして^^;
      目の色・・・さっぱり分かりません^^;
      嘴の先端・・・気持ち下に曲がっているような^^;
      素人には、判然と致しません~^^;

      • Lucian より:

        トリミングを拝見しました。
        嘴の先が下に曲がっているので、間違いなくカワアイサです。
        目の色は完全な順光でないと分からないことが多いです。
        サギの同定はビジュアル的には微妙ですね。
        シルエットで1枚だけだと、チュウサギと区別がつきません。
        でも、チュウサギは夏鳥、ダイサギは冬鳥なので、ダイサギとみていいでしょう。

        • 皐月の樹 より:

          Lucianさん
          早速ご確認いただきまして、ありがとうございます~!
          カワアイサでしょうかね?^^;
          嘴の先端、なんとなく下に曲がっているように見えますね♪
          チュウサギ・・・なるほど~!
          夏鳥なのですね。
          こちらで見かける白いサギは、アオサギと同じくらいの大きさに見えます。
          多分、ダイサギかな~?と、これまた根拠のない判別をしておりました~^^;
          難しいですね~^^;

  3. 黒顔羊 より:

    うひゃ~、一月前のパジュの川面で鴨とにらめっこですか・・・
    話を聞いているだけで、底冷えしてきそうです。^^;
    根気が良くないと、鳥写真は撮れないんですね、気の短い私には絶対無理です。^^;
    最後の鳥はいわゆる詐欺、じゃなかった鷺でしょうか。^^
    シルエットが絵になる鳥ですね~♪

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      いや~、折角目の前の川に鴨が集まっているという事で、ちょっと頑張ってみましたv^^
      でも、めちゃくちゃ寒かったです~>_<
      じっとしておりますと、どんどん風に体温が奪われて行くのが分かるほどでした。
      ホッカイロを用意していたので、必死で手を温めておりました。
      詐欺・・・あ、そうですね^^;
      恐らくダイサギだと思います。結構大きい詐欺です・・・・じゃなかった、鷺です^^;
      いや、間違ったこと言ったら、それこそ詐欺だと言われてしまうかも~^^;;;
      仰る通り、この立ち姿、実に絵になりますよね~♪
      川面の反射と、鷺のシルエットだけでご馳走様です♪

  4. フィルガソ より:

    お~、私の大好きな野鳥のお写真ですね!
    久しぶりですね~^^;
    動く被写体を捉えるのは難しいんでしょうね~
    野鳥と自然のバランスがよく見ていて癒されますね(^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      はい~、川辺の野鳥を狙ってみました~♪
      久しぶりなんです~^^;
      実は、撮影したのは随分前なんです^^;
      明日も、鴨(?)さんです♪
      あ・・・でも、一瞬です^^;
      動体の撮影・・・難しいですね~^^;
      もう、運を天に任せて、エイヤ!でございます^^;
      けーいちくんは、連射性能は高くないので、数撃ちゃ当たる・・・も通じず。
      私の場合、レンズも貧弱なので、鳥撮りというよりは単なる風景写真になっております~^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。