PENTAX 67_4111-2_R

光陰矢の如し

IMGP1072_R

IMGP1077_R

IMGP1079_R

IMGP1083_R

IMGP1102_R

昨日に引き続きまして、パジュのアパートのすぐ近くの川沿いで、鴨さんの撮影に出かけた時のお写真のご紹介です。

日没を狙って、やって来ておりました。

日も陰って来て、いよいよ本番です♪

焦点距離は200㎜にセットし、三脚に据えて、気に入った背景で画作りして、置きピンして、後は待つのみ。

日が落ちてくるに従って、風も吹き始め、気温も下がって行きました。

ホッカイロを手にして、右手を温めながら、鴨さんが通り過ぎるのを茂みに隠れてじっと待っておりました。

しかし・・・その速いこと、速いこと。まさに矢の如し^^;

あっという間に過ぎ去っていきます。200㎜のフレーム枠に入ったと思ったら、抜けております。

けーいちくんの連射性能は、フルサイズRAWファイルだと1コマ/秒未満(感覚的には0.5コマ/秒未満)でございますので、一発狙い撃ちしか手がございません^^;

ある程度、タイミングを見計らって、勘で撃ちまくっておりました。

3,4枚目が、この時狙っていたイメージでした。

でも、タイミングが合いませんでした。

位置や飛翔の姿、水面に映り込む影・・・イマイチなのでございます^^;

そうこうしている内に、日もあっという間に暮れていきました。

また、リベンジせねば~^^;

もしかしたら、絞ってSSを落とし、流した方が面白いイメージになったかもしれませんね

それは、また次の機会に~^^;


10件のコメント

  1. iwamoto より:

    このような、ネイチャーフォト系の撮影はちょっと特殊ですよね。
    さぞ、大変んだったことでしょう。
    作者としては、3枚目と4枚目、どちらがお気にいりでしょうか。
    反射に入ってくれた3枚目も良いですが、これはもっと大きく撮られるべきかと。
    ということで、わたしは4枚目が好きです。
    何度も何度も失敗を楽しみましょう。 相手は鳥なんですから。
    これをブラして撮るのは単純に難しいでしょうね。 でも、見てみたいです。
    普通の流し撮りもありそうですね、特に三脚流し撮りは綺麗ですから。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      こういうの、難しいですね~>_<
      今回は、撮影前にある程度イメージして、少し練習してからトライしたのですが、まだやっぱり全然だめです^^;
      撮影条件も、絞り切れておりません。もう少し感度上げて絞った方が良かったかな?とも思っております。
      私の好みは、川面に映る光の反射は3枚目が好みなんです。でも、鳥の配置で狙っていたのは4枚目が近いです(コンマ何秒遅れました^^;)。
      本当は、もう少し対照的に二羽を配置したかったです。
      二羽・・・というのがポイントだったのですが、この様に二羽が連続するのもそれほどなくて。
      光りに入れる場合は、仰る通りもう少し近い方が良いですよね。ただ、私の機材ではこれがほぼ限界で^^;
      光りに入れる時は、一羽か三羽がいいですよねv^^
      はい!
      何度も何度も、失敗いたします!
      これこそ、数撃ちゃ・・・かな?と思っております。
      そして、素人にはデジタルでなければできない遊び・・・とも。
      流しもやってみたいんですよね~。三脚の流し・・・なるほど。上下のブレが少なくなるからですかね?
      ただ・・・最近、随分鴨の数が少なくなってきました・・・ToT
      どうも、また北へ向かって渡り始めたようです。

  2. 黒顔羊 より:

    へ~、そんなに速いんですか・・・
    やっぱり鳥を撮るためには、機材のハードルがいやがうえにも高くなっちゃうんですね。
    本体のバッファも大きくないと連写が効かないですもんね。
    レンズもバズーカみたいなやつが必要になるし、こりゃ大変です。^^
    しかも、寒いところでじっと待機・・・
    うむ~、私はトリトリストにはなれそうもないです。(涙)

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      はい~、200㎜の枠で見ていると、あっという間です^^;
      いや、あっと言う暇もないかもしれません^^;
      正直言えば、ファインダーを覗いているだけで捉えるのは無理かもです。
      両目で見ております。右でファインダー、左目で周囲ですね。
      左目で見て、どのあたりに来るとファインダーに入るというのを予想しながら、決め打ちしてました。
      それで、どうにかこうにかフレームインです。その中で、狙った位置に二羽を配置するのは至難の業と心得ました^^;
      仰る通りでして、連射が得意で望遠に強いなAPS-Cやm4/3で狙うのが合理的な気がします^^;
      でも・・・けーいちくでも、ここまで出来るんだ~!というのを見せたかった・・・という想いも少しございました^^;
      レンズは、150~300㎜くらいをカバーできれば、こういう遊びは出来ると思います。
      AFも不要ですし^^;  いや、恐らくどのメーカーのカメラを持って来ても、こういう撮り方をAFで収めるのは不可能に近いと感じました。流すのであれば、AFで追う事が出来ると思います。
      三脚据えて、ひたすら光と鴨を待つ・・・私には性に合うようです^^;
      越後の風景を撮っている時と、同じような感覚で楽しめましたv^^

  3. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    3・4枚目のお写真、素敵ですねえ。日没の太陽が映る川面の上を
    飛ぶ鴨たち。素晴らしい構成だと思います。
    飛んでいる鳥の撮影って、本当に難しいですね。
    皐月の樹さんはこのシーンのために茂みに隠れておられたのですか?
    また写真魂を勉強させていただきました。ありがとうございました。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      恐れ入ります~^^;
      今回は、撮影前に、ある程度仕上げるイメージを想像してそれを現場で造りこもうと頑張ってみました。
      本当は、背景に見える対岸の土手のススキや葦も浮かび上がらせたかったのですが、陰になっていて光が足りませんでした。
      飛んでいる鴨の姿、美しいんですよね~♪
      あの姿が夕日に映えるだろうな~、と思いました。
      でも、仰る通りで、同時にかなり早くて難しかったです^^;
      何発も外しました^^; いや、一発も思ったようには捉えられませんでした^^;
      次に、また頑張ります!v^^
      茂みに・・・はい、昨日と同じく隠れておりました^^;
      立ち上がりますと、鴨が怖がって近寄らないので。
      でも、とても楽しめました。
      そこに苦労は全くございません♪
      逆に、とても癒されるのでございますv^^

  4. Lucian より:

    こんばんは。
    流さないで狙うなら矢のような速さでしょう。
    タイミングを合わせるはなかなか難しいと思います。
    鳥がメインなら流し撮りもありですが、点景的な鳥のいる風景なので固定しての撮影になりますね。
    これは未知の領域で興味津々。
    このシルエットはカルガモっぽいですね。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      はい~、まさに矢のような速さでした^^;
      あれは、見て切ったのでは無理ですね^^;
      ある程度予測して、タイミングを見計らって切っておりました。でも・・・ボテボテの内野ゴロの山でして^^;
      一枚もクリーンヒットせずでございました~>_<
      この時、この場所はまだ氷が張っておりました。川面の反射が不規則なのはそのせいなのです。その上下流では氷が融けておりまして、上流で餌ばみしていた鴨が下流へ移動する時に低空飛行していたので、それを狙うことに致しました。茂みに隠れていて、上流の様子を直視できませんでしたので、鴨が川面を蹴る音を頼りに距離感を測り、ファインダーを覗いている反対の目で追いながら、ここというタイミングでシャッターを切っておりました。押す瞬間、ファインダーに入った・・・というのが分かる程度でした。
      おお~、これはカルガモですか~!
      もう、この時は、鴨の同定をする余裕は全くございませんでした^^;
      写真も、ご覧の通りのシルエットですし~^^;

  5. フィルガソ より:

    おお~、今日も野鳥のお写真ですね!(^^)!
    なるほど、野鳥は連写で撮れるものかと思ってましたが、そんなに甘くはないのですね^^;
    そうなると、それに向いたカメラというのもあるのでしょうね~
    そんなご苦労も知らずにいつも美しいお写真を拝ませていただき感謝であります♪

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      はい~、昨日に引き続き、今日も鴨のお写真です~♪
      この時のメインイベントが、今日のお写真でございます^^
      こういうイメージを想像しながら狙っておりましたが、なかなか思い通りにはいきませんね~^^;
      凡打の山です^^;
      結局ノーヒットに終わってしまいました・・・ToT
      けーいちくん、連射は大の苦手でして^^;
      K-5は7枚/秒で切れたのですが、けーいちくんは0.5枚/秒も苦しい感じです^^;
      やはり、こういう写真は、連射が得意で望遠に強いAPS-Cやm4/3が無難なような気がします。
      でも、けーいちくんでもここまでは出来るよ~!というのを示してあげたかった・・・という想いも少しあり^^;
      また、トライしたいと思いますv^^
      いえいえ、苦労とは全く思っておらず、私としてはとても楽しく撮影できました♪
      仕事とは全く違った緊張感で、癒されましたv^^
      再トライ・・・と思いつつ今に至っておりますが、最近鴨さんの姿が少なくなってきておりまして。
      どうも、北へ旅立って行っているようです。
      早く、撮らねば!^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。