PENTAX 67_4111-2_R

恵みを湛える山々

IMGP0357-2_R

IMGP0358_R

IMGP0355_R

IMGP0359-2_R

新潟県は、日本では豪雪地域として知られておりますが、この雪が天然のダムとなってくれます。

2000mクラスの山には、6月下旬頃まで残雪が見られます。

お陰で、降水量の少なくなる夏場も水不足に悩むことがございません。

そしてその水が、越後の稲作を支えております。

この景色を見ると、安心するのでございます。

 

さて、2月16日現在の魚沼地域の積雪情報を確認してみました。

南魚沼市の市庁舎の積雪は、150㎝程でした。累積積雪量は650~780㎝との事です。

スキー場を見てみますと、湯沢あたりのスキー場で250~300㎝程度でした。

少し少ないかな~?という印象ですが、まずまずだと思います。

今年もまた、美味しいお米が頂けるのではないでしょうか。

秋の実りを楽しみにしたいと思います。


8件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    う~む、その積雪量で少ないとは・・・
    やはり越後の積雪量は半端ないんですね。
    だからこそ、豊富なお水が確保できる・・・それも冷たいお水が。
    道理で南魚沼市のお米は美味いわけですねえ。
    なにしろ、お冷やになってもうまいですからね、あそこのお米。
    いつも・・・お世話になっておりやす、ありがとうございます♪

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      そうなんですよ~^^;
      私が一時帰国していた、年末年始に限って、いつもより圧倒的に雪が少なくて戸惑いました^^;
      去年も少なかったようなので、今年も連続で雪不足かな~・・・と持っておりました。
      が、この1月~2月である程度まとまった雪が降ってくれたそうで、胸を撫でおろしております。
      仰る通りでして、美味しいお米になるのに夏場の冷たいお水は欠かせないんですよね~。
      魚沼の川は、源流部では真夏でも10℃台です。
      これが大切なようです。
      いえいえ、こちらこそ、毎度お世話になっております~^^;
      今年もまた、よろしくお願い致します~m(_ _)m

  2. フィルガソ より:

    うぉ~、このインパクト抜群の空!
    空から未知の何かが降りて来そうでドキドキしますね^^;
    あの長閑な風景が今日は一味違って見えますね!
    しかし、その積雪量で少ないとは・・・
    ちょっと雪が降ると全国放送で大騒ぎする東京のテレビ局に聞かせたいですね^^;

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      このお空、いい感じですよね~♪
      この時、朝から曇天で、あまりいい光は望めないかな~・・・と思っていたのですが、丁度駒ケ岳の上空辺りで雲が薄くなって、明るくなってくれました。
      鉛色の里山の雪景色との対比が面白いな~と思いました。
      高い山の上空では、気流が荒れるようで、雲も面白い表情を見せてくれることが多いです♪
      この地域としては、年末にこの積雪だとかなり少ない方でして、地元の方が少し心配されるくらいです^^;
      この時も、近くにお住いの方に出会って話したのですが、去年が少なかっただけに心配されてらっしゃいました。
      雪国の方は、雪が少ないと心配されるんです^^;
      東京の方にとってみれば、別の国の人・・・ぐらいの感じかもしれませんね^^;

  3. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんにちは
    冬の間に積もった雪が水になり、山の地面の中へしみこんでいきます。
    そういえば、山のことを緑のダムと呼んでいましたね。
    その清らかな水から美味しいお米が収穫されるのですね。
    魚沼産コシヒカリ、こちらの方でも人気がありますよ。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      はい、仰る通り山は自然のダムでございますね~。
      冬場は雪という個体として保存され、気温の上昇と共に徐々に水となって麓へ注がれる。
      よく出来ているな~と思うのです。
      雑木林があれば、更にその保水力は高まります。
      越後にとって、山と雪は大切な水源です。
      田んぼに恵みを齎す、まさに宝の山でございますね。
      おお~、そちらでも魚沼産がございますか~。
      今では、全国区なのですね^^;

  4. Lucian より:

    こんばんは。
    なるほど。それで理解できました。
    冬の間、天然のダムとして潤沢に蓄えられた水源としての水。
    それが魚沼産コシヒカリの最高級ブランドの秘密だったんですね。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      はい、越後では雪と山は欠かせない貴重な水源となってくれております。
      新潟は、冬の降水量は高いのですが、夏場はかなり少なくなります。
      それを補ってくれるのが、雪山となっております。
      冬の間、雪としてダムの役割を果たし、気温が上がって来る夏場に田畑を潤してくれます。
      越後の人にとって、冬の豪雪は大切な恵みとなっております。
      夏場も低い水温を保っていることも、美味しいお米の条件だそうです♪
      ブランド・・・魚沼産と呼ばれるお米には、実際には魚沼地方産ではないものもあり・・・少々考えものなんですよね~>_<
      農協の仕業です・・・ToT

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。