PENTAX 67_4111-2_R

川辺に凍り付く光陰

IMGP0719-2_R

IMGP0744-2_R

IMGP0746-2_R

IMGP0752-2_R

IMGP0747-2_R

以前ご紹介いたしました凍る川でございます。

ご覧の通り、川岸は真っ白になっていて、完全に凍っている様子です。

でも、中央部透明感があり、氷の下には流れがあるようです。

川岸の日陰になっている場所は、少し雪も残っておりました。

見るからに寒い風景でございます^^;

ススキは、風になびいて、そのまま固まってしまったようです(ウソ)^^;

ヒカリトカゲも、凍って動けなくなっているようでした(大ウソ)^^;

最後のお写真の、背景の左上に見えるゴミのようなものは、鴨の大群です(これホント)。

鳴き声を上げながら、餌場を移動しておりました。

ヒカリトカゲすら凍ってしまうほど(?)の極寒の中、鳥さん達は凄いな~と眺めていたのでございます。


10件のコメント

  1. iwamoto より:

    それほど寒い状況なのですか。
    見ることは信じること、なんて言いますが、やはり、気温は表現が難しいですね。
    温度に限らず、写真術が苦手な表現はいくつかありますが。

    「川は凍っていますが、春の日が燦々、気温以上の暖かさを感じています。」
    と書かれちゃったら、そうなのかぁ、と思います。
    見ることは最強のようで、でも、言葉の方が勝つことも多いです。

    凍ったヒカリトカゲ、写してみたいですね。

    エキサイトは、回復してないようでした。 ときどきありますね。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      そうなんですよ~^^;
      ま、撮影したのも1月の終わりですし・・・^^;
      この春爛漫となろうかという時期に、こんな真冬の寒い写真を出したところで、伝わりませんよね~^^;
      仰る通り、写真で温度を表現するのは難しいですね~^^;
      しかも、見た人が経験したことのある状況や光景であれば、まだ想像できるのでしょうが、経験したことない気温を写真のみで感じるのは、厳しいですよね^^;
      灼熱の砂漠の写真があったとして、そこから50℃近い気温を想像するのは困難ですよね^^;
      カゲロウとかが上がっていて、そこにいる人の表情を見ることが出来れば、まだ少しは想像できそうですが。
      あ・・・なるほど、今度は寒そうにしている自分の表情を合わせて撮れば良いわけですね♪
      って、そういうセルポは撮らないかな~^^;
      凍ったヒカリトカゲ、そうなんです、それを撮ってみたいと思って、このタイトルになってしまいました^^;
      エキサイト・・・やはりiwamotoさんもですか。
      私も、先ほど再度挑戦してみましたが、ダメでした・・・ToT

  2. Lucian より:

    真夏に見たら、「うゎ、涼しそう」になりますね。
    タイトルとキャプションは寒そうですが、写真自体は温度を表現できないと思います。
    繰り返しになりますが、見る人の自由な印象に委ねられるのが写真の本質的な機能です。
    ここが絵画などのアートとの決定的な違いなのです。
    写真の巨匠たちはこれを理解しているからグレートなのです。
     
    私もエキブロですが、コメント送信は大丈夫でした。
    人によって違うのでしょうか?

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      そうですね~、写真で温度は表現できませんね~^^;
      いっそのこと、真夏に出すべきでしたね^^;
      温度以外の事を表現するのが良いようですね♪

      Lucianさんはエキブロガーでらっしゃいますので、アカウントをお持ちでしょうから、問題ないのだと思います。
      私やiwamotoさんは、そうではないのでダメなのだと思います。
      突然できなくなるのが、よく分かりません。
      今日、Lucianさんのところは5回くらい行って、コメント入力しましたが、ことごとく「禁止されているキーワード」が入っているため・・・というメッセージと共に投稿を許可されませんでした・・・ToT
      で、一行づつ、消しては投稿・・・を繰り返して全文見直しましたが、ダメでした。
      私のハンドルネームも変えたり、ブログURLの入力もしなかったり・・・を試してみましたが、やっぱりだめでした^^;

  3. 黒顔羊 より:

    ヒカリトカゲも、凍って動けなくなっているようでした・・・
    うひひひ、ウソとはいえ、その雰囲気、わかります。
    やはりパジュは半端なく寒いんですねえ。^^
    エキブロ、また調子が悪いようですね。
    そろそろ移籍を考えた方が良いのかも・・・

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      だははは~^^;
      ヒカリトカゲも、パジュの寒さには敵わないようでした・・・なんて^^;
      実は、この柱の影を撮った時、一つのイメージがございました。
      広島で原爆が投下されたときの影まで焼き付いた・・・という写真を以前見ておりました。
      その逆・・・つまり凍り付くことがあったらどうだろう?と^^;
      エキブロ・・・今日はことごとく弾かれましたToT
      時々、ダメな時があるんですよね~。
      これまでは、URL入力をしなかったら大丈夫だったのですが。
      今回は、それでもだめでした。
      何が起こっているのでしょうね?^^;
      人気ブログサイトだけに、アクセスもハンパないのでしょうね~^^;

  4. フィルガソ より:

    うわ~、ススキが凍ってる~!
    げげげ~! そして、ヒカリトカゲまでも!
    って、本当にそんな感じですね~^^;
    それにしても美しい!
    特に2枚目のお写真の凍りついたフレアがとても気に入りました(^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      だははは~^^;
      ノッて頂き、ありがとうございます~^^;
      ヒカリトカゲが凍り付く瞬間、見てみたいですよね~^^;
      つまりそれは、太陽が止まる瞬間・・・地球の自転が止まる瞬間・・・あ、ダメですね^^;
      それは地球の終わりを意味します^^;;;
      2枚目・・・恐れ入ります~^^;
      このレンズの力に任せた逆光フレアです^^;
      こういう柔らかい光の表現が好きなんですよね~♪

  5. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    この間紹介していただいた「凍河」ですね。
    河の石を氷が包み込んでいます。本当に水の冷たさ、
    空気の冷たさが伝わってきます。
    鴨の大群、凄いですね。逢妻女川の鴨さんたち、
    飛んでいる姿、見ていませんね。いつも川の中を
    ゆっくり泳ぎ、餌をとっています。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      はい、以前ご紹介いたしました凍る川でございます^^;
      川岸に近い場所は、この様に凍った水が白くなっておりました。
      細かな亀裂がたくさん入っておりました。
      恐らく、この時は、川岸に近いところは、川底まで凍っていたのだと思います。
      川の中央部は、氷の下では流れがあったのだと思います。
      鴨、こちらは段々少なくなって参りました。
      恐らく、シベリアの方へまた渡って行ったのだと思います。
      そちらは、まだおりますか~。
      中には、渡らずにそのまま居着く鴨もいるようですが。
      越後も、初夏にかけては山の田んぼで鴨は結構見かけます。

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。