PENTAX 67_4111-2_R

川辺のゆらぎ

IMGP1116_R

IMGP1113_R

IMGP1119_R

IMGP1110_R

物理学や熱力学においては、「ゆらぎ」という現象は平均的状態、あるいは平衡状態からの変動・・・すなわちズレとして定義されております。また「ゆらぎ」という言葉自体が、その変動量やズレ量を表しております。

一般的な認識はどうでしょう?

「ゆらぎ」「ゆらぐ」という言葉から連想される状態は・・・。

風でブランコがゆらぐ。

風で水面がゆらぐ。

地震で建物がゆらぐ。

失敗で自信がゆらぐ・・・^^;

やはり同様に揺れている状態を想像するように思います。

1~3枚目のススキの葉っぱは、風がなくともこの波打つような形になっておりました。でも、その形から、「波」を想像し「ゆらぎ」に繋がるように思います。

4枚目は、静かな川面で突然水鳥が飛び立ち、波紋が広がっておりました。

これも、やっぱり水面がゆらぐ状態でございますね。

 

さて、もう一度、冒頭の学問における「ゆらぎ」の定義を見てみましょう。

平均からのズレ・・・。

ああ~、我々錆銀も、ゆらぎでございますね^^;


8件のコメント

  1. iwamoto より:

    1枚目、2枚目、ホッホーと思って見てましたが、
    3枚目が、一番のお気に入りです。
    なるほど、こう撮れましたか。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      3枚目、恐れ入ります~^^;
      このススキと思しき株は、なかなかに良いロケーションでございました♪
      珍しく水際に生えておりました。
      水面とのコラボが撮れますねv^^
      そして、この造形。美しいな~と思いました。
      でも、目指していたのはiwamotoさんちのぐるぐるです^^;
      あそこまでのモノは、結局見つけられませんでした。
      やはり、あれは貴重だと思います!
      あとから思えば、もう少し遊んで撮っても良かったかな~と。
      でも、この美しいものを、そのまま撮るのに必死で、精一杯でした^^;

  2. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    今日のブログのタイトルの「ゆらぎ」最近、私が大切にしている言葉なんです。
    腰痛が悪化したため、整形外科通いもしていますが、腰痛改善のための書籍も
    かなりの冊数、読み込んでいます。やはり「痛み」を「脳」が覚えてしまって
    いるので、痛くなるそうです。心的なストレスも影響があるみたいです。嫌な
    ことがあると腰が痛くなり、楽しいことがあると痛みが緩和されるようです。
    そして、痛みを緩和させるために「ゆらぎ体操」があります。寝たままで体を
    ゆするだけで肩や背中、腰、首のコリや痛みが改善される体操だそうです。
    また、「ゆらぎ」のある環境とは、木漏れ日や川のせせらぎ、鳥の声が聞こえ
    る森の中のような環境です。森林浴で疲れが緩和されるのは森林に「ゆらぎ」
    があるからなのです。
    「ゆらぎ」のある生活を求めて、自分なりに努力していこうと思っています。
    皐月の樹さんのお写真も貴重な写真になります。ありがとうございます。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      なるほど、ゆらぎ体操というのがあるのですか~!
      知りませんでした。
      私も、腰痛、肩こりがございますので、やってみたいと思いますv^^
      早速YouTubeで探してみました♪
      痛みを覚えている・・・なるほど。
      心理的に痛みを誘導することもあるのでしょうかね。
      「ゆらぎ」は癒しになりますよね。
      私も、自然のゆらぎが大好きです。
      森に入りますと、ゆらぎだらけですね^^;
      身に余るお言葉、恐れ入りますm(_ _)m
      こちらこそ、ありがとうございます!

  3. フィルガソ より:

    ほほほ~、面白いモノに着目しましたね~^^;
    とても美しい「ゆらぎ」のお写真でございます♪
    我々錆銀も、ゆらぎでございますね・・・
    確かにゆらぎです。
    っして、私の人生が「ゆらぎ」そのものでございます^^;

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      はい~^^;
      心地よいゆらぎは、癒しになるかな~と思いまして^^;
      我々錆銀もまた、ゆらぎでございますね~♪
      そして、それが心地よくv^^
      おお~、人生も・・・確かにそうですね^^;
      私の人生も揺らぎっぱなしでございますね~^^;
      心地よいかどうかは、この時点では知らないでおきます~^^;
      いつか、そのゆらぎが心地よく感じられると信じてv^^

  4. Lucian より:

    こんばんは。
    自然界にあるゆらぎの多くが、「1/fゆらぎ」と呼ばれるものです。
    視覚的にはフラクタルになっている形で、一部分に全体の形が畳み込まれて繰り返しているようなパターンです。
    木の幹と枝の分岐パターンや、結晶構造、静脈と毛細血管網などです。
    音や光のゆらぎの場合には、波形をグラフ化すると、大きな波が同じパターンの小さな波からできています。
    この1/fゆらぎと同調することで、自然と一体になったようなりラックス感が得られて、心地よく感じるわけですね。
    写真の中にもフラクタルが含まれていたりすると、劇的な効果があるかもしれません。
    例えば、ススキの葉のくるくるなど…。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      1/fゆらぎ・・・なるほどでございます~!
      そういったゆらぎに癒しを感じるのは、やはり人間自体がゆらいでいるからでしょうかね?
      それがある意味自然で、完全に規則正しい振幅には違和感を感じるのかもしれませんね。
      写真の中に1/fのゆらぎ・・・なるほど~!
      その通りですね!
      まったくそういった意識でフレーミングしておりませんでした^^;
      なるほど、勉強になります。
      今度から、ちょっとその辺りも意識して、構図取り・フレーミングしてみます。
      ありがとうございます~!

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。