PENTAX 67_4111-2_R

水面で共演する光と影

IMGP1008_R

IMGP1021_R

IMGP1018_R

IMGP0991_R

IMGP1054_R

IMGP1055_R

IMGP1060_R

パジュの川の水面に西日が落ちて、戯れておりました。

そこに冬枯れの木立の陰が映り込み、美しい絵を描いておりました。

それを知ってか知らずか、鴨さん達がアレンジを加えてくれました。

川辺のススキも、合いの手を入れて♪

水辺の美しいハーモニーに見とれておりました。

この時は、まだ川には氷が残っておりました。

水面となっているところと、氷面となっているところの反射の差が、これまた面白く。

最後のお写真では、その氷の上を鴨さんが歩いておりますv^^


6件のコメント

  1. iwamoto より:

    好みは、1枚目と最後から2枚目でしょうか。
    1枚目は鴨の位置が、2枚目より良いと思います。
    最後から2枚目は、やはり背景の差に由る見え方の違いを的確に表現できてるので。
    もちろん、違う意見もおありでしょうが。
    美しい写真の連続、目が気持ち良いです。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      ありがとうございます~^^;
      2枚目、仰る通り微妙なんです^^;
      私の中でも、迷いの一枚です(笑)。
      鴨の位置は、3枚目と被りますし。ただ、印象として不安定な感じを出したくて、それが2枚目となっております。
      でも、光陰バランスは、やっぱり1枚目なんですよね~。
      最後から2枚目・・・ズバリ仰る通りでございます。
      背景の差による見え方の違い・・・まさにそれが見せたかった所です^^
      最後から3枚目には、その迷いがありました(笑)。
      それを忘れないでおこう・・・という事での掲載でした^^;
      身に余るお言葉、励みになります。
      ありがとうございます~m(_ _)m

  2. フィルガソ より:

    う~む、タイトルからしてその素敵な情景が目に浮かびます♪
    そして、期待通りですね~(^^)v
    同じ水面を捉えながら、とてもバラエティに富んでいるのが素晴らしいですね♪
    柔軟なお頭じゃないとこうはいきませんね!
    とても勉強になりました(^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      またまた過分なお言葉、身に余る光栄です^^;
      いえいえ、その実・・・茂みに身を潜む怪しいオヤジ・・・でございました^^;
      間違ったら、連行されそうな勢いです^^;
      半分凍った川面に反射する光が実に美しく♪
      川面に映る、冬枯れの木立の影もまた、美しく♪
      そして、枯れススキがまた更に美しく(笑)!
      風と鴨さんが、川に面白い波紋を作ってくれておりました。
      私の頭は~・・・柔らかいかどうかは自信がございませんが、デカさだけは自信ありです!^^;

  3. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんにちは
    はじめてお写真から気づきました。西に傾く太陽の光が
    川面に反射するわけですが、水の部分と氷の部分とでは
    その輝きが異なっているわけなんですね。
    珍しい光景、ありがとうございました。
    川の中にも二つの光と影の世界があるんですね。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      そうなんですよ~。この時は、まだ川面に氷が張っておりました^^;
      2月のお写真なのです^^;;;
      川面に反射する光の感じが、所々異なりますよね?
      向こう岸の方で氷が張っておりまして、手前の方は融けておりました。
      面白いな~と思って、眺めておりました^^;
      二つの光と影・・・おお~、まさにそうですね~!
      こちらこそ、ありがとうございます~m(_ _)m

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。