PENTAX 67_4111-2_R

冬枯れの野を行けば

K_1P1255_R

K_1P1261_R

K_1P1252_R

K_1P1276_R

K_1P1257_R

K_1P1270_R

K_1P1272_R

この1月半ばから3月にかけては、パジュのアパート近くを流れる川辺の野原を歩くことが多かったです。

お目当ては、鴨だったのですが。あまり良い状況(鴨に近づけない、あるいは鴨がいない)にない時は、レンズをFA43㎜ Limitedに換えて、冬枯れの草を拾い集める・・・という方向に変わることが多かったです^^;

先日ご紹介いたしました、正方形のお写真もその中からご紹介しました。

今日のお写真は、2月の頃の様子です。

色素が殆ど抜けてしまって、乾ききった草は、被写体として拾い上げるのはなかなかに難しいですね^^;

出来るだけ一様な背景を選び、少し変わった造形の枯草を拾い上げておりました。

思うように行かないもどかしさを抱えつつ。大変勉強になりました。

 

さて、こういう冬枯れの野を行けば・・・

靴から靴下、ズボンからカメラバッグに至るまで・・・くっつき虫だらけになるのでございました^^;

しゃがんで撮影するので尚更ですね^^;

この川辺も、真夏になると鬱蒼とした草に覆われるのでしょうね~。

そう考えますと、こういうお写んぽが出来るのも、今の内なのでございます。

 

 

※ご訪問下さる皆様、いつもありがとうございます。

4月4日から4月15日まで、また一時帰国致します。

皆様のブログへのご訪問も滞ってしまうかと思います。

また、その間コメントのお返事が出来なくなってしまいますので、コメント欄も閉じさせて頂こうと思います。

予め、お詫び申し上げますm(_ _)m

何卒、ご了承頂きますよう、お願いいたします。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。