PENTAX 67_4111-2_R

枯野を走り過ぎる少女

K_1P1305_R

K_1P1304_R

K_1P1316_R

K_1P1310-2_R

2月後半のパジュの川辺で、枯草を追いかけていた時に、枯野を走る抜ける少女を発見しました。

丁度中望遠のA001を付けておりましたので、何ショットか狙ってみましたが・・・ちょっと遠すぎました^^;

4枚目は、トリミングしております^^;

キックボードというのですかね?そういうのに乗っていたようです。

あっという間に走り過ぎて行きました。

冬枯れの野に、一人の少女が現れるだけで、違った景色に見えるので不思議でございます♪


12件のコメント

  1. iwamoto より:

    現れても不思議ではないですが、一気に状況が変わりますね。
    わたしが庭で飛行機を撮るようなものか、と思いました。
    少女の、衣装が季節を表していますね。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      そうですね~。お天気の良い週末でしたから、子供が川辺で遊ぶのは十分あり得ますよね。
      お庭で飛行機・・・なるほど~^^;
      とすると、やはりススキの原は私のお庭ですね^^;
      まだまだ寒い時期でしたので、ダウンジャケットを着てましたね。
      私も同じく、もこもこでした^^;

  2. 黒顔羊 より:

    あれ?
    A001、お持ちでしたっけ?
    これ、寄れるし安いし軽いし明るいし、とても良いレンズですよね。
    手ぶれ補正がありませんが、ISO上げておけば大丈夫・・・フルフレーム機なら無問題ですよね♪
    しかしこの女の子・・・
    なんでこんなところを走っていたのでしょうか。^^;
    和解に似合わず、枯れ好き、錆好きなんでしょうかね、うひひひひ。

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      はい~、A001持っておりました~^^;
      あまり使っていないので、宝の持ち腐れではございますが^^;
      以前、鳥のお写真をご紹介しましたが、あれはA001なんです。
      去年の夏に導入しました。
      仰る通り、四拍子揃っておりますよね♪
      おまけに解像度も高く、ボケも美しい。
      更には、ペンタのフルフレームで使えるF2.8通しの望遠ズームとなりますと、もう選択肢が少ないんですよね~^^;
      シグマのもあるのですが、お値段でこちらにしました^^;
      手ブレ補正も、ペンタの場合はボディにあるので何とかなりますし。
      だははは~^^;
      この子、実は枯れススキ大好き少女でしたかね~!
      それは英才教育しなくては!^^;

  3. yuta より:

    おはようございます
    ノスタルジックなセピアから現代のカラーへ
    ファンジーなお写真です。

    • 皐月の樹 より:

      yutaさん
      こんばんは~!
      おお~、ファンシーと言って頂けますか!
      恐れ入ります~^^;
      確かに、詫び寂の冬枯れ風景に、突如現れる少女ですので、意外性がございますよね^^;
      ラッキーでした♪

  4. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    「時をかける少女」ではなく、「枯野を走り過ぎる少女」でしたね。
    キックボードができるということは遊歩道でもあるのでしょうか。
    枯野の中を走る少女、一人きりですか?防犯面を考えると心配になって
    きます。
    枯野の情景、渋くてとても素敵です。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      「時をかける少女」・・・さすがでございます!
      タイトルは、そこからの連想でもございます。
      実はもう一つ、百恵さんの名曲で「緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ」も連想の一つでした^^;
      シチュエーションは全く違いますが^^;
      仰る通り、この川辺には遊歩道がございまして、車は侵入できない事になっております(工事車両除く)。
      歩行者と自転車が、よく走っております。
      防犯面・・・仰る通りですね。
      私も、少し心配だったのです。あれ?一人かな?と。
      良く、お父さんと一緒に歩いたり自転車で行ったりしている人は見かけるのですが。
      まあ、パジュは田舎ですので、そういった(誘拐)犯罪が少ないのかもしれません。
      実際、今まではまだ聞いたことがございません。

  5. Lucian より:

    こんばんは。
    この少女は、ススキの妖精でしょうか。
    上着の色が同化してますね。
    「いつも撮ってくれてありがとう」と言っているような…。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      おおお~!なんと~!
      そう言う事ですね!
      いや~、それは素敵ですね~♪
      仰る通り、枯れススキと同じような色のジャケットでした。
      「いつも撮ってくれて・・・」くぅ~!涙が出るほど嬉しいお言葉ですね。
      こちらこそ、いつもありがとう!
      と、その妖精に伝えたいですv^^

  6. フィルガソ より:

    時をかける少女ならぬ、枯野を走り過ぎる少女ですか^^;
    Lucianさんも仰ってますが、これはススキの妖精のようですね^^
    ついに表れたか・・・
    と、思いましたよ^^;

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      だははは~^^;
      フィルガソさんも、時をかける少女を連想されましたか~^^;
      原田知世・・・可愛かったですね♪ ・・・って、違いますか^^;
      ススキの妖精であれば、嬉しいですね~♪
      もっとしっかり撮って置けばよかった~!
      でも、考えようによっては、それはまさしく・・・^^;
      いや、幽霊では決してございません~!
      と、言い聞かせる^^;;;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。