PENTAX 67_4111-2_R

いつかの空を夢見て

K_1P2117_R

K_1P2108_R

K_1P2102_R

K_1P2090_R

K_1P2114_R

K_1P2120_R

ツツジなどのような低木の生垣で、鳥の羽毛を発見しました。

鳩や、カチガラスが落としていったのかな?

新芽が生えてきた枝に引っかかって、風になびいておりました。

かつて、翼と共に風に乗っていた時のことを思い出していたのでしょうか。

少し寂しげな表情だったのでございます。


12件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    お~、幻想的な写真ですね♪
    かつては大空を舞っていた羽根が、なんらかの事情でここに囚われている・・・
    うむ~、気の毒です。
    中望遠マクロならではのおおらかなボケが気持ち良いです。
    標準域のマクロだと違う描写になりますね、あれも悪くないのですが。^^

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      既に数か月前の撮影なのですが・・・^^;
      まだ花が咲き始め、木々には新芽が出始めた頃でした。お写んぽしておりましたところ、チラホラ鳥の羽が引っかかっているのが気になりまして^^;
      もしかしたら、鳥の衣替えの時期だったのかもしれませんね。
      でも、仰る通り哀愁が漂っていたのでございます。
      以前は標準マクロも持っていたのですが、ドナドナしてしまいました^^;
      マクロも、それほど使わないので、中望遠か標準か?と自問した時に、ボケのとろけ具合と非現実的な描写からこちらを選択しました♪
      標準マクロ・・・いざとなれば、中間リングがあるか~、と思っているのですが^^;
      でも、その中間リングすら持っていないのでございます~^^;

  2. iwamoto より:

    素晴らしいボケ味ですね。
    我が家でも、このような景色を見掛けますよ。
    白が多いですね。 大きな羽のときもあります。
    いくら軽くても、重さのあるものは高さのエナジーをバランスさせる場所を見つけるようです。
    でも、このように囚われてしまうこともあるのですね。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      おお~、お庭でもお見かけしますか。
      これって、時期的なものなのでしょうかね?それとも年中見かけられますか?
      私は、早春の新芽が出る頃に気付きました。
      今ではそれほど見かけません。あるいは、葉っぱに隠れて見えないのか?
      あるいは・・・鳥の衣替えの時期と重なるのかな~?などと想像しておりました。
      仰る通り、空気より重いものは、地球の中心へと向かいますね^^;
      その途中で、そのものの重量の反力となる個体がそこにあれば、捕まってしまいますね。
      こういう羽根は、最後は土に返るものでしょうかね?
      つまり、虫なり微生物なりによって処理可能なのでしょうかね?
      もしかしたら、このまま彷徨う事に~?^^;

  3. yuta より:

    こんにちは
    幻想的な素敵な写真ですね。
    1枚目を見たとき何かの葉かと思いました。

    • 皐月の樹 より:

      yutaさん
      こんばんは~!
      ありがとうございます~^^;
      おお~、葉っぱ!
      なるほど、そう言われてみれば見えますね!
      羽毛が葉脈のようでもあるのでございます♪
      新たな視点、ありがとうございますm(_ _)m

  4. Lucian より:

    こんばんは。
    これは、羽根は羽根でも羽毛布団の方の羽毛ですね。
    望遠マクロは未体験ゾーンです。
    広角マクロが専門なもので(笑)
    キジが落としていった羽根にボールペンの芯をいれて、
    羽根ペンにして使っています。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      そうですね~、羽毛布団などに使われる羽毛ですよね♪
      これを集めれば羽毛布団が出来てしまいますね・・・って、相当集めなくてはですね^^;
      私は、マクロはこの望遠マクロのみなのです^^;
      持っている広角レンズでは、マクロ並みによれるレンズもあるのですが、等倍とまでは行きません^^;
      それ故、いざマクロ・・・となるとこの100㎜一辺倒になってしまいます^^;
      ボケが大きくて、好みなのですが。
      おお~、雉の羽のペンですが~!
      それはさぞかし美しいことでしょう♪
      羨ましい~!
      子供の頃、隣のおじさんが、傷ついた鳶を保護したことがございまして、飛べるようになるまで飼ってらっしゃいました。その時に、小屋に落ちた羽を貰いまして、ボールペンの芯を差してペンにしておりました。
      とても嬉しかったことを覚えております♪

  5. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    とても素敵なお写真、ありがとうございます。今日のタイトルの「いつかの空を夢見て」
    これも泣かせるタイトルですね。羽毛一枚で心温まるドラマが広がりました。
    やはりBGMは「翼をください」が良いですね。優しくそして柔らかな世界を楽しむことが
    できました。いつもありがとうございます。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      ありがとうございます~^^;
      泣かせるとは・・・勿体ないお言葉です^^;
      新芽が出始めた木だったので、たまたま引っかかっている羽毛が見つけやすかったのだと思います♪
      翼をください・・・なるほど~!
      YouTube貼っておけばよかったですね~^^;
      今、口ずさみながらお返事を書いておりますv^^

  6. フィルガソ より:

    おお~、これは美しい!
    なにか植物の綿毛かと思いきや、鳥の羽毛でしたか。
    空を仰ぐアングルが見事ですね^^
    ストーリーも素晴らしい♪
    流石でございます(^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      はい~、たまたま鳥の羽毛が引っかかっているのをいくつか見つけまして。
      捜してみると、結構あることに気付きました。
      もしかしたら、鳥の衣替えの時期なのでしょうかね?
      あるいは、まだ新芽が出たての木だったので、羽毛が目だって見つけやすかったのかもしれません♪
      ストーリー・・・お褒めのお言葉恐縮です~^^;
      妄想を暴走させただけなのですが~^^;
      その内、透明鳥さんの羽毛が見えだしたら・・・もう病院送りですね^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。