PENTAX 67_4111-2_R

雪解けの豪流

K_1P3212_R

K_1P3198_R

K_1P3202_R

K_1P3204_R

K_1P3191_R

K_1P3188_R

K_1P3216_R

K_1P3220_R

K_1P3237_R

K_1P3222_R

1~6枚目:DA★55mm F1.4 SDM

7~10枚目: SIGMA AF 20/1.8 EX DG ASPH RF

 

昨日の行脚の目的地です。

やはり4月は、雪解けの流れが最も激しい時期です。普段であれば、流れの中に三脚を据えて撮影するのですが、厳しそうなので諦めました^^;

今回は、DA55にはC-PLフィルターを、SIGMA 20/1.8には可変NDフィルターを付けて臨みましたが・・・。

日差しが思った以上に強く、それを反射する雪も眩しく、思ったように長時間露光は出来ませんでした。

精々1秒強と言ったところです。

前半3枚と6枚目は手持ちでした。

SS1/4秒も何とか止めてくれました。

けーいちくんの手ブレ補正、やるもんでございます♪

ここでの撮影は、まだまだ沢山在庫がございます^^;

おまけにバケペンも持って行っておりました^^;

また、改めてちょこちょこご紹介してまいりたいと思います。


10件のコメント

  1. iwamoto より:

    凄い荷物だったのですね。
    手持ちでここまで撮れるのですか、たいしたものです。
    最後から4枚目の影、面白いですね、このように写るのか、と今更ながら。
    この元気に流れる水が、雪解け水であることが趣を深くさせている、と感じます。
    経験ないもので、余計に。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      荷物は、凄い・・・と言うほどでもないのです。最低限に絞ったつもりです^^;
      バケペンに広角と標準レンズ2本、K-1に同じく広角と標準の2本、あと三脚一本です。
      K-1は肩下げ、バケペンは三脚に乗っけて担ぎ、小さなバッグにレンズ2本とフィルター類・・・そんな感じでございました。
      父は、こういう山を40㎏の荷物を担いで現場まで歩いて行って、鉄塔建てていたんだな~とか思ってました^^;
      雪解け水の白い流れは、ヒカリトカゲのキャンバスになりますね♪
      仰る通り、大雨の後の鉄砲水であれば、また違った風に感じますよね^^;

  2. 黒顔羊 より:

    お~、けーいちくんの手ぶれ補正、よく効くのですねえ♪
    私はD610で撮るときは、手ぶれ補正なしです。
    レンズにも手ぶれ補正付きのレンズがありませんからねえ。
    手ぶれ補正が必要な時は、さっさとミラーレスに切り替えます。
    フルサイズのボケが欲しいときは、シャッター速度はぶれようのない高速シャッターですもんね。^^

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      けーいちくんの手ブレ補正、効きますね~!
      K-5から更に半断~1段分くらいは効くように思います。
      NikonやCanonは、ボディ側に手ブレ補正がないので、手ブレ補正付きのレンズを使わないとその恩恵にあやかれませんよね^^;
      オリやソニーの手ブレ補正も優秀みたいですね!
      あ、パナも、以前黒顔羊さんがSS1秒されてらっしゃましたよね♪
      手ブレ補正は、実に有り難いのでございますv^^

  3. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    モノクロの世界も良いですねえ。
    森の中の水の流れ、雪解け水がもの凄い勢いで流れていますね。
    まだ雪が残っているので、気温も低かったと思います。
    夏場、ここのルートを歩いたら、さぞ気持ちがいいことでしょう。
    天然クーラーですよね。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      今回は、まずモノクロにてご紹介です。
      今後、カラーも登場する予定です^^;
      この時は、やはりまだ雪も残っていて、水の温度も低かったです。
      長靴を履いていても、水の中に暫く佇んでおりますと、指先が痛くなります^^;
      霜焼けになりそうな感じです^^;
      夏場は、ここは仰る通り天然クーラーとなります。
      ただし、雨が少ない時は、この流れは枯れてしまいます。
      そうなると、マイナスイオンの恩恵は無くなってしまうのですが~^^;

  4. Lucian より:

    豪流に軽い恐怖感を覚えたのですが、その理由にしばし気づきませんでした。
    どうやら昨年の台風10号による川の氾濫の記憶によるものだったようです。
    岩手県北部は、未だ復旧半ばです。
    30数年前にも台風の直撃を受けましたが、当時は雨よりも風の被害でした。
    屋根や車庫を飛ばされたものでした。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      なるほど。昨年の大雨で、岩手県は大きな被害に見舞われましたね。
      実は、私の幼馴染・・・と言いますか、子供の頃近所だった、姉のように慕っていた方が岩手に嫁がれました。
      それで、心配して何度か連絡してました。幸い、そちらでは被害はなかったようですが。
      それは恐ろしい記憶を呼び覚ましてしまいました。
      申し訳ございません~^^;
      今年は、穏やかに行って欲しいものですが・・・どうなることやらですね。
      天に任せるしかないですが。

  5. フィルガソ より:

    お~、モノクロで来ましたね!
    気のせいか、カラーよりも迫力を感じますね~
    いや、気のせいじゃないな~これ^^;
    雪解け水なんですよね、凄い勢いですよね!

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      最近、デジタル比率が上がり、カラーが多くなってきておりますので^^;
      たまには、モノクロで~^^;
      カラーにしてしまうと、苔の緑や雪との対比に目が行きますが、モノクロにすると川の流れがもう少し存在感を増してくれるかな?と思いまして^^;
      雪解けの流れ、音もなかなかに迫力がございます。
      地響きのように感じます。
      この流れが・・・夏は枯れてしまうのですから、驚きですね^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。