PENTAX 67_4111-2_R

四半期前の駒ケ岳

2017年7月20日DA★55mmF1.4 SDM,Pentax K-1

よりによって、ここまで即物的なタイトルにしてしまうとは・・・我ながら情けない^^;

でも、もう誤魔化しようがございませんので、ストレートに^^;

今を遡ること3カ月前・・・4月半ばの越後駒ケ岳周辺の里山の様子でございます。

まだ山にはしっかりと雪が残り、田畑の雪は解け始めてはいるものの、残雪に覆われておりました。

今頃は、緑あふれる光景となっていることでしょう。

そう考えますと、3カ月の変化は大きいですね~。

ま・・・当たり前と言えば当たり前ですね^^;


10件のコメント

  1. iwamoto より:

    同じ場所、三か月おきの姿を見てみたいですね。
    こうしてドンドンドンドン時は進んでゆきますが、何かを為したという実感はございません。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      三カ月ごと・・・ですよね~^^;
      四季ですからね。
      今のところ、私が一時帰国できるのは、四カ月おきとなります~^^;
      晩秋と冬の境目、冬と春の境目・・・となって、秋が抜ける感じでしょうか^^;
      考えてみますと、3年ほど日本の紅葉を拝んでないんですよね~ToT
      私も同じく・・・何も実感がなく。
      ただ過ぎ行くときを眺めているような、そんな気分になってしまいます^^;

  2. 黒顔羊 より:

    わははは、四半期前・・・
    わかりますわかります。
    私も昔はセールス部門におり、毎四半期ごとのゴールに追われておりました。
    4月と7月って、締め切りが終わってほっと一息の月なんですよね。^^
    あれから3か月・・・涼し気な残雪の風景も、いまやセミの大合唱に包まれているんでしょうねえ♪

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      ですよね~^^;
      お分かりいただけますか~^^;
      やはり四半期は、一つの区切りとなりますね。
      そこで、見直して改善し次へ!・・・となるはずが、大体同じところをぐるぐる回っているような気がします^^;
      また次の三カ月、頑張らないと~^^;
      仰るように、越後の山も深い緑一色となっているかと思います。
      蝉の合唱・・・鳴り響いているでしょうね~^^;
      因みにパジュでは、まだ鳴きません。
      今年は、パジュでの初めての夏なのですが、もしかしたら蝉はいないのかな~?!
      今度、同僚に聞いてみます^^;

  3. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    田んぼの中にも駒ケ岳が・・・。
    雪解けの田んぼに駒ケ岳が美しく映っていますね。
    畦道のオオイヌノフグリの可愛い花、北国の春の
    訪れを感じます。
    雄大なお写真、ありがとうございます。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      はい、雪解けの田んぼに移る残雪の駒ケ岳でございます。
      毎年、こういうシーンを見かけると、撮っているような気がします^^;
      やっぱり駒ケ岳が一番好きなんですよね♪
      この時は、オオイヌフグリや水仙が咲き始めた頃でした。
      今頃は、緑に包まれ、蝉時雨が鳴き止まない状態だと思います~^^;

  4. フィルガソ より:

    四半期前・・・
    そうですね、そういう事になりますね^^;
    いや~、でも今の季節、雪のお写真はありがたいですね!
    今日も熱中症になりそうな暑さでした。
    お写真で涼ませていただきますね(^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      はい~、仕事の世界では、この四半期ベースで進むことが多いですね^^;
      何かと期末になると追われるのでございます^^;
      おお~、仙台も猛暑なのですね~>_<
      熱中症、くれぐれもお気を付けください~^^;
      パジュは、まだ梅雨明けせず、曇天続きです。
      雨も降ったりやんだりを繰り返しております。
      気温は30℃そこそこなのですが、とにかく湿度が高くて厄介です~^^;

  5. Lucian より:

    yamaboushiさんが書いておられるように、まさに北国の春ですね。
    昔のテレビCMで、千昌夫が古い農家の庭先で「いやぁ~、岩手県はやっぱりいいなや」というと、
    そばにいた子供が「ここ、越後だよ!」というのがありました。
    西の人からみれば、北国はみな同じかもしれませんね。
    標準レンズの画角は絶妙なものがありますね。
    普段は広角寄りか望遠寄りに二極化する傾向があるので、新鮮な感じがします。

    • 皐月の樹 より:

      Lucianさん
      こんばんは~!
      大変お返事が遅くなってしまいまして、申し訳ございませんm(_ _)m
      バタバタしておりました^^;
      千昌夫さんのCM、ございましたね~。覚えております!
      仰る通り、北国の雰囲気は同じかもしれませんね^^;
      特に冬でなければ、北側と南側の違いはございますが、遠方に山が見えて、川沿いに田んぼが広がる・・・同じような風景ですよね^^;
      私は、標準画角が一番しっくりくるので、稼働率が高いです。
      持ってるレンズの画角も、やはり標準付近が多くなっております^^;
      逆に、超広角、超望遠域がないかもしれません~^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。