PENTAX 67_4111-2_R

過ぎ行く薔薇の季節

通常、春の薔薇は1.5カ月くらいの間、楽しませてくれますが・・・

弊ブログでは三日間で駆け抜けていきます^^;

という事で、薔薇三連チャンの最後は枯れ往く薔薇でございます~^^;

6月の後半になりますと、殆どの薔薇は枯れて行っておりました。

この頃、梅雨入り前のパジュでは曇天続きでした。

光の無い状況で、どうやって浮き上がらせるかな~・・・と思いまして、ボケパノで行ってみました。

が、やっぱり浮き上がりが足りませんね~^^;

おまけに、2枚目では柵が繋がっておりません~^^;

枯れた薔薇の悲哀を写し取るには、やはりマクロで寄る方が良いかもしれませんね。

ボケパのでは、広く写り過ぎるので、小さな被写体を主役にしようとしても厳しいですね^^;


6件のコメント

  1. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    一か月半を3日間で紹介していただきありがとうございます。ところで、皐月の樹さん
    マイク真木さんという方が唄った「バラが咲いた」という曲、ご存じですか?
    その歌詞の中にこんなフレーズがあります。
    ♪ バラが散った バラが散った いつの間にか ぼくの庭は 前のように 淋しくなった
      ぼくの庭の バラは散ってしまったけれど 淋しかった ぼくの心に バラが咲いた
     バラよ バラよ 心のバラ いつまでも ここで咲いてておくれ
     バラが咲いた バラが咲いた ぼくの心に いつまでも 散らない 真赤なバラが ♪
    薔薇は散ってしまっても、心に焼き付いた薔薇の花はいつまでも散りませんね。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      おはようございます!
      毎度のことながら、お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ございません。
      気付けば、2ヶ月も経ってしまいました。
      あっという間ですね。
      未だ、ブログ再開の準備が整っておりません。
      マイク真木さんのバラが咲いた、有名ですね。
      改めて、歌詞を拝見いたしました。
      なるほど、確かに心に咲いたバラは、いつまでも美しく散りませんね。
      そんな花を、いつまでも心に咲かせたいと、改めて思いました。
      ありがとうございます。
      そう言えば、昔、マイク真木さんのご子息が俳優として活躍されていたような…。
      いつの間にか見なくなりましたねf(^^;

  2. フィルガソ より:

    薔薇三連チャンの最後を枯れ往く薔薇で締めくくるとは、さすが錆銀ですね~(^^)v
    ボケパノ、十分浮いてますよ!
    きっと感覚が麻痺してきてますね^^;
    ネガフィルムのようなメローなトーンも哀愁に満ちてますね~♪

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      おはようございます!
      気が付けば、もう2ヶ月も経ってしまいました。
      あっという間ですね。
      お返事も遅れ、ブログも放置してしまい、誠に申し訳ございません。
      もうしばらく、復活には時間がかかりそうです。
      今は、夜勤明けで、ちとボーッとしておりますf(^^;
      盛者必衰、美しく咲き誇るバラも、いずれは枯れますね。
      でも、それ故に美しさが増すように感じます。
      錆び銀なら、この枯れバラを逃せませんよね~(^^)v
      浮いてますかね?
      確かに、ボケパノばかり見ておりますと、麻痺してきますね~f(^^;

  3. iwamoto より:

    yamaboushiさんが紹介の歌は、「花はどこへ行った」の輪廻を感じさせますよね。
    ショーロホフの「静かなるドン」に出てくるコサックの民謡、
    それを下敷きにした、ピート・シーガーの有名な歌、後に反戦歌となります。

    「ハナドコ」って、人気あるんですね。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      おはようございます!
      大変長らく沈黙を保ってしまい、誠に申し訳ございません。
      まだ、もう暫く冬眠から覚めそうにありません。
      そうこうしているうちに、本当の冬が来てしまいそうですが。
      花はどこへ行った…知りませんでしたので、少し調べてみました。
      なるほど、あのピーターとポールとマリーさんの名曲なのですね。
      聞いたことないと、思っておりましたが、何となくメロディに聞き覚えがございました。
      反戦歌という繋がりで、リレハンメル冬季五輪の女子フィギュアスケート、ドイツ代表のカタリーナ ヴィットさんに辿り着きました。それで聞き覚えがあったようです。長野五輪の4年前、私はまだ19才でした。そこに反戦の意味があるとは、全く知りませんでした。

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。