PENTAX 67_4111-2_R

一年の締めくくり

今年一年の感謝の気持ちを込めて2016

毎年、一年の締めくくりとして大晦日前後にこの企画を催しております。

まず、最初に!

 

ご訪問下さる皆様

 

今年一年間、幣ブログにお越しいただき

また、温かいコメントの数々を下さり

本当にありがとうございますm(_ _)m

今年一年も、無事毎日Up Dateを続けてこられたのも、皆様のご支援の賜物と思っております。

皐月の樹、ススキの樹、ススキーノ、ススキーナ・・・一同、感謝の気持ちでいっぱいでございます。

 

それでは、今年の皐月の樹のPhoto Lifeを振り返ってみたいと思います。

photo-life2017-02_r

 

こうしてみますと、デジタルでの撮影枚数が毎年減少の一途を辿っているのに対しまして、フィルムの撮影枚数は去年より若干増加となりました。本ブログでの投稿数は、遂にFilm写真が圧倒的に上回る結果となりました。これは、今年の前半を終えた辺りで、なんとなくこうなるような気がしておりました^^;

年末近くになって、デジタルでの撮影が増えて多少挽回したものの、やはり結果はこの通りでした。

Film写真のブログ採用確率ですが・・・これは質が伴っておりません^^;

撮ったものは、殆ど無理やりブログにねじ込んだ・・・というのが正直なところです^^;

デジタルは、撮影枚数が激減する中で、採用の確率は多少高まりました。無駄打ちが少なくなったのは事実かもしれません^^;

この年末は、フルフレームのデジタル一眼・・・Pentax K-1を導入予定です(この記事は12/18に書いております^^;)。

この数字が、来年どのように変化するのか?

楽しみです♪

 

それでは、今年一年の締めくくりとして、今年幣ブログでご紹介したお写真をReviewしたいと思います。私が個人的に気に入っているものを四季それぞれで4枚選びました。

春夏秋冬の順番にてv^^

kowa-six_3565-3_r

pentax-67_3922-3_r

pentax-67_3901-5_r

kowa-six_3242-2_r

春、冬: Kowa Six+85mm/F2.8  NEOPAN100ACROS

夏:Pentax67+105㎜/F2.4  NEOPAN100ACROS

秋:Pentax67+105㎜/F2.4  ADOX CMS20Ⅱ

 

ここで裏話^^;

秋の一枚は、実は晩夏の撮影です^^;

冬の一枚は、実際は昨年末の晩秋の撮影です^^;

見返してみますと、今年は日本で雪景色を撮影しておりませんでした。

春に、残雪の山を撮ったくらいです。

秋はいつもより雪が遅く、春はいつも以上に雪解けが早かったな~と改めて実感しました。

来年はどうなりますやら?

今回の冬の帰国は年末年始となりましたので、さすがに雪景色が拝めることでしょう~♪

 

今年も、なんとか毎日ブログをアップすることが出来ました。

途中、何度か(今も含めて)、コメント欄を閉じさせて頂くことはございましたが^^;

残念だったのは、毎年参加させて頂いておりました、「錆銀」「全味協」の愛知合宿に参加できなかったことです。来年は、是非!と思っております。

 

それでは皆様。

今年も残り僅かとなりましたが、お体ご自愛頂き、良いお年をお迎えください。

来年も、元日からまたえっちらおっちらやって参りたいと思います。

何卒、引き続きよろしくお願い致します。m(_ _)m


今年一年の感謝の気持ちを込めて

今年も、ついに大晦日がやって参りました。

早いもので、2015年も終わろうとしておりますね。

今年は皆様にとって、どのような一年でしたでしょうか?

 

こちらのブログでは、毎年恒例となりつつありますが、「一年の締めくくりシリーズ」として一年間を振り返っております。

今年も、また私の1年のPhoto Lifeについて振り返ってみたいと思います。

今回は、このブログを始めた2012年からの足跡として表にまとめてみました。

デジタルとフィルム写真の撮影枚数と、ブログへのエントリー数で見てみました。

2015 Photo Life02_R

まず撮影枚数から・・・今年は、これまでで最も少ない撮影枚数となりました。

今年一年間で、デジタル写真は6356枚、フィルムは790枚でした。

(こうやって見返しますと、2012年と2013年のデジタルの撮影枚数は異常ですね^^;)

一つの理由は、シャッターを切る前に思い止まることが多くなったような気がします。果たして、それが良いことなのかどうかは、まだ確信はないのですが、もう一度自問自答して見直すことが多くなりました。もちろん、街中スナップの場合は、少し違う感覚で反射的に撮っておりますが^^;

デジタルでも、とりあえず・・・というので撮るのは無くなりました。

フィルムの場合も、露出の確度が上がってきましたので、露出ブラケット的な撮り方は無くなりました。

フィルムの場合は、もう一つ枚数が減った理由がございます。それは、フィルム価格の上昇です。

おいそれと無駄打ちできなくなって参りました^^;

他にも、今年は撮影に出る機会が減ったというのも、理由の一つに考えられると思います。

 

次に、Blogの方へ目を向けてみましょう。

まず、去年掲げた目標として、1年を通して休まずエントリーするというのは達成できました!

これもひとえに皆様の温かいご支援のお陰でございます♪

デジタルとフィルムのエントリー数の割合は、おおよそ半分半分でした。去年よりもわずかにフィルムエントリーの割合は減りました。

エントリー毎の写真枚数は、平均しますとデジタルは6枚弱(去年とほぼ同等)、フィルムは4枚強(去年より平均1枚増加)でした。フィルムの方では4枚の組写真を更に意識して撮るようになったからかもしれません。

写真のエントリー採用確率は、フィルムでは90%を超えてくれました。これは正直、私には一番嬉しかったです。デジタルも、20%に近づきました。去年の倍近いです。シャッターを切る前に思い止まった結果が出ているのかな?とも思っております。

まあ、撮影された写真のレベルが上がってきていないので、手放しで喜べる状態では決してないのですが・・・^^;

まだまだ課題は沢山ございます。ゆっくりと、でも確実に、修行を積んで自己満足度を上げられるよう、続けて行きたいと思います♪

 

次に、オフライン活動につきましてv^^

今年は、春に全味協のオフ会に初めて参加させて頂きました!

横浜の素敵な街を探訪しながら、実に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

全味協の皆様、本当にありがとうございました。また来年も、よろしくお願いいたします。

そして、秋には恒例の愛知合宿に参加いたしました。

去年は初日のみの参加で、悔しい思いをしたのですが、今回は3日間通して参加できました。

が・・・3日目は早めのリタイヤでございましたが^^;

来年も、また参加できるよう、準備してまいります~^^;

錆銀の皆様、全味協愛知支部の皆様、本当にありがとうございました!

来年もまた、よろしくお願いいたします~v^^

 

こんな感じで、私の2015年のPhoto Lifeはとても充実しておりました。

写真の出来、不出来は別として~^^;

今年の終わりごろには、また新しいレンズを導入しました。フィルム機材も、着々と増えております^^;

そして、来年の春にはついにPENTAXから135判のデジタル機が登場するようですから、懐が寂しい状態はずっと続きそうでございます^^;

今は、春の導入はやめようかな?と思っております。大体、初期の不良が収まった夏あたりの導入を狙おうかな~?と。お値段も、少しこなれてくるでしょうからv^^

ここまで待ったのですから、大差はないのでございます♪

ということで、来年のPhoto Lifeも楽しみでございます~^o^/

 

さて、今年最後のお写真ですが、やっぱりバケペンでしょう~♪

ということで、バケペンで撮影した朝靄が掛かる信濃川の風景です。

もう1か月半以上前の、11月半ば頃のお写真ですが~^^;

おまけに、先日PENTAX LXで撮った似たようなお写真をづらづらと並べたばかりですが~^^;

PENTAX 67_3164_R

PENTAX 67_3163_R

PENTAX 67_3161_R

霞む悠久の流れ

霞む悠久の流れ

1,2枚目:PENTAX67 105mmF2.4

3,4枚目:PENTAX67 45mmF4.0

 

こうやって、一年無事に毎日エントリーを出し続けることが出来ましたのも、訪れてくださる皆様のお陰でございます。いつも温かいコメントを頂き、とても励みになっております。

本当にありがとうございます。

来年も、また一年続けていけたらな~と思っております。

引き続き、何卒、よろしくお願いいたします。

それでは皆様、良いお年をお迎えください!


TRACTOR REVIEW2014♪

ス: 4回に渡ってお送りしてきました、一年の締めくくりシリーズ2014、いよいよ今日が最後となります。

  2014年の一年間を振り返って反省しよう、というこの企画、最終回の今日はトラクターレヴューです!

  トラクター・・・通称「虎」は、こちらのブログには欠かせないキャラクターであり、皐月の樹さんのお気に入りの被写体ですよね~、皐月さん?!

さ: はい、そうです!虎といっても、特に欧米ブランドの舶来虎が大のお気に入りです!虎こそが、・・・(だんだん熱弁してくる・・・)。

ス: (話を遮る様に・・・) はい、それでは本日も、私 ススキの樹とこちらの皐月の樹さんでお届けしてまいります~!

さ: ・・・(まだ、話してる途中だっちゅうの!)。

(天の声: あらあら、のっけから気まずいふんいきじゃのう~。どうなることやら・・・。)

Rolleiflex T_2193-3_R

Rolleiflex T_2432_R

MAMIYA C330_2021-2_R

ス: まずは、こちら、越後の虎からでございますね~!

  これはあの、山本山高原牧場の虎さんですね?!

さ: はい、そうです。Ford4600と6600の兄弟青虎ですね。3枚目は、越後三山・八海山の麓で見つけた同じくFordの3910です。たまたま通りがかったところに見つけまして、オーナーさんに頼み込みました(笑)!

ス: なるほど~。それほどまでに、舶来虎がお好きということですね~♪

  それでは、続いて参りましょう~!

Rolleiflex T_2415_R

Rolleiflex T_2414_R

Rolleiflex T_2417-2_R

Rolleiflex T_2423-2_R

ス: おお~、こちらもまた迫力ある虎さん達ですね~!

さ: はい、これらは、あの有名なアイボクの舶来虎達ですね!

ス: アイボク・・・愛知牧場の略称ですね?!

さ: あ・・・はい、そうですね。いつも、アイボクと呼んでおりまして(笑)。黒顔羊さんのご自宅の直ぐ近くにあるんですよ~!

  いや~、羨ましい限りです!

ス: ほ~、あの巨匠の!

さ: はい♪ まず1枚目は、インターナショナル・ハーベスター484です。アイボクの入り口で出迎えてくれる門番のような虎です。

  2枚目は、背景ボケになってしまっておりますが(汗)・・・同じくアイボクの玄関の人気者、フォード4000です。

  3枚目は、なんと言っても私がアイボクで一番気に入っております、フォードソン Super Dexta!この愛嬌のあるお顔に惚れ惚れしてしまいます。

  そして4枚目が、インターナショナル・ハーベスター574です。丘の上に佇むその姿は、アイボクの主といっても良いほどの存在感です。

ス: いずれも存在感のある虎さん達ですね~!とても退役しているとは思えない、迫力ですね!

ス: そして、いよいよ最後は!越後の虎と言えば・・・やっぱりあの虎。

MAMIYA C330_1943-4_R

ス: こちら、ジョン・ディアですね~♪

さ: はい!なんと言っても、私の一番のお気に入りです♪ 背景に越後三山を望むこのロケーションがまたお気に入りです!

ス: なるほど~。この背景に見えます、冠雪したお山は?

さ: はい、八海山です。日本酒の銘柄として有名ですね。

ス: ああ~、これが八海山ですか~。ここのスキー場も、地元では有名ですね♪

さ: そうですね~。最大斜度38度、リフトの右側は全て不整地というコブのメッカですね!私も若かりし頃は、毎週のように通いました(笑)。

ス: おお~、そうですか~。ところで、話は変わりますが、どうしてお気に入りのジョンくんのお尻のお写真なのですか(笑)?

さ: あ、これね・・・だははは~。越後三山を望むには、この方向しかないんですよ~(汗)。まあ、後姿でもあのシンプルな佇まいからジョンくんと分かるかな~?と(汗)。

ス: ま、そうですね・・・ハハハ。

  さて、4回に渡りましてお届けして参りました、一年の締めくくりシリーズ。皐月さん、振り返ってみていかがですか?

さ: そうですね~、狙いは分かるんだけど、イマイチ追い込みが足りないものばかりだな~という印象です。もっと、精進いたします。

ス: なるほど~。では、2015年はその辺りをもっと攻められるということでしょうか?

さ: はい、そうですね。

ス: 出来れば、ススキのお写真も、お願いいたしますね(笑)。

さ: ハハハ~!ススキの樹さんも、よっぽどお好きですね~♪ 分かりました、今年もススキは沢山撮ることに致しましょう~!

ス: ホントですか?!ありがとうございます、皐月の樹さん!よろしくお願いします。

  それでは、皆様、4日間、お付き合いいただきまして、ありがとうございます!

  次は・・・また2015年の締めくくりの際に、お会い致しましょう~!

  本年が、皆様にとって、良い年でありますように、お祈りしております。

  皐月の樹さん、ありがとうございました。また、2015年もよろしくお願いいたします。

さ: ありがとうございました。こちらこそ、よろしくお願いいたします。失礼致しました~。

(天の声: やれやれ、最後はなんとか仲直りしたようですね、この二人♪ ススキが繋いだ縁・・・でしょうかね~?^^;)

       今年も、この二人を、何卒よろしくお願いいたします~ m(_ _)m


Kiev88C & PENTAX67 REVIEW2014♪

ス: 昨日、一昨日と、2014年新規導入の機材でのお写真をご紹介してまいりました。

  その年一年間に撮影した写真を振り返って、反省しよう~!というこの企画、今年は4つのテーマに分けてお届けしております。

  本日も、私 ススキの樹と、お馴染み皐月の樹さんでお届けしてまいります♪

  さて第3回目となります、本日の一年の締めくくりシリーズは、古株・・・と言っても一昨年2013年に導入の機材でのお写真を一挙ご紹介いたします。

  その2台のカメラとは?!

  はい、Kiev88CとPENTAX67でございますね~!

  皐月さん、この2台にはどういった思い入れがございますか?

さ: はい、まずPENTAX 67は、私にとって一番重要と言って良いカメラです。最初に手にした中判銀塩機であり、中判カメラの楽しさとフィルムの面白さを教えてくれた1台です。

ス: なるほど~!で、Kiev88Cのほうは?

さ: はい、こちらも、同様にとても大切なカメラです。尊敬する、巨匠 黒顔羊さんから譲り受けました、大切なカメラです。そして、6×6の独特な世界観を教えてくれたカメラでもあります。実を言いますと、PENTAX 67も黒顔羊さんから勧められて購入したんです。本当に感謝しております~♪

(天の声: おお~、意外に普通に入ったね~。お互い、昨日のいざこざは水に流したのかね~?まあ、ゆっくり見てみるとしよう~♪)

ス: そうですか~。どちらも黒顔羊さんの影響を多分に受けてらっしゃると言うことですね~!

さ: はい!その通りです~!

ス: それでは、まずはこちらの方から参りたいと思います~!Kiev88C レヴュー2014~!

 Kiev88C_1221-2_R

Kiev88C_1220-2_R

Kiev88C_1563-2_R

Kiev88C_1201-2_R

Kiev88C_1463-2_R

Kiev88C_1462-2_R

Kiev88C_1461-2_R

Kiev88C_1465-2_R

 

ス: いずれも厳しい越後の冬の景色ですね~。

さ: そうですね~。実は、昨日ご紹介しましたMAMIYA Cを入手してから、めっきりKiev88Cの出番が減ってしまったのです。しかも、韓国赴任に当たりまして、日本に置いて来ましたので・・・。

ス: そうなんですね~。で、いかがですか、皐月さん?

さ: 今日ご紹介したお写真は全て、Arsat C 80mmF2.8というレンズで撮影したものです。

  改めて見返してみますと、このレンズの魅力を再確認いたしますね。とても臨場感のある、いい描写をしてくれます。

ス: なるほど~。

さ: このレンズの、光の捉え方、独特ですね~。引き込まれます。ロシアン・ぷらな~と呼ばれるのがとても良く分かるんでございます。

  もっとこのカメラとレンズを使いたいな~、と改めて実感いたしました!

ス: ほ~・・・。では、それは2015年の課題ですね~♪

  はい、続きましては、「バケペン」ことPENTAX 67で撮影したお写真に参りたいと思います!

 

PENTAX67_1232-2_R

PENTAX 67_1552-2_R

PENTAX67_1662-2_R

PENTAX67_2055-2_R

PENTAX 67_2253-2_R

PENTAX67_2342-2_R

PENTAX67_2348-2_R

PENTAX 67_2479-2_R

 ス: おお~、こちらは冬から晩秋にかけての、約1年を通してのお写真ですね~。

さ: はい、そうですね~。バケペンは、1年を通して、コンスタントに使っております。まず、6×7というフォーマットは私の機材の中ではこのカメラだけと言うのがひとつの理由でしょうね~。そして、45mmの広角と、105mm/2.4というボケを楽しめるレンズが、それぞれ唯一無二といった感じですので、使いたくなったのだと思います。

  実は、韓国への赴任に際しまして、このカメラは日本に置いてきました。ただ、何度か一時帰国という形で日本に帰っておりましたので、その際にこれを持ち出しては、越後の風景を撮っておりました。その為、1年を通しての写真が揃いましたね。

ス: なるほど~、そういうことなんですね~。

  やはり、このカメラが一番お気に入りということですね~♪

さ: ははは~、はい!そうですね~^^;

ス: さて、これまでKiev88Cとバケペンと見返してみて、いかがですか?反省点などございますか?

さ: はい、沢山ありますね~!数え上げたらキリが無いくらいです(汗)!

  Kiev88Cの方は、とにかくもっと使いたいと思いますね~。そして、6×6のフォーマットをもっと生かした写真を撮りたいと思います。

  バケペンの方は、レンズの力に任せた写真ばかりで、いわゆる「撮らされた」写真ばかりですので、もっと撮るんだ!という画作りを心がけたいですね~。

ス: なるほど~!ではそれは、2015年への課題ですね。

さ: はい、そうです。この2台のカメラは、日本に置いて来ましたので、使用する頻度は限られてしまいますが、一時帰国の際には必ずこの2台を持ち出して、遊びたいと思います♪

ス: いや~、今日もありがとうございました。

  私は、とにかく、今日は最後に2枚もススキのお写真を拝見できたので、とても良かったです~(もっとススキ出せよ!)!

さ: は・・・ははは。そうですか~、ススキ・・・ね~(おめーは、ススキしか見てねーのか?!)。

(天の声: おやおや、やっぱり、心の中では穏やかじゃありませんね~(笑))

ス: それでは、皆さん。いよいよ明日が最後となります。

  いよいよ、皆さんお待ちかねの・・・アレが来ますよ~!ね、皐月さん?!

さ: ははは・・・あ~、アレね。そうですね。

ス: それでは皆さん、ごきげんよう~。さようなら~。

さ: ・・・(やっぱり今日も挨拶なしかよ!)

 

・・・^^;;;


MAMIYA C330 REVIEW2014♪

ス: 皆様、こんにちは~! 本日も、一年の締めくくりシリーズ参りたいと思います。

  その年一年間に撮影した写真を振り返って、反省しよう~!というこの企画、今年は4つのテーマに分けてお届けしております。

  第2回目の今日は、MAMIYA C330 レヴュー2014です!

  さて、本日も解説の皐月の樹さんと共に、私、ススキの樹が実況をお届けしたいと思います!

  皐月の樹さん、本日も、よろしくお願いします。

さ: はい、お願いします。

ス: MAMIYA C330も、2014年に導入した機材のひとつですね~。

さ: はい、そうです。これは、私が韓国赴任に当たりまして揃えました、機材です。その時、すでにバケペンとKiev88C、そしてRolleiflex 35Cという中判機が3台あったのですが、韓国に持っていくのにどれがいいか迷っておりました。バケペンとKievは嵩張り重いんです。Rolleiflex 35Cはシャッターに難アリでした。丁度そのころ、同じ写真倶楽部「錆銀」に所属しておりますfilm-gasolineさん黒顔羊さんがMAMIYA Cというカメラを入手されそれぞれのブログでご紹介されてました。私は、このカメラのことを殆ど知りませんでしたし、意識もしておりませんでした。しかしながら、その出てくるお写真を拝見しまして、これだー!と思ったわけです。

ス: なるほど~。そんなに衝撃的でしたか?!

さ: はい!このMAMIYA Cは、二眼レフ機なのですが、なんとレンズ交換が出来るのです!おまけに、蛇腹式で最短撮影距離が通常の中判機に比べとても短いのです!これは、背景ボケを作るのにとても有利です♪

ス: そうなんですか~。

さ: はい、おまけに、失礼な言い方かも知れませんが、マイナー機材と言っても良いと思いますので、中古市場での相場価格が安い!これも、大きな魅力でした。Rolleiflexやハッセルブラッドなんかは、かなり高額な価格帯で推移しておりますので・・・。

ス: そうですか~。そんなMAMIYA Cを実際に入手されて、いかがでしたか?

さ: はい♪ もう、ご機嫌でしたね~!今では、マミちゃんと呼んでおりますよ~!ダハハハ~^^;

ス: あ、そうですか。マミちゃん・・・ですか~(汗)。

さ: いや、お恥ずかしい~!でもね~、二眼レフのレンズって、小さいんですよ。交換式のレンズが小さいって、持ち運びにもとても便利なんです♪

  だから、韓国赴任前の試写として、越後で散々取り捲りましたね~!

ス: なるほど~。では、今日はその越後でのお写真もご紹介いただけるわけですね~?!

さ: はい、そうですね~。2014年の春、丁度桜の咲くころに入手いたしましたので、春からのお写真となりますね~。

ス: では、早速参りましょう~!MAMIYA C330レヴュー2014でございます~!

MAMIYA C330_1844-2_R

MAMIYA C330_1841-2_R

MAMIYA C330_1846-2_R

 

MAMIYA C330_1845-2_R

MAMIYA C330_1851-2_R

 

MAMIYA C330_2016-2_R

MAMIYA C330_1967-2_R

MAMIYA C330_2012-2_R

MAMIYA C330_2173-3_R

MAMIYA C330_2178-3_R

MAMIYA C330_2207-2_R

ス: はい、ここまでが日本編でした~!春から初夏に掛けての季節の移ろいを、一挙にご紹介いたしました~。

  なるほど~、桜のお写真、仰るとおり3点入ってきておりますね~。

さ: はい、そうです。早春の越後の森に始まり、桜、お気に入りポイントの一つである雷土新田の祠、十日町の着物祭り、そして棚田の風景・・・。春から初夏にかけての写真ですね。とにかくこの頃は、どこに行くにも連れて行きました。マミちゃんとデート~♪ってな、具合です^^;

ス: は・・・ハハハ。なるほど・・・デートですか(滝汗)。

  (気を取り直して)で、この後、韓国に行かれるわけですね?

さ: はい、そうです。ここからは韓国で切り取った風景です。私の赴任先は、天安市と牙山市の境になります。滞在しているアパートは牙山市になります。その牙山市で見つけたちょっと気になった風景・・・という感じです。

ス: なるほど、では続きまして韓国編参りましょう~♪

MAMIYA C330_2323-3_R

MAMIYA C330_2320-2_R

MAMIYA C330_2325_R

MAMIYA C330_2339-2_R

MAMIYA C330_2389-2_R

ス: いずれも、太陽の光が印象的ですね~。その中に合って、4枚目のここは、どこなのでしょうか?

さ: はい、ここは牙山市にあります、李舜臣将軍が祭られている祠堂です。丁度チュソク(中秋)の休暇の頃に訪れました。

  実は、この写真を選んだのはこのレンズの描写に改めて惚れ惚れしたからなんですね~!マミヤセコール55mm、中心から端っこまで、とても端正で切れのある描写をしてくれるんですよ~!

ス: 李舜臣将軍?ですか・・・。

さ: はい。どうも、抗日のシンボルとなっている人物だそうです・・・ハハハ(汗、マミセコの話は無視かよ!)。

ス: へ~、よく行かれましたね~。

さ: は、はあ。実は、行った時は知らなかったんですよ~、ダハハハ~。

ス: え?そうだったんですか?何事も無くて、良かったですね~。

さ: はい、そうなんです。まあ、一人で参りましたので、しゃべることも無かったですし。おまけに私、どうも外観は韓国人に見間違えられるようでして・・・^^;

ス: あ~、そうなんですか~。確かに、言われてみればそんな気もしますね~!ハハハハハ~!

さ: ・・・(そんなに笑わなくても、いいじゃないか!)。

ス: あ、あと、私、最後の1枚がやっぱり好きですね~!今か今かと待っておりました!SSK写真♪

さ: SSK写真?!

ス: あ、ススキの事ですよ~!Su Su Ki♪ あの仙台のフィルガソさんが下さった素敵な名称~♪

さ: あ~、そうなの?・・・そうだね~、君はススキが大好きだよね~・・・(ちょっと冷たくあしらいながら)。

ス: そうなんですよ~!もう、SSKには目が無くって~♪ 実は、昨日のRolleiflexレヴューにはSSK写真が一枚も無くって、正直がっかりだったんです~!

さ: あ、そう~。そんなに好きなら、自分で撮れば?!

  私は、2015年はマミちゃんで雪の写真を撮りたいと思っているんでね~。

ス: またまた~、皐月さん、そんな冷たい事言わないで下さいよ~(ちょっとムスっとしながら)!

  あ、そろそろお時間が来てしまった様です。

  それでは、皆様、御機嫌よう~!さようなら~!

  明日も引き続き、2014年のコレクションをお届け致します!

さ: ・・・(なんだよ、結局俺への挨拶はなしかよ!)。

天の声: なにやらお二人のムードが険悪になってきましたよ~。どうなることやら・・・。

      この続きは、また明日じゃ♪


Rolleiflex T REVIEW2014♪

お正月も三が日の最終日を迎えまして、少し落ち着いてきた頃ではないでしょうか?

おそらく、お正月番組にもそろそろ飽きてきたのでは?と思いますので、少しこちらでゆっくりとおくつろぎ頂きながら、昨年のレビューなどをしてみたいと思います。

え? まだ箱根駅伝の復路が残っているぞー!って・・・?^^;

そうでしたね^^; では、その復路が終わってからご覧になって頂くとしまして・・・^^;;;

一昨年、一昨々年と、「一年の締めくくり」として、年末にその年に撮影した写真をレビューしてまいりました。

昨年末は、秋に撮影したお写真のご紹介に終始してしまいまして、この一年の締めくくりシリーズをエントリーすることが出来ませんでした。そこで、年は明けてしまいましたが、今日から4回ほどに分けまして、2014年のレビューをしてみたいと思います(丁度新作ネタもあまり無いことですし・・・汗)。

この「一年の締めくくり」の元々の目的は、その年に撮影した写真を振り返って反省しようというところにございます。私・・・忘れん坊なもので^^;

なので、全て既出のお写真にて失礼することになりますこと、予めお詫び申し上げます。一応、振り返るに当たりまして、ポストプロセスは見直しておりますので、以前ご紹介したお写真と見た目や印象が多少変わっているかも知れません。

さて、ただ写真をづらづらと並べるのは面白くございませんので、今回はある二人に実況中継風にナレーションを入れて頂きました。

皆様も良くご存知の、あのお二人です。それでは、どうぞ~♪

~実況中継~

ス: はい!それでは今年もやってまいりました、一年の締めくくり♪

  その年一年間に撮影した写真を振り返って、反省しよう~!というこの企画、今年は4つのテーマに分けてお送りすることとなりました~!

  まず、第1回目の今日は、Rolleiflex T コレクション2014です!

  あ、ご紹介が遅れました、私実況を勤めさせて頂きます、ススキの樹でございます。そして、解説はこちら、皐月の樹さんとお届けしたいと思います~。

  皐月の樹さん、よろしくお願いします。

さ: はい、よろしくお願いします。

ス: 今年も、新たに導入した機材が結構ございましたね~。

さ: はい、そうですね。今年は、カメラとしてはRolleiflex TにMAMIYA C330を導入しました。MAMIYA Cに関しましては、55、80、105、180mmのレンズも併せて導入しましたね。

ス: そうですね~。そして、今日はそのRolleiflex Tで撮影されたお写真からご紹介となりますね~!楽しみですね~♪

さ: まあ、これまで既にご紹介してきたものばかりですから・・・(最初はあくまでCoolにv^^)

ス: こちら手元にございます情報によりますと、ローライは国別でのご紹介となるとかで・・・。はい、それでは早速参りたいとおもいます。

  Rolleiflex T レヴュー2014!

  まず、トップバッターは~♪

Rolleiflex T_2029-2_R

ス: 中国は大連からのお便りです~!まずはこのシーン、シュールで殺伐とした風景の中に、若いカップルがあっけらかんとした表情で、面白いですね~。皐月の樹さん、工夫された点などはございますか?

さ: いや~・・・できるだけカメラに気付かれないよう、ごく自然に立っているようにしました(汗)。カメラ目線は嫌だったので・・・。でも、結局この男性には視線をもらってしまったのですが・・・(汗)。

ス: なるほど~!では続いてまいりましょう~!

Rolleiflex T_2034-2_R

ス: 同じく大連から~!皐月さん、こちらはどうですか~?

さ: あ・・・皐月の樹です・・・。

ス: あ、失礼致しました。皐月の樹さん、いかがですか?

さ: え~、これはですね~。早朝、目が覚めましたので、ホテルの周りを散歩したんです。信号機がまだ動いてなくて・・・と言いますか、誰もまもっていなくて(汗)、道路の中央分離帯のところに佇んでいたんです。で、そこから見る光景がなかなか面白かったもので、カメラを持って構えていました。で、丁度横断歩道を歩く、この男性が現れたのです。車が来ないか確認しながら渡るその姿を撮りとめてみました。

ス: なるほど~。では、次に参りましょう~。同じく大連からですね~。

Rolleiflex T_2033-2_R

ス: え~・・・これは~・・・?

さ: あ、これね・・・(汗)。いや~、ちょっと調子に乗って大連のホテルでセルポってやつ?・・・やってみたんですよ。

ス: あ~、これ、皐月さんですか~。

さ: あ・・・皐月の樹ね。

ス: あ、すみません、すみません、ハハハ。トイレでって・・・面白いですね~(汗)。

さ: グハハハ~♪

ス: はい、続きましては・・・場所が変わりまして、ドイツですね。

さ: そうですね。ローライの機動性を生かしまして、色々なところに出張で赴く際に持って行きました。

 Rolleiflex T_2152-2_R

Rolleiflex T_2165-2_R

Rolleiflex T_2147-2_R

 

ス: 今年のドイツは、雨が多かったようですね~。

さ: はい、そうです。私が滞在していたのは1週間ほどだったかと思いますが、半分以上雨でした。

  最初は止むのを待っておりまして、ホテルの部屋で撮影したりしておりました・・・。

ス: あ、それが3枚目ですね~?!

さ: はい、そうです。でも一向にその気配が見られませんでしたので、待ちきれなくなって傘を差して出かけましたよ~、ハハハ!

ス: なるほど~!雨に濡れる、ドイツの町並みも、美しいですね~。

さ: そうですね。ここは、レーゲンスブルグと言う小さな街なのですが、街全体が石畳でペイブされておりまして、見応えがございました~。

ス: そうですか~。では、次に参りましょう~。

Rolleiflex T_2410-2_R

Rolleiflex T_2409-2_R

ス: こちらは~・・・?

さ: はい、お隣韓国からですね~。私、実は今、韓国に住んでいるんですよ~。

ス: へ~、そうなんですか~!お仕事か何かですか?

さ: はい、そうです。

ス: この2枚は、どういう・・・?

さ: はい、秋の日差しって低いので、影が伸びるんですよ。それを撮ってみたかったんです。

ス: なるほど~。いずれも影と人が印象的ですね~。

さ: はい~、丁度良く人が通りがかるのを、結構待っておりました~、ダハハハ~。

ス: ・・・なるほど~。それは、大変でしたね~。

さ: この2枚目は、黒顔羊さんに、もっとビネッティング入れれば?と言われて、更にガッツリ入れてやりました~、グハハハ~。

ス: そうですか~。あの巨匠から~!

さ: はい~!

ス: さて最後は、やはり、わが国日本からですね~!

Rolleiflex T_2042-2_R

Rolleiflex T_2433-2_R

ス: これはまた、対照的な2枚ですね~。

さ: はい・・・、ローライってコンパクトなので、どこにでも持って行きたくなるんですよ~。そういう意味で、この2枚は象徴的なのかも知れません。

  実は、この1枚目はポジフィルムのRDPⅢで撮っているんですよ。でも、今回のこの企画にあわせまして、B&Wにコンバートしてみました~(汗)。

ス: なるほど~。皐月さん、結構大胆ですね~。

さ: グハハハ~、無謀ですな~。

ス: さて、ローライフレックス ティーのお写真は以上となりますが・・・皐月さん、振り返ってみていかがですか?

さ: はい~、どれも稚拙なものばかりで、お恥ずかしい限りです。中途半端な追い込みなんですよ。

ス: そうですか~。ではこれを踏まえて、2015年はどういった感じにされたいですか?

さ: そうですね~。ローライの機動性と、その場の空気への順応性を生かして、もっともっと人物に迫ったお写真を撮りたいと思います。

ス: なるほど~、がんばって下さい(感情を込めずに・・・^^;)。

  はい、以上を持ちまして(そして、きっぱりと・・・^^;)、2014年 Rolleiflex T レヴューを終わりたいと思います~!

  皆様、長い時間お付き合いいただき、ありがとうございました~!

  皐月さん、今日は ありがとうございました。

さ: あ、どうも。失礼致しました(・・・皐月の樹だって、言ってるのに・・・)。

ス: 明日は、MAMIYA C330レヴュー2014をお届けする予定でございます!

  こちらも、また、長編となりそうですよ~。

  それでは、また明日お会いしましょう~♪


今年一年の感謝の気持ちをこめて

皆様、今年一年、この拙いブログにご来訪いただきまして、またいつも温かいコメントを頂戴しまして、本当にありがとうございます。

この1年を無事に続けて来れましたのも、皆様の温かい励ましがあったからこそでございます。

来年もまた、質は向上しないかも知れませんが^^;  常に何か面白いことを掲載できればな~と思っております。

何卒、よろしくお願いいたします!

 

いよいよ2014年も、今日を残すのみとなりました。

焦る気持ちを抑えつつ(汗)・・・今年も一年を振り返って見ましょう~♪

☆まずはMy Photo Lifeから♪

今年は、私にとって自家現像元年でした。

自家現像を始めてからというもの、一気にB&Wフィルムの消費が激増し、今ではポジもネガもカラーフィルムは殆ど使わなくなってしまいました~!更には、直ぐに現像すれば即日アップも可能となったため、こちらのブログでも圧倒的にB&Wフィルムのエントリーが増えました。今ではデジタル写真でのエントリーよりも増えてしまい、銀塩写真ブログのようになってしまいました~^^;

私のフィルム写真の枚数も、累計で2500枚(スキャン数です)を超えました。2013年から始めその年に1200枚弱を撮りましたので、今年は1300枚以上撮ったことになります。少し、増えましたv^^ Blogのエントリー数で見ますと、フィルム写真のエントリーが今年は174(総エントリー319)となりました。平均で5枚程度の写真を掲載していると仮定して、870枚ほどの写真が使われたことになります。打率6割6部9厘^^; 去年のフィルム写真エントリーが100弱でしたので、打率4割1部7厘・・・。打率は上がりましたね~♪v^^ まあ、でも、エントリーに写真を上げているのは私の主観的選択ですので、写真の質が向上したことには直結しないのでございます・・・トホホ^^;;;

一昨年の1月に、黒顔羊さんの「こっちへおいで~♪」というお誘いに引き寄せられて、バケペンを導入しまして中判銀塩の荒波に飛び込みました(笑)。そして1年経ってフィルムに完全に魅了され・・・昨年1月に自家現像を恐る恐る始めてどっぷりと嵌り(笑)、今ではB&Wフィルムなしでは生きていけない体に・・・^^;;;

一昨年11月の愛知合宿にて、錆銀メンバーである風つかいさんに自家現像の手ほどきを受けて、更には道具や薬液までプレゼントして頂き、最初はなかなか手が出なかったのに、いざ始めて見ると止まらなくなっている自分がいます。やはり、写真仲間の影響は大きいな~と思うのでございます。

 改めて見直してみますと、被写体や写真の撮り方も少しづつ変わってきたように思います。これまで、色を見ていたのが、光と影を追いかけるように意識するようになりました。

また、写真を撮る際に、組写真を強く意識するようになりました。昨年11月の愛知合宿にて、黒顔羊さんのお取り計らいで写真塾に参加させて頂きました。その際に、塾長が組まれる組写真に魅了され、始めたのがきっかけでした。特に今年は、こちらのBlogの殆どのエントリーでも組写真でご紹介することを意識いたしました。もちろん、撮影現場においても被写体に対して組で撮ることを強く意識するように致しました。

機材への関心も変わっていきました。

デジタルの機材は、殆ど増えませんでした。唯一が、SIGMA AF20/1.8 EX DG ASPH RFの導入でした。しかしながら、実はこれも、PENTAX MXで超広角として使うことが前提で購入したのです。実際はK-5に付けて使うことの方が多かったのですが・・・^^;

一方で、中判銀塩機は、今年に入ってMAMIYA C330と55、80、105、180mmレンズ、Rolleiflex Tと、2台の二眼レフを導入しました。この二眼レフの導入によって、撮り方もまた少し変化がございました。ローアングルが増えましたし、人物スナップをするようになりました。

もうひとつ変わったことがございます。

本格的な三脚の導入です。マンフロットの055CXPRO4JPと、ギヤ付ジュニア雲台410を購入しました。

これによって、ガッツリ絞って撮る事が増えてきました。その為、ランドスケープ写真も増えていったように思います。同時に、構図に対する厳密な追い込みを、より強く意識するようになったように思います。構図取りとフレーミングへの時間のかけ方も、これまでの倍以上になりました。

しかしながら!!!

残念なことに、撮った写真への満足度は益々下がる一方です^^;

なんで、あーしなっかったのか?!どうして、こーしなかったのか?!

シャッター切っている瞬間は、納得していたはずなのに!どうして仕上がった写真を見ると愕然としてしまうのか?!

うううう~、もっともっと勉強と修行が必要でございますね~^^;

私はあくまで、アマチュア写真家を目指しておりますので、とにかく自己満足度を上げることが目標なのです。

自分が納得できる写真・・・いつ撮れるのかな~?^^;;;

来年は、1枚くらいは撮れるだろうか~?^^;;;

 

気を取り直しまして^^;

☆次に写真同好会活動につきまして~♪

錆銀活動は、越後の錆銀メンバーとの交流(ミニオフ会)から始まりました。しかしながら、その後の活動は殆どできませんでした。11月の愛知合宿でも、2泊3日の予定の内、初日のみの参加となってしまいました。ううう~・・・(反省)。

更には越後オフ会を企画しておったにもかかわらず、実行できず・・・ううううう~~(激反省)。

来年は、少なくとも年次総会(笑)には、フル参加!!!そして、越後ミニオフをできればやりたいです!^^;

一方で、錆銀メンバーはかなり増えました。8名→13名となりました!しかも、皆さん兵(ツワモノ)揃い~♪

そして、なんと!全日本味噌煮込写真家協会の末席に加えて頂きました!

素晴らしい写真家の皆様のお仲間に加えて頂き、大変光栄なのでございます。

益々、活動を活発にして、皆さんとの交流を深めて行きたいと思っております!

 

☆そして、Blog活動につきまして~♪

Blogの方では、一番大きなイベントとしましては、OCNのBlogzineから、ricky007さん主催のBriefing Paperに移籍いたしました~♪

こちらBriefing Paperは、インターフェースがとても使いやすく、エントリーの作成や編集が格段にやりやすくなりました。画像のアップも、とても使いやすくなりました~!益々、Blog活動が楽しくなりました!^o^/

Ricky007さんには、大変お世話になりました!そして、これからも末永く、よろしくお願いいたします~^^;

さて、Blogをするに当たりまして、私の個人的な目標がありました。それは毎日アップデートです。

しかしながら、去年に引き続き、今年も達成できませんでした~ToT。今年の総エントリー数は319でした。46日もお休みしてしまいました。去年のエントリー数は361でしたので、激減となってしまいました。来年は、是が非とも365エントリーを達成したいと思っております!

その対策の試みを、この10月から始めてみました。急な出張や業務の多忙化、あるいは一時帰国などでblog活動が出来なくなることがありますので、そうなってもBlog更新だけは進むようにしたのです。つまり、エントリーの前倒し予約を1週間以上貯めておく・・・というものです。順調に溜まり始めまして、既に1.5ヶ月前倒しでエントリーを作成してしまいました^^;  すると困ったことに、今度はタイムリー感がなくなってしまいました・・・トホホ^^;  ん~、バランスって難しい~^^;;;

 

☆最後は、私の人生について・・・少しだけ^^;

私にとって大きな転機となるであろう出来事がございました。

皆様もご存知の通り、7月終わりごろ(正式には8月1日)に韓国赴任となりました。

海外滞在経験はそれなりにございましたが、4年という長期滞在は初めてとなります。色々な意味で、勉強したいと思っております。

写真のフィールドも、これまでの越後の里山とは大きく異なりますので、色々と新たに刺激を受ける被写体にあふれております。

これからもどんどん、色々な被写体に向き合って自分の可能性を広げられればな~・・・とおぼろげに思っております^^;

 

それでは、今年を締めくくるお写真を~♪

・・・の前に。

例年、「一年の締めくくり」と題しまして、一年の反省を目的としてその年に撮影したお写真の中から抜粋してご紹介してまいりました。

今年もその準備はして、エントリーも作成しておりましたが年内にご紹介する記事がいっぱいとなりまして、ご紹介することが出来ませんでした。ただ既に記事も作成してしまっており、お蔵入りするのも勿体無いし・・・。そもそも反省のためのエントリーですので、将来的に見直す時のために出しておきたいし・・・。と言うことで、年明けにご紹介することに致しました。

よって、今年最後のお写真は次の1枚とさせて頂きます~。

PENTAX 67_2485_R

今年1年の感謝を込めて (105mmF2.4)

やはり、最後は越後駒ケ岳で♪

11月半ばの愛知合宿の際に帰国した折に、撮影してまいりました~。

とは言うものの、去年の年末のご挨拶の際にも似たような写真を出しておりました(滝汗)。

本当に今年撮ったのか?!と突っ込まれそうですね(笑)。ひとつだけ変わったことがあります!フィルムです。

今年のはADOX CMS20 Ⅱで逝きました~♪ 本当はこのフィルムで雪景色~・・・と思っていましたが、ちょっと早かったです。でも駒ケ岳は冠雪していてくれました。

やはりこの山は、雪が積もっているのが一番です!

それでは、皆様!

良いお年をお迎えくださいませ~m(_ _)m

来年も、何卒よろしくお願いいたします!


一年の感謝を込めて

2013年12月31日一年の締めくくり,写真

いよいよ2013年もあと1日となりました。

今年一年を振り返って見ますと、私のPhoto Lifeはとても充実しておりました。

始まりは、バケペンでした。これはとにかく強烈でした!

黒顔羊さんのご優待?(笑)に導かれ、最新型のAPS-Cの入手はせず、その資金を67システムにつぎ込みました。これが無ければ、今の私の充実感は無かったのでございます!改めて、黒顔羊さんありがとうございます!

そしてなんと言っても、人生初のオフ会参加でした!なんと、大小あわせて4度も開かせて頂きました~!

ricky007さんffanさんとの大宮オフ会に始まり、真夏の愛知合宿、11月の愛知合宿、12月の川崎ミニオフ会・・・。

これまでブログの上で、交流させて頂いていた皆様と実際にお会いして、更に刺激を頂き、勉強させて頂きました。11月の愛知合宿での黒顔羊さんが所属されている写真塾の講評会への飛び入り参加もとても勉強になりました。写真への取り組み方を改めて考えさせられました。

そして、錆銀の結成!

それもこれも、皆々様のお陰でございます!

その感謝の意を込めて・・・

あ・り・が・と・う のタイトルで!

Pentax67_182

青空の下

Pentax67_050

燐光の如き

Pentax_67_1177_2

岳を源に

Pentax67_184

永久に続けと

Pentax67_161

魚沼の流れ

「感謝」

やはり最後はバケペンで(笑)!

既にこちらでご紹介したお写真ですが、今回改めてモノクロで現像しなおしてみました。モノクロも、今年のキーワードでございました。

皆様、本年も大変お世話になりました!

お陰さまでこの拙いブログも10月末に1周年を迎えることが出来ました。内容も写真も、まだまだだな~と打ちひしがれること多々ございますが(汗)、亀の歩みでその成長を少し実感しているところもございます。それも、皆様の暖かいお言葉とご指導の賜物に他なりません!今後とも、この拙いブログを温かい目で見守って頂けますと幸いです。

引き続き、熱いご指導のほど賜りますよう、お願いいたします!

来年も、よろしくお願いいたします~!

それでは皆様、よいお年をお迎え下さい~!


今年の出会いに感謝の意をこめて

今年も今日を含めて残り2日となりました。ちと早いのですが、年末のご挨拶とさせて頂こうかと思います。

(ちと、こちらの仕事がバタバタしておりまして、本日も早朝4時から先程までの対応となってます。明日も残業となるかもしれませんので、時間のある今の内にと思いまして・・・)

今年は、皆様と交流を始めさせて頂くことができ、このブログもスタートし、私の写真人生の転機となりました。そのきっかけとなりましたのが、某価格板でのricky007さんの錆系スレでした。このスレで、私は初めてレス投稿を始めました。初めはドキドキな投稿でしたが、ricky007さんは色んなアドバイスをやさしく下さいました。なので、少し恥ずかしいのですが(汗)・・・

☆ricky007さん

この田舎者を温かくお迎え下さり、ありがとうございます。このブログを立ち上げることができたのも、こうやって皆さんと交流を始められたのも、ricky007さんのお陰です。本年、まだ数ヶ月ですが(汗)、は大変お世話になりました。来年も引き続きよろしくお願いします。

☆黒顔羊さん

そして、巨匠の黒顔羊さん。錆系スレやその後のスレでも暖かくお言葉を下さいました。その豊かな経験と知識、すばらしいアイデアの数々でいつも度肝を抜かれております(笑)。私のような若輩者のシロートの問いにも丁寧にお答え頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。来年もまたよろしくお願いします。

☆Pic-7さん

そのグローバルなハイセンスの趣向はいつも新鮮で、楽しませて頂いております!私の拙い写真にも、温かいお言葉をたくさん下さり、いつも励みにさせて頂いております~(ペコリ)!今後ともPic-7さんのお洒落なアイデア、ちょこちょこまねさせて頂きますので(汗)、来年も、何卒よろしくお願いします。

☆bun-bさん

いつもその向上心と研究心の意識の高さには勉強させて頂いております。私は動き物はどうも苦手ですので、bun-bさんの動体への探究をちょくちょく研究させてください(汗)。来年も引き続きよろしくお願いします。

☆閲覧してくださる皆様へ

最後になりましたが、この拙いブログを閲覧くださる皆様、ありがとうございます。今後とも温かく見守って頂けますと幸いです。あ、もちろん、何か文句や注意、助言などございましたら、いつでもお気軽にコメントください。いつでもWelcomeでございます。来年もよろしくお願いします。

こちら皐月の樹では、来年も引き続き越後の田舎の何気ない風景をお届けしてまいります。時には他の場所(私の出張先ですね・・・汗)のお写真もアップしますが、越後との違いを感じていただければ幸いです。

では、皆様への感謝の気持ちをこめて、この曲を。

The BOOMで「風になりたい」です。

懐かしい曲ですね~。The BOOMといえば島唄も有名で、こちらもとてもいい曲なのですが、なんとなく年末を締めくくるのには、この風になりたいの方が明るくてリズミカルでいいな~と思いまして。あまり沖縄っぽくないのですが、やっぱり沖縄の唄って感じです。

で、写真のほうは、「風」を意識したお写真を集めてみました。それでは、参ります。

YouTube: 【THE BOOM】 ☆ 風になりたい [ &fmt=18でステレオ ]

K5_33124_2
K-5+DA★16-50

K5_33243
K-5+DA★16-50

K5_25886
K-5+FA31

Imgp4294
K-5+FA77

K5_23802
K-5+SIGMA APO50-150

K5_25835
K-5+FA31

K7_10191
K-7+DA★16-50

K5_29167
K-5+SIGMA APO50-150

それでは皆様、良いお年をお迎えください~!


今宵の音楽コラボは 「月」 by 桑田佳祐

昨晩は突然の深夜残業で、アップできませんでした~(涙)。

こちら韓国は、昨日から雪が降っております。ただ、越後のそれ程ではなく積雪は少ないです。面白いのは、昨日辺りから少し寒さが和らいでます。夜から朝方にかけては零下になりますが、日中はプラスです。晴れた日の方がマイナス10℃くらいまで下がり、雪の日は0℃前後です。ん~、おもしろい。何でかな~?

さて、今宵も音楽コラボにチャレンジです。本日は桑田佳祐の「月」です。

私、桑田さんの音楽は結構好きなんです。サザンもいいのですが、どちらかというとソロの桑田さんの曲の方が好きなんですね。その中で、「月」を選びました。歌詞の背景描写が想像を掻き立ててくれるんですね~。目を閉じるととシーンが目蓋に浮かぶような。

写真も月ものです。既にこちらにアップした物もございます。恐縮です。

月って、フォトジェニックですね~。

満月の時は、日が昇る頃沈み、日が沈むころ昇る。三日月のときは、日と共に昇り、そして沈む。季節によっても様々な表情を見せてくれます。

撮る度に違うイメージを与えてくれます。

次はどんな月が見られるか、いつも楽しみにしております~(笑)!

K5_23931_3

K-5+SIGMA APO 70-300

YouTube: 桑田佳祐/ 月

_k5_5993_2

K-5+FA77

Imgp8492_3

K-5+FA31

K5_20057
K-5+DA★16-50

K7_09309

K-7+DA★16-50

K5_32939

K-5+DA★16-50

K7_10843

K-7+SIGMA APO50-150


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。