PENTAX 67_4111-2_R

多重露光

忍び寄る開発の影

私が滞在しております、天安・牙山市は、第二次開発ブームの真っただ中です。

これまでも、何度もご紹介してまいりましたが、実に広域に渡って、高層アパート群の建設ラッシュでございます。

それまで、小高い山や空き地だった場所が宅地開発されて、そこにニョキニョキとつくしんぼうのようにタワークレーンが立ったかと思うと、あっという間に箱が天に向かって伸びて行っております^^;

その様子と、僅かに残された自然のシンクロを多重露光で狙ったのですが・・・う~ん^^;

忍び寄る開発の影

忍び寄る開発の影

日没前の空に聳え立つ建築途中の高層ビルと、近くの小川の辺で咲き始めたネコヤナギ雪柳(iwamotoさん、ご指摘ありがとうございます!^^;)を重ねてみました。

狙いは・・・何となく、という感じですが^^;

重ねた画が、イマイチでございました~^^;

ビルの狭間に沈みゆく太陽が、小川の水面に反射しているかのようにも見えるかな?と思い、狙ってみましたが、いかんせんネコヤナギがイマイチでございました^^;

このテーマで、また別の被写体を狙ってみたいと思うのでございます~!

次はリベンジせねばでございます!^^;

 

※お詫び

4月1日~13日まで、一時帰国しております。

コメントのお返事が大変遅くなってしまうかと思います。

また、皆様のブログへの訪問も、滞ってしまうかと思います。

予め、お詫び申し上げますm(_ _)m


脳内結像・・・結果決裂(汗)

先日ご紹介しました、マミちゃんでの多重露光の続編です^^;

今回は(も?^^;)失敗写真のご報告です^^;

脳内結合・・・結果決裂(汗)

脳内結合・・・結果決裂(汗)

MAMIYA-SEKOR 55mmF4.5/80mmF2.8

 

私が滞在しておりますアパートの最寄り駅、牙山駅でトライしてみました。

電車の高架下と上のシーンを重ねてみたのですが・・・トホホ~、露出合わせを失敗しました。

完全に高架下のシーンが飲まれてしまっております。

おまけに、互いの構図合わせもイマイチです。

まとまりのない画となってしまいました・・・ToT

ということで、もう一枚、お口直しを^^;

MAMIYA C330_3428_R

MAMIYA-SEKOR 80mmF2.8

 

出発する列車です^^;

この電車、ヌリロ号という特急列車です。

今の韓国では珍しい、Made in Japan、日立製作所製です。

 

多重露光の道・・・まだまだ遠いのでございます~^^;


激震(沈)・・・珍?

今日のお写真は・・・一体何が起こったのでしょうか?!

昨日に引き続き、多重露光か?!

はたまた、思い切り手ブレしたのか?!

いや、それにしては妙なブレ方ですね^^;

実はこの時、カメラは三脚に据えておりました。

では、どうしてこんなにブレてしまったのか?!

激震(沈)・・・珍?

激震(沈)・・・珍?

実は~・・・^^;

このフィルムのロールでは、昨日ご紹介しましたように、多重露光を試みておりました。

でも、この時は、シングル露光するつもりでございました。

開発現場に訪れた夕景を撮っておりました。

三脚に据えて、構図を決めて、フォーカシングもフレーミングも終えて、レリーズケーブルを握りしめながら、チャッ!

撮影を終えました。

次のポイントは決めておりまして、画角も決めておりました。

三脚に据えておりましたので、次へ行く前に、ここでレンズも交換してしまおう♪

(マミちゃんは、レンズ交換できちゃう二眼レフなのですv^^)

レンズ交換する際に・・・あれ?Un-Lockしてある?

それとも、今、自分でUn-lockしたのかな?

※Un-Lockとはレンズ交換する前に、レンズ固定レバーのLockを解除する事です。これをすると、フィルム室もカバーされて露光されません。

Un-Lockをしたタイミングが分からなくなってしまいました^^;

このシーンの撮影前だったか?後だったのか?

悩んだ結果、多重露光に切り替えて、もう一度撮影することに^^;

そして、これが結果でございます~^^;

つまり、撮影後に自分でUn-Lockしたのを忘れてしまっていたということですね^^;

う~ん、既に数分前の出来事も覚えられない頭になってしまいました^^;

完全にアルツハイマーですね^^;;;

ということで、ポストプロセスも思いっきり発狂させてやりました~v^^


共存

昨年の秋、デジタルでの多重露光にチャレンジした様子をご紹介いたしました。
今回は、ようやく本命のフィルムでの多重露光写真です。
マミちゃんによる銀塩融合写真です♪

デジタルであれば、一写目の後、背面モニターで確認しながら二写目を打てるので、イメージを確認しながら多重露光できます(その後、Gucciさんに教えて頂きました^^;)。あるいは、多重露光後に背面画面でその出来栄えを確認して、再チャレンジ・・・が出来ます。

でも、フィルムの場合は完全に脳内融合ですね^^;

正直、現像→停止→定着が終わるまで、ドキドキしておりました^^;

それでは、まずその結果から~^^;

共存

共存

私が滞在しております、アパートのすぐ前の雑木が並ぶ小さな公園と、最寄り駅のKTX天安牙山駅のエントランスの様子を重ねてみました。

どちらも、単体では何度も撮影してきておりまして、見覚えのある方もいらっしゃるかと思います。

今回の露光は、どちらも適正から1段下げて撮影して重ねてみました。ちょっと駅のエントランスの露出が強かったかな~?と思いました。

さて、今回はポストプロセスで相当悩みました^^;

ひとまず、春をイメージして、上のようにスプリットトーニングしてみたのですが、色付けせずに白黒の方が良いような気もしました・・・。

MAMIYA C330_3427-2_R

共存Ⅱ

ということで、ノーマルB&Wも載せておきます~^^;

なんとなく、ノーマルの方が融合感が出るかな~?と思うのですが、如何でしょうか?

多重露光・・・パラメータが増えるので、様々に味付けできるのは楽しいのですが、悩みが尽きません~^^;


重なる秋の風景

重なる・・・はい、また重ねてしまいました^^;

多重露光ですね^^;

因みに・・・これは10月に撮影したお写真なので、既に季節外れの感が否めませんが~^^;

 

こちら韓国で住んでおりますアパートの直ぐ近くの池に行ってまいりました。

既にこちらのブログでは何度も登場しており、お馴染みの場所です。

ススキや葦が群生しておりまして、困ったときの撮影場所です^^;

同時に、建築途中の高層アパートや、この近隣のランドマークとなっているペンタポートという摩天楼も望めますので、被写体には事欠きませんv^^

そんなご近所さんの秋の風景を多重露光で重ねて見ました~♪

K5_70824_R

K5_70820_R

K5_70847-2_R

K5_70834_R

重なる秋の風景

重なる秋の風景

 

夕方に見るススキや葦は、実に美しいですね~。

そのおかずには、強面な建築途中の高層アパートが実に相性がよろしいようです♪

順光と逆光、あるいは逆光同士・・・と、様々なシーンの組み合わせを試してみました。

その中で気付いたのは、モノクロームで考えると比較的合わせやすいように感じました。

 

さて、実は私、来年の春か初夏の頃、異動となる可能性が出てまいりました(まだ未定ですが^^;)。

異動とは言っても帰国する、あるいは他の国へ行くというのではなく、韓国内での異動なのですが・・・^^;

もっと南の方へ行く予定です。

その為、引越ししなければいけなくなります。

ここにも、もう来年の秋はいないのだな~・・・などと考えますと、今のうちに出来るだけ撮って置こうと思うのでございます。


意味不明作例(汗)

先日、ご紹介致しました多重露光撮影から、また少しご紹介したいと思います。

だんだん二重露光の感じが掴めて来ましたので、色々と遊んでみたのですが・・・

なんせ、二重露光の練習の中で生まれた遊びのようなお写真です。

大したテーマもあるはずもなく・・・^^;

そんな、意味不明のお写真をなんの脈絡も無く並べてみましょう~^^;

K5_70831_R

K5_70833_R

意味不明作例(汗)

意味不明作例(汗)

 

なんだか、意味がありそうで・・・撮影した本人に全くその意識なしでございます^^;

よって、タイトルもあるわけもなし・・・^^;

多重露光写真は、しっかりとテーマを持って取り組まないと、ただ重ねました~・・・というだけになってしまいますね~^^; そういうところに難しさを感じました。

今度は、ちゃんとテーマを考えてから撮ろうと思います^^;

いずれにせよ、なかなかに面白い遊びなのでございます~♪


秋の脳内融合

最近少し、試し始めた遊びがございます♪

今日は、そのお遊びについてご紹介したいと思います。

さて・・・そのお遊びとは?!

多重露光です。

先日、rickyさんや、gucciさんがご紹介されておりました。

随分前に、黒顔羊さんもご紹介されていたと思います。

私も、以前から興味があったのですが、なかなかイメージが沸かずにこれまで来てしまいました。

秋になり、ススキが最盛期を迎えて、毎年同じようにススキ写真ばかり撮っておりますので、今年は少し違うアプローチでススキを表現してみようかな~?と^^;

そこで、多重露光を試してみようというわけです。

 

多重露光といいますと、何枚ものイメージを重ねることが出来るわけですが・・・私の脳みそのメモリーは僅かしかございませんので、何枚もの映像を事前に頭の中で重ね合わせて、最終的に得られる画を創造するなどという高度なことはまるで出来ません^^;

ということで、欲張らずにまずは2重露光から始めてみました。

本当はフィルムでやりたいのですが、いきなりは自信がなく、無駄にフィルムを大量消費しそうなので、まずはデジタルで練習です^^;

K5_70809_R

K5_70814_R

K5_70840_R

秋の脳内融合

秋の脳内融合

二つの画を、どんな風に融合させるのか?

それぞれの露出はどれくらいにすると、丁度良いのか?

明暗のバランスを、どうやって取るのか?

頭の中で想像しながら、試してはやり直し・・・を、何度も何度も繰り返しておりました^^;

デジタル機の背面液晶で、1回目の露光のイメージが薄っすらと残っている状態で、次に露光しようとするイメージを重ねながら見ることが出来たら、もっと簡単なのかもしれませんが、私が持っているデジタルAPS-C機のK-5では、残念ながら出来ません^^;

試行錯誤を繰り返すしかございませんね~^^;

でも・・・その試行錯誤の甲斐あってか、だんだん撮影前に頭の中で二つのイメージが融合されるようになって来ました。よし、この感覚♪

さて、このお遊びは、今回の一時帰国の際にも試したいと思っております。

いよいよ11月6日から始まります錆銀*1)愛知合宿*2)でも、沢山遊ばせて頂こうと思っておりますv^^

 

 

*1)錆銀: 私が所属させて頂いております、写真同好会です。中判銀塩を好みとし、特にトラクターなどの錆モノを被写体として、遊んでおります♪

*2)愛知合宿: この11月6日~8日まで、愛知に集まって泊り込みで撮影行脚に参ります。毎年恒例となっており、今年で3回目なのです。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。