PENTAX 67_4111-2_R

自家現像

雪解けか降り始めか困惑する雪景色

気付けば、早くも3月の最終週・・・。

もう1週間を切ってしまいました。

それなのに、弊ブログ在庫には、昨年の大晦日と今年の正月の写真がまだ控えているという・・・^^;

既に3カ月も前のお話となってしまいました^^;

慌てて、ラッシュを掛けようとしております^^;

pentax-67_4106_r

pentax-67_4105_r

この季節に、この様な写真を見ますと、これが雪解けの風景なのか?

と思ってしまいますね。

これは、大晦日に撮影したお写真でして、大雪の前・・・降り始めの時期のお写真でございます。

その証拠に、スリムススキーノがまだ健在です^^;

雪解けの場合、既にススキは雪で押しつぶされておりますので、この様な状態では見れないのでございます。

時に写真も、真を語るのでございます^^;


見えない背中

PENTAX 67_4116_R

smc PENTAX67 105mm/F2.4

 

ここは、いつもご紹介しております小千谷市は塩殿からの眺めです。

遠く、越後三山を望み、手前には蛇行する信濃川が流れております。

私の好きな定点撮影ポイントです。

この場所が好きになった一番の理由は、このシーンを最初に見た時に、ある巨匠の有名な作品と重なったからです。

その作品は、「Tetons and The Snake River(ティトンとスネーク川)」という作品で、巨匠Ansel Adams(アンセル・アダムス)の名作の一つです。

感動いたしました。

まさか、越後にイエローストーンの絶景が見られるとは?!(笑)

まあ、スケールは全く違うのですが^^;

でも、要素が揃っていると言いますか・・・とにかく一目惚れだったのでございます。

PENTAX 67_4115_R

smc PENTAX67 45mm/F4

 

他にもアンセル・アダムスは木の写真も沢山残されているようです。

カテドラル・ロックを背景にした樫の木など・・・様々な木々の四季折々の姿を作品に残されてらっしゃいます。

そんなわけで、私も越後によくある欅や桐の木を定期的に撮影しております^^;

いつかは、その巨匠のような作品を残したい・・・と願って^^;

その背中は、遥か彼方で見えませんが。

さて、私がアンセル・アダムスを知ったのは、黒顔羊さんが教えて下さったからなのです。

最初にブログでの交流が始まったころだと思います。

私が撮影した越後の風景(確か駒ケ岳だったと思います^^;)をご覧になって、和製アンセル・アダムスという、なんともありがたく、身に余るお言葉を頂戴したのです。

その時、私は、アンセル・アダムスの存在すら知りませんでした^^;

でも、インターネットで調べまくり、彼の書物や写真集を買い。あっという間に虜になりました。

そして、これも同じく黒顔羊さんのお勧めで、中判カメラ PENTAX67(バケペン)を入手。

これにもあっという間に嵌りました^^;

どうして黒顔羊さんは、私の免疫力がないところをこんなにもご存じなのか?

そこへ、ちょいとウィルスをチラ見されて、あっという間に感染^^;

私の中では、黒顔羊さんも巨匠なのでございます。

同じく、彼方遠くに見えない背中を追いかけ続けるのでございますv^^


三が日の雪解け

PENTAX 67_4114_R

PENTAX 67_4113_R

 

昨年末からこのお正月にかけては、越後は本当に雪が少なかったです。

その後、まとまった雪が降って、例年並みとなったようですが。

先週の金曜日同様、今日のお写真もこの1月2日に撮影したものです。

ご覧の通りの雪解け風景となっておりました^^;

まるで、4月か5月に撮影したような光景なのでございます^^;

まあ、一度に冬~春を満喫できたと思って、納得するしかございませんね^^;

そういう意味では、貴重なシーンなのかもしれません。


スリムススキーノが望む初冬の流れ

遂に3月突入です・・・>_<

それでも私は、雪景色を出し続けようとしております^^;

未だ、幣ブログを飾る写真は、昨年末から今年の1月始めを行ったり来たり・・・^^;

節句も間近に迫ろうというのに、いつになったら春が来るのでしょう~?^^;

 

という事で、今日も昨年大晦日に撮影した、信濃川でございます^^;

pentax-67_4104_r

pentax-67_4107_r

1枚目: smc PENTAX67 105mm/F2.4

2枚目: smc PENTAX67 45mm/F4

 

ここのススキは、既に綿毛をすべて飛ばし切り、すっかりスリムちゃんになっておりました。

冬空と薄化粧の雪景色に、その存在感をかき消されてしまいそうなほどに、か細くなっておりました。

ススキの最後の姿・・・とも言えるかと思います。

今頃は、深い雪の下で眠っていることでしょう。

次の春、また緑の新芽が芽吹く頃まで、しばしの休息です。

遠く越後三山は、深く垂れこめた雲に頭を隠しておりました。

信濃川は、その空の色を反映して、鉛色の流れを湛えておりました。

初冬の越後の冬景色でございます。


写真について思う事・・・備忘録

ふと、今、写真について思う事を書き残しておこう・・・と思いました。

私の中での備忘録です。

これが、今後、何年か後に見た時に、どんな風に変わるのか?変わらないのか?

今思う事を、残しておいてみようと思ったのです。

長文になるかと思いますので、テキトーに読み飛ばしてくださいませm(_ _)m

 

写真のジャンルは様々ございます。

私が撮る写真・・・即ち私が好きな写真は、家族の記録、定点撮影、スナップ。

こんなところでございます。

シャッターを切る動機・・・というカテゴリーで分けますと、家族の記録と定点撮影、そしてスナップで分かれます。

 

【家族の記録と定点撮影】

シャッターを切る時に感じる事は、その被写体を愛する事です・・・というと、なんだかこっぱずかしいですが^^;

愛しい、と思う気持ちからそのシーン、その被写体を切り取っております。

その為、思い入れは強く、それに対する準備も私なりにしっかりと仕上げるように心がけております。

仕事は段取り8割・・・と申しますので。

ただ、もちろん、現場の状況は千差万別、常に変化しますので、思ったようにいかないことは多々あるのですが。

例えば、家族の記録を撮る場合、そのシチュエーション、背景、光、被写体(家族)の気持ち、を考えて事前に準備し、道具を選び、タイミングを選んでおります。

そして、とにかくその写真の殆どを、事前準備と現場で造りこもうと最大限の努力をいたします。

 

同じように、定点撮影写真も事前準備が非常に大事と考えております。

ロケハンし、季節、時間帯、天候、そのシチュエーションにある様々な要素(山、川、木々、草花、建物など)の時々の状態を確認し、準備を致します。天気図をチェックし、光と風の状態を予測し、撮影の時間帯を決めて、出かけるようにしております。

そして、現場に到着すると、とにかく観察し、メインの被写体を何にするかを考え、光の位置をどう持ってくるかを考え、あらゆる立ち位置、アングルで見て、実際に光が来た時を想像しながら画作りを決めていきます。

光が来てから考えたのでは、大体遅くなり、慌てて造りこもうとするので、中途半端な画になることが多いからです。太陽は、1時間でおよそ仰角で15度変化します。それを頭に入れながら、残り時間と光の感じを想像して、備えます。

そして、ここでもやはり、その写真は事前準備と現場で造りこみするのです。

フィルム・・・特にB&Wフィルムの場合、撮影後もネガ現像、デジタルスキャン、デジタル現像、印刷・・・という工程を経て、写真として仕上がるので、後で手を入れる部分もあるのですが、それでもその写真の質を決めているのは、やはり上述の通りだと思っております。

定点撮影や家族の記録では、特に、後からする作業で心がけるのは、出来るだけ忠実に自らの記憶の色に染めていく・・・です。できるだけ、コピーすることに徹しようとするわけです。

(ブログネタとして、遊ぶことはございますが^^;)

 

定点撮影や家族の記録では、この様に時間をじっくりかけて現場で造りこみますので、機材には必ずしも俊敏性を求めません。フィルム機でも、デジタル機でも良いわけです。

デジタル機の利点は、その場で仕上がりの確認を出来ます。そこで造りこみ精度を上げることができます。

フィルム機の利点は、ファインダーの良さです。デジタル機に比べて圧倒的にファインダーが見やすいので集中して精度の高い造りこみが出来ます。

そういった意味で、ローライ35などはレンジファインダーでパララックスがあり、且つファインダー倍率も低いので、ファインダーで造りこむ・・・という作業には不向きなように思います。

 

pentax-67_4103_r

 

【スナップ】

一方で、スナップは、愛とは無縁です(笑)。

その場の閃き、インスピレーションのみを頼りにシャッターを切ります。

その時々の感覚に依存するので、その時々の体調や気分にも大きく左右されると感じております。

現場で大事にしていることは、絵の造りこみではなく、とにかく自分の感覚を研ぎすますことに集中しようとしております。

そういった意味で、カメラの操作などは無意識で行うことが必要になります。

使い慣れた、操作性の良い、且つ俊敏なカメラを使うのが得策と感じます。

そして、スナップに集中するために、気が散漫にならないようにすることも大切と思っております。

例えば、人通りの多い街中では、周りの目が気になるようだと、集中できませんので、周りに気付かれにくい小型の二眼レフ機を用いたり、ローライ35のような小型で操作性の良いカメラを使うようにしております。

人気のない田舎の里山であれば、一眼レフも使い勝手さえよければ十分使えると思っております。

そしてスナップ写真が、上述の風景や家族の記録と最も違う点は、造りこみは現場だけでなく後工程で行う・・・ことのように思っております。

現像で、どう仕上げるか?

ハイキー、ローキー、ハイコン、ローコン、モノクロ、カラー、粗さ・・・などなど。

トリミングも必要に応じてし、その時感じたインスピレーションを最大限に表現するにはどうすべきか?を考えながら、仕上げていく。必ずしも、現場の色、明るさである必要はないと思っております。

スナップ写真は、やはり後工程なしでは成し得ない・・・とも思っております。

そして、現場では、自らの感覚と腕を信じて、とにかく素材を出来るだけ切り取る・・・そんな意識でございます。

 

ここで、スナップは被写体が風景の場合もございます。

ですので、同じ場所に行っても、今は「定点撮影」、今は「スナップ」という事もあり得るわけです。

上述定点撮影の風景写真は、被写体自体が風景であるか?という事よりも、人以外の被写体で私が愛してじっくり撮影する写真・・・ということなのでございます^^;

 

さて、私にとってはどちらも好きな撮影です。

恐らく、どちらか一方になってしまうと、飽きてしまうように思います。

あるいは、疲れてしまうように思います。

 

思いのたけを、ここに吐き出し、今スッキリしております(笑)

さあ、この考えが、今後どのように変わるのか?

見ものでございますね~^^;

明日、変わっていたり・・・?^^;;;

 

徒然草の冒頭が頭をよぎります。

「徒然なるままに・・・怪しうこそ物狂おしけれ」

 

駄文長文、失礼いたしましたm(_ _)m


束の間の朝日

PENTAX 67_4112_R

私が越後の定点撮影ポイントにしております、小千谷市は塩殿です。

朝日を見つめながら、佇む白菜さんがおりました。

周りに残っている足跡は、どうやらウサギさんのモノのようです。

夜の間に、この辺りをウロチョロしていたのでしょうか。

「ひえ~、おっかねかった~。いつ齧られるか、ドキドキしたて~」

「わしなんか、不味いぞ空気を懸命に出してやった!」

 

どうやら、そのウサギさん達の襲撃を戦々恐々と身を縮めて構えていた様子です^^;

雪の下の白菜は、甘くなりますので、ウサギさん達も狙っていたかもしれませんね^^;

それにしても、美味しそうな白菜です♪

お鍋に入れると、美味いんだよな~!

「ゲッ?!」

と、私の独り言を聞いた白菜さん達が振り向いたとか振り向かなかったとか・・・^^;


とーちゃんの好物

今年の初詣のお写真が、もう1枚残っておりました^^;

初詣などでは、露店が付き物ですね。

寒い中、温かそうな食べ物の露店があると、思わず「それひとつ、下さいな」と言ってしまうのでございます^^;

私は、露店の中でも天津甘栗が大好物です^^;

栗自体が好きなのですが、天津甘栗は・・・なんといってもサイコーです♪

妻もそれをよく知ってくれておりまして、今回の初詣の際にも、天津甘栗のお店を見つけると、

「あなた、これ好きじゃない。買おうか?」

と言ってくれました。

「あ、うん♪」

とおねだりして^^;

kowa-six_4095_r

ひとつ買ってくれたのでございます♪

さて、ここで栗に関しての苦い思い出を^^;

何年か前・・・確か息子が保育園の年中さんだった頃です。

私が天津甘栗を好きなのは、父の影響もございます。父も好きなのです。

当然の如く・・・息子も好きだろう♪ と思って、天津甘栗を買って息子に与えてみました。

案の定、美味しそうに食べました♪

が、その夜。

体が痒いと言い出したのです。見ると赤い発疹が出ておりました。

翌日、医者に連れて行くと「アレルギーかもしれない」・・・と。

慌てて調べました。

妻とも確認しながら、その日、何か普段と変わったものは食べなかったか?

「天津甘栗」・・・^^;

いや、ちょっと待て。それ以前だって、息子は栗を食べていたぞ!

どういうことだ?

ネットで調べてみますと、栗アレルギーなるモノがあるとか。

どうやら、ラテックス(天然ゴム)アレルギーがある場合、栗アレルギーとなるようです。

ラテックスの末端分子構成と栗や桃の分子の末端構成が似ているとか・・・いう話だったように記憶しております。

私はゴムアレルギーはないのですが、妻と妻の母がゴムアレルギーなのです^^;

そしてアレルギーは突然発症することもあるとか。

はっはぁ、ここで繋がった^^;

それ以来、息子はしばらく栗から遠ざかりました^^;

そして必然的に、私も栗から遠ざかりました・・・ToT

 

その後、妻が医者で調べてもらった結果、息子は栗アレルギーでないことが判明♪

これで、晴れて私も栗を食べることができるようになりましたv^^

でも、息子はその時の記憶がまだ残っているらしく、未だに恐る恐る栗を食べているようです^^;

でも、美味しいから結局食べちゃうのですが^^;


豪雪の始まり駒ケ岳

pentax-67_4110_r

pentax-67_4111_r

昨日は守門岳。

今日は、やっぱり越後三山の一つ、駒ケ岳で参りましょう~♪

私が一番好きなお山でございます。

駒ケ岳の麓、桐沢地区の最も山深い場所です。

いつもご紹介する十二神社が佇んでおります。

この辺りは、例年5mを超える積雪がございます。

私が大晦日に訪れた時は、まだまだ少なくて、せいぜい膝下と言う感じでした。

今年は少ないかな~・・・と思っておりました。

が!

この記事を書いております1月19日時点で、南魚沼市は累積積雪量3.8mを超えたそうです^^;

この辺りは更にもう少し多いはずですので、4m超えているかもですね^^;

やっぱり例年通りですね^^;

これで、また今年の夏場の水も確保されることでしょう♪

そしてまた、美味しいお米が出来ることでしょうv^^

 

さて、この年末年始の一時帰国では、バケペンにADOX CMS20Ⅱを詰めて、2ロール消化致しました。

今日のお写真は、その中からのご紹介でした。

このADOXは、一昨年の11月に入手したものでした。かれこれ1年以上経ってしまいました^^;

心配していたのは、現像液でございました。

ADOXは専用の現像液で現像しております。フィルム6本と専用現像液6本現像分セットで購入しております。

最後のフィルム2本の消化が遅れてしまい、残っている現像液の状態が不安だったのです。

でも、現像してみてこの通り♪

問題なくて良かったです。

このフィルム、やっぱり光の弱い冬、そして雪景色を描写させるとぴか一の仕事をしてくれるな~と思いました。


背比べ♪

kowa-six_4102_r

雪国の消火栓は背が高いです。

息子はまだ負けておりますね^^;

息子の身長は、140㎝程ですから、この消火栓は150~160㎝はあるのでしょうかね。

消火栓に沿うように建てられた竹の棒は、更に更に高く3m以上付きだしております。

これは、積雪でこの消火栓が見えなくなったときに、除雪車が誤って消火栓にぶつかって倒してしまわないようにするための目印です。

この辺りの積雪量は、今は2mを超えることは稀ですが、除雪車が道路脇に雪を積み上げますので、歩道の辺りは軽く2mを超えてしまうのです。

 

さて、このお写真は一時帰国最終日の夕方に撮影しました。

残り1枚分だけケロちゃんに残っておりました。

日没後で、かなり暗かったです。絞り開放でSSは1/8でした。

それでも、露出は足りませんでしたね^^;

息子に、「動くなよ~・・・」と言いながら撮っておりました^^;

雪ん子、さて、いつになったらこの消火栓を抜くかな?


お家へ帰ろう♪

kowa-six_4100_r

kowa-six_4101_r

今の小学校では、お友達のお家へ遊びに行ったときに、帰る時刻が決められているようです。

午後5時には家に帰るように・・・と指導されているようです。

私が子供の頃は、遅くなると、「ごはん食べて行きなさい」と言って、夕飯をご馳走になることもしばしばでしたが。

昨日ご紹介しました、息子のお友達が冬休みに遊びに来ている間も、やはり午後5時を目安にお家に送って行っておりました。我が家から、徒歩1~2分の場所なのですが^^;

1枚目は、男の子二人が先に走って行き、お姉ちゃんが後から追いかける・・・の図でございます^^;

2枚目は、お友達を送った後、家に帰る息子・・・の図でございます。

我が家は、長岡市街を見下ろす西側の高台にございまして、こういった階段が沢山あるのです。

いずれも午後5時を回った辺りでしたので、光が乏しく。

絞り開放で撮ったのですが、SSはせいぜい1/15でございました。

やっぱり、甘々のブレブレですね~^^;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。