PENTAX 67_4111-2_R

ARAX 2.8/35mm Tilt & Shift

ミニチュアワールド

あおりちゃんを持つようになりまして・・・いつかやってみたいと思っていたことがございました。

あおりレンズでのお写真としては、実にありがちなのですが^^;

それでも、一度くらいはやってみたいな~と^^;

それが今日ご紹介するお写真でございます。

PENTAX MX_3506_R

PENTAX MX_3507_R

PENTAX MX_3502_R

PENTAX MX_3510_R

ミニチュアワールド

ミニチュアワールド

はい、ミニチュア写真でございます~^^;

あおりちゃんは、逆シフトが使えますので、非現実的な大ボケ写真を作ることができます。

ここは、以前ご紹介しました円形の歩道橋の上でございます。

ここから、ミニチュア写真を作ってみたかったんですよね~^^;

信号待ちをする自動車は、ミニカーのようになっちゃいました^^;

歩道を往く人々も・・・なんだかミニチュアのお人形さんのような。それでいて実にリアル。

面白い効果ですね~♪

このお写真を眺めながら、なんかもっと面白いことが出来ないかな~?と、悪だくみを考えてしまうのでございます~^^;


仙台からのGiant Killer

今回の一時帰国前、一つ楽しみがございました♪

それは何かと申しますと~・・・

はい、こちら~!

K5_72925_R

K5_72926_R

ミノルタ・オートコードこと、チヨちゃんの復活です♪

実は、仙台の雄・フィルガソさんのお友達にこのチヨちゃんの修理をお願いしておりました。

それが上がって来ておりました。

私が、昨年の秋に撮影中、レリーズを力いっぱい握ってしまったがばかりにシャッターを壊してしまっていたのです^^;

シャッターを直して頂いたのみならず、フロントの皮も新調して頂き、更にはミラーまで清掃して下さいました。なのに修理費用は、とってもリーズナブル♪

フィルガソさん、本当にありがとうございました!

Mさんにも、くれぐれもよろしくお伝えください!m(_ _)m

 

さて、皆様。

楽しみはこれだけではございませんでした。

なんと、更に大きなサプライズが待っていたのです!

それは~・・・

K5_72934_R

チヨちゃんの右横に何やらございますね~♪

あおりちゃんマジックで、ボケボケになっております^^;

ヒントは、右後方のピント位置。

閑話休題

いや~、いつもながら、あおりちゃんマジック楽しいですね~v^^

K5_72908_R

はい、こちらでございます~♪

Rollei 35!!!

サンゴちゃんでございます~♪

なんと、フィルガソさんがお手元にあったローライ35を譲ってくださったのです!

しかも、めっちゃ綺麗な一品です!

New Faceの登場に、Jakeくんも嬉しそうなんでございます。

フィルガソさん、本当に、本当に、ありがとうございます!

大切に、使用させて頂きます!m(_ _)m

 

このローライ35、小さくても機能十分の精密機械でございます。

K5_72922_R

仕込まれているレンズは、鷹の目の異名を持つ、テッサー3.5/40㎜。

私のRolleiflex Tと同じレンズです♪ Rolleiflex Tには3.5/75㎜が付いておりますが、換算画角は41㎜ですのでほぼ同じ。

この小さなレンズが、あっと驚くキレキレの描写を見せてくれるとか・・・。まさにGiant Killerなのです^^;

それでは、ここで、サンゴちゃんのギミックを少し紹介させて頂きます。

K5_72912_R

正面から見たお顔です。

私の手は、決して大きい方ではなく、逆に成人男性としては小さいくらいです(中指の先から手の付け根まで約180㎜)。

如何にこのサンゴちゃんが小さいかお分かりいただけるかと思います。まさに手のひらサイズ♪

正面中央のレンズの両側に丸いダイアルが二つあります。

向かって右側がSS設定ダイアル。左側がISO値とF値設定ダイアルです。

F値設定はダイアルの下側にロックボタンがあり、これを押しながらF値を変更します。

K5_72915_R

こちらが上部から見たところです。設定F値をSSが上から見ることができます。これもローライらしい配置ですね~♪

レンズにはフォーカシングダイアルがあります。フォーカシングは目測での測距となります。

表記がFeet(=304.8mm)なので要注意ですねv^^

軍幹部左側にはフィルム送りレバー。通常のカメラとは逆向きですが、すぐに慣れました♪

右側のボタンがシャッターボタンで、その左前にあるボタンは、レンズロックボタンです。

K5_72916_R

サンゴちゃんのレンズは沈胴式ですので、このボタンを押しながら引き出して時計回りに少し回すとレンズをロックできます。この時、絞りがダイアルと連動します。

レンズを仕舞う時は逆の操作なのですが、フィルムチャージをしてから仕舞うそうです。そうしないと壊れるとか・・・。

さて、軍幹部にある長方形の小窓は何かといいますと、これは露出計の表示部です。

そう、こんなに小さなボディなのに、露出計まで付いております!

白い針が測距結果を示し、先端が〇抜きになったオレンジの針がSSダイアルとF値ダイアルと連動して動くようになっており、白い針にオレンジの針を合わせて露出を設定します。よく出来ておりますね~♪

K5_72923_R

底面を見ますとこんな感じです。

中央の丸い部分にフィルムカウンターが備えられております。

中央の穴は、三脚などの固定穴。

左側がフィルム巻き上げレバー。

右側はストロボ用の接点ですね。

もう、この小さなボディに満載なのでございます!

K5_72924_R

撮影時のフレーミングは、このファインダーから♪

実際に使ってみますと、その使い勝手の良さに感動します。

操作性も抜群です。

###########################################

※こちらでご紹介したローライ35の使用方法は、こちら↓のサイトで詳細に説明されております。

ちなみに、フィルガソさんに教えて頂いたサイトです^^;

http://blog.sx70.jp/archives/50784796.html

###########################################

私が気になっているのは、自分の測距感覚は問題ないか?

パララックスはどんな感じで利いて来るのか?

・・・です。

試しを兼ねた初撮りは、一時帰国を終えて韓国に戻るところから始まりました。

まだフィルムを消化しきっておりませんので、お写真のご紹介しばらくお待ちくださいませm(_ _)m

結果はどうなっているのか?ドキドキです^^;

 

さて、今日は話が長くなってしまいましたが、実はまだもう少しございます^^;

今しばらく、お付き合いくださいませ。

今回の一時帰国で、もう一つ仕入れたおもちゃがございます^^;

K5_72935_R

それが、これです。

Pentax LX用のファインダー、FA-1です。

写真友達のGucciさんに、これまた頂いたPentax LXですが、ファインダーはFB-1とFC-1を組み合わせたアクションファインダーというものでした。このファインダー、アイレベルからウェストレベルまで出来ちゃう優れものなのですが、倍率が0.55と少し狭いのです。有効径の大きなレンズや、あおりちゃんを使う時にはフォーカシングに相当悩まされます^^;

そこで、倍率0.9倍のFA-1を導入することに致しました。

K5_72951_R

最後は、あおりちゃんのまっとうな使い方で、パンフォーカスに♪

同じような二眼レフが2台。

135判機が3台・・・。

これに、マミちゃんとK-5を加えて、計7台体制・・・これが私の韓国での機材です。

ん~、またデートが忙しくなりそうでございます~^^;

 

※この度の熊本の大地震では、大きな被害と多くの犠牲者の方が出ておられると伝え聴きます。

犠牲者の方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々が一日も早く通常の生活に戻られますよう、切望いたします。


魔空間に閉じ込められた円形歩道橋

私が滞在しておりますアパートからほど近い場所に、面白い歩道橋がございます。

主要道路が交差する、大きな交差点に掛かる歩道橋でして、円形になっております。

実は、ずっと前から撮りに来なくてはな~・・・と思っておりました。

それは、その姿があおりちゃん好みの建造物だと思ったのです♪

PENTAX MX_3511_R

PENTAX MX_3499_R

PENTAX MX_3501_R

PENTAX MX_3508_R

PENTAX MX_3498_R

PENTAX MX_3500_R

魔空間に閉じ込められた円形歩道橋

魔空間に閉じ込められた円形歩道橋

あおりちゃんの、シフト&逆チルトを、ここぞとばかりに使いまくりでございます~♪

こういう面白い形の建造物は、あおりちゃんで非日常的に描きたくなりますね~v^^

ポストプロセスも、思い切り発狂させてあげました^^;

さて、これまであおりちゃんは、LXに付けて使って来ておりました。今回、初めてMXに付けましたが、幾分フォーカシングはし易かったです♪

ただ、それでも、フルにシフト&チルトさせたときの焦点合わせは、骨が折れます^^;

絞り開放でも、絞り込んだように暗くなって、どこに焦点が来ているのかとても分かりづらいのです。

ところで、6枚目の右上の方、ケラれております。

フルでシフトさせておりました。その上で、F11くらいまで絞っておりました。

このレンズには、フードは付けておりません(と言いますか、ございません^^;)。

なぜでしょう~?^^;

実は、右上の方に太陽があったのですが、フォーカシングの為にハレ切りしておりました。

で・・・ふと、カメラを持つ手に力が入ってしまった瞬間、シャッターを切ってしまったのです^^;

ううう~^^;

撮り直せば良いのですが、フィルムなので、そのまま次のシーンへ行きました^^;

ま、後から、トリミングするかな~と。

でもトリミングしたら、やっぱり纏まりがつかなくて、このまま出しました~^^;

これもまた、フィルムの醍醐味の一つかな~・・・と^^;

 

※お詫び

4月1日~13日まで、一時帰国しております。

コメントのお返事が大変遅くなってしまうかと思います。

また、皆様のブログへの訪問も、滞ってしまうかと思います。

予め、お詫び申し上げますm(_ _)m


お庭に見るパラレルワールド

牙山市にございます温陽温泉にはいくつかのホテルがございます。

温泉施設もあるようです。

今日ご紹介いたしますのは、その中の一つです。

ホテルの名前は~・・・確か、グランドホテルでしたが、定かではございません^^;

日本の所謂老舗温泉旅館の新館・・・そんな佇まいでございました。

もちろん、日本の伝統的な建物とは違い、韓国の伝統的な造りを取り入れた造形でございました。

いつもの通り、その全貌が分かるようなお写真は撮っておらず・・・^^;

皆様のご想像にお任せしよう、という魂胆でございます^^;

PENTAX LX_3324_R

PENTAX LX_3314_R

PENTAX LX_3315_R

お庭に見るパラレルワールド

お庭に見るパラレルワールド

3枚目は、井戸のようなものがございましたので、覗き込んでみました。

それほど深くないように見えましたが、底には凍った氷がへばりついておりました^^;

井戸の縁には残雪がへばりつき・・・^^;

実に寒々しい光景だったのでございます。

撮影は2月の旧正月の頃でした。

今はもう、3月も半ばを迎えようとしております。

春の訪れが遅い韓国でも、花の蕾が膨らみ始めております。

この季節の変わり目の1か月の変化は、大きいですね。

これらの写真の季節外れの感も、甚だしいのでございます^^;


お行儀のよいファミリー

今日のお写真も、また温陽温泉からお届け致します。

またしても・・・温泉街とはほど遠いイメージなのでございます^^;

PENTAX LX_3318_R

こちらの体格の良いお兄さん(?)が見つめる先には何があるのでしょう?

あおりちゃんの逆シフトでボカしまくってますから・・・何が何だかさっぱり分かりませんね^^;

PENTAX LX_3317_R

はい、全様はこんな感じでございます~♪

こちらは、焼肉屋さんでございました。

で言うところの、カルビ屋さんです。

お店の裏の駐車場から見た光景でございます。

お店の大きな壁には、古の暮らしが描かれておりました。

左側には、美しく輝く、真新しいチンアナゴファミリーが整然と並んでおりました。

それにしても・・・大家族ですね^^;

大きな焼肉屋さんですから、これくらい必要なのでしょうかね。

このシーンですが、シフトを使って、出来るだけ真っすぐに・・・と試みましたが、どうも気になりますのが、右側の屋根のラインが右下がりになってしまっていることです。

どうもこのレンズ、歪曲収差がそれなりにあるようです^^;

あるいは・・・私がしっかりと正対していなかったか・・・。

う~む、使う時にもっと気を付けなければいけませんね~^^;


一つ目小僧の集い

本日も、昨日に引き続きまして、温陽温泉でのスナップからお届けいたします~。

そして、今日もまた・・・全く温泉街とは縁のない光景なのでございます^^;

PENTAX LX_3325_R

PENTAX LX_3327_R

PENTAX LX_3326_R

一目小僧の集い

一目小僧の集い

温陽温泉街の中心部を過ぎまして、段々と景色が変わってきました。

ふと目を向けた通りに、なにやら集会を発見です♪

よく見ると、一つ目小僧さんではございませんか~。

最近、トラクターを全然撮れていない私としては、願ってもないチャンス!

あ・・・一つ目小僧さんと言うのは、この耕運機の事ですね^^;

総勢10台ほどの耕運機が置かれていました。

いずれも、損傷が激しく、タイヤもパンクしたものが多く・・・既に何年もここにいるような感じに見えました。

「爺さんや~、わしら、いつからここに居るかの~?」

「お前さんに爺さん呼ばれる筋合いはないわい!・・・そういや、いつからかの~?」

ご本人方も、お忘れになられたようでした・・・^^;


隣の芝は青い

左の樹「お前さんはいいな~、いつも日差しを浴びて・・・。

おいらなんか、この通りこのぬりかべのお陰でお昼過ぎると真っ暗だよ~(涙)。寒くて風邪ひきそうだよ!」

後ろの壁「ぬりかべとは失礼な・・・(怒)」

右の樹「まあまあ・・・(汗)。

いやいや、そんなこともないよ。夏になったら、影に入れるお前さんが、実はうらやましいんだよ。

おまけに、冬でも風が吹いたら、日差しがあっても寒いぞ~。その点、お前さんは後ろの方が風よけになってくれる。俺の方こそ羨ましいよ。」

左の樹「そっか~、そんなもんか~・・・。」

後ろの壁「そうだ、そうだ!ちった~感謝しろ!(怒)」

右の樹「まあまあ・・・(滝汗)」

皐月の樹「皆さん、大変ですね~^^;」

隣の芝は青い

隣の芝は青い

これは温陽温泉のホテルが建つ場所で聞こえて来た会話でした^^;

そう、後ろの壁さんはホテルなのです^^;

一時的な状況だけでは、良否の判断はできないのだ~♪

いや、そもそも良否を付けることがおかしいのだ~!

という・・・お話でございました^^;

それにしても・・・温泉街に来て、こんな写真しか撮っていない私って・・・^^;;;


時には観光地らしく

今月の旧正月連休では、私も待機という状態ではあるものの、休日でしたので何日か撮影に出ることが出来ました。遠くには行けませんので、いつも通り近場を散策です^^;

皆さま、覚えてらっしゃいますでしょうか?

去年の中秋の頃に訪れた、温陽温泉のことを。

私が滞在しております、牙山市にある韓国最古と言われる温泉街でございます。

約半年ぶりに、また訪れてみました。

まあ、最寄り駅の牙山駅からローカル線でたったの二駅・・・所要時間10分弱で着いてしまう、近場なのでございます^^;

PENTAX LX_3322_R

PENTAX LX_3321_R

あおりちゃんで、フルシフト~!

なんだか面白い画になりました^^;

時には観光地らしく

時には観光地らしく

前回この街を訪れたときには、殆ど温泉街らしいお写真を撮りませんでした^^;

今回は、少しは観光地らしい物件を撮るぞ~!と、意気込んでおりました。

こちらは温陽温泉駅前にある、伝統的な韓国様式の建物です。櫓のような感じでした。中には石碑が祀られておりました。

あおりちゃんを付けて、あーでもない、こーでもないと、撮っておりました。

最後の一枚・・・もちろんこんなに都合よく欅の葉っぱが引っかかっているわけがございません^^;

しっかり仕込んで(捏造して^^;)おります♪

それでも、ちいさ過ぎて存在感が出せなかったのだ~^^;

さて・・・温泉地らしいお写真ですが、やっぱり今回もほとんど撮れませんでした~^^;

やはり、私には無理のようでございます~^^;


レンコンバレンタインデー

2016年2月14日ARAX 2.8/35mm Tilt & Shift,K-5

今日は2月14日、セントバレンタインデーですね♪

日本、そしてこちら韓国もそうなのですが、チョコレート会社の思惑で、独特の風習が行われる日でございます^^;

St. Valentine’s Dayではなく、あくまでセントバレンタインデーなのでございます^^;

まあ、チョコレート会社にお布施を上げるのは少々面白くございませんので・・・

レンコンで勝負です^^;

って、なんのこっちゃ^^;

 

ところが、調べてみますと意外な共通点があることに気が付きましたv^^

そのお話は、後程ということで。まずはお写真に参ります~♪

久々のキッチンシリーズですv^^

K5_72210_R

アク抜きしたレンコンに酢と砂糖を入れて電子レンジでチン♪

簡単ですね~!さて・・・これは何になるのでしょう?

K5_72223-2_R

レンコンの胡麻和えでございます~v^^

マヨネーズと擦り胡麻で味付けです。実に簡単、そして美味しいのです!

実は、黒顔羊さんの奥様に教えて頂いたレシピです♪

このベアーちゃんも、奥様のお手製、Jakeくんですv^^

Jakeくんもこのレンコンの胡麻和えが食べたくて仕方がなかったようで、かじっちゃいましたね^^;

あ・・・私か^^;

 

さて、これらのお写真、ちょっと違和感がございますよね~^^;

はい・・・手前のレンコンと背景のJakeくんの両方にピントが来ております。それでいて、それ以外はアウトフォーカス。あおりちゃんの仕業です^^;

あおりちゃん、実に非日常的な描写がお得意です♪

K5_72228-2_R

もう一品♪

こちらはレンコンのきんぴらです。

実は、こちらは黒顔羊さんの御義姉さまからコメントを頂いて、食べたいと思った一品ですv^^

おねえさま、ありがとうございます~!

K5_72242_R

メニューはこんな感じです。

まあ・・・なんと統一感のないこと^^;

醤油仕立てのトン汁に、チャーハン、ポテトサラダ・・・ゴボウのきんぴらもついでに^^;

K5_72238_R

レンコンバレンタインデー

レンコンバレンタインデー

でも、Jakeくんはご満悦の様子でございました♪

さあ、召し上がれ~^o^/

ただ、このお写真は1か月以上前の1月10日前後のことでございました。

だははは~^^; レンコンバレンタインデーなどと・・・皐月の樹、大ウソつきです^^;

 

さて、冒頭で申し上げました、Valentineとレンコンの繋がりですが。

St. Valentine’s Dayの歴史はローマ時代にさかのぼるそうです(参照:Wikipedia)。2月14日は女神・Juno(ユノ)の祝日だったそうです。女神ユノは女性の結婚生活を守護する神様で、結婚や出産を司るそうです。

さて、仏様の世界を見てみましょう。

同じく結婚や出産、家庭円満を司る仏さまと言いますと・・・愛染明王でしょうか。その愛染明王は蓮華座に座られてらっしゃいますね~♪

はい、繋がりました~!

ここにSt. Valentine’s Dayとレンコンの出会いがあったのでございました~^^;

はあ~、苦しっ^^;


鯉に恋して

またつまらないダジャレタイトルにしてしまいました・・・^^;

でも、今日の内容はちょっと真面目なのですv^^

新潟県の中越地区、特に小千谷市、長岡市山古志地区は錦鯉の一大生産地でございます。

統計的なデータは無いようなのですが、過半数は超えているようです。

この山古志小千谷は、錦鯉発祥の地だそうです。

共に雪深い地域なのですが、山間の棚田に雪解けの水を引く際に、直接引くと水温が低すぎるので、棚田の上段で池を設けて、そこで水温を上げてから田んぼに水を送るそうです。その池で、食用の鯉を飼っていたのが最初のようです。

その中で、突然変異で色が付いた鯉が生まれたのが、錦鯉の始まりだとか。

私の小千谷に住む友人が、この錦鯉の販売活動に携わっております。

今日は、その鯉に恋している友人のお話でございます。

K5_72179_R

K5_72194_R

ん?

これは何でしょうか?

これは、錦鯉に見立てた飴細工でございます♪

実は、私の友人が企画して、作りました。

K5_72189_R

K5_72149_R

K5_72142_R

このあめ細工のメーカーさんは、東京にある吉原さんです。

友人が、この吉原さんに依頼して作ってもらっているそうです。
残念ながら、新潟県内にはこういう飴細工屋さんはなかったとか・・・。

K5_72202_R

K5_72204_R

K5_72167_R

鯉に恋して

その友人は、錦鯉の展示販売会で通訳をしております。

海外から買い付けに来るディーラーさんも多いようなのです。

そこで、海外のお客様へのお土産として、この錦鯉の飴細工の企画を立ち上げたようです。

出足好調?!

手応えを感じているようで、楽しみでございます♪

 

彼女は、ジュニア時代にはスキーのナショナルチームに入り、海外遠征もこなした強者ですv^^

学生時代に、一度だけスキーをご一緒させて頂きましたが、実に豪快で力強い滑りです^^;

そして、何より楽しそうなんでございます!

圧倒されます^^;

去年、11月に帰国した際に、息子を連れてその友人宅を訪れました。

10年以上ぶりの再会でした^^;

今は、たくましい(?)肝っ玉母ちゃんになっておりますv^^

 

地域のために、頑張っている彼女を見て、感化されまして・・・極々微力ながら、宣伝のお手伝いを兼ねてこちらでご紹介させて頂きます。

こちら↓に、Facebookの錦鯉飴細工のリンクを貼っておきます。

錦鯉あめ細工Facebook Page

ご興味のある方は、一度訪れてみてください。

あるいは、私の方にご連絡頂ければ、お手伝いいたします。

皆様、小千谷市の錦鯉を何卒よろしくお願いいたします~m(_ _)m


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。