PENTAX 67_4111-2_R

Arsenal Arsat C 80mm/F2.8

明暗分かれた越後の森

4月始めの越後の森はまだ残雪が多く、道路も通行止めのままでした。

そこで車を止めて、歩いて森の中に入ってみました。

バケペンに45mmを付けて、Kiev88CにはArsat C80mmを付けて、いざ雪上トレッキング♪

何度も解けて締まった雪は、意外に歩きやすいのです。

夏場は草が生い茂り、枝打ちされた杉の枝が転がり、行方を阻むのですが、雪で覆われた森は障害物がなく、直線的なルートを辿れますので、楽チンです♪

かくして、残雪の越後の森に分け入ってみました~!

PENTAX 67_2680-2_R

Kiev88C_2741-3_R

PENTAX 67_2681-2_R

明暗別れし越後の森

 さて、明るい春の日差しが差し込む越後の森は、なかなかの強敵でございました・・・^^;

強敵と申しますのは・・・はい、露出です^^;

まず、露出計にて入射光で見ようとしたのですが、日当たりの箇所と日陰の箇所で3段以上の差がありました。

う~ん、これじゃ優柔不断な私には決められません^^;

だははは~^^;

まあ、こういうシーンでは、やっぱり反射光で見なくてはいけませんね。

反射光で見る場合、重要かつ一番難しいのは、そのシーンの18%グレーがどこであるかを見極めることだと思います。つまり、シミュレーションです。

ゾーンシステムの考え方では、例えば日の当たる緑はそのグレーになります。

上の写真で行きますと、日差しが当たっている苔の緑がそうかな~?と思い、測ってみました。

次に、このシーンは明らかに明暗差が大きいので、念のためハイライトとディープシャドーを確認しました。差は軽く10EV程度でした。ADOXで・・・行けるかな~?と心配になり・・・ディープシャドーが-4EVとなるように露出を決めました。念のため、バケペンのTTLでも見てみましたが、私が決めた露出から更に1段くらい低い値を示しましたので、却下としました。

さて、結果ですが・・・う~ん、まだ足りませんでした。おそらくあと1段~2段は上げないといけませんでした。

1,3枚目がADOXですが、ディープシャドーのところは、素抜けになっておりました^^;

う~ん、やっぱりこのフィルムは難しいですね~。

一方で、2枚目はネオパンですが、低めでありつつも描写は残っておりました。ハイライトからディープシャドーまで。

やっぱりこのフィルムはスゴイ^^;

ADOXの方(1,3枚目)ですが、ハイライトはまだ飛んでませんでした。なので、あと1~2段くらいは上げても良かったように思います。逆光や、こういう明暗差の激しいシーンでは、もっとシャドーに合わせて露出を決めた方が、このフィルムはいいのかも知れません。

加えて思うのは、ネオパンはやっぱりスゴイ!ですね^^;

 

1、3枚目: PENTAX67 + 45mm F4.0,ADOX CMS 20

2枚目: Kiev88C + Arsat C 80mm F2.8,NEOPAN100Acros

 


雪解けの森

このタイトル、毎年のように同じような写真を撮っております。

芸もなく、今年も逝ってしまいました^^;

雪深い里山では、この雪解けを待ちわびているのでございます。

それまで深い雪で閉ざされて、森に分け入ることすら拒まれてしまいます。その為、この季節を今か今かと待っているのでございます。

毎年、同じような写真しか撮れず未熟さを痛感するのですが、撮れる写真とは別にこの場で撮影していること自体が楽しみであり、私にとっては最高の癒しにもなっているように思います。

PENTAX 67_2677-2_R

Kiev88C_2739-2_R

Kiev88C_2740-2_R

雪解けの森

雪解けの森

本日も、バケペンとキエフちゃんのコラボです♪

木漏れ日が残雪に差し込みますこういうシーンでは、大変広いダイナミックレンジを必要として参ります。

おまけに、露出に迷いやすいのです。

現に、1枚目と3枚目はアンダーになってしまいました^^;

1枚目はADOX CMS20で、3枚目はNEOPAN100ACORSでした。ネオパンですら、素抜けフィルムを作ってしまいました・・・トホホ^^;

失敗の原因は、18%グレーのポイントを見抜けなかったことです。木陰になっている雪をグレーとして反射光で露出を見たのですが・・・甘かったですね^^;

2枚目と4枚目は、実は杉の木の表面で、影になっているけれども比較的明るいところをグレーとしました。それでもまだ半段~1段ほどアンダーなのですが、なんとかそれなりに描かれました。

先日御紹介した、「明暗分かれた・・・」も同じ時の撮影ですが、露出を測る前のシミュレーションがまだまだ甘いです。

もっと修行が必要です~^^;

 

1,4枚目:PENTAX67+45mmF4.0 on ADOX CMS20

2,3枚目:Kiev88C+Arsat C80mmF2.8 on NEOPAN100ACROS


目覚め近い越後の虎

昨日に引き続きまして、越後の定点撮影ポイント巡りからお届けいたします♪

越後の定点撮影ポイントで、ここを忘れてはいけません!

・・・と、力を入れてしまいましたが^^;

しばらく虎狩をして居なかった私には、最重要ポイントでございました^^;

Kiev88C_2754_R

目覚め近い越後の虎

目覚め近い越後の虎

はい、お馴染み越後の虎こと、ジョン・ディアーくんです。

私が訪れた4月初旬には、まだこの様子でございました^^;

まだすっぽりと雪にはまるその姿は、なんだかちょっと可愛らしくさえありますね^^;

いつものように、越後三山をじっと見つめながら、春の訪れを待っているのでありました。

越後の雪は、まだあともう少し、溶けるのに時間が掛かりそうでした。


越後に春の訪れ

さて、本日からまた4月の越後に巻き戻しでございます~^^;

 

4月になりますと、雪深い越後の里にもいよいよ春の訪れです。

定点撮影ポイントの一つ、雷土新田にも確実に春が訪れておりました。

足元を見ますと、水仙が咲き始め、シンボルである欅の木の苔も、春の日差しを浴びて明るい緑を発しておりました。

周りはまだ雪に覆われておりましたが、その雪も徐々に解け始め、水溜りが出来ておりました。

Kiev88C_2732_R

Kiev88C_2733_R

越後に春の訪れ

越後に春の訪れ

先日、一時帰国の際の定点撮影ポイント巡りとしてバケペンでのお写真をお届けいたしましたが、Kiev88Cも持って行っておりました。

同じ中判でも6×6で描く風景は、一味違って楽しいのでございます♪

6×7で切取りますと、私の場合はなんとなくガチガチの風景写真となるのですが、6×6の真四角となるともっと遊び心が出てまいります^^;

それでいて、日の丸構図を基準に描きますので、安定した構図取りになります。

これが、なんだかとても楽しいのです。

先日Kiev88Cのお写真をご紹介した際に、ムラのお話を致しましたが、こういうシーンでは殆ど分かりませんね~♪

ラッキー・・・って、違うか^^;

 


ロシアンぷらな~は、雪景色がお好き?

桜の後に、雪景色・・・という、季節逆転の順番となってしまいました^^;

もう季節感は完全無視なのでございます~^^;

実は、まだまだ残雪の越後のお写真が、たんまり残っております。

汗ばむ季節に、少し涼しげなお写真として、涼を撮って頂ければ幸いです~・・・って、んな無茶な^^;

さて、この場所ですが、見覚えがございますでしょうか?

一時帰国での定点撮影ポイント巡りにて、ここも訪れてみました。

ただ、最初はここまで上がって来れないと思っていたのです。おそらく除雪がまだ進まず、通行止めだろうな~・・・と。

でも今年は、やはり例年よりも雪が少なかったようです。道路はしっかりと除雪が済んでおりました。ラッキー♪

はい、ここは、あのFord兄弟が生息しております、小千谷市山本山高原牧場なのでございます。

道は除雪が終わってましたが、牧場自体はまだまだ深い雪の中・・・でした^^;

まあ、これを狙って訪れたのですがv^^

この一面雪景色で私が手にする機材は?!

はい、ロシアンぷらな~こと、Arsat C80mmでございます。

このレンズ、私の中での雪景色番長なんでございます。

やはりロシア生まれだからでしょうか?

実にしっとりとして、且つ憂いを帯びた描写が越後の雪景色と実に相性が良いと感じるのでございます。

Kiev88C_2743_R

Kiev88C_2744_R

ロシアンぷらな~は、雪景色がお好き?

ロシアンぷらな~は、雪景色がお好き?

 山本山牧場、まだまだ深い雪に覆われていて、柵の頭だけが雪から飛び出ておりました。

Fordの青虎さん達も、まだ冬眠から目覚めていない様子でした。

それでも建物の周りは、徐々に雪が解け始め、水溜りが出来ておりました。

高原牧場の遅い春ももう間近です。

 

さて、今日のお写真でもムラが出ておりますね~ToT

先日は、機械の不調かな?とも思ったのですが、やっぱりよく見ますと現像ムラですね^^;

手を抜いてしまったかな~?^^;

ん~、現像は一発勝負ですので、やはり毎回気合が大事ですね!

気を引き締めねば!

と、反省なのでございます~^^;


待ちわびた春の訪れ

本日は、久々登場のロシアンハッセル&ロシアンぷらな~こと、Kiev88CとArsat C 80mm/2.8でございます~♪

もう、かれこれ、一年くらい撮ってませんでした^^;

ごめんね、キエフちゃん~!

4月初旬の一時帰国の際に、一日だけ覗かせた晴れ間のチャンスに、ここも訪れてみました。

ここもお気に入りの定点撮影ポイントでございます。

越後駒ケ岳の麓、十二神社でございます。

このあたりは、かなり雪深い地域ですので、月の初旬と言えどまだまだ多くの雪が残っておりました。

その雪解けの下から顔を出した地面が、春の訪れを感じさせるのでございます~♪

Kiev88C_2735-2_R

Kiev88C_2736-2_R

Kiev88C_2737-2_R

待ちわびた春の訪れ

待ちわびた春の訪れ

 越後駒ケ岳も随分雪解けが進んでおりました。

春を実感するのでございます。

この辺りも、GW頃には田植えの準備が始まることと思います。

ポストプロセスは、久々のサイアノタイプ皐月の樹Ver.です^^;

この色調は、雪景色に合うかな~と思いまして♪

 

さて、久々のKievちゃんなのですが、ちと心配なことが・・・。

どうもムラがあるんです。縦じまで幅の広いムラがあるように思えるんです。

例えば、空。あるいは1枚目の雪面。

これらのコマはさほど目立たないのですが、他のコマや、別のロールでも結構ムラがあったんです。

現像ムラかな?^^;

う~ん、意識しない間にだんだん手を抜いているのかな~?^^;
であればまだいいのですが・・・。

Kiev88Cは横走りのフォーカルプレーンシャッターが入っております。走りにムラが出たりするのでしょうかね~?

やっぱりオールドカメラは、ちゃんと定期的に使ってあげないとダメですね~。

反省です~>_<


Kiev88C & PENTAX67 REVIEW2014♪

ス: 昨日、一昨日と、2014年新規導入の機材でのお写真をご紹介してまいりました。

  その年一年間に撮影した写真を振り返って、反省しよう~!というこの企画、今年は4つのテーマに分けてお届けしております。

  本日も、私 ススキの樹と、お馴染み皐月の樹さんでお届けしてまいります♪

  さて第3回目となります、本日の一年の締めくくりシリーズは、古株・・・と言っても一昨年2013年に導入の機材でのお写真を一挙ご紹介いたします。

  その2台のカメラとは?!

  はい、Kiev88CとPENTAX67でございますね~!

  皐月さん、この2台にはどういった思い入れがございますか?

さ: はい、まずPENTAX 67は、私にとって一番重要と言って良いカメラです。最初に手にした中判銀塩機であり、中判カメラの楽しさとフィルムの面白さを教えてくれた1台です。

ス: なるほど~!で、Kiev88Cのほうは?

さ: はい、こちらも、同様にとても大切なカメラです。尊敬する、巨匠 黒顔羊さんから譲り受けました、大切なカメラです。そして、6×6の独特な世界観を教えてくれたカメラでもあります。実を言いますと、PENTAX 67も黒顔羊さんから勧められて購入したんです。本当に感謝しております~♪

(天の声: おお~、意外に普通に入ったね~。お互い、昨日のいざこざは水に流したのかね~?まあ、ゆっくり見てみるとしよう~♪)

ス: そうですか~。どちらも黒顔羊さんの影響を多分に受けてらっしゃると言うことですね~!

さ: はい!その通りです~!

ス: それでは、まずはこちらの方から参りたいと思います~!Kiev88C レヴュー2014~!

 Kiev88C_1221-2_R

Kiev88C_1220-2_R

Kiev88C_1563-2_R

Kiev88C_1201-2_R

Kiev88C_1463-2_R

Kiev88C_1462-2_R

Kiev88C_1461-2_R

Kiev88C_1465-2_R

 

ス: いずれも厳しい越後の冬の景色ですね~。

さ: そうですね~。実は、昨日ご紹介しましたMAMIYA Cを入手してから、めっきりKiev88Cの出番が減ってしまったのです。しかも、韓国赴任に当たりまして、日本に置いて来ましたので・・・。

ス: そうなんですね~。で、いかがですか、皐月さん?

さ: 今日ご紹介したお写真は全て、Arsat C 80mmF2.8というレンズで撮影したものです。

  改めて見返してみますと、このレンズの魅力を再確認いたしますね。とても臨場感のある、いい描写をしてくれます。

ス: なるほど~。

さ: このレンズの、光の捉え方、独特ですね~。引き込まれます。ロシアン・ぷらな~と呼ばれるのがとても良く分かるんでございます。

  もっとこのカメラとレンズを使いたいな~、と改めて実感いたしました!

ス: ほ~・・・。では、それは2015年の課題ですね~♪

  はい、続きましては、「バケペン」ことPENTAX 67で撮影したお写真に参りたいと思います!

 

PENTAX67_1232-2_R

PENTAX 67_1552-2_R

PENTAX67_1662-2_R

PENTAX67_2055-2_R

PENTAX 67_2253-2_R

PENTAX67_2342-2_R

PENTAX67_2348-2_R

PENTAX 67_2479-2_R

 ス: おお~、こちらは冬から晩秋にかけての、約1年を通してのお写真ですね~。

さ: はい、そうですね~。バケペンは、1年を通して、コンスタントに使っております。まず、6×7というフォーマットは私の機材の中ではこのカメラだけと言うのがひとつの理由でしょうね~。そして、45mmの広角と、105mm/2.4というボケを楽しめるレンズが、それぞれ唯一無二といった感じですので、使いたくなったのだと思います。

  実は、韓国への赴任に際しまして、このカメラは日本に置いてきました。ただ、何度か一時帰国という形で日本に帰っておりましたので、その際にこれを持ち出しては、越後の風景を撮っておりました。その為、1年を通しての写真が揃いましたね。

ス: なるほど~、そういうことなんですね~。

  やはり、このカメラが一番お気に入りということですね~♪

さ: ははは~、はい!そうですね~^^;

ス: さて、これまでKiev88Cとバケペンと見返してみて、いかがですか?反省点などございますか?

さ: はい、沢山ありますね~!数え上げたらキリが無いくらいです(汗)!

  Kiev88Cの方は、とにかくもっと使いたいと思いますね~。そして、6×6のフォーマットをもっと生かした写真を撮りたいと思います。

  バケペンの方は、レンズの力に任せた写真ばかりで、いわゆる「撮らされた」写真ばかりですので、もっと撮るんだ!という画作りを心がけたいですね~。

ス: なるほど~!ではそれは、2015年への課題ですね。

さ: はい、そうです。この2台のカメラは、日本に置いて来ましたので、使用する頻度は限られてしまいますが、一時帰国の際には必ずこの2台を持ち出して、遊びたいと思います♪

ス: いや~、今日もありがとうございました。

  私は、とにかく、今日は最後に2枚もススキのお写真を拝見できたので、とても良かったです~(もっとススキ出せよ!)!

さ: は・・・ははは。そうですか~、ススキ・・・ね~(おめーは、ススキしか見てねーのか?!)。

(天の声: おやおや、やっぱり、心の中では穏やかじゃありませんね~(笑))

ス: それでは、皆さん。いよいよ明日が最後となります。

  いよいよ、皆さんお待ちかねの・・・アレが来ますよ~!ね、皐月さん?!

さ: ははは・・・あ~、アレね。そうですね。

ス: それでは皆さん、ごきげんよう~。さようなら~。

さ: ・・・(やっぱり今日も挨拶なしかよ!)

 

・・・^^;;;


芽生え始めた春爛漫

"Spring Blooming in Echigo!"

Recently, I have kept showing photos from MAMIYA C330.  And Sakura blooming has already started so continuously, kept showing photos of Sakura. 

However, I have many of photos that I took before Sakura blooming.  If I do not show them now, I guess I lose the chance to show them and it will be too late. 

So I decided to have a break on Sakura photos, and introduce small flowers blooming at towns in mountains of Echigo.  I used Kiev88C+Arsat C80mm F2.8 with Fujichrome Provia 100F at that time.  It was the time to use a positive film…:-) 

MAMIYA C330のご紹介に始まり、しばらく桜ばかりを追いかけて来ておりましたが、ここでちょっと小休止です。

と言いますか、桜の前に撮っておいた写真がまだたんまりとございまして、そちらの方を早く消化してしまわないと、完全に季節はずれになっちゃいそうです・・・(汗)。

今日は、越後の里山に訪れた春をKiev88C+Arsat C80mm F2.8に乗せて、お届けしようと思います。最近、MAMIYA Cばかりでしたので、久々のKiev88Cです。同じ6×6フォーマットということで、MAMIYA Cが台頭してきておりますので、必然的にKiev88Cの出番が少なくなってきております。でも、このArsat Cは、時々使いたくなるんですよね~。言って見れば、ロシア美人の様な、そんな魔性の魅力を備えております(笑)!

Kiev88c_1733

Kiev88c_1737

Kiev88c_1736

Kiev88c_1735

「里山の春爛漫」

最近ポジフィルムの使用率が上がってきております。

こちらのお写真は4月前半に、MAMIYA C330の初試写の際に撮った物です。MAMIYA Cにはアクロスを詰めておりましたが、Kiev88CにはRDPⅢを入れておりました。丁度花が咲き始めておりましたので、ちょっとカラーで見てみたくなったんですね~。MAMIYA Cは寄れるカメラですが、実はArsat Cも結構寄れるんです。60cmくらいまで可能です。2枚目や4枚目のお写真、バケペンではちと厳しいです。

里山にも蔦や、カタクリ、水仙などなど、春の花が芽生え始めておりました。

この後の数週間で、爆発的に一斉に色々な草花が開き始めました。桜もいつもより早くから咲き始めました。自宅のある長岡市では先々週に、殆ど終わってしまいました。魚沼の方でも、この4月の終わりを迎えるとともに散っていきました。去年はGWの始まりとともに咲き始めて、明けに散り始めておりましたので、やはり今年は1週間くらい早いようです。

雪も、この時はまだございましたが、今はすっかりなくなりました。山のみが、残雪を抱いております。

最近は、夏の様な陽気で、真夏があっという間に来るのでは?・・・とちょっとヒヤヒヤしております。もう少し、春を満喫したいな~と思う今日この頃でございます。


春待ち信濃川 ~後編~

"Spring Coming!"

On the day before yesterday, I showed the pics of foggy Shinano-River.  These photos shown below are taken at the same location, and taken just a week after then.  But I could wee totaly different scene. 

On that day, it was a beautiful day.  I could see clear blue sky from the early morning with bright sunshine.  On the way here, I walked through 1.5m-deep snow field for about 10 minutes, sweatting a lot.  Even in snow, I felt very hot!

Our area is still covered deep snow, but I surely feel the sun light is the one in Spring. 

Spring is coming very soon! 

一昨日に引き続きまして、春が近い越後の信濃川でございます。

今日は、春の信濃川の異なる側面を見つめてみたいと思います~!

Pentax_67_1554

Kiev88c_1567

Kiev88c_1569

Pentax_67_1553

「春の日差し」

 

1、4枚目: PENTAX67+45mmF4 on NEOPAN100ACROS 現像Perceptol

 

2、3枚目: Kiev88C+Arsat C80mm/2.8 on T-MAX100 現像T-MAX developer

先日ご紹介したのと同じロケーションで、時期も1週間しか違わないのですが・・・印象はガラリと変わりますね~!

この光景は、実はあの道はできるっ!の時にご紹介したお写真の”道”の先にある崖から眺めた景色でございます。あ、3枚目はちょっと違うロケーションですが・・・(汗)。

これを見たくて、あの雪道を歩いていきました。

気持ちが良かったんですよね~。

この日は、朝から快晴で、日差しが眩しいほどでした。雪面を歩きながら、汗ばんでいたくらいです~(笑)!

一面雪ですが、日差しはすっかり春でございます!

春は、もう、目の前でございます~!


春待ち信濃川 ~前編~

"Waitig for Spring"

Now in Japan, we quite often hear the news of cherry blossom-blooming from the Pacific Ocean side.  Here in Echigo, the Japanese Sea side, though it is too early to see cherry blossom blooming, we can see spring surely coming closer. 

Today I would like to show a scene of spring coming. 

In Echigo, where we have plenty of snow in winter, as the average temperature going up day by day, humidity raise up at the same time.  So we quite often see thick fog in the morning, especially on a day without any clouds. 

On other words, the foggy morning tells us the spring coming!

One fine morning around the middle of March, I drove near to the Shinano-River, which is well known as the longest river in Japan.  Here I show some photos I took  at that time.  I love watching this foggy scene because I feel spring is surely coming soon. 

いよいよ太平洋側の各地では、桜の開花宣言もちらほらと耳にするようになりましたね~。

本格的な春の到来でございます!

・・・越後は?と言いますと、桜!・・・というわけには行かないのですが(汗)、それでも着実に春の足音は近づいてきているので、ございます!

そんな春の訪れを、信濃川を通して見てみることに致しました。

Kiev88c_1560

Kiev88c_1561

Kiev88c_1559

Pentax_67_1549

「春霧漂う信濃川」

 

1~3枚目: Kiev88C+Arsat C 80mm/2.8 T-MAX100 in T-MAX developer  8 1/2min@20℃

4枚目: PENTAX 67+45mm/F4 NEPAN100ACROS in Ilford Perceptol 13 3/4min@20℃

先日、MXの135判写真を少しご紹介いたしました、霧に咽ぶ信濃川でございます。中判の余裕のあるフォーマットで撮りますと、霧の粒状感がより繊細になり、より決めの細かい諧調のトーンが現れます。霧に溶け込む遠景が好きなんですよね~。

春になって、平均気温が上がり寒暖の差が出てまいりますと、この様に深い霧に覆われるシーンが増えてまいります。真冬の越後では、最高、最低の寒暖差が1℃というのも珍しくございません。

そういった意味で、この霧に咽ぶ雪景色を見ますと、春の到来を感じるのでございます~。

ま、見た目は、真冬なのですが~(滝汗)。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。