PENTAX 67_4111-2_R

COSINA Carl Zeiss Planar T*1.4/85

お気に入りの庭先で疑似中判遊び♪

☆撮影:横撮り4列4段 50%Overlap 右下開始逆S字

☆合成ソフト: Photoshop CC

 

この場所、実は以前にもご紹介したことがございます。

にゃんちゃんに誘われて足を踏み入れた、あるお宅の庭先(?)です。

あれから半年近く経ちまして、少し様子が変わりました。

小屋のような建物がなくなり、整地されました。

少しすっきりした感じです。

錆びた扉があったのですが・・・なくなりました。そこは少し残念です。

でも、木や蔦に覆われた小屋、錆トタン・・・などなど、錆銀好みのアイテムが揃っている貴重な場所なのでございます。

またしてもボケパノで、練習がてら撮影させて頂きました。

でも、勝手に人んちの庭先を撮らせてもらっても良いものか・・・?^^;

ご主人がいらっしゃれば、ご挨拶の一つでもと思うのですが、未だ遭遇せずです。

 

=====和風ボケパノ=====
日本ではマイナーな、ボケパノ(Bokehpanorama)を草の根運動で広げよう♪
という事で、アムゼル師匠が和風ボケパノグループをFBにて開設されました。
https://www.facebook.com/groups/123087178255034/?ref=aymt_homepage_panel
参加されている師匠方の作品がご覧いただけます。
ご興味のある方は是非ご来訪下さいませ。m(_ _)m
================


浮遊感求めて彷徨う林

横撮り3列3段 50%Overlap Photoshop CC

横撮り4列×3段 50%Overlap

縦撮り4列3段 50%Overlap

 

5月の連休の頃、パジュの川沿いの林ではこの黄色いかわいい花が満開になっておりました。

恐らく金鳳花だと思います。

新芽が芽生え始めた小さな木立の足元を、小さな黄色い花が賑やかに彩っておりました。

こういうシーンは出来るだけ大きなフォーマットのカメラで、浅い被写界深度で幻想的に写したくなります。

中判でも、なかなかこういうごちゃごちゃした林を印象的に描くには、難しいです。

出来るだけ開放F値が小さく有効径の大きなレンズで、浮かせたくなります。

そこで、Bokehpanoramaです♪

覚えたての手法で、遊んでみました。

ぷらな~85㎜/F1.4の有効径は60.7㎜です。

バケペンの105㎜/F2.4よりもはるかに大きいです。

思ったように、主役を浮き上がらせてくれました。

ただ、この時は、まだまだBokehpanorama(ボケパノ)を始めたばかりで、失敗ばかりでした^^;

ボケパノ作品は、どんどん溜まっていっております。

また、追々ご紹介してまいりたいと思います。


森のくまさん

K-1_Planar1.4_85-9photomerge-0505-07-1_R

K-1_Planar1.4_85-9photomerge-0505-10_R

K-1_Planar1.4_85-9photomerge-0505-09_R

ある日

森の中

熊さんに 出会った

花咲く 森の道 熊さんに出会った♪

 

実はこのネタ、ずっと温めてきておりました^^;

黒顔羊さんの奥様から、お手製のテディベアーちゃんを頂いてから、考えていたネタでした^^;

もう、足掛け3年になりますか・・・^^;

なかなか気に入ったシチュエーションが見つからなかったこと。

どういうレンズで、どのように画作りするか、具体策がなかったこと。

でも、ボケパノに出会いまして、アイデアが一気に開花しました。

 

という事で、上部三部作はいずれもボケパノです。

まだまだ試行しながらの撮影で、イマイチ感は否めませんが^^;

因みに、普通にぷらな~で撮りますとこんな↓感じです。

K_1P4710-2_R

これ、同じ焦点位置で撮影しております。

故にボケパノが、如何に広範囲をフレーム内に取り込めているかお分かりいただけるかと思います。

しかし、ボケパノは、ブログなどでの縮小画像ではイマイチその迫力が伝わりませんね^^;

大延ばしして印刷してから眺めたくなるのでございます。

ボケパノでは、あまり小さな被写体を主役にしてしまいますと、埋没する可能性大・・・という事を悟りました~^^;


実践Bokeh Panorama

それでは改めまして、Bokeh Panoramaについて話を進めたいと思います。

以前プロローグとしてご紹介しましたBokeh Panoramaですが、今日はそのお作法について順を追ってお話したいと思います。

 

=Bokeh Panoramaの目的=

主たる目的は、出来るだけ被写界深度の浅いレンズで主題を浮かせ、背景、前景を出来るだけフレーム内に取り込む。

それによって得られる独特の浮遊感を楽しむ・・・事に重きを置いております^^;

 

=機材=

◇カメラボディ:デジタル機であれば何でもよい・・・というのが結論ですが、よりその効果を大きく感じるためには、フルフレーム機が良いように思います。私の場合、デジタル機はけーいちくんしかございません^^;

◇レンズ:有効径(焦点距離÷開放F値)の大きなレンズで、中望遠以上が良いようです。私は、Cosina Zeiss Planar T* 1.4/85をメインに使っております。

◇ソフト:合成ソフトが必要になります。Photoshop系やMicrosoftのICEというのがあるようです。私は、Photoshop CCを使用しております。

 

=撮影=

全てマニュアル撮影で致します。

◇フォーカス:主たる被写体に焦点を合わせたら、すべてのカットをその焦点位置のまま撮影します。その為、AFレンズよりもMFレンズが良いと思われます。AFレンズの場合、カメラをMFモードで撮影します。撮影の際は、ヘリコイドを動かさないよう注意します。特にAFレンズはヘリコイドが軽い場合があるので、要注意です。

◇露出:露出もマニュアルで固定して撮影します。大凡撮影範囲と思われるシーンの露出を確認して、白飛びしないようアンダー気味に設定すれば間違いないと思います。カメラのモードは「M」モードで、レンズの絞りは開放値に設定、ISOも最低値に設定。その上でSSを適宜決定します。開放F値が1.4などの場合、日中晴天時などはSSが1/8000でもオーバーとなる場合がございます。その場合、NDフィルターなどで減光するのが良いです。

◇ホワイトバランス(WB):WBもマニュアルで固定しておくのが良いです。フレーム内に日向と日陰がある場合など、AWBにしておくとWBが振れます。あるいはRAW撮影してポストプロセスでWBを統一させるというのも一つの手です。私はRAW撮影後、調整しております。

◇撮影:撮影したいシーンのフレーミングと主たる被写体を考え、複数カットに分けて撮影します。

1.主役に焦点を合わせたらフォーカスリングはそのままにして、撮影を進めます。

注1.三脚は使いません。使わない方が撮影がスムーズでオーバーラップ量など間違いにくいと思います。

2.各カットではオーバーラップが必要です。必要なオーバーラップ量は、合成ソフトにもよるようです。Photoshop CCの場合、30~60%が良いようです。フレームの中央部は少なめのオーバーラップ量でも良いようですが、外周に行くに従い大きなオーバーラップとした方が合成の失敗がないように思います。

3.撮影順序は、中央から円を描くように撮り進める。どちらかの角からジグザグに進む。など様々あるようです。この順序が合成の合否を決定する場合があるので、様々に試されて最良の順序を得られるのが良いと思います。ICEというソフトではその順序もお作法として決まっているようです。

以下は、中央から下へ、次に左下→左中→左上→中央上→右上→右中→右下の順で撮影した場合の実例です。

K_1P4337-2_R

【中央】

K_1P4338-2_R

【中央下】

K_1P4339-2_R

【左下】

K_1P4340-2_R

【左中】

K_1P4341-2_R

【左上】

K_1P4342-2_R

【中央上】

K_1P4343-2_R

【右上】

K_1P4344-2_R

【右中】

K_1P4345-2_R

【右下】

この撮影時のオーバーラップ量はおよそ30%でした。9枚合成となります。

 

=ポストプロセス=

◇レンズ収差補正など

大口径レンズの絞り開放で撮影しますと、レンズの収差の影響で周辺減光などがございます。

これらを除去しないと、合成後にフレーム内に不自然な暗がりが出来たりします。

私の場合は、Lightroomでレンズ補正を入れるようにしております。

Lens Profile02_R

Lightroom CCには丁度Zeiss Planar T* 1.4/85というデフォルトのプロファイルがございます。ZEマウントですが・・・まあ大差はないでしょう^^;

結果は、以下の通りです。

K_1P4337-3_R

左がレンズ補正プロファイル適応前、右が適応後です。

周辺減光がなくなっているのが分かると思います。若干樽型歪曲収差も補正されております。

撮影ファイルは、JPEG出ししておきます。

ここまでくれば、次は合成です。

 

◇合成

ここではPhotoshop CCでの合成方法をご説明します。

とはいうものの、自動で全部合成してしまいますので、簡単です。

まず最初に、Photoshop CCを立ち上げまして、「ファイル」のプルダウンメニュから「自動処理」を選び、更にそのサブプルダウンメニュから「Photomerge」を選択します。

Photomerge01_R

すると、以下のような「Photomerge」ウィンドウが立ち上がります。

①「参照」で合成する写真ファイルを選択します。

②レイアウトは「自動設定」を選択します。

③中央下部で、周辺減光補正と歪曲収差補正のチェックボックスをクリックして選択します。

注2.周辺減光補正は既にLightroom CCで事前に補正してありますので、入れても入れなくてもどちらでも良いです。

注3.歪曲収差補正については後述します。

注4.「コンテンツに応じた・・・」は、ソフトが自動的に空白部分を埋める処理です。場合によっては不自然な描写となりますので、選択する場合は要注意です。

④最後に「OK」をクリックすると処理が始まります。

Photomerge02_R

9枚合成であれば、1分強ほどで作業が完了します。

12枚合成であれば、2分少々と言った感じです。

ただし、PCのスペックや写真の解像度などにも依存しますので、一概には言えないと思います。

参考までに、私のPCは、Core-i7 3517U  CPU@1.9GHz 2.4GHz  RAM 4.0GBという超非力なマシンです^^;

1枚の写真を作るために、9枚の写真をLightroomで事前処理して、数分間の合成を待って・・・と、手間と時間のかかる作業ですが、フィルム写真を扱う事・・・と比べれば、圧倒的に手間と時間はかからないと思います^^;

Photomerge03_R

合成が完了すると、こんな↑感じです。

このままでは、各カットの合成か所に筋が入っておりますので、「レイヤー」のプルダウンメニュから「レイヤーを結合」を選んでやると、連続的に合成されて筋がなくなります。

Photomerge04_R

Photomerge05_R

最後に、適宜外周をトリミングして、PNGとして書き出しておきます。

この後、更にLightroom CCなどで画像調整を追い込む場合もございます。

因みに、合成時に「歪曲収差補正」を選択しない場合は、以下のような合成結果となります。

Photomerge06_R

四隅が引き伸ばされたような感じです。

どちらが好みかは別れるかと思いますが、歪曲収差補正をしないと、トリミング領域が増えてしまう・・・つまり捨てる部分が大きくなるという事が言えると思います。

 

◇結果

こうして出来上がった合成結果が、こちら↓です♪

K-1_Planar1.4_85-9photomerge-0501-10-2_R

画面内で自転車が浮き上がり、楽しい立体感が出ております♪

85㎜/1.4の被写界深度で、換算35㎜の広角域が描き出されました。

合成結果も、さほど違和感を感じることが無く。

広角のパースも感じません。恐らく歪曲収差補正で消されているものと思われます。

これも、Bokeh Panorama(ボケパノ)の一つの特徴かもしれません。

ボケパノ・・・あっぱれなのでございますv^^


静寂の棚田

K_1P2906_R

K_1P2910_R

K_1P2923_R

K_1P2920_R

K_1P2913_R

K_1P2947_R

K_1P2919_R

K_1P2909_R

先日もご紹介いたしました、長岡市は一之貝の棚田でございます。

ぷらな~85㎜も持って行っておりました。

中望遠は切り取り命ですので、構図取りやフレーミングに悩みますね~^^;

なかなか気に入った切り取りが出来ないのでございます^^;

早春の棚田は、田植えの繁忙期を前に静まり返っておりました。

じっとその時を待つように。

遠くに見える残雪のお山は、以前も少しご紹介した守門岳でございます。

守門岳も、少しづつ山肌が露わになって来ておりました。

今頃は、田植えも終え、早苗がぐんぐん伸びている頃でしょう。

緑に包まれる棚田も、美しいのでございます♪

そんなことを想像しながら、雪解けの棚田を眺めるのでございます。


十二神社清明次候の頃

K_1P2448_R

K_1P2453_R

K_1P2434_R

K_1P2440_R

K_1P2424_R

K_1P2415_R

K_1P2410_R

1,2,4枚目:DA★55㎜ F1.4 SDM

3,5枚目:COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

6,7枚目:SIGMA AF20/1.8 EX DG ASPH RF

 

清明:万物ここに至りて皆潔斎にして清明なり

清明次候:鴻雁北(こうがん北へ帰る)

(参照:2017年二十四節気七十二候

 

こちらは、越後の定点撮影ポイント、南魚沼市桐沢の奥にございます、十二神社です。

既にお馴染みですかね^^;

今回の一時帰国では二度ここを訪れました。

今日は、その最初に訪れた4月5日のお写真です。

丁寧に3本の単焦点で撮り分けてみました。

4月5日は、二十四節気七十二候の暦に従うと、清明の次候に当たるそうです。

この清明の説明(上記)が、この景色と重なりました。

まだご覧の通りまだ周囲の田んぼは雪に覆われたままでした。

でも、木の枝には少し膨らみ始めた蕾が見られました。

空は青く明るい日差しが差し込み、空気は澄んで清々しかったのでございます。

 

以前、yamaboushiさんiwamotoさんから二十四節気七十二候について教わりました。

いつもありがとうございますm(_ _)m

中国の戦国時代に始まると言われる二十四節気七十二候・・・現在にも通じる暦なのでございます♪


訪れ遅し高原の春

K_1P2320_R

K_1P2321_R

K_1P2322_R

K_1P2323_R

K_1P2336_R

K_1P2345_R

K_1P2325_R

K_1P2326_R

K_1P2328_R

K_1P2331_R

ここは、小千谷市にございます山本山高原牧場です。

こちらには、春の訪れを今か今かと待つ、青虎さんが住んでおります。

8枚目のお写真にみえる小屋、あれが彼らの棲み処です。

日差しは、まさに春のそれでしたが、・・・この時はまだ雪が多分に残っており、除雪も済んでおりませんでした。

あと一歩・・・のところで、断念です。

まあ、辿り着けたところで、小屋には鍵が掛けられておりますので、虎さんを拝むことは出来ませんが~^^;

また、夏の訪れを待つことに致しましょう~♪


情熱と静寂の茜色

K_1P1874_R

K_1P1873_R

K_1P1872_R

K_1P1885_R

K_1P1886_R

K_1P1887_R

K_1P1891_R

夕焼けの空は、青春の色・・・

昔、森田健作さんのドラマでは定番の背景だったような記憶がございます^^;

情熱の赤のように、赤は激しさを表す色の印象がございます。

スペインの闘牛士やフラメンコの赤も、やはりそんなイメージでございます。

イタリアンレッドも、フェラーリの甲高いエンジン音を想像します。

 

この日のパジュの川辺は、静寂に包まれておりました。

時折、ねぐらへ帰る鴨の鳴き声が遠くから響いておりました。

ゆっくりと、でも確実に沈みゆく太陽を見つめながら、その静寂に浸っておりました。

異国で郷愁に胸を焦がし、静かに見つめる太陽でございました。


冬以上春未満

K_1P1768_R

K_1P1766_R

 

K_1P1765_R

K_1P1772_R

K_1P1775_R

以前何度かご紹介しました、例の印象絶大なコンクリートブロック群は、川辺まで続いておりました。

川辺では、もうその用途が何であるか、はっきりわからないような状態で点在しておりました。

(そもそも、その用途は推測を脱しきれてはおりませんが^^;)

ススキなどの枯草に包まれて、哀愁の漂う雰囲気でございました。

3月の始めと言いますと、初春・・・でございます。

しかし、パジュの川辺では、まだまだ春らしい光景には程遠く、冬の様相を呈しておりました。

でも、日差しは確実に温かみを増して、春の予感はしていたのでございます。

 

5月も半ばを迎えようとしている今は、この場所も緑に包まれ始めているのでございます。

2カ月ほど前のこの光景が嘘のような、風薫る新緑の季節でございます♪

 


蒼の刹那

K_1P1892_R

K_1P1895_R

K_1P1894_R

K_1P1901_R

K_1P1898_R

日没後、夜の帳が降りようとする頃、川面が蒼に染まりました。

闇に包まれる前のほんの一瞬でございました。

揺れる水面に、対岸の小高い山が映り込み、描かれる美しい模様に見とれておりました。

 

実際は、ここまで青くはなく、WBを調整して青を強調しております^^;

85mmで、比較的近い焦点位置ですと、なかなかパンフォーカスには出来ませんね^^;

これもまた、APS-Cとは違うところでございます。

日没後の光の乏しい条件では、感度を上げるしか手がありません。

もっとけーいちくんを信じて、感度を上げて絞れば良かったな~(1,2,3枚目)・・・と少し後悔するのでございました^^;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。