PENTAX 67_4111-2_R

D FA Macro100mmF2.8WR

花来る

K_1P1966_R

K_1P1986_R

K_1P1965_R

K_1P1989_R

K_1P1978_R

K_1P1979_R

K_1P1975_R

K_1P1982_R

K_1P2006_R

K_1P1980_R

K_1P1973_R

K_1P1983_R

K_1P1967_R

K_1P1968-2_R

ず~っと、数か月前のお写真ばかりご紹介しておりました^^;

まだまだ、在庫は溜まっているのですが、ここらで少し近況報告です。

 

寒いパジュにもようやく春がやって来ました♪

先週の初めごろから、アパートの近くで白梅が咲き始めているのを発見しました。

すると、山茱萸や白モクレン、足元にはタンポポ、スミレ、オオイヌフグリなど、春の草花が一気に咲き始めました。

まさに、泉のように湧き出てまいります。

Springとはよく言ったものです。

まだ、朝晩は冷え込むのですが、日差しは確実に強くなってきており、気温も上がって来ております。

街を行く人々の足取りも、心なしか軽やかに見えるのでございます♪


情熱と純潔の薔薇

2016年7月23日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

「薔薇って漢字で書ける?」

昔、そんなCMがございました。

・・・私は未だに無理です^^;

よくもまあ、こんな難しい漢字を当てたものだな~と思ってしまいます^^;

そもそも、この漢字を他の意味や用途で見たことないんですよね・・・。

調べてみますと、薔薇という言葉は中国から入って来たようです。

この漢字について面白い記述を見つけましたので以下にご紹介しておきます。

参照:野に草「薔薇と言う漢字を考える その2」

 

さて、薔薇の花言葉は色々ございます。

色や本数によっても変わるので、厄介ですね^^;

赤い薔薇の花言葉には、「情熱」「愛情」などがございます。

白い薔薇は、「純潔」「素朴」などがございます。

そんな赤と白の薔薇の情熱と純潔を表現してみました。

K5_73542_R

K5_73524_R

K5_73551_R

K5_73530_R

K5_73536_R

K5_73527_R

K5_73546_R

K5_73549_R

K5_73574-2_R

K5_73555-2_R

薔薇って漢字はとても難しいのですが、撮影するのはもっと難しいですね^^;

何回撮っても思うようにいきません。

また秋の薔薇か、来年の薔薇で修行を積まなくてはいけません~ToT

 

今日のタイトルは、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、The Blue Heartsの名曲からのパクリでござます~^^;

↓YouTubeのリンク貼っておきます♪

「情熱の薔薇」The Blue Hearts


新緑のヒカリトカゲ

K5_73339_R

K5_73341_R

K5_73338_R

K5_73336_R

K5_73330_R

K5_73337_R

K5_73340_R

街中で見かけるヒカリトカゲも、様々な表情を見せてくれて楽しいのですが、森の中で見かけるヒカリトカゲもアーティステックで美しいのでございます♪

太陽の位置と、風のいたずらで作り出されるその時々のパターンを眺めておりますと、万華鏡を見ているような感覚になります。

葉っぱの透過光を楽しむには、やっぱり5月の初夏が良いようです。

と言いながら、5月のお写真をしれ~っと出しているのでございます^^;

 

1~4、6、7枚目:D FA Macro 100mm F2.8 WR

5枚目:COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/85


ブンブンブン♪

2016年7月3日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

蜂が飛ぶ~♪

と、歌い出したくなるような春、4月のお写真でございます^^;

もう7月に入ったというのに・・・^^;

あちらこちらで花が咲き乱れた4月~5月にかけては、ミツバチも大忙しだったようです。

マクロレンズでぐっと近づいても、こちらを攻撃してくる様子もなく、慌てて逃げる素振りも見せず、せっせと花から花へと蜜を求めて飛び回っておりました。

働き者だな~!と、感心しながら見ておりました。

K5_72981_R

K5_73174_R

K5_73170_R

K5_73171_R

K5_73159_R

この白い花は、ナナカマドのようです。

可愛らしい花でございます♪

秋になると、赤い実をつけ、葉っぱも燃えるように紅葉いたしますね。

好対照な春の白と緑なのでございました。

 

さて、蜂以外にも花好きの方々がいらっしゃいました^^;

お名前はよく分かりませんが、虫繋がりでアップいたします~v^^

K5_73211_R

K5_73395_R

7月に入り、こちらも本格的な梅雨の到来のようです。

一昨日も、大雨が降りました。

湿度もだんだん上がって参りまして、いよいよ夏を感じ始めている次第です。

こうして4月の写真を見返しますと、あの頃の気候が実に懐かしく、恋しくもあるのでございます^^;


偽でもいいじゃな~い♪

初夏の森で、若葉を通る光は、とても清々しく美しいですね~♪

この葉っぱも、厚みが薄くて美しい透過光を見せてくれます。

花は白く、その形からマメ科だな~と分かりますね。

どこかで見たような花ですね。

私が直ぐに思い浮かんだのは藤でした。

その芳醇な香りも藤を思わせます。

でも、藤のように蔓ではなくて、立派な幹を持っているのです。

K5_73472_R

K5_73250_R

K5_73266_R

K5_73436_R

K5_73439_R

K5_73442_R

K5_73451_R

K5_73503_R

1、4~8枚目:D FA Macro 100mm F2.8 WR

2,3枚目:COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

これは、ハリエンジュだと思います。

こちらの山では、あらゆるところで見かけます。5月になって花が咲くころ、その多さに気付かされます。

さて、このハリエンジュですが、ニセアカシアとも呼ばれます。

でも、アカシアは同じマメ科ではございますが、ネムノキ亜科で、葉っぱの形も花の感じも全く違うと思うんですよね~^^;

どうせ「ニセ」というくらいなら、ニセフジの方がいいんじゃない?

と思うのは、私の勝手な所感ですが^^;

アカシアや藤よりも、私はハリエンジュの方が好みかもしれません。

なんと言っても、藤のように主の木をぶっ倒すような真似をしません^^;

山藤などは、杉の木などに絡みつき、挙句の果てにその主の木をぶっ倒しますので^^;

ハリエンジュは、しっかりと自分の足で立っているのです♪

偽と呼ばれても、いいじゃな~い♪


小さな花のチカラ

2016年6月18日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

暫く、サンゴくんのコッテリ写真が続いております^^;

あまり見過ぎると、目が鷹の目になってしまうかもしれません^^;

ということで、本日は閑話休題なのでございます♪

 

春~初夏にかけての森を散策しながら、足元に目をやりますと、沢山の小さな花が咲いているのに気付きます。

近づいてよく見ないと、花かどうかも分からないものまでございますね^^;

こういう時に、マクロレンズは便利でございます。

虫メガネとして使えますねv^^

K5_73372_R

K5_73374_R

タネツケバナ

K5_73186_R

K5_73188_R

オオイヌフグリ♪

K5_73407_R

ハコベ♪

別名、ヒヨコ草、スズメ草。

セキセイインコの餌^^;

K5_73380_R

カタバミ

K5_73423_R

スミレ属・・・^^;

花はスミレっぽいのですが、葉っぱはコスミレのような・・・。

よく分かりません^^;

K5_73520_R

K5_73509_R

そして最後はキュウリグサ

この花もとっても小さいのですが、よく見ると可愛らしいのでございます。

小さくても、立派な花を咲かせる姿に力をもらいますね。

 

最後はおまけでございます~v^^

K5_73495_R

ソメイヨシノの実も、赤くなってきておりました♪

小学校の頃、これはサクランボだと思って食べてみたことがあります。

すっぱ渋い味が、口の中にいつまでも残っておりました^^;


皐月の色の競演

2016年6月14日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

気が付いたらもう6月が始まっておりました^^;

でも、5月に撮影したお写真がまだまだございまして・・・6月は5月の写真シリーズになりそうです^^;

今年は、フィルムの消費が思ったより早く。

こちらのブログでご紹介するお写真も、フィルム写真率が高くなっております。

どれくらいフィルム率が高いのかな?と思って、調べてみますと。

★1~5月 フィルム写真出没率

2014年:42.7%

2015年:39.7%

2016年:65.1%

やっぱり高いですね~。6,7月もこのまま高いフィルム率を維持しそうな勢いです^^;

という事で、今日は久々にデジタルカラーで原色系のお写真です♪

K5_73223_R

K5_73233_R

 

K5_73225_R

K5_73237_R

K5_73239_R

K5_73230_R

K5_73236_R

K5_73247_R

3月の終わりから4月にかけて淡い色の花が咲き始め、5月に入るとその色実が実に鮮やかになり、まさに色の競演となりますね。

道端にも、様々な色の花が咲き、緑も沸き始め、見ているだけで楽しくなります。

こういう華やかさは、さすがにモノクロフィルムでは表現が難しいです^^;

無理に考えず、手軽にデジタルカラーで逝ってしまうのでございます~^^;

今日のレンズは、中望遠マクロレンズ;PENTAX D FA Macro 100㎜ F2.8 WRでございますが、APS-CのK-5に付けますと150㎜の望遠マクロになります。切り取るうえでは、非常に狭い範囲となります。狭すぎるな~と感じる事もしばしばあり・・・^^;

135判のK-1に付ければ、本来の100㎜の画角となります。

楽しみなのでございます♪


木漏れ日のスポットライト

初夏の森では、木々の葉が生い茂り始めておりますね~。

重なる枝葉の隙間を通って、地面にたどり着く光は、スポットライトのようでございます。

そのスポットライトを浴びる、小さな主役たちを集めてみました♪

K5_73332_R

K5_73282_R

青々とした桜の若葉が、日に日にその緑を増していく頃。

ツツジの花は、終わりを告げようとしておりました。

K5_73294_R

K5_73307_R

K5_73478_R

K5_73427_R

K5_73484_R

森では、小さな草花が一斉に芽吹き、そしてぐんぐんと成長しておりました。

そんな草花を讃えるかのように、あるいはその成長を見守るかのように、太陽の光が枝葉の隙間を通って注がれておりました。

K5_73316_R

K5_73481_R

K5_73493_R

その木漏れ日の恩恵を受けているのは、小さな草花だけではなかったようです。

緑が一斉に、太陽のご加護を受けようと、手を延ばしておりました。

K5_73483_R

K5_73426_R

K5_73419_R

K5_73485_R

K5_73310_R

K5_73277_R

1~4、8、14、15枚目:COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

5~7、9~13枚目:D FA Macro 2.8/100WR

こういうスポットライトは、もうそれだけで十二分にフォトジェニックでございますので、どのように切り取っても面白いです。

それが故、私の場合は狙いすぎて自爆することが多いのでございます~^^;

こういう光は、刻一刻と移動していきますので、狙いすぎて時間を掛けてしまうと、最初の印象と大きく違ってしまうんですよね~^^;

今日ご紹介した何枚かも、そんな失敗がちりばめられております~^^;;;


ツツジ効果で高架抜群?!

2016年5月6日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

五月になり、身の回りでは様々な色の草花を見るようになりました。
冬の頃は、色という色がそがれて鉛色のストイックな景色ばかりでしたから、夢のよう・・・と言っても過言ではないかもしれませんね。

ということで、皐月の花まつりでございます~!

また例に寄りまして、大間のマグロの一本釣り・・・ならず、マクロの一本勝負に出てまいりました♪

(毎年、このネタばかりですみません~^^;)

K5_73031_R

K5_72999_R

K5_72964_R

K5_72995_R

K5_72975_R

K5_72987_R

最初は、真面目に(?)花マクロを撮っておりました。

でも・・・だんだんと、心が揺れ始めます^^;

錆銀魂が問いかけるのです^^;

お前は、これが撮りたいのか?!

・・・^^;

K5_73020_R

この辺りから、段々と様子が変わって参ります^^;

K5_73021_R

そして、ここで転機を迎えました^^;

型が決まりますと、早いのです^^;

後は一気に突き進むのみ~!v^^

K5_73011_R

K5_73007_R

K5_73013_R

やっぱり高架でしょう~!

ということで、KTXの高架をツツジの茂み越しに見つめてみました~♪

楽しくなってきて、勢いが止まりません・・・^^;

K5_73008_R

K5_73015_R

K5_73037_R

K5_73014_R

K5_73009_R

かくして、似たような写真ばかり大量生産してしまいました~^^;

 


八重の心

2016年4月29日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

先日、黒顔羊さんが手術の為に入院されました。

今は、術後の療養中でらっしゃると思います。

ゆっくりとお休み頂き、また元気にお戻りになることを願ってやみません。

私は韓国在住ですので、お見舞いに伺うこともできません。

なので、この場をお借りして、お花を贈ろうと思います。

先週末に撮り止めた八重桜でございます。

大量の花マクロでございますが・・・何卒お付き合いのほどを~^^;

K5_73087_R

K5_73065_R

K5_73051_R

K5_73053_R

K5_73050_R

K5_73152_R

K5_73118_R

K5_73115_R

K5_73136_R

K5_73153_R

K5_73148_R

K5_73156_R

黒顔羊さんも、私と同じく錆物がお好きでらっしゃいますので、花より錆モノ♪・・・と仰るかもしれませんが~^^;

病院のベッドの上で、歯がゆい思いをなされてるかもしれませんが。

ここは、ゆっくりと。

そして、復活の時を祈っております。

くれぐれも、お大事に。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。