PENTAX 67_4111-2_R

D FA Macro100mmF2.8WR

薄れゆく花の記憶

遂に6月最終週に突入です。

梅雨の最中で、蒸し暑い日が続いております。

数か月前の薄れゆく記憶を辿って、花の思い出にふけってみましょう♪

・・・なんて、在庫処分セールの強引な文句です^^;

 

日没前の弱い光で、低いコントラストでございました。

こういう時は、思い切ってキーを上げてみるのも楽しいです♪


深まる桜色

気が付けば6月も終わりが近づいておりました^^;

そして、手元には、まだまだ春先のお写真がたんまりと~^^;

焦りを覚えつつも、開き直りながらの投稿でございます^^;

 

4月15日に、韓国へ戻る直前の雨の日に、長岡市の桜を撮影しました。

そして韓国に戻って参りますと、あちこちの桜の木が既に満開を超え、散り始めておりました。

う~ん、完全に時期を外してしまったようです。

今年は余り桜のお写真が撮れなかったのですが、名残の桜を拾い撮りしました。

このお写真の桜は、どうもソメイヨシノではなさそうです。

花も白っぽかったです。

それでも、夕日を浴びて桜色に染まっておりました。

夕方に見る名残の桜は、どこか哀愁に満ちていたのでございます。


春黄金花と秋珊瑚の出会い

K_1P2057_R

K_1P2056_R

K_1P2059_R

K_1P2063_R

K_1P2078_R

K_1P2080_R

K_1P2074_R

K_1P2064_R

K_1P2070_R

 

これは山茱萸(サンシュユ)です。

別名、ハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミ。

ハルコガネバナの異名は、春に咲くこの花火のような花から由来しております。

まさに黄金色の美しい花です。

アキサンゴは、秋になる透き通った赤色の実からこの名がついたそうです。ヤマグミも同じく。

実は、生薬として使われるそうです。

3月の終わり、パジュでもサンシュユが咲き始めました。

木によっては、まだ赤い実が残っておりました。

そこで、赤と黄色のコラボレーションをしてみました♪


月光梅(?)

K_1P2004_R

K_1P2003_R

K_1P1996_R

K_1P1995_R

K_1P1997_R

K_1P1992_R

K_1P1994_R

K_1P2002_R

K_1P2001_R

月光梅・・・のイメージですが、実際は太陽です^^;

この日は一日薄曇りでした。いや、正確に言えばこの頃は、曇天の日が続いておりました。

お昼頃に、少し雲が薄くなってきて、太陽がその輪郭を少し露わにしてまいりました。

逆に晴天であれば、もっと太陽が白飛びして、梅が完全にシルエットになっていたかもしれません。

花の撮影は、曇りの方が遊びやすいと思います♪

今日の仕上げは、サイアノタイプ調がベースとなっております。

コントラストを下げていくと、こんな感じになりました^^;

何となく、月明りを浴びる花のような印象となりました。

中望遠マクロで切り取り始めますと、こういうカットが増えてしまいます・・・^^;


いつかの空を夢見て

K_1P2117_R

K_1P2108_R

K_1P2102_R

K_1P2090_R

K_1P2114_R

K_1P2120_R

ツツジなどのような低木の生垣で、鳥の羽毛を発見しました。

鳩や、カチガラスが落としていったのかな?

新芽が生えてきた枝に引っかかって、風になびいておりました。

かつて、翼と共に風に乗っていた時のことを思い出していたのでしょうか。

少し寂しげな表情だったのでございます。


黄色が呼ぶ黄色

K_1P2041_R

K_1P2047_R

K_1P2037_R

K_1P2046_R

K_1P2034_R

アパートの近くで、黄色い自転車を発見です。

木にチェーンで繋がれておりました。

足元を見ますと、これまた黄色♪

タンポポが咲き始めておりました。

春はいつ来るのかな~?と思っておりました、3月のパジュでした。

いつの間にか、春はやって来ていたのでございますv^^


梅の香りに誘われて

K_1P2009_R

K_1P2019_R

K_1P2018_R

K_1P2029_R

K_1P2024_R

K_1P2031_R

K_1P2007_R

さて、今日は、ようやく春らしいお写真のお届けです^^;

とはいうものの、桜ではなく梅でございます。

3月の後半でございました。もう2カ月も前の事でございます^^;

パジュにもようやく遅い春が訪れました。

白梅咲き始めた頃でした。

芳しきその香りに誘われて、アパートの近くに咲いていた梅の木にやって来ました。

すると、既に先客が。

ミツバチさん達も、ようやく咲いた花の蜜をせっせと集めておりました。

夢中になって、花から花へと飛び移る姿を見ながら、私も花から花へと移りながら写真を撮らせて頂きました。

梅の香りが鼻に残り、幸せな気分に浸れたのでございます♪

 


花来る

K_1P1966_R

K_1P1986_R

K_1P1965_R

K_1P1989_R

K_1P1978_R

K_1P1979_R

K_1P1975_R

K_1P1982_R

K_1P2006_R

K_1P1980_R

K_1P1973_R

K_1P1983_R

K_1P1967_R

K_1P1968-2_R

ず~っと、数か月前のお写真ばかりご紹介しておりました^^;

まだまだ、在庫は溜まっているのですが、ここらで少し近況報告です。

 

寒いパジュにもようやく春がやって来ました♪

先週の初めごろから、アパートの近くで白梅が咲き始めているのを発見しました。

すると、山茱萸や白モクレン、足元にはタンポポ、スミレ、オオイヌフグリなど、春の草花が一気に咲き始めました。

まさに、泉のように湧き出てまいります。

Springとはよく言ったものです。

まだ、朝晩は冷え込むのですが、日差しは確実に強くなってきており、気温も上がって来ております。

街を行く人々の足取りも、心なしか軽やかに見えるのでございます♪


情熱と純潔の薔薇

2016年7月23日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

「薔薇って漢字で書ける?」

昔、そんなCMがございました。

・・・私は未だに無理です^^;

よくもまあ、こんな難しい漢字を当てたものだな~と思ってしまいます^^;

そもそも、この漢字を他の意味や用途で見たことないんですよね・・・。

調べてみますと、薔薇という言葉は中国から入って来たようです。

この漢字について面白い記述を見つけましたので以下にご紹介しておきます。

参照:野に草「薔薇と言う漢字を考える その2」

 

さて、薔薇の花言葉は色々ございます。

色や本数によっても変わるので、厄介ですね^^;

赤い薔薇の花言葉には、「情熱」「愛情」などがございます。

白い薔薇は、「純潔」「素朴」などがございます。

そんな赤と白の薔薇の情熱と純潔を表現してみました。

K5_73542_R

K5_73524_R

K5_73551_R

K5_73530_R

K5_73536_R

K5_73527_R

K5_73546_R

K5_73549_R

K5_73574-2_R

K5_73555-2_R

薔薇って漢字はとても難しいのですが、撮影するのはもっと難しいですね^^;

何回撮っても思うようにいきません。

また秋の薔薇か、来年の薔薇で修行を積まなくてはいけません~ToT

 

今日のタイトルは、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、The Blue Heartsの名曲からのパクリでござます~^^;

↓YouTubeのリンク貼っておきます♪

「情熱の薔薇」The Blue Hearts


新緑のヒカリトカゲ

K5_73339_R

K5_73341_R

K5_73338_R

K5_73336_R

K5_73330_R

K5_73337_R

K5_73340_R

街中で見かけるヒカリトカゲも、様々な表情を見せてくれて楽しいのですが、森の中で見かけるヒカリトカゲもアーティステックで美しいのでございます♪

太陽の位置と、風のいたずらで作り出されるその時々のパターンを眺めておりますと、万華鏡を見ているような感覚になります。

葉っぱの透過光を楽しむには、やっぱり5月の初夏が良いようです。

と言いながら、5月のお写真をしれ~っと出しているのでございます^^;

 

1~4、6、7枚目:D FA Macro 100mm F2.8 WR

5枚目:COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/85


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。