PENTAX 67_4111-2_R

DA★16-50mmF2.8ED AL SDM

誇張された越後のススキ

昨日もススキ、今日もススキ、明日もススキ・・・またまたススキ尽くしでございます♪

もう、この時期の定番となっておりますv^^

それでは、越後ススキの樹のススキ、参りたいと思います~!

k5_74389_r

k5_74386_r

k5_74393_r

 

k5_74385_r

k5_74382_r

k5_74381_r

k5_74391_r

霧晴れの大地に注がれる光が実に眩く、美しかったのでございます。

このシーン、既にデジタルや中判銀塩でもご紹介いたしました。

今回は、デジタルモノクロームという事で、思い切った仕上げにしてみました。

が・・・ちとやり過ぎ感が否めません^^;

デジタルデータと言うのは、容易に増幅、圧縮出来てしまうので、まさに真を写さない画となりますね~^^;

まあ、これも一つの表現という事で♪

なんでもアリなのだ~v^^


実りと共に訪れる秋

2016年10月10日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

南魚沼の雷土新田にあります小さな祠を訪れたのは、8月の終わり頃でございました。

暑さ寒さも彼岸まで・・・とは良く言ったもので、お盆を過ぎて、越後の里山はどんどん秋めいて行っておりました。

k5_74532_r

k5_74537_r

k5_74536_r

k5_74548_r

早生品種のコシイブキは、頭を垂れて黄金色に染まりつつありました。

実りが近いことを告げておりました。

見上げると、空には秋のくもが浮かんでおりました。

越後には、早くも秋が訪れていたのでございます。


奥山の秋の気配

8月も終わりを告げる頃。

気が付けば、蝉の声もアブラゼミからツクツクボーシやヒグラシへと変わり。

夜になれば、蛙の合唱からコオロギや鈴虫の調べに変わっておりました。

K5_74504_R

日が差せば、まだまだ汗ばむ陽気の越後駒ケ岳の麓では、まだまだ青々とした緑が生い茂っておりました。

でも、その中では・・・

K5_74517_R

K5_74521_R

K5_74530_R

既にススキが花を咲かせ、風にゆらゆら吹かれておりました。

眩しい日の光を浴びて、輝いておりました。

K5_74499_R

越後には、早くも秋の知らせが届いておりました。

これから、朝晩冷え込み、山の木々の葉も、色付き始めることでしょう~♪

その様子は、出来ればまた晩秋の頃に訪れて、拝んでみたいと思います。


晩夏の信濃川でススキーノ♪

2016年9月30日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

k5_74400_r

k5_74404_r

 

k5_74405_r

k5_74395_r

お馴染みの・・・^^;
小千谷市塩殿から眺めた信濃川でございます。

8月の終わりには、若いススキが顔を見せ始めておりました。

眼下に広がる田んぼも、黄金色に変わりつつありました。

少し稲が倒れているところが見受けられたのが、気がかりですが。

この日は未明から霧に包まれておりました。朝霧に濡れるスリムなススキも、ススキーノにとっては美味しい被写体ですv^^

霧が晴れて行き、太陽が差し込み始めますと、大地もススキも輝きます。

ゆっくりと眺めて痛い風景ですが、こういう時の光は刻一刻と変化していきますので、実際は忙しくシャッターを切りまくっておりました~^^;

 


霧立ち込める高原の朝

2016年9月28日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

こちらも、私の定点撮影ポイントとして、幾度となく訪れている場所でございます。

小千谷市にございます、山本山高原です。

8月の終わりに、朝6時過ぎに訪れた時は、まだ霧が立ち込めておりました。

霧越しに見る太陽は、月のようにも見えたのでございます。

既に若いススキが延びておりましたので、朝の月見かな・・・などと思いつつ^^;

眼下に広がる幻想的な風景を楽しんでおりました♪

k5_74355_r

k5_74369_r

k5_74371_r

k5_74360_r

k5_74366_r

k5_74378_r

k5_74375_r

数日雨が続いておりました。

気温も下がり、前日の最高気温は長岡市で確か23℃程度でした。

この日の天気予報は晴れ・・・これは霧が望めるぞ~♪ と思い、前日からカメラの準備をしておりました。

思った通り、小千谷市以南方面の山沿いでは霧が立ち込めました。

が・・思った以上の濃霧で、面食らいました^^;


振り返れば秋がいる

2016年9月24日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

K5_74527_R

K5_74525_R

K5_74529_R

8月の終わりごろ、越後の里山を見つめておりました。
桜の緑の葉っぱ越しに、これまた濃い緑に塗られたコシヒカリの田んぼが美しく。
でも・・・振り返ってみますと、もうススキがこんなに花を開き始めておりました。秋も、もうすぐなのだな~と実感するのでございます。
越後の夏は、とにかく短いのでございます^^;

 

さて、本日のタイトルは・・・なんだか聞き覚えがございますね^^;

はい、いつもの通りのパクリでございます^^;

「振り返れば奴がいる」

というドラマがございました。

織田裕二さんと石黒賢さんが共演された病院ドラマでございました。

脚本は、あの三谷幸喜さん!面白かったですね~♪

その主題歌は、CHAGE&ASKAさんの「YAH YAH YAH」でございました。ドラマと共に大ヒットした記憶がございます。”勇気だ愛だと 騒ぎ立てずに その気になればいい~♪”と言う歌詞が、実にカッコよく思ったのでございます。

という事で、いつものようにYouTubeのリンク↓を貼っておきますv^^

CHAGE&ASKA 「YAH YAH YAH」

 

ところで、CHAGEさんはPENTAXユーザーさんのようですね。という事で、ここでつながったのでございます~v^^

ASKAさんの事は・・・触れないでおきます~^^;


朝霧に濡れる里山

K5_74426_R

K5_74427_R

K5_74429_R

K5_74431_R

K5_74433_R

K5_74430_R

霧が晴れ往く田んぼを見つめておりました。

朝露を受けて、稲穂が輝いておりました。

越後駒ケ岳や八海山も、徐々に顔を見せ始めておりました。

濡れていた用水路の水門のハンドルも、乾き始めておりました。

気持ちの良い朝でございます♪

山の朝の訪れは遅いのですが、日が差し始めると一気に輝き始めます。

短く貴重なお天道様の恵みを一身に浴びて、稲穂も頭を垂れ始めておりました。


静まりゆく蝉時雨

2016年9月21日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

k5_74540_r

k5_74544_r

k5_74546_r

k5_74545_r

k5_74550_r

k5_74539_r

今年の8月の一時帰国でも、やはりここを訪れておりました。

南魚沼市にございます、雷土新田の祠でございます。

大きな欅の木があるのですが、夏には沢山の蝉が張り付き、鳴き止みません^^;

8月の終わりごろに訪れた時は、既にアブラゼミの声は聴かれず、ツクツクボーシに変わっておりました。

田んぼの稲穂も黄色くなって行っておりました。

夏が終わるな~と、実感していたのでございます。


渓流に潜むヒカリトカゲ

2016年9月20日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

渓流の白い流れを長秒で露光してみますとその流れがキャンバスとなって、差し込む木漏れ日が投映されます。

苔生した岩に落ちる木漏れ日も、また、美しく。

しかしながら、真夏の森の中、渓流に潜むヒカリトカゲはなかなかに手ごわいです^^;

K5_74458_R

K5_74451_R

K5_74442_R

K5_74464_R

K5_74469_R

K5_74474_R

明暗の差が激しく、光を受ける白い流れや岩肌、木の葉の描写を残そうとしますと、全体的にかなりアンダーとなります。木の幹の根元や岩陰は黒潰れしそうになります。

でも、露出を上げていくと、その白い流れなどはあっという間に白飛びしてしまいます。

実際、今日ご紹介した1,2,3,5枚目は、しっかりと白飛びしております^^;

それでも、K-5の平均測光で露出は―2~-3でした・・・^^;

日没後しばらくしてからの風景くらいの露出でございますね^^;

こういうシーンこそ、HDRを使うべきかもしれませんね。

K-5にもある機能でございましたが、その時思い浮かびませんでした^^;

HDRは殆ど使ったことがないんですよね~^^;

あまり、好みの描写にならなくて・・・^^;

まあ、ヒカリトカゲを狙うのであれば、HDRは不要でございますが~v^^


青の季節の十二神社

2016年9月19日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

K5_74434_R

K5_74435_R

こちらは越後駒ケ岳の麓、一番奥にございます小さな祠です。

十二神社と呼ばれます。

幣ブログでは幾度となくご紹介しております場所ですね^^;

もう、飽き飽きされてらっしゃるかもしれませんね^^;

8月終わりごろのこの場所は、空の青と山や木の青が眩しいのでございます。

このシーン、ほぼ同じ構図でバケペンでも撮影しましたが、6×7のフォーマットは縦に長い分、もう少し太陽の入り方が変わりました。個人的には、6×7が収まる風景だな~と思うのでございます。

さて、ここに到着した際に、バケペンは丁度フィルムの入れ替えのタイミングでございました。

フィルムはADOX CMS 20ⅡからNEOPAN ACORSに切り替えました。

ADOXはEI10で撮影しておりました。アクロスはEI100・・・。3段以上の差がございますね。

私、大馬鹿にも、感度をEI10にしたままアクロスで撮影してしまったのです^^;

ううう~、我ながら情けない!

でも!

驚くべきはアクロス!

今、丁度そのフィルムの現像を終えたところ(この記事を書いていたのは9/4の夕方です^^;)ですが、ネガを見る限りは、粘ってくれているようです!

アクロス様様でございますね~^^;

そして、私、実はそのバケペンでの撮影で、もう一つミスしておりました^^;

その時のお写真とミスの内容は、また後日改めてご紹介したいと思います。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。