PENTAX 67_4111-2_R

FA31mmF1.8 AL Limited

皐月の川辺で錆拾い

5月は、ボケパノの試行錯誤が始まった月でございました。

最初の頃は、ボケパノの効果を比較確認したくて、このFA31㎜も携帯して出ておりました。

ぷらな~85㎜でボケパノを撮って、31㎜と比較して見たかったのです。

結果を見ますと、比較するまでもないな~と思いまして、比較ネタは却下です~^^;

 

水辺は、錆物の宝庫ですね。

自転車を少し走らせれば、すぐに錆モノに出会います。

6枚目は、錆ない素材ではございますが・・・^^;

5月の川辺で拾った錆物を、集めてみました♪


祠を彩る枯れ紫陽花

枯れ紫陽花に彩?!

しかもモノクロームで彩?!!!

という、お怒りはごもっともです^^;

既に2017年式の紫陽花も旬を過ぎようかというこの時期に、2016年式の紫陽花の枯れ姿でございます^^;

 

日本では神社などで、よく紫陽花を見かけます。

こちらも、長岡市は越路町にある小さな祠でございます。

今頃は、美しい花を咲かせていることでしょう♪

そんな場所に、4月の始めに連れられて行く息子・・・。

おとーちゃんの、変な趣味に付き合わされるのも、大変なのでございます~^^;


青空の下

 

4月の越後には、青空が広がっておりました。

雨が上がりの空は、その青がより一層深くなるような気がしました。

そんな青空の下、長岡市の大口では、ゆっくりと、今年の蓮畑の準備が進んでおりました。

青空を映す水面が、印象的だったのでございます~♪


雨上がりに錆栄える春の蓮畑

先日もケロちゃんのお写真をご紹介いたしました、長岡市大口の蓮畑でございます。

4月前半に訪れた際には、苗代を終えた水田のような、蓮畑(田)が空を映しておりました。

この前日は雨でございました。

翌日の朝方まで降り続いておりましたが、お昼を前に晴れ間が見えてまいりました。

しめしめと、ここを訪れたのでございますv^^

もう種レンコンが植えらえたのか?

はたまたこれから植えられるのか?

といった状況でございました。

足元は薄っすらと緑が芽生え始め、小さな花も咲き始めておりました。

雨の後の各種錆物も、青空に照らされ始めて良い色に染まっておりました♪


うごめく雲海

先日は、夜明け前の雲海のご様子を断片的にご紹介いたしました。

本日は、その続きでございます♪

太陽が昇りますと、雲海はだんだん薄れていきます。

しかし、太陽の光を浴びて、その表情はより立体的になります。

見ておりますと、どの表情も魅力的なので、同じようなカットを何枚も量産してしまいます^^;

変化の様子をご覧頂くために、時系列で並べてみました。

1~5枚目: FA31㎜ Limited

6~13枚目:DA★55㎜

 

雲海の下は、まだ日の光が届きませんので、かなり暗いです。

一方で、雲海の上はお日様を浴びて、真っ白です。

輝度差が激しく、非常に広いダイナミックレンジを求められますが、けーいちくんは苦も無くやってくれるので、有り難いのでございます♪

この時は、フィルムを持って出なかったのですが、十二分に仕事をしてくれました。

でも・・・本当は、「なぜフィルム機も持って出なかったのだ~!」と激しく後悔したのでございます~^^;


移ろう花の季節

K_1P2991_R

K_1P3005_R

K_1P3002_R

K_1P3100_R

K_1P2993_R

K_1P2997_R

K_1P2998_R

こちらは、一時帰国の際にはいつも寄らせて頂いております、長岡市は大口にあるレンコン畑です。

え?どこにレンコン畑が?

・・・はい^^;

そのレンコン畑の傍にある、小さな祠でございます♪

この祠の狛犬さんは、両側に二体づつ、計4体いらっしゃいます。

「あ・うん」が二体づつ・・・という事で、「ああ、うんうん」

などとくだらないダジャレは放って置きまして^^;

その狛犬さんの足元には、水仙が咲き始めておりました。

時は、4月・・・春の頃でございます。

K_1P2987_R

K_1P3007_R

K_1P3078_R

K_1P3079_R

K_1P3084_R

K_1P3072_R

去年のアジサイは、殆ど頭を落としておりました。

そして新芽が顔をのぞかせておりました。

椿も、多くは地面を染めておりました。

山茶花の花びらも、足元に目立ち始めておりました。

梅の花は、丁度見頃・・・あるいは少し過ぎと言った様子です。

 

この時、ここを訪れた理由はこれでございました・・・。

「まだ、少し早いかな?」と、淡い期待を寄せつつ。

K_1P3097_R

でも、やっぱり少し早かったようです。

桜の蕾が、今か今かとその時を待っておりました。


野山を彩る山野草

K_1P2530_R

K_1P2531_R

K_1P2533_R

K_1P2547_R

K_1P2540_R

K_1P2561_R

K_1P2564_R

K_1P2601_R

K_1P2599_R

K_1P2614_R

K_1P2583_R

K_1P2581_R

K_1P2589_R

K_1P2584_R

K_1P2585_R

先日ご紹介しました、長岡市 巴が丘自然公園です。

これまで、一度も足を踏み入れたことが無かった、まさに灯台下暗しな公園でございました^^;

丁度、山野草が咲き始めておりました。

ミズバショウ、ショウジョウバカマ、キクザキイチゲ、カタクリ・・・越後の野山ではよく見られる山野草です。

驚いたのは、後半にご紹介しておりますミスミソウ・・・所謂雪割草です。

雪椿の足元に、固まって咲いておりました。

恐らく植樹されたものと思われます。

まさか、ここで雪割草を見るとは。

驚きの連続であった巴が丘自然公園なのでございました~^^;


吊り橋のある山野草公園

K_1P2528_R

K_1P2591_R

K_1P2590_R

K_1P2556_R

K_1P2565_R

K_1P2568_R

K_1P2574_R

K_1P2616_R

K_1P2611_R

K_1P2608_R

K_1P2612_R

K_1P2529_R

K_1P2621_R

昨日ご紹介しました吊り橋の下には、小さな池や川が流れ、公園のようになっておりました。

丁度山野草が咲き始めておりました。

長岡市越路のもみじ園の少し奥になるのですが、今回初めて存在を知りました。

余り人が訪れている様子は見られませんでした。

まだ雪解け直後であるからかもしれません。

ただ、管理されてらっしゃる方と思しき二人組を見かけましたので、やは公園なのでしょう。

後で調べてみますと、「長岡市 巴が丘自然公園」というそうです。

蛍の鑑賞も出来るとか・・・

知らなかった~^^;;;

まさに灯台下暗しなのでございます~^^;

さて、山野草のご紹介は、また後日改めまして~^^;


春の光を満喫するお蛇口さま

K_1P2515_R

K_1P2517_R

K_1P2519_R

K_1P2520_R

K_1P2523_R

K_1P2521_R

K_1P2524_R

K_1P2526_R

K_1P2527_R

4月の長岡市の小さな公園では、まだ春の光を楽しむ子供の声は聞こえて来ませんでした。

ゲートボールを練習される男性がお一人・・・でした^^;

このお蛇口様も、初夏の今ともなれば、大忙しかもしれませんね♪

この時は、来るべく繁忙期に備えて、春の光を楽しんでいたようでございます。

お蛇口様・・・と言えば、黒顔羊さん^^;

こうして、また、堂々とリーパクするのでございます~^^;

もうリーパク王子と呼んでくださいませ~(汗)

あ・・・リーパクオヤジだろって?(爆)

 


早春の枯味彩

もう6月です。

そろそろ紫陽花のお便りも聞こえてくる季節です。

という事で、弊ブログでも珍しく季節に合わせてアジサイを~♪

って・・・2016年型枯れアジサイです^^;

長岡市のとある小さな公園で見つけた枯れアジサイです。

アジサイは、漢字では紫陽花と書きますが・・・既に紫色は失っておりました。

でも、味わい深い彩を感じるのでございます。

K_1P2498_R

K_1P2500_R

K_1P2499_R

K_1P2495_R

K_1P2505_R

K_1P2502_R

K_1P2510_R

K_1P2503_R

K_1P2512_R

K_1P2506_R

K_1P2508_R

K_1P2493_R

雪の季節を越して、完全に色素を失ったアジサイのテクスチャに惚れ惚れするのでございます。

早春の越後の公園は、まだまだ冬枯れの雰囲気に包まれていたのでございます♪

さて、今日のポストプロセスですが随分前にGucciさんに教えて頂いた、PH Fade AwayというLightroom用のプリセットです。少し明瞭度を下げて使用しております。

久々に使いました。

青い空が残って、独特の雰囲気になりました。

Gucciさん・・・元気かな~^^;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。