PENTAX 67_4111-2_R

FA77mmF1.8 Limited

薔薇の季節は巡って・・・

PENTAX MX_2995_R

PENTAX MX_2993_R

薔薇の季節は巡って・・・

薔薇の季節は巡って・・・

既に皆様お察しのことと思いますが・・・

はい、これも秋の薔薇ではございません^^;

今年の5月~6月は、いつになく薔薇を撮っていたような気がします。こちらでも、何度かご紹介いたしました。

今日の薔薇も、その頃に撮影しました^^;

でも、秋の薔薇をイメージしまして、あまり華やかでない写真を選んでみました♪

こちらでも、ちらほら咲いているのを見かけるようになりました。

でも、初夏の頃の勢いや華やかさは感じませんね~。

秋の郷愁を漂わせた、気高さを感じます・・・

って、言いながら、出しているお写真は初夏の薔薇なのですから・・・

全く説得力がございません~^^;

失礼致しました~m(_ _)m


Vespaが並ぶ街

お!

Vespa発見♪

しかも、シルバーと黒の2台も!

ということで、もれなく撮らされるのでございます^^;

我ながらミーハーでございますv^^

PENTAX MX_3002_R

 

PENTAX MX_3003_R

Vespaが並ぶ街

Vespaが並ぶ街

オシャレなオープンカフェに、パラソル・・・そして背後にはルネサンス様式の建物・・・

はい、あれは一昨日ご紹介しました、旧ソウル駅舎です。

ここはソウル駅前の一画です。

若い人たちや、リーマン(兄弟ではございません^^;)が行き交う平日の午後でした。

え?平日の午後に、ソウル駅前で優雅に写真か~?!何遊んでんだ?!

ははは~^^; すみません~。

実は、この日は健康診断で来ておりました。

正直申しますと、一昨日のお写真は5月。そして、今日のお写真はそれから1ヵ月後の6月でした。

5月の健康診断の尿検査で、血尿の数値が高くて6月に再検査に訪れたのでございます。

私、学生時代から、尿検査では度々引っかかっておりました。疲れが溜まると出るのです。

でも、大体再診で問題なし・・・がこれまでの通例でした。

まあ、今回もそんなモノだろう・・・と思っていたら、再診でも同じ結果に。あれれ?いつもと違うな~^^;

血尿が出ている場合の病気について、インターネットでちょっとサーフしてみました。

膀胱炎、尿管結石、前立腺がん、膀胱がん・・・etc.

痛みや尿障害などの自覚症状は全く無でした。そうすると・・・逆に、がんの疑いが^^;

ただ、健康診断で、膀胱や前立腺のガンの診断(エコー)もしてもらっていて、そちらの結果はまあまあでした。

気になるのは、前立腺にのう胞がある・・・くらいでしょうか。

少し気になりましたので、8月に一時帰国した際に、赤十字病院で再々検査を受けました。

結果は・・・ガンの疑いは無さそうだが、何か問題があるらしいでした。

ここで、「何か」というのは、私は検査は受けたのですが、結果を待って聴く時間はございませんでしたので、代わりに妻に病院にいってもらい聞いてきてもらいました。

が・・・妻は、その病名(あるいは、問題の箇所の名前)が良く分からなかったようです^^;

肝心なところがぁ~^^;

でも、ガンの疑いはないと・・・。でも、早急に治療を始めた方が良いから、1ヶ月ご直ぐに来い。これが、病院からの通達でした。

う~ん、益々持って気になりますね~^^;

ただ、仕事で1ヵ月後(つまり9月)に帰国することは出来ません。

こちら、韓国で再々々検査を受けることに致しました^^;

おしりの穴に色々突っ込まれたり、お○ん○んを絞られたり・・・ありとあらゆる恥辱を経験し^^;

結果、ガンではなし。膀胱や尿管も問題なし。結石など無し。

前立腺ののう胞からわずかに出血が見られる。

ということでした。

ホッ、良かった~♪

と言うことで、数ヶ月の投薬治療で治るそうです。先日も、経過を診てもらうために病院に行きましたが、結果は良好との事。

これまで、医者に掛かるような病気など一切したことが無かったので、今回は少し焦りましたが、大きな問題ではなくて良かったです。

でも、だんだん無理が出来なくなってきているのだな~と、感じてきております。

5月の健康診断で、胃カメラも飲んだのですが、ポリープ発見→切除というのもありました。

しっかり食生活も見直して、普段から気をつけよう~!と、思ったのでございます。

良い経験になりました~v^^

皆様も、お体ご自愛くださいませ~♪


働き者の休日

外岩民族村は、実にのどかな農村でございました。

その農業は、最低限の機械化のみのようで、未だに田植えは手植えで行われているようでした。

逆にそれをイベントとして、田植え体験も出来るようです。

そんな静かな農村に欠かせない機械といえば、耕運機です♪

もう少し農地改革が進めば、もっと大型機械を導入できるのでしょうが、田んぼ一枚一枚が小さいので、導入しても意味がないのでしょうね~。

トラクターも、少し見かけましたが、いずれも小型でした。

その代わりに、耕運機は至るところで、見かけました♪

まるで越後の山奥の棚田のような雰囲気でございました。

丁度田植えを終えた後だったので、耕運機達も大仕事を終えて、しばしのお休み~、といったところでしょうか?

K5_68777_R

K5_68772_R

K5_68774_R

K5_68929_R

K5_68961_R

働き者の休日

働き者の休日

さて、昨日ご紹介したローラちゃんでのお写真の2枚目の背景ボケになっていたもの・・・

それは、この耕運機に引かれるリヤカーだったのでございますv^^

1~3枚目のリヤカーがそれです。

いずれも使い込まれて、ペンキがはがれ、溶接部からは錆が広がっておりました。

ん~、この風合い♪ この色♪ たまりませんね~♪

やっぱり、錆びた働く機械は美しい~!

と・・・またまたビョーキが出てしまうのでございます^^;

 

 

1~4、6枚目: SIGMA AF 20/1.8 EX DG ASPH RF

5枚目: FA77mm Limited

 

※7月31日から8月10日まで一時帰国致します~v^^

コメントなど、滞る事があるかもしれません。

予めお詫び申し上げます~m(_ _)m


控えめに主張する色

牙山市の外岩民族村は、石垣で囲まれた茅葺や瓦葺の家々で統一された印象の集落でした。

それはとてもモノクロームが似合う風景なのでございます♪
でも、そんな中にあって、少しだけ色を主張している者達もおりました^^;
折角なので、そんな彼らに色を着けてあげましたv^^

K5_68747_R

K5_68852_R

K5_68854_R

K5_68977_R

K5_68878_R

やはり茅葺の屋根の家屋が多くあるということで、消火栓は沢山見かけました。

やっぱり消火栓の赤は、その目的からして、主張しておりますねv^^

他にも・・・それぞれの家では、季節の花が植えられていて、私が訪れた時も目を楽しませてくれました。

まだ6月と言うのに、ちょっと気の早いコスモスまでおりました^^;

ここでは、秋になるとコスモス畑が出来るようです。

もし機会があれば、見に行ってみたいと思います~^o^/

 

1枚目: SIGMA AF20/1.8 EX DG ASPH RF

2,3,5枚目: FA43mm Limited

4枚目: FA77mm Limited


緑輝く水面鏡

私がここ外岩民族村に訪れましたのは、6月の初旬でございました。

田んぼは既に田植えを終えた状態でした。

明るい日差しの中、若い稲がすくすくと育っていっておりました。

先日もお話しましたが・・・^^;

私、水面鏡フェチでございますので、田植えを終えた田んぼの水面鏡は欠かせない被写体なのでございます♪

稲はまだまだ小さく、水面に映り込む像はくっきりと見え、その上で若々しい青の列がとてもアーティスティックだと思うのです。

水面に対する角度を変えて見ると、緑の濃淡を変えられて、それもまた面白いな~と思うのでございます♪

K5_69031_R

K5_69021_R

K5_69026_R

K5_69032_R

 

 

K5_69053_R

緑輝く水面鏡

緑輝く水面鏡

目の前に広がる水田を眺めますと、なんだかホッとしますね。

やっぱり農耕民族の血が流れているのでしょうかね~?^^;

そんな中にあって、ひなげしの花は実に毒々しく見えてしまいます^^;

このブラッドオレンジ色と言いますか・・・派手派手しい色もまた実に毒毒しいのでございます^^;

少し心がざわざわするような感覚・・・と言いますか^^;

これまであまりひなげしを撮ってこなかったのですが、この村にはあちらこちらに少しづつ咲いておりました。

それで何枚か撮らされたわけですが・・・ん~、やっぱりどうもこの花は苦手です^^;;;

 

1~4枚目: FA77mm Limited

5,6枚目: SIGMA AF20/1.8 EX DG ASPH RF

 


おとぎ話の村

今日からまた外岩民族村シリーズに戻りましょう~♪

先日御紹介致しましたが、この村は400年以上の歴史があるそうです。
古くから受け継がれてきた暮らしの様子を見ておりますと、「まんが日本昔ばなし」を思い出してしまいました^^;
子供のころ、毎回欠かさず見ていた番組でした。

あの市原悦子さんの語りが、とっても好きでした♪
そんなイメージで切取ってみました~。

K5_68959_R

K5_68960_R

K5_68955_R

K5_68953_R

K5_68945_R

おとぎ話の村

おとぎ話の村

FA77mm limitedは、言わずと知れたそのとろけるようなボケ味が個性のレンズですが、SIGMA AF20/1.8もなかなかどうして、いいボケしてくれます。

この20mm、最短撮影距離がとても短いので、かなり寄れます♪

絞り開放にして、ガッツリ寄れば広角と言えど背景はかなりボケますね~。

あ・・・もちろん、LRでのポストプロセスで、明瞭度スライダーを左にちょっと動かしてソフトフォーカス調にしておりますが、それはFA77の画も同じなんです。

残念ながら、APS-Cに付けて使っておりますので、20mmも換算30mmの画角になっておりますし、77mmは換算110mm位の画角になってしまっておりますので、ちと狭いですね~^^;
早く本来の画角で遊びたいのでございます~!
噂によりますと、長い間沈黙してきたPENATXがいよいよ今年の10月頃に135判のデジタル機を市場に投入すると言う事で、待ち遠しいのでございます♪
あ・・・でも、出ても直ぐには買わないと思いますが^^;

しばらく様子を見て、値段がこなれてきて、初期のバグが出てきた辺りで購入したいな~と思います。

とすると、今年の終わりか来年の頭か?

・・・そんなところでしょうかね~^^;

 

1~4枚目: FA77mm Limited

5,6枚目: SIGMA AF 20/1.8 EX DG ASPH


NostalgicなAnother World

今日は、牙山市の外岩民族村をデジタルでもダイジェストでお届けしたいと思います~♪

ここは日本の里山との共通点と相違点が入り混じった、まさにパラレルワールドな空間でございました。

そんな不思議な風景を、久々のNostalgic Rustで表現してみました~。

K5_68708_R

K5_68710_R

K5_68723_R

K5_68731_R

K5_68734_R

K5_68728_R

K5_68765_R

K5_68789_R

K5_68756_R

K5_68792_R

K5_68874_R

K5_68967_R

K5_68971_R

NostalgicなAnother World

NostalgicなAnother World

田んぼやレンコン畑、畦道に咲く草花など、日本でも見かけるものですね~。

越後でもよく見る光景です♪

でも、建造物の感じは、やっぱり明らかに違います。

瓦屋根も茅葺屋根も、日本とは違いますね~。

まさしくパラレルワールドなのでございます。

この外岩民族村は、季節それぞれの風景を楽しめそうな場所でございました。

冬、雪が積もった様子など、美しいだろうな~と思いました。

また、是非訪れたいと思います♪

 

1~7、9枚目: Sigma AF20/1.8 EX DG ASPH RF

8、10,11枚目: FA43mm Limited

12~14枚目: Fa77mm Limited

 


揺れる水面に落ちる影

何度も登場の釜山港・・・

あと、もう少し在庫がございまして~・・・^^;

 

本日は水面に映る光と影を集めてみました。

この撮影の時間帯は、丁度お昼頃でした。

トップライト真っ只中・・・一番苦手な光でございます^^;

でも、海はいいですね~♪

空の光を反射して、揺れる水面が楽しい模様を描いてくれるのでございます。

そして、水面に反射した光を受ける船体もまた、美しいのでございます~。

PENTAX MX_2850_R

PENTAX MX_2848_R

PENTAX MX_2858_R

PENTAX MX_2861-2_R

揺れる水面に落ちる影

揺れる水面に落ちる影

 水面鏡は、実像で見る景色を様々に変えてくれる素敵な被写体ですね~♪

池や湖のような静水にくっきりと映り込む反射像はもちろんフォトジェニックなのですが、海や川のように揺れる水面に映る反射像もまた、少し抽象画のような雰囲気で好きなのでございます。

私は、水面鏡が好きで、見つけたら必ず撮らされます^^;

海、川、湖、池、水田、水溜り、水滴・・・私の写真ではとても登場率の高い被写体でございます~^^;

水面鏡フェチって・・・あるのでしょうかね~?^^;


光住む廃屋の哀愁

2015年7月10日FA77mmF1.8 Limited,K-5,サビ系

昨日、ローライでのお写真を御紹介致しました、1軒の廃屋を御紹介したいと思います。

ここ牙山市の外岩民族村は、市で保護されて観光地として管理されておりますので、補助金などもあるのではないかな~?と思っております。

それは、こちらで暮らす方々の生活や建物の維持に使用されているのでは?と思います。

ただ、こちらにいらっしゃる方々の高齢化は進んでいるようです。

その為、中にはこのお宅のように主を失う事も・・・。

門戸は開いたままで、朽ちて行っておりました。

中を少し覗かせて頂きましたが、僅かに生活の跡が残っておりました。

それが、更に郷愁を誘うのでございます。

K5_68996_R

K5_69002_R

K5_69018_R

K5_69008_R

K5_69011_R

K5_69014_R

K5_69009_R

K5_69013_R

K5_69010_R

K5_69005_R

光住む廃屋の哀愁

光住む廃屋の哀愁

 西に傾いた午後の光が、荒廃していく家屋を克明に描いておりました。

主を失った家の荒廃は、実に早いのでございます。

次の主となった草や蔦が、その存在を主張しておりました。

レンズのゴーストが虹色となって現れました(10枚目)・・・。これはもしかして?!

う~ん、デジタルでもヤバイ物を撮ってしまったのか?!

ま、霊感ゼロの私ですから、それはありえませんね^^;

考えないでおきましょう~^^;;;


強面の集団

タグボートの群れに魅せられてこの場所にやってきて、気付いたら3時間以上撮影しておりました^^;

お陰で、その日に詰めた135判のロール1本と、120のロール1本を撮り切ってしまいました^^;

この場所には、日陰になるような建物が全く無くて、その場でフィルム交換する事もできず・・・。

結局フィルム切れで撮影続行を諦めました。

デジタルも持ってくれば良かったかな~・・・?^^;

と・・・実は、そうは思わなかったんです^^;

フィルムカウンターの番号が進むにつれて、シャッター切る指にも熱がこもって来ます。

本当にこれを切るのか?

この設定で間違いないのか?

構図はこれでいいのだな?

他のアングルも見たほうがいいのじゃないか?

フォーカシングは間違いないのか?

フレーミング、本当にこれでいいのか?!

と、集中力が高まってきます。

これです♪

これがフィルムのもうひとつの楽しみ~♪

この緊張感がたまらないのでございます!

PENTAX MX_2842-3_R

PENTAX MX_2844_R

PENTAX MX_2859_R

PENTAX MX_2852_R

PENTAX MX_2851_R

PENTAX MX_2845_R

PENTAX MX_2847_R

強面の集団

 まあ・・・デジタルでも同じような気概でシャッターを切れれば良いのですが、私、根がアマちゃんなので、デジタルだと少々緊張感が足りない写真ばかりになってしまいます^^;

さて、5枚目の数字「23」はシャレでございます^^;

かの有名な神と呼ばれる元NBAプレーヤー♪

私の本名を御存知の方は、もうお察しかとv^^

 

1,2,4~7枚目:FA31mm Limited

3枚目:FA77mm Limited


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。