PENTAX 67_4111-2_R

K-7

ドイツ出張はコレで決まり!

2013年7月20日FA77mmF1.8 Limited,K-7

私、本日(土曜日)から出張でドイツに行ってまいります~。

最初、しばらくは、ブログのアップなど出来なくなってしまうかもしれません。すみません~。

とか、言いながら、嬉しくなってどんどんアップするかも・・・しれません~(汗)。

さて、ドイツへ持っていくカメラとレンズ・・・どれにしようかな~?と考えておりましたが、決めました!

それは~・・・

K7_159641

「出張セット」

こちらです~!

フィルム機1台と、デジタルAPS-C1台に、単焦点レンズが3本。

実は、先日の米沢や、筑波、厚木などへの出張にもこのセットを持って行っておりました~。私の中の、出張セットです~(K-5がK-7になる時もございます・・・)。

うまく組み合わせれば、35mm換算で、

31、43、47、65、85、128mm

と、広角~望遠までをカバーできます!なかなか使える単焦点セット!

しかも、いずれのレンズも写りはゴキゲン!!!

K7_159651

「メインの誇り」

で、メイン機はもちろんこちら!MXです~。旅行にぴったりなプレミアムスモールの実力!

K7_159731

「スーパーサブ!」

で、サブがK-5です。万能機ですので、ある意味スーパーサブですね(笑)。

K7_159801

「フィルム群」

フィルムの用意は、こんな感じです。

Fujiから、NEPAN100Acros、Provia100F、Provia400X(コレ一度使ってみたかったんです~・・・笑)。

Kodakから、Ektar100、Tri-X 400。

合計、9本!

多分・・・足りるでしょう(汗)。足りなかったら、現地調達です!

さて、行き先なのですが、ドイツのレーゲンスブルグ(Regensburg)というところで、ミュンヘンの北140kmほどのところにある古い町です。ドナウ川沿いにある美しい街で、唯一第二次大戦で戦火を免れた街らしく、町自体が世界遺産だそうです。

楽しみなんでございます~!

・・・あ、あくまでも、仕事なので・・・(滝汗)。

さて、最後に、今日お届けしたお写真は、K-7+FA77mm Limitedの7コンビで撮りました~。

最近、MXの出現で、フィルムライクな描写が売りのK-7はちょっとなりを潜めております。今回のドイツへもお留守番です。

一方、三姉妹の次女FA77もお留守番です。他の姉妹はドイツへ行くのに~・・・と泣いておりました。最近、日本生まれのドイツ人であるプラナ~さんが我が家にやって来て、とんと出番が少なくなってしまいました~。なので、今回使ってあげました~(笑)。

それでは、皆様。

しばし(?)のお別れです~!

P.S. オフ会へのご参加、常時受け付けておりますので~!

詳しくは、こちら↓まで~!

/files/2013/07/in_7b35.html


上杉伯爵邸のお庭

昨日、一昨日とお届けいたしました、米沢市 上杉神社のお堀の脇に上杉伯爵邸というところがございます。

こちら、明治時代に上杉家の邸宅として建てられたそうですが、一度焼失して、大正に再建されたそうです。

詳しくは、こちら↓をどうぞ。

http://hakusyakutei.jp/about.html

で、今は?と申しますと、一般に開放されてレストランとなっております。

お値段が少々張りまして(汗)、出張で単身で来ている私にはとても入れるところではございませんでした。でも、そのお庭は誰でも入れるようになっておりまして、遠慮なく(笑)入って撮らせて頂きました~。

K7_15610

「上杉伯爵邸入門」 FA31mm Limited

入り口の門は、このようにとても立派な物でした。ちょっと入るのを躊躇してしまうほどです(笑)。でも開いた門から見える中の庭は、緑で溢れており、写欲をそそってやみませんでした~(汗)。

この時、丁度3人の方がお店に入ろうとされておりました。軽く会釈して、、撮らせて頂きました~(汗)。

K7_15552

「一陣の風」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

建物の入り口には、陣幕が張ってありました。この家紋、上杉家の家紋ですね~。

丁度、心地よい風がその陣幕を揺らしておりました。気持ちよい、初夏の風でした。

K7_155872

「和の和み」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらのお庭の一角に、ちょっと腰を下ろせる東屋がございました。丸い窓が、何ともフォトジェニックでございます。

こういう、訪れた人々の心を和ませる趣向を見ると、うれしくなりますね~。

K7_155982

「愛の兜」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

このかぶとの折り紙、あの直江兼継公の兜を模した物ですね~。

実は、ホテルから上杉神社まで来る時にタクシーを利用したのですが、その運転手の方が下さいました。観光客に渡しているそうです。

心温まるお土産になりますよね~。

K7_15603

「MXポートレート♪」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

さて、上のかぶとと同じところに、MX君を置いてみました~(笑)。

こういうフォトジェニックな場所でのポートレート(?)、撮って置きたくなるんですよね~(汗)。

K7_15593

「涼をめでる」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

この東屋のすぐ脇に、こんな物を発見!

獅子脅しではないのですが、竹筒に水が通され、石の鉢を水受けにしてありました。

東屋に座る人の目を楽しませるための趣向でしょうか?ありがたいですね~。

K7_15556

「エイリアン2(笑)」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

先日、フィルムでご紹介したエイリアンですね。これを見つけたのが、この上杉伯爵邸のお庭の一角でした。デジタルでもしっかり撮っておりました~。

こちらは、LR4のモノクロプリセット、セレン調にしてみました。

K7_15560

「エイリアン3(爆)」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

APS-Cに85mmを付けて撮ると、迫力満点ですね!

その凄みを引き出すために、こちらのポスト現像は、同じくLR4のモノクロプリセット、白黒スタイル3です。

ん~、どこからどう見てもエイリアンです(滝汗)!

K7_15614_2

「外から入る御手洗」 FA31mm Limited

これ、見つけたときに、ちょっとん?と思って撮ってみました(汗)。上杉伯爵邸の長く続く塀が凄いな~と思っていたら、小さな戸がありまして・・・。そこに書いてあるのは、「御手洗」。

なぜ?

どうして外から直接お手洗いに入れるのかな?

で、戸を開けようとしたのですが、開きませんでした~(汗)。鍵が掛かっていたようです・・・。

コレ、外で急に用をたしたくなった人のためでしょうかね?

米沢七不思議なんでございます~。

(七つもねーじゃん!・・・というお叱りのお言葉、しかと受け取りました~(爆))


上杉神社で見つけた花

昨日に続きまして、米沢市 上杉神社でのスナップをお届けいたします~。

今日は、その上杉神社で見つけた花に着目してみようと思います。

万物に神を見出す日本では、ありとあらゆる場所に神が宿っているのでしょう。その場所、場所で四季の草花が植えられていて楽しいですね。

普段良く目にする花でさえ、神社で見ると神々しく見えるのは・・・私が影響を受けやすい人間だからだろうな~(汗)。

K7_15477

「緑の池」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

手水舎のすぐ脇に池がありました。

睡蓮の葉っぱがびっしりと浮いており、所々に小さく清楚な花が咲いておりました。

K7_15482

「神々しき姿」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらも睡蓮です。

真っ白い睡蓮の花って、神々しいですね~。

この場所が、そう思わせるのでしょうかね・・・?

K7_15518

「可憐な出で立ち」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらの薔薇、先日フィルムで撮ったお写真で一輪咲きとしてご紹介した物です。

本当は、こういう可憐な感じに咲いておりました。印象がガラリと変わります。

K7_15524

「昨夜の雨」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらも同じくフィルム写真でもご紹介しました。

デジタルですと、もっと艶が出てきますね。ただこの滑らかさがちょっと不自然に感じるのは・・・私だけ(汗)?

K7_15538

「小川のほとりの雅」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

上杉神社の敷地内の池と池を繋ぐように、小さな川が流れておりました。その脇に、一輪だけ花菖蒲が咲いておりました。既に時期を過ぎてしまっていたようです。

最後の一輪が、雅な雰囲気を作り出してくれておりました。


米沢市 上杉神社

さて、ようやく米沢スナップに戻ってこれました~(汗)。

前回は街のスナップ松岬神社の手水舎のお写真をご紹介しました。今回は、米沢市観光の大本命と言ってよいかと思います。上杉神社でございます~!

上杉神社、なかなか見所満載でございましたので、何回かに分けてお届けしようと思います。

第1回目の今日は、上杉神社の見所をストレートに(?)お届けいたします。

K7_15440

「米沢城入り口」 FA31mm Limited

上杉神社は米沢城址内にございます。こちらはその入り口です。

私が訪れたのは、日曜日だったのですが、さすがに多くの観光客で賑わっておりました~。

K7_15441

「足元の章」 FA31mm Limited

このマンホールの蓋は、中央に米沢市の市章、その周りにアズマシャクナゲがあしらわれております。この花は米沢市の花だそうです。

K7_15439

「木陰で小休止」 FA31mm Limited

この日はとても暑くって、人力車を利用しようという人も見かけませんでした~(汗)。

おじさんも、ずっと木陰で休んでらっしゃいました。

K7_15456

「謙信公」 FA31mm Limited

背景に見えるのが、上杉謙信公の銅像です。ご存知、上越 春日山城の城主ですが、謙信亡き後、景勝があとを継ぎましたが、関が原の合戦で西(豊臣)側に付いた景勝は減石されて米沢に移ってきました。

新潟県と米沢市、上杉で繋がっております~。

K7_15462

「上杉神社」 FA31mm Limited

こちらが、米沢城の本丸跡に建てられた上杉神社です。謙信公が祀られております。

決して派手さは無いのですが、立派な建物です。落ち着いた雰囲気が好印象でした。

堅実で質素な上杉らしいな~、と思いました。

K7_15547

「鷹山公」 FA31mm Limited

・・・の後姿です~(汗)。

私、主役を背景にしてしまうんですね~。なぜかな~。

多分、天邪鬼なんですね~(滝汗)!

K7_15468

 

「やさしく迎える鬼瓦」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらは手水舎の屋根です。手水舎は・・・ちょっと撮る気になれない雰囲気だったので(汗)、代わりに屋根を撮りました。

銅葺きの屋根がいい色になっておりました~。

K7_15513

「金具」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

格子塀の金具、こちらも銅の金具かな?緑青が出ていい色ですね。

K7_15532

「参道脇の木陰」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

参道脇をふと見ると、ちょっと気になる木陰がありました。

なんとなく撮っちゃうんですよね~、こういうの。

K7_15503

「大切な願い」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

とてもうれしい気持ちになる絵馬を見つけました。

これを見て、笑顔がこぼれない人はいないと思うんです・・・

そんな力を感じる願いでございました!

ストレートにと言いながら・・・なんだか、側面ばかりの切り取りになってしまいました~(汗)

明るい日差しの中に輝く緑が印象的でした~!


山で見つけた小宇宙

2013年7月13日K-7,smc PENTAX M 100mmF4 Macro

今日のお写真も1ヶ月以上前に撮った物でして・・・(汗)。

ただ、あまり季節感のない写真なので、ま、いっかな~ということで、ご紹介しようと思います!

まずはレンズなのですが、smcPENTAX-M 100mm F4 Macroというレンズで撮りました~。

実はこのレンズ、ricky007さんから頂いた物なんです~!これ以外にも、他にもMレンズをたくさん頂きまして、感謝感激なんです~!

ricky007さん、ここに改めまして、ありがとうございます!

ただ、まだ他のレンズを、まともに試写出来ていなくて・・・(汗)。

さて、今日ご紹介しますのは、山で見つけた小宇宙です~。

小宇宙・・・???

まずは、お写真、ご紹介します。

K7_15046_2

「越後のオーロラ???」

完全にアウトフォーカスのボケボケ写真からです~!

あ、これ、七色の色を強調したくて、ピントを外しております!決して、レンズが悪いわけではございません!!!

さて、コレ、何でしょう・・・?

K7_15103 

「蜘蛛の巣の彩」

ピントを合わせていきますと・・・こうなります。

ハイ、蜘蛛の巣ですね~!

朝日を浴びて、蜘蛛の巣が綺麗に輝いておりました~。

K7_15064

「小宇宙」

家主を見ると、はい、女郎蜘蛛の子供・・・でしょうかね?

このレンズ、開放F値は4.0ですが、しっかり切れるんですね~!玉ボケもきれいでございます!PENTAXのマクロレンズは、共通してボケ味が美しいな~と思います!

この時AWBで撮っていたのですが、この写真はちょっと青に転んだようです。でも、それが、逆に宇宙らしい雰囲気を出しているような・・・

K7_15092

「Galaxy1」

そこで、この写真はWBを青に傾けて、更にマゼンダをちょっと増してみました~。

なかなか宇宙らしい・・・?

K7_15099

「Galaxy2」

もう1枚、同じようにWBを青に寄せてみました。

さて、この蜘蛛の巣、どういう場所にあったか?といいますと・・・

K7_15030

「山際の小さな宇宙」 FA31mm Limited

ここですね~・・・

って、ん?これは何でしょう?

K7_15023

「オフシーズン」 FA31mm Limited

最後の2枚は、FA31mm Limitedで撮りました。

ここは、いつもご紹介する魚沼市小出の市営スキー場です。冬場大忙しの圧雪車も、今はしばし休憩中です~。

上でご紹介した蜘蛛の巣は、この圧雪車の影で見つけました。

さらにこれは、LR4用のダウンロードしたモノクロプリセット、Fujichrom NEOPAN100です。先日film-gasolineさんにご紹介してもらったプリセットですね~。

諧調豊かな光の描写ながら、しっかりとコントラストが出る描写がたまりません。でも、本当は、フィルムで撮るのが一番かな・・・?


影が伸びる田園風景

2013年7月7日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-7

雨が降り続いております~。梅雨真っ只中ですね!

なかなか気持ちよくバケペンを持って出かけられません~(涙)。

こんな日は、気持ちよく晴れた日に撮ってきた写真などでも眺めましょうか~(笑)!

ということで、晴れた午後の田園風景をお届けいたします。

先日お届けした駒ヶ岳の棚田の風景を撮った時に、更に西日が傾くのを待っておりました。

影がどんどん伸びてきて、西日に輝く水田がとても綺麗でした。早速参りましょう~!

K7_15318

「西日差す谷の水田」

越後駒ケ岳へ向かう道中に見られる光景です。冬の雪に覆われた光景のお写真はご紹介したのですが、雪が溶け、田んぼに水が張られると、その光景は一変します。なんとものどかな田園風景が広がっておりました~。

K7_15306

「西日に輝く夏草」

田んぼの脇には、もうびっしりと夏草が生い茂っております。その草が西日を浴びて輝いておりました~。

K7_15323

「影が伸びる田園風景」

日がどんどん西に傾いてくると、木の影もどんどん伸びてきます。これ、冬も同じように伸びていたのかな~?夏の方が影が濃いように思うんです。やっぱりそれだけ日差しが強いのでしょうかね~?

K7_15343 

「夕暮れの里を望む」

この木は何の木でしょうね~?

大亀の木にも少し似ているのですが、花が散ってしまった後のようで、判別できませんね~。

とにかく(汗)、西日を浴びて綺麗だったので、撮らされてしまいました~(笑)!

K7_15352

「茂みから覗く水田」

西日に輝く田園風景を、茂みから覗いてみました~。

秘密の園・・・のイメージだったのですが、水田だとそんなお洒落な感じにはなりませんね~(汗)。

早く梅雨前線、どっか行ってくれないかな~・・・。


駒ケ岳の棚田に春が来た!

もう夏だと言うのに!今頃春かー?!

・・・と仰りたいお気持ちは、重々承知しております~(滝汗)。

でも、やっぱり越後の棚田の春は、田植えが来て始めて実感するのでございます~。

そんな春の水田をお届けしようと思います。

場所は、私の一番のお気に入りと言っても良いかも知れません。越後駒ケ岳の麓です。

ここの棚田に水が張られて、田植えがされるのを心待ちにしておりました。

K7_15333

「西日差す谷の春」 K-7+DA★16-50

駒ケ岳の麓の水田も、青々とした稲が植えられておりました。夕方になると、西日に輝く黄緑色の水田が、なんとも眩しく、美しい光景を見せてくれます。

背景に見える駒ケ岳からの、豊かな雪解け水を湛えて、水田は一気にコシヒカリを育んで行きます!

K7_15261_2

「恵みを受けて」 K-7+FA31mm Limited

このシーンは、ずっと撮りたかったんです~。水田を水面鏡で・・・と思ったら、APS-Cに31mmではちょっと短すぎました(汗)。20mmくらいがいいかもですね。

で、この時バケペンで・・・と当然のように思ったのですが、バケペンは残念ながらフィルム切れ・・・(涙)。ん~・・・計画性がまるで無しですね~・・・(滝汗)。

K5_40383

「緑萌える駒ケ岳」 K-5+SIGMA APO 50-150

柔らかな春の西日の中に、僅かな残雪を抱いた駒ケ岳を望んでみました。眩しいばかりの緑に包まれております。

この山、冬の間は厳格な父親のような、厳しい表情を見せるのですが、この時期はなんと温かく柔らかな表情を見せてくれるのでしょうか!厳しい山肌の面影はあるのですが、微笑んでいるようなやさしいお顔なんでございます。

K5_40307

「山際の春」 K-5+FA31mm Limited

駒ケ岳を望めるこの谷は、両側を高い山に挟まれて、なかなか日が届かない場所が多いです。その為、田植えの時期も他の場所に比べて遅いです。

そんな駒ケ岳の麓の山際にも、ようやく遅い春がやってきました~!

春が来た!・・・と思ったら、あっという間に初夏を迎えております。そして気付けば真夏になっていて、落ち着いた頃には秋がやってくるのかな~・・・。そんな短い越後の夏を謳歌するように、今は緑が萌えておりました。


心を洗う場所

2013年7月2日FA31mmF1.8 AL Limited,K-7

米沢市の中心部にある上杉神社。

ここは、米沢市観光のメインスポットとも言うべきところなのだと思います。その敷地内になるのですが、松岬(まつがさき)神社と言うのがあります。上杉鷹山をお祭りしている神社だそうです。上杉鷹山といえば、「生せば生る 成さねば生らぬ 何事も 生らぬは人の 生さぬ生りけり」という言葉を残したことで有名な方ですね。

さて、この松岬神社の手水舎がとても雰囲気がよかったので、撮ってみました。

ツツジがもう終わりかけていたのですが、初夏の日差しを浴びて美しく輝いておりました。

K7_15624

「松岬神社の手水舎」

ツツジと緑に囲まれて、なかなか雰囲気のよい、静けさが漂う手水舎でございます。

本家の上杉神社も見に行って何枚か撮っては見たのですが、変に豪勢で気持ちが萎えてしまいました~。

こちらの方が質素な感じで、数段いいな~と思いました。おまけに訪れていたのは、私だけ(笑)。もちろん、本家 上杉神社の方は多くの観光客で賑わっておりまして、写真を撮るのも一苦労でした~(汗)。

FA31の絞り開放で撮ってみたのですが、ちょっとピン位置を間違えておりますね~(汗)。

K7_15620

「水辺の彩」

すぐ脇には小さな池が作られており、周囲にはツツジが植えられておりました。

残念ながらツツジは終わり始めておりました。でも明るい日差しを浴びて、綺麗だったので、ボカして背景に入れて見ました。

この柄杓・・・本物の竹であれば最高だったのにな~。残念ながらプラスチック製でした・・・トホホ。

K7_15642

「心を洗うという心」

この手水鉢に、更ににじり寄って写真を撮っておりました。

すると、なにやら文字が刻んであるのに気付きました。

なになに、「洗心」・・・多分右から左へ読むと思うのですが・・・(汗)。

なるほど~!

手水舎はそういう場所なのですね~!この年になって、初めて知りました(汗)。

日本語って、美しいですね~。

K7_156243

「心を洗う場所」

最後にもう1枚。

これ、1枚目の写真をLR4でモノクロ現像した物です。

いつもこちらにコメントを下さる、film-gasolineさんに教えていただいたLR4のモノクロプリセット、NEOPAN100を適応してみました~!

ネオパンらしい、高諧調で繊細な描写を手軽に楽しめちゃうんです~!

film-gasolineさん、ありがとうございますー!

米沢スナップシリーズ、まだまだご紹介していない写真があるのですが、整理が進んでおりません~(滝汗)。おいおい、ご紹介して参ります~。


畦道の彩

皆さん

いつも温かいコメントを頂き、ありがとうございます!

最近、ちょっと遅くまでバタバタしておりまして、コメント返しが遅くなっております。

また、皆さんのブログにご訪問して、コメントを残すことも出来ておりません~(涙)。

すみません~!

時間できましたら、うかがいたいと思います!

さて、本日は、米沢出張編はお休みしまして(・・・というより、ポスト現像やエントリー作成が追いついておりません~涙)、越後の風景をお届けいたします~。

先日お届けいたしました雷土新田の夕景ですが、もう少し田んぼの方に目を向けておりました。今日は、その光景をお届けしようと思います。

晴れた日の日没直前、代満の水田には夕焼け空が映り込みます。そこに浮かぶ田植え直後の若い稲の列や畦道のシルエットはなかなか見応えがございます。昼間ではそれほど目に止まらない畦道ですが、大小の雑草の株が並んでいる様子は、綺麗にプランターに植えられた花を見るようです。なんでもない風景を、素敵な瞬間に変えてくれる夕景という背景は、最高のシチュエーションかもしれませんね~。

それでは、参ります~。

K7_15365

「畦草の輝く時」 K-7+DA★16-50

まもなく日没を迎える頃、水田の畦道がスポットライトを浴びたように浮かび上がってきました。そこにある雑草が、美しく輝き、存在感を示しておりました。

K5_45278

「影の畦道 光の畦草」 K-5+SIGMA APO50-150

水田の端っこの畦道はすでに影に覆われておりましたが、水田を仕切る細い畦道は光を浴びて、逆光の中にシルエットが強調されておりました。

K5_45295

「水田のシルエット」 K-5+SIGMA APO50-150

こういうシルエットは、水面鏡で更に楽しさを増してくれます。シルエットが浮かぶその背景の夕景の色合いが、とても美しく、いつみても飽きないですね~(笑)。

K5_45299

「畦道の彩」 K-5+SIGMA APO50-150

この色合いやグラデーションがあるだけで、画になりますね~。強い見方です!(笑)

K5_45303

「夕焼けに染まる稲の道」 K-5+SIGMA APO50-150

先日お届けした棚田の妙、の様な美しい曲線も、夕景で見ると更に美しさが際立ってまいります。

K5_45307

「黄金の代満」 K-5+SIGMA APO50-150

日が、まさに沈んだ瞬間に現れる美しい色合いを浴びる水田に、直線的な稲の列が印象的でした。緩やかなグラデーションと直線のコラボレーションもまた、なかなか乙なものですね~。他には何もいらないかもしれません。

夕方の水田・・・いつも私を楽しませてくれるありがたいフィールドなんでございます!


米沢の街並み

出張シリーズ 米沢編、第2弾でございます~!

出張で、合計1ヶ月くらい滞在しておりましたので、ちょこちょこと散歩に出ては撮り貯めておりました。そんなお写真をご紹介してまいりたいと思います。

本日は、その街並みをご紹介したいと思います。

街並みといっても、私が気になった建物ばかりを撮っておりましたので(汗)、ちょっと寂れた感じの独特な雰囲気の建物ばかりとなっております~。

なんとなくレトロな雰囲気が多かったので、ポスト現像はLR4のモノクロプリセット、アンティークを使ってみました。ちょっとフィルムライクな描写を求めてしまい(汗)、粒状感も増しております。

K7_15674

「昭和な佇まい」 FA43mm Limited

こちらのお店、漬物屋さんのようでした。周りには、コンビニやアパートが並んでいたのですが、このお店だけ、昭和レトロな雰囲気を醸し出しておりまして、思わず撮ってしまいました~。

米沢市・・・言わずと知れた旧城下町。有名なところでは、伊達政宗。そして上杉鷹山・・・などなど、著名な城主に統治された街でございました。

その面影は、一部では見受けることが出来ますが、今は、新旧が混在する街となっております。

K7_15677

「Sight (Site) of Base」 FA43mm Limited

上のお店とは一風変わって、こちらはかなりモダン・・・というより、まさに今風な趣向のお店ですね。左上のサイトアドレスが、妙に浮いておりました~(笑)

K7_157172

「写真屋の店先」 FA43mm Limited

こちら、米沢市街の繁華街の中で見つけた、古い写真屋さんの店先のショーケースです。

なかにはレトロなカメラが・・・。いずれも、見たことの無いような物ばかりでしたが、中判が結構置かれていたのには驚きました。ただ、値札も無かったので、売り物ではないようですね。店主の方の持ち物でしょうか・・・?

K7_15723

「鉄筋コンクリートの侘び寂び」 FA31mm Limited

こちらも何かの店舗だったようですが、既に看板なども取り払われて・・・。

鉄筋コンクリートの建物の寂び方って・・・異様に侘しさを感じるんですよね~・・・私だけ(汗)?

K7_15725

「開いてますか~???」 FA31mm Limited

さて、このお店・・・まだ営業しているのでしょうか?

多分・・・しているんだと思います~(汗)。

K7_15792

「タレント?」 FA31mm Limited

このお店・・・多分タレントと呼ぶんでしょうね~・・・。

こういう当て字の店名のスナックって、地方に多いように思うのは・・・やっぱり私だけ(汗)?

K7_15789

「開かずのシャッター」 FA31mm Limited

このシャッター、おそらくずいぶん長い間開いていないようです・・・。

蔦が3分の1ほど覆い尽くしておりました。すべて覆い尽くされるのも・・・時間の問題かもしれませんね~・・・。

K7_15790

「里山の小川のほとり?・・・ではなく駅前!」 FA31mm Limited

この一角だけ、雰囲気がちがいました。ここ、JR米沢駅前から徒歩数分の場所ですが、小川が流れていて、その脇に古い平屋建ての木造住宅が。裏庭?と思われる場所には樹が植わっていて、白いマーガレットが咲いておりました。

なんだか里山の風景を見ているようでした。

K7_15803

「古いホテルの店先」 FA31mm Limited

同じくJR米沢駅前に、かなり古いホテルがございます。

おとわや・・・というらしいです。この一角も、雰囲気は完全に昭和ですね~。

米沢市、なかなかフォトジェニックな街なんでございます~。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。