PENTAX 67_4111-2_R

Kodak EKTAR 100

ススキで繋がるご縁♪

昨年のクリスマス前、ある方から幣ブログにご連絡がありました。

tiyokoさまと名乗られてらっしゃいました。

私は、失礼なことに、最初スパムかと思っておりました。

大変失礼いたしましたm(_ _)m

普段お見えになりコメントを下さる皆様は、限られております。

大体が、私が訪れる他のブロガーさんのところから訪れてくださいますし、大凡お名前も分かっているのです。

まさかこんな超×100マイナーブログに新規のお客様が・・・などとは夢にも思っておりませんもので^^;

 

コメントをよく読んでみますと、tiyokoさまは豆本作家さんであると。

そして、私のお写真を豆本の表紙に採用して下さったと。

その豆本を販売したいと。

 

おおお~!

なんと光栄な!

私の稚拙な写真が本の表紙とは!夢にも思っておりませんでした。

もちろん、二つ返事でこちらからお願い致しました。

とっても素敵な豆本で、私も是非購入したいと思いました。

すると、tiyokoさまから送り届けられて来たのです。

imgp0003_r

imgp0006_r

imgp0008_r

imgp0013_r

imgp0011_r

imgp0014_r

可愛らしい和のテイストにあふれた包み紙にくるまれ。

取り出してみますと、手のひらサイズの小さな本が。

チェーンと刀のチャームが錆銀好みでいいですね~♪

芥川龍之介の羅生門と藪の中。

芥川龍之介、好きなのでございます。

tiyokoさま、とても素敵な豆本、本当にありがとうございます!

私の母も、小説が好きでして。

ちょっと遅くれましたが、クリスマスプレゼントとして、母に贈らせて頂きました♪

母も大変喜んでくれました。

 

この豆本は、minne(ミンネ)というハンドメイドマーケットで販売されております。

「豆本 チャーム付き」というキーワードを入力して「検索」すると出てまいります。

チャーム付き豆本 『羅生門』『藪の中』 」です。

ご興味のある方は、是非ご覧になってください。

 

さて、そのお写真はどんなお写真か?と言いますと。

まず、オリジナルはこんな↓感じです。

rolleiflex35c_1071-3_r

懐かしのKodak Ektar100での撮影でした。

これを、B&Wのモノクロームにコンバートしてブログではご紹介いたしました。

今回は・・・今ならこんなテイストにするかな?という事で、セレン調に仕上げてみました。

よくある、リマスター版とでも申しましょうか^^;

rolleiflex35c_1071-4_r

このお写真を撮影したのは、2013年10月頃でした。ブログ掲載は同年12月でした。

かつて所有しておりました、Rolleiflex 35Cでの撮影でした。レンズに曇りがあり、逆光ではフレアとコントラスト低下がご覧の通りでございました。

それでも、テッサーの切れ味は健在の良いカメラでございました。

 

大好きな越後三山の裾野に雲海が残り。

これまた大好きなススキが光を浴びて輝く。

このお写真をご採用頂いたという事で、感無量でございます!

右上に電線が入ってしまっていて、フレーミングも甘々で、構図ももっと工夫のしようがあるのですが・・・^^;

それでも、こうやって気に入ってくださる方がいらっしゃるというのは、アマチュア写真家冥利に尽きます。

写真とブログをやって来て、本当に良かったな~とつくづく実感するのでございます。

 

最後にもう一度、tiyokoさま。

本当に、ありがとうございますm(_ _)m


蔵出し♪ 望郷の流れ

"The Flow of the Nostalgia"

I have been in Korea for just two weeks. 

You might ask me, "why you get nostalgic so early!" 

Well, I have not got it yet…ha ha ha. 

As I looked at these photos after postporocess, this title came into my mind. 

These sceneries are from Shinano river in Echigo.  I put them together in a series but they were took in different time and place, and on different films. 

The first two photos are taken at Shiodono in Ojiya in the morning, and on Fuji NEOPAN100ACROS. 

The third and fourth photos are at Yamamotoyama-Kogen in Ojiya in the afternoon, and on Kodak EKTAR100. 

You may find the different tastes in these B&W images!  🙂

新作乏しく、本日も蔵出しにて失礼致します~(汗)。

先週末は、妻のご両親がソウルから訪れてくれまして、一緒に買い物やら、食事やら過ごさせて貰っておりました。それで、お写ん歩はまた少しだけになっておりました。

さてさて、気を取り直しまして!

韓国に来て、まだ数週間なのに、既に望郷の念か?!

と、お叱りを受けそうですが、写真の雰囲気がそんな感じになってしまいまして~(笑)。

このタイトルにしてしまいました。

でも、こちらのブログで越後のこういうシーンをお届けするのも、4年ほどはなくなってしまいます。そう考えますと、少し望郷の念も出てまいりますね・・・。

Pentax_mx_2270

Pentax_mx_2272

Pentax_mx_2243

Pentax_mx_2244

「望郷の流れ」

1、2枚目:
NEOPAN100 ACROS 自家現像:ミクロファイン 13min@21℃

3、4枚目:Kodak Ektar100

皆様、騙されてはいけません(笑)!

この一連の4枚、B&Wで統一されておりますが・・・上記の通りフィルムが違います!

そうです、3、4枚目はネガカラーであるエクター100のモノクロコンバートです~!

実は撮影日時も違います。上の2枚は朝8~9時ごろ、下の2枚は夕方3~4時ごろ・・・だったかと思います。光の感じが違いますね。

撮影場所も微妙に違います。上が小千谷市塩殿、下が小千谷市山本山、ふれあいの里からだったと思います。

ちなみにレンズはFA77mmに統一してあります~(汗)。

富士とコダックの、異色コラボなのでございます~(笑)!


真紅のバラは色付きで♪

"The Colored Roses"

I introduced monochrome photos of a small garden of roses in the Kline Garten of Ojiya on the other day.

Today I am showing the roses in color. 

I guess roses would be able to describe in color better. 

I had a film of Kodak Ektar100.  This film can describe the color of red very impressive.  It is like oil paintings. 

I was impressed with these roses in color… 🙂

Pentax_mx_2235

Pentax_mx_2239

Pentax_mx_2238

Pentax_mx_2237

Pentax_mx_2240

Kodak Ektar100

先日ご紹介いたしました、小千谷市クラインガルテンふれあいの里の小さなバラ園の様子です。先日は、ローライにアクロスというモノクロVer.をご紹介しましたが、MXにはアクターを詰めておりました。そうです、あの赤が特徴的なカラーネガです!

バラの赤を表現するには、ぴったりのフィルムかも知れません。

特に日の当たったバラの赤みは、強烈です。PENTAXのデジタルでは、かなり彩度を落とさないと容易に色飽和してしまいます。エクターは、さすがネガフィルムです。そんな強烈な色もしっかりと描ききってくれます。さらにLR4でこってりとした仕上がりにして見ました。

油彩画のような、深い色合いが印象に残ります。

やっぱりバラは、色があるとよりその存在感を際立たせますね~!

さて、韓国にきてまだホテル住まいの私ですが、現像の準備も整っておらず、しばらくは日本での蔵出し写真が続きます~(汗)。


家族の肖像 ~夢中~

"Family Portraits"

On the other day Mr. Black Face Sheep, one of our members of film-photo club, introduced a photographer, Mr. Araki, on his blog

I was so much affected by the story that Mr. Araki took many photos of his wife while she was struggling against cancer. 

Before then, I had mainly used degital cameras to take photos of my family, because it is more convenient and faster to response to each moment.  Plus, it is much quicker to share the photos on mobiles. 

But I have changed my mind. 

I decided to take more family portraits with films. 

Maybe, it is one of the reasons for this change that I am going to Korea very soon and am staying there for at least 4 years alone. 

Anyway, I have plenty of time to complete this mission.  It must be one of my life works. 

-1st shot: my wife oncentrating on makeup.

-2nd shot: my son crazy about TV prog., Shaun the Sheep.  🙂

Pentax_mx_2217

Pentax_mx_2220

「夢中になる人々」

1枚目・・・妻が化粧に夢中になる様子。

2枚目・・・息子がTVで羊のショーンに夢中になる様子。

そしてそんな二人をカメラで追うことに夢中のオヤジ・・・(爆)!

以前、黒顔羊さんがご紹介されてらっしゃいましたアラーキーこと荒木経惟氏の写真展のご様子を拝見して、感化されました(笑)。

荒木氏が、彼の奥様の闘病の記録を写真に残されていた、と聞いて私の中で考えが変わって来ました。

これまで、家族の写真はデジタルでのみ撮っておりました。たまに、フィルムに1~2枚だけ残っているという状況で使い切るために撮っていた・・・程度でした。デジタルの方が、失敗が効きますし、即写性に優れておりますし、撮影後も端末での共有などが容易です。

でも、もっとフィルムで積極的に撮っていこう、と思ったのです。

先日ご紹介した、親子の絆・・・も、そういった背景で撮ってみました。

私が、この7月の後半から4年の任期で韓国へ行く・・・と言うのも拍車をかけたのかも知れません。

まあ、まだまだ時間はたっぷりございますので、これからゆっくりと、ライフワークの一つとしてフィルムで撮ることを続けて生きたいと思います!

今回のフィルムはエクター100です。彩度をガッツリ落として、ダークは持ち上げながらシャドウを落として見ました。なんともいえない雰囲気になりました~。


Street Market

"Street Market"

Todays Photos are also from the snaps in Dalian in China. 

When I took for a walk around the hotel I stayed, I found a pedestrian’s street.  I could see many street stalls, selling vegitables, fruits, fish, sausages, hams, and so on.  I felt very familiar with them.  Because…

We have open air market on a street of the center of Nagaoka every Saturday.  I have one shot from the market at the bottom here. 

Telling you the truth, I was asking the ladies of the shop keepers to let me take photos of.  But they showed me their shame, I was not successful.  Maybe I will try it again next time.  🙂

Pentax_mx_2116

Pentax_mx_2113

Pentax_mx_2114

Pentax_mx_2115

「Street Market」 PENTAX MX+FA77mm Limited on Kodak T-MAX100

 

自家現像 T-MAX Developer 9 1/2min @20℃

本日も、大連スナップでございます~。

先回の大連出張には、Rolleiflex Tともう1台、PENTAX MXを持って行っておりました。どちらも軽量コンパクトながら、ガチ撮りできる、(私の中では)最強スナップシューターでございます。

私が宿泊していたホテルの直ぐ近くに、五彩城という地区がございます。主に日本人を対象とした飲食店が立ち並ぶ繁華街です。

その一画に、逆に中国店が立ち並ぶ通りがございます。おそらくこれがメインストリートだと思しき、広い通りです。車止めがしてありまして、車両進入禁止となっておりますが、バイクは自由に出入りしておりました・・・(汗)。

その通り沿いには、様々な露店が並んで、野菜や果物、魚やソーセージ、ハムなどが売られておりました。ファストフードも見かけました。

この露店市が妙に親近感が沸いて撮っておりました。

・・・なぜ、親近感が沸くのか?

Rolleiflex_t_2100

「Street Market」 Rolleiflex T on Kodak Ektar100

実は、私が住んでおります長岡市も、土曜日になりますと中心部の通りで、車両が通行止めになって、マーケットが開かれます。その様子を思い浮かべた・・・というわけなのです。

こちらが、その様子を撮った1枚です。

ねぎが美味しそうだったので・・・(笑)。

本当は、ここでお店を出されているお姉さん方のお写真を撮りたくてお声掛けしていたのですが、「いや~、私はいいから・・・」とか、「恥ずかしい~」と言って、逃げられてしまいました~(笑)。

また今度チャレンジかな~。


ちょっとShyなSelf Portrait

”The Self Portrait of a Shy Guy”

I have been absent from my blog for a while since I went to Germany on my business trip.  I have come back to Japan yesterday.  I am now struggling with the jetlag…

This was my second time in Regensburg.  Last year when I went there, we had such beautiful days almost everyday.  But this time, we had raining almost the entire of our stay.  But I spent two rolls of brownie films taken by Rolleiflex T.  Now they are under development at my home.  And I took several digital photos.  I will show them later. 

Today, I would like to show my self portraits. 

On the other day in May, I went to the center of Nagaoka city, where I live, looking for glass and mirrors to look at myself for portraits.  It is still very difficult for me to make selfportraits.  Because…

First, I am shy.  Thus, I avoid to put my face within the framework. 

Second, I want to make the image completed without my portraits.  And I add myself as an extra.  I do not want to make myself objective. 

Well, I need to work very hard on it more and more to get the sense. 

On the postprocess, I put the saturatiuon decreased and add sepia colors at highlight and shadow so that the photos look like taken at somewhere in Europe.  Do they look like..?

Well, Nagaoka, a little town in Echigo, is very far away  in any sense from Europe, anyway…hahaha! 

皆様、大変ご無沙汰しておりました~。

昨日ドイツより帰国いたしました。

今回のドイツ、レーゲンスブルグは雨続きで、なかなか撮影のチャンスがありませんでした~(涙)。それでも、ブローニー2本とデジタルを何枚か撮ってまいりましたので、追々ご紹介したいと思います。

さて本日は、少し前に撮っておりましたセルポをご紹介したいと思います。

Ektar100が1本残っておりましたので、それをRolleiflex Tに詰めて、地元長岡市の中心部にセルポができるようなガラス窓や鏡を求めて彷徨い歩いてみました~(笑)!

Rolleiflex_t_2102

Rolleiflex_t_2105

Rolleiflex_t_2101

「ちょっとShyなSelf Portrait」

越後人は、シャイなのでございます~(汗)。

なかなか堂々と顔を入れて撮ることができないのでございます~。

前回のセルポでも・・・そうでしたね・・・(滝汗)。

セルポ・・・やっぱり難しいですね~。全体の画作りの中で、どうやって紛れ込ませるか?が、私の中での課題となっております。あくまで、撮影者をメインにしない・・・やっぱりこっ恥ずかしいんですね~(滝汗)。

今回のポストプロセスは、エクターの色を基調に少し彩度を落として、スプリットトーニングでハイライトとシャドーにセピアの色を加えてみました。

なんとなく欧州の街並みでのスナップを意識して・・・(笑)。

越後長岡・・・欧州とは懸け離れた街並みでございますが、こうやって造ってみますと、少しは欧州っぽい???

・・・んな分けないか~(笑)!


ドナウ川の辺

ドイツ便り 第2章でございます~。

Regensburgで最も画になり、そして最も撮られているドナウ川沿いでございます。

私も、すっかり撮らされております~(汗)。

ま、”お便り”だから、いっかぁ~と開き直ってのご紹介でございます~(汗)!

欧州の古い町・・・やっぱりモノクロが一番合うように思いますね~。以前、一度RDPⅢで撮ったお写真は何枚かご紹介したのですが、ネオパンの方を見ますと、「うん、こっちのが断然いい~!」と思ってしまいました・・・(笑)。

と言うことで、ネオパンのお写真も、エクター100のお写真も、ぜ~んぶB&Wにしちゃいました~。私のモノクロプリセット、「ハードモノクロ」と「モノクロ水墨画調」を適応してみました。 

Pentax_mx_610

NEOPAN100 Acros ハードモノクロ

Pentax_mx_6132

NEOPAN100 Acros ハードモノクロ

Pentax_mx_6152

NEOPAN100 Acros モノクロ水墨画調

Pentax_mx_6182

NEOPAN100 Acros モノクロ水墨画調

Pentax_mx_554

EKTAR100 ハードモノクロ

Pentax_mx_6202

NEOPAN100 Acros モノクロ水墨画調

Pentax_mx_6252

NEOPAN100 Acros モノクロ水墨画調

Pentax_mx_6262

NEOPAN100 Acros モノクロ水墨画調

Pentax_mx_608

NEOPAN100 Acros ハードモノクロ

Pentax_mx_5182

NEOPAN100 Acros モノクロ水墨画調

「ドナウ川の辺」

ニャハハハ、撮らされ写真のオンパレードでございます~!

あまりに素敵な光景ばかりで、進んで撮らされておりました~(笑)。

もう、どう撮っても画になるんでございます。

最後のお写真は、川が写っておりませんが、川沿いの通りなんでございます。普段は地元の人や観光客で賑わっておりますが、日の出直後の早朝のお散歩ではさすがに人はまばらでした~(笑)。

一つ興味深い発見がありました。

純和風なイメージで作ったプリセット、モノクロ水墨画調ですが、越後の雪景色でだけでなく、意外に欧州の町並みにも合うな~と思いました。


ドイツへ渡った英国紳士

本日2本目、参ります~!

ドイツ便り 第2章の2話目は!

滞在最終日に訪れたミュンヘンでのお写真です。

ミュンヘンには、BMWの博物館がございます。

オリンピックパークに隣接しているのですが、BMW博物館に隣接して、BMWワールドというのがございます。こちらは、無料で入館出来ます。

我々がこの場所を訪れたのは、夕方4時過ぎになっておりました。夕方6時には空港へ向かわなければならず、時間が無い・・・と言う状況でしたので、このBMWワールドのみを拝観することにいたしました。

とは言うものの、ここ無料とは思えない充実ぶりです!

ドイツと言えば、いわずと知れた自動車大国。VW、BMW、メルセデス、アウディ・・・、と世界的に有名な自動車メーカーがひしめき合っております。

堅実な国民性で、経済的にも強国で、グローバル化と共に淘汰されていった数多くの自動車メーカーを吸収していきました。

英国の古豪も、やはり同じくドイツに吸収されました。

Pentax_mx_785

Pentax_mx_786

Pentax_mx_787

Pentax_mx_782

Pentax_mx_661

「ドイツに渡った英国紳士」

最後の1枚は、レーゲンスブルグの街角で見付けたMINIです。

ドイツでも、この新しいMINIはかなり受け入れられておりまして、あちこちで見かけました。

MINIと言えば、英国自動車の代表と言ってもよいかもしれません。そのMINIもドイツBMW傘下となりました。

高級車として有名な、RR(ロールスロイス)もまた、BMWに吸収されました。

賛否両論あると思いますが、共に歴史から消えてしまうよりは、新天地で新たな出発を果たすことも、また一つの道かな~と思います。BMWもそのオリジナリティは尊重して、それでいて世論に受け入れられる姿でこれら英国紳士を生かすよう最大限の配慮をしているようにも感じます。

日本も、このグローバル化が進んだ時代で、自らの道を新たに模索すべきかもしれません。

さて、本日は12月30日。今年も残すところあと2日・・・。ドイツ便り 第2章ですが、まだ2話目です。もう少しご紹介したいお写真もございますが、今年中には間に合いそうにございません・・・(汗)。

と言うことで、これは来年へ持ち越すことといたします~(滝汗)。


R-35指定 ススキドラマ

R-35指定・・・これ、決して35歳以上という意味ではございません(笑)。

R=Rolleiflex

35=35C

つまり、Rolleiflex35Cで撮った写真のみ!という意味なんでございます(笑)。

そんなローライで撮ったススキのお写真をご紹介したいと思います。

Rolleiflex35c_1071

Rolleiflex35c_1074

Rolleiflex35c_1077

Rolleiflex35c_1079

「里山のススキドラマ」

好きな越後の里山の風景を、ススキを通して見つめてみました。

ローライはそれをよりドラマティックな世界に仕上げてくれますね。

ローライフレックス、いいカメラですね~。しみじみ思います。

このお写真は、Ektar100で撮っておりますので、オリジナルはカラーです。でも、なんだかしっくりこなくて、B&Wにしてしまいました。そして、ネガフィルムらしからぬハイコントラストに仕上げました。

ドラマ感を出したくて・・・。

ちょっとやりすぎたかな~(汗)。


一本木の夕景

今日は、久しぶりに一本木をご紹介しようと思います。

Kiev88c_1055

「薄紅色」 Kiev88C+Arsat C 80mm F2.8 on Kodak EKTAR 100

こちらは、長岡市にある自宅近くの一本木です。

長岡市の西側の高台に、一本だけ生えているねむの木なんです。この周辺は市が管理所有する土地で、開発される予定だった・・・(今でもかな?)ところなんです。

空き地に見えるのですが、年に何度かは雑草が綺麗に刈られます。そのタイミングを狙って撮りに行ってみました。丁度この日は、薄紅色の夕景が広がって一本木の風景に花を添えてくれました。

まずは、東の空に向かって1枚!

Kiev88c_1058

「日暮れのねむの木」 Kiev88C+Arsat C 80mm F2.8 on Kodak EKTAR 100

続いては西の空に向かって。

既に日は沈んでおりましたので、ねむの木の繊細な葉をシルエットにしてみたくて、逆光で撮ってみました。それでもエクターは感度良くシャドーまで拾い上げておりますね~。この粘り強さ、いつも思うのですが、天晴れです!

このねむの木、安定した枝振りが好きなんですよね~。その魅力をどうすれば表現できるかな~と、試行錯誤の構図取りです~(汗)。

Pentax_mx_430

「花咲く頃」 PENTAX MX + FA31mm Limited on Provia100F

はい、こちらはMXで撮ったこのねむの木です。

実は、季節が全く違います~(滝汗)。花が咲く頃の7月に撮りました・・・。

ただ、夕方であることは間違いないのです~・・・(汗)。

これも順光気味に撮っております。でも、やはり季節が違えば画も変わる!印象が全く違いますね~。

あ、フィルムも違いましたね~(汗)。

Pentax_mx_434

「夕暮れに佇む」 PENTAX MX + FA31mm Limited on Provia100F

こちらは、もう少し西の空の方へ向いてみました。半逆光くらいでしょうか・・・。

夏の夕暮れは、コントラストが大きくよりドラマティックですね。

この場所、ちょっとアフリカチックなんですよね~。そういう視点で見始めると、この木もなんだかアフリカの大草原の木のように・・・って、言い過ぎました~(汗)。

Pentax_mx_435

「葦原の夕暮れ」 PENTAX MX + FA31mm Limited on Provia100F

最後はおまけでございます~。

この場所、こんな葦原も広がっておるんです。この写真を撮った7月は、まだ穂がつき始めた頃でした。今は、丁度葦が穂を広げて、秋の草原と化していると思います。早く撮りに行かなければ出すね~。あまりに近いと、直ぐにいけると思ってしまい、逆に足が遠のきますね(汗)。

ちなみにこの場所、丁度1年前ほどにこちらのブログでもご紹介しておりました~。その時は、もうほとんど演歌が似合う日本海側の冬!って感じでございました~。もう直ぐ、同じ光景が見られると思うと・・・複雑ですね(汗)。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。