PENTAX 67_4111-2_R

Kodak T-MAX400

越後の錆銀侍的 星の王子様

"Rusty Scene Found in the Town of Le Petit Prince"

I am a field service engineer, living in Echigo.  Thus, I go business trips quite often, away from Echigo almost two third of a year.  And I usually go on the highway of Kanetsu-Do, which starts from Nagaoka, where I live in, to Nerima inTokyo. 

On the way of the highway, there are several rest areas.  One of them is called Yorii-PA.  What’s special about this place is the area, totally arranged as a small town come out of the story of Le Petit Prince like a theme park.  Everything, such as a restaurant, shops, rest rooms, and even vending machines, is professionaly decorated like things from the story. 

As I visited the place, there are many families and other tourists taking photos of themselves with the scenery of that pretty town. 

BUT…

A Samurai like me, as a non-professional photographer who is crazy about rusty scenes, looks at different things. 

Here I show what I picked up at the small town of Le Petit Prince…hahaha. 

越後在住の出張侍(笑)の私は、関越道を多様致します。

この関越道沿いに寄居PAがございます。ここはフランス人のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリさんの小説、星の王子様の世界をコンセプトにした建物で統一されております。

ずいぶん前にricky007さんもご紹介されていた場所です。

なかなか統一感に溢れ、細部までこだわってその世界観を表現しており、なかなかフォトジェニックなんでございます。

これまで、出張中ということもあり、なかなか写真を撮る機会がなかったのですが、先日たまたまその機会に恵まれ、少しスナップいたしました。

Pentax_mx_1518

Pentax_mx_1516

Pentax_mx_1517

Pentax_mx_1526

Pentax_mx_1525

Pentax_mx_1519

Pentax_mx_1524

Pentax_mx_1522_2

「越後の錆銀的 星の王子さま」

ここは、そのコンセプト通り、とてもメルヘンチックな場所で、お子さん連れのご家族も多く訪れるのですが、出張中の越後の錆銀侍としては、ストイックに錆モノに注目してしまうんでございます~(笑)。

機材も、PENTAX MXにT-MAX400 という
スペックになっちゃいます~。

スマホで皆さんが記念撮影をされている横で、カチコ~ンとMXのシャッターを斬る!

侍なんでございます~(笑)!


背伸びする消火栓

一昨日ご紹介したお写真を撮っておりましたら、何やら背後に視線を感じました。

ふと目をやって見ますと・・・

木の塀の上から、ひょこっと顔を出して、こちらをのぞく姿が・・・。

Pentax_mx_1537

おお~!なんだ~、君か~!

そうです、彼は越後の消火栓くんですね~!

Pentax_mx_1536

越後の豪雪地帯にある消火栓とあって、厳重に雪囲いがされておりました。回りの積雪量を見てみますと、背の高いこの消火栓であっても、ラクラク埋まってしまいそうな感じです・・・(汗)。ですので、こういう雪囲いが必要になるんですね~。ちなみに脇に立てられている棒は、ここに”何か”があることを示します。雪が積もって、見えなくなってしまった際に、除雪車によってこの消火栓も一緒に持っていかれない様にする為です。

時折、こういう棒が倒れてしまって、ガードレールなどが除雪車によってボコボコにされてしまったのを見ることがございます。この棒、大切なんですね~!

Pentax_mx_1535

折角ですので、後ろに回ってその全容を見てみました~(笑)。

後ろから覗くと、ちと・・・間抜けですね~(笑)!

今年の越後は雪が少ないので、彼も埋もれることはいつもより少なかったのではないでしょうか・・・?


霧深まり春の兆し

春が近くなってまいりました。

気温もどんどん上がってきておりますね~。日中は暖かいと感じるほどです。

この時期越後では、早朝、霧が深くなってまいります。日中気温が上がって、雪が溶けて湿度が上がります。夜、気温が下がってまいりますと未明から霧が出始めます。

特に魚野川や信濃川沿いの山間では特に霧が深くなります。

春の兆しを感じるんでございます~。

Pentax_mx_1530

Pentax_mx_1531

Pentax_mx_1533

Pentax_mx_1534

「春告げる霧の朝」 T-MAX400 in T-MAX Developer 7 1/2min @ 20℃

最初の2枚は、先日からご紹介しております、長岡市川口町の塩殿です。晴れていれば越後三山が望めるのですが、この日は深い霧に包まれていて、対面の山も見えなくなっておりました。

霧の粒がT-MAX400の粒状感と相まって、面白い描写を致します。今回、初めて濃霧の情景をフィルムで撮って見ました。水墨画のような、不思議な画作りとなりますね~。デジタルでは、もっと素直な・・・と言いますか、のっぺりとした感じの画になります。フィルムの方が、より情緒的に描写できるように思いますね~。

さて、私のT-MAX Developerでの現像も4本目となりましたので、現像時間を少し延ばしました。T-MAX400の場合、20℃で7分という現像時間となります。また現像液の疲労度に応じた調整は、1Lの場合、5~8本目から標準時間+1分となりますが、今回は4本目ということで、30秒だけ増しました。5本目からは1分増しにしようと思っております。

 


三寒四温の寒(ぶるっ)

だんだん暖かくなる日も増えてきておりますが、やはりこの時期は、冬に逆戻りしたような寒い日も定期的に必ずやってきますね~。

日々気温が上がる中で、雪も溶け行くのですが、突然冬空がやってきますと、そこに広がる光景は、いつもよりも寒々しく、侘しく見えるのでございます。

Pentax_mx_1546

Pentax_mx_1542

Pentax_mx_1544

Pentax_mx_1545

Pentax_mx_1548

「春遠し」 T-MAX400 in T-MAX Developer 7 1/2min @ 20℃

長岡市中心部の西側の丘に行って見ました。

・・・あ、行って見ましたというほどではございませんでした(汗)。その長岡市の西側の丘って言うのは私の自宅がある場所です~(汗)。

この場所も、自宅から車で5分掛からないところです~(滝汗)。

雪はずいぶん溶けまして、埋もれていた物が少しづつ顔を出してきておりました。

白菜が寒そうにしておりました~(苦笑)。

でも、雪の下で冬を越した白菜は、甘くて美味しいんですよね~(笑)。

温かいお鍋が食べたくなりますね~。

 


駒ケ岳に差し込む光

しばらく韓国に行っておりましたが、昨晩帰国致しました~!

この時期の韓国といえば極寒!・・・をイメージしておりましたが、ちょっと拍子抜け・・・でした。気温は最低で-3℃くらいと、寒いと言えば寒いのですが、比較的天気が良かったので暖かくさえ感じました。日中は+5℃くらいにもなっていたのではないかな~と思います。

さて、早速韓国のお写真をご紹介したいところですが、明日から出張ですので、蔵出しで失礼致します~(汗)。

先日ご紹介いたしました、Kodak T-MAX400の自家現像フィルムからお届けしようと思います。2回ほどご紹介した際には、ポストプロセスで色付けをしておりましたが、今回はストレート勝負!B&Wで参りたいと思います~!明瞭をを少々上げておりますが、基本的にはオリジナルに近くなるように仕上げております。

お届けするお写真を撮影したのは、先日、我が家に参りました新三脚・・・マンフロットのご紹介した際に撮ったお写真です。K-5、バケペンと、MXを持って行っておりましたが、今日はMXからのお写真をお届けいたします。バケペンには、この時久しぶりにRDPⅢを詰めておりました。そのラボ現像も上がってきておりますが、これはまた後日・・・できれば明日くらいにご紹介したいと思います~。

では、MX+FA31mm LimitedにT-MAX400を詰めて臨んだ、駒ヶ岳の朝でございます~。

Pentax_mx_1368

Pentax_mx_1371

Pentax_mx_1372

Pentax_mx_1373

「駒ケ岳に差込む光」

こういう光がたっぷりのシーンでは、ストレートなB&Wが生きますね~。でも、こういう条件は一年に何度もないので、なかなか撮れないのが難点ですが・・・(汗)。

2、3枚目は、ちと露出に失敗してしまいました~(汗)。ド逆光で、アンダーになっちゃいました~。体感露出で行けば、もう少し明るく撮ったように思いますが、MXの測光を気にしてしまいました・・・ナハハ(汗)。まだまだ修行が足りんのでございます~(笑)。

光が差しても、やっぱり越後の冬は、B&Wが一番・・・あ、いえ、で十分ですね~(笑)!


厚木の夜はコレで!

昨日に引き続きまして、自家現像T-MAX400(D-76現像)から抜粋いたします~!

最近、出張に持っていくスナッパーは、もっぱらPENTAX MXとなっております~。今回は、FA31mm Limitedを付けておりました~。このレンズ、とにかく寄れるので、何かと使いやすいんですよね~。

先月末頃、厚木に行っておりました。厚木は、時折出張で訪れる場所でして、泊まる所も食べるところもおおよそ決まっております。

今日は、そんな厚木でおススメのスポットをご紹介したいと思います!

厚木と言えば!?・・・やっぱりホルモンでしょうか?

数年前に、確かB級グルメグランプリで大賞を取ったのが、厚木のシロコロホルモンですね~。これで、厚木は一躍有名になりましたね~。

Pentax_mx_13632

こちら、その厚木のホルモンを代表するお店、酔笑苑さんです~!名前から、インパクトがあっていいですよね~!

ここ、いつも満席です!

1階がカウンター席で、2階がお座敷になっているようです。2階へは行ったことはないのですが~・・・(汗)。でも、カウンター席、おススメです!

私がいつも宿泊するホテルの近くにあるんです。そのホテルで聞いても、厚木のホルモンと言えば~・・・こちらをおススメされます。

Pentax_mx_13582

店内では、店員さんが忙しそうに常に動き回ってらっしゃいます。でも、皆さん優しくて、笑顔で接してくださいます!今回、「お写真撮ってもいいですか?」と恐る恐る訪ねたところ、二つ返事で、「ハイどうぞ~!」と。

Pentax_mx_13542

まずは一杯!

これがおいしいんです!付け合せてのキャベツはサービスです~。

Pentax_mx_13552

さあ~、やってまいりました~!どれもおいしそうです!

ここは、しちりんが出てまいります。食べたい分だけ、どんどん乗っけましょう~!

Pentax_mx_13562

はい、お決まりの~左手一本撮り~(笑)。MXでもやっちゃうんでございます~(笑)。

Pentax_mx_13572

しちりんで焼く時の、この煙がいいですよね~!

でも、ちゃ~んとカウンターの直上にデッカイ換気扇が設けてあるので、決して煙たくはないんでございます~!

Pentax_mx_13602

う~ん、3人で・・・結構注文しました~(汗)!

お腹一杯だ~!

ちなみにこちらのお店、照明はLEDでした~。エコですね~!

Pentax_mx_13612

〆はお茶漬けです!私は、もっぱら梅干派~(笑)!

う~ん、やっぱり酔っ払ってましたね~(汗)。後ピン失礼致します~(滝汗)。

お腹一杯食べて、気持ちよく飲んで、一人三千円くらいです。良心的~!

Pentax_mx_13622

我々が出る頃も、まだ外には別のお客さんが列を作ってらっしゃいました~。

う~ん、さすが有名店!

ここには、平日でも午後6時を過ぎると、満席になっております。

酔笑苑は、JR本厚木駅から徒歩で15分くらいです。ホルモンって、こんなにおいしいんだ~!と思える場所です。おススメです~!

さて、今日のお写真もT-MAX400の自家現像です。

今回は、ムラも殆ど見られず、なかなかの出来栄えかな~と思いました。

現像の手順は昨日ご紹介したとおりなのですが、攪拌をこれまでと少し変えております。

先日、現像失敗をご紹介した際に、風つかいさんから、現像ムラについて論じたサイトをご紹介いただきました(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1141052091
)。それによりますと、それまでの私の攪拌はまだまだ甘いな~と思いました。攪拌時間はいいのですが、攪拌の仕方がもっと激しくすべきだな~と思いました。イメージとしては、タンクの中でリールを上下にたたき付けながら・・・という感じです。

今回は、135判が2本入るタンクに2本入れて、液は6分目くらいで激しく攪拌したので、十分だったのだと思います。次は、ブローニーで同じことを試してみようと思います。

風つかいさん、ありがとうございます!

まだ、ブローニーで確認したわけではないのですが、少なくとも良い方向に向かっていると思います。勉強になりました~!


T-MAX400 自家現像やってみました~

先日、Kodak T-MAX400のお写真を何度かご紹介しましたが、いずれもラボ現像のお写真でございました~(汗)。

昨年末に撮影したお写真で、まだ自家現像の準備が整っておりませんでしたので、正月にラボ現像に出した物でした。

でも、NEOPANで自家現像を始めて、道具や液も揃ってまいりましたので、今回は自家現像でやってみました~!

現像液は、D76を準備しました。出張先で立ち寄った淀橋写真機でたまたま見つけたKodakの現像液が、これだったんですね~。おまけに安かったんです~(笑)。1L用の粉末がなんと、480円!T-MAX用の現像液ですと、T-MAX Developperが有名ですが、そのお店では見つけられませんでした・・・。でも、よくよく考えると、ネットで買えば問題なかったんですよね~(汗)。俺ってバカ!

まあ、折角買いましたので、しばらくはコレで行こう!ということで・・・(汗)。

【現像データ】

フィルム:Kodak T-MAX400(135判)

前浴:10%ドライウェル希釈液で20秒攪拌後、水洗30秒

現像:D76 20℃ 8分(最初1分攪拌、あとは1分後とに5秒攪拌)

停止:富士FS-1 20℃ 攪拌30秒

定着:コダフィックス ソリューション 20℃ 8分(最初攪拌30秒、あとは5秒攪拌を3回ほど)

水洗:20℃水洗30秒⇒富士QW1分浸漬⇒20℃水洗約8分

水切り:ドライウェル 20℃ 1分浸漬

---+.---+.---+.

こんな感じでやってみました~。

Pentax_mx_1342

Pentax_mx_1343

Pentax_mx_1345

Pentax_mx_1344_4

「冬の田園風景」

たまたまなのですが・・・(汗)。粒状感がより際立つ、一様な空や雪原のお写真となりました~。先日ご紹介したラボ仕上げのT-MAX400と比べますと、T-MAXの繊細で大人な感じの描写ではあるのですが、少し粒状感が増しているようにも感じますね~。ラボ現像ではT-MAX Developperを使用してらっしゃるのでしょうかね~?繊細さの再現性に劣るD-76を使いましたので、こうなっちゃうのかな~?・・・ナハハハ(汗)。黒顔羊さんからもT-MAX Developperをおススメされていたのに、店先で手頃な値段で見つけたという安易な理由で選択したバチでございますね~(滝汗)。

ま、この粒状感も荒涼とした感じがでていて、いいかな~・・・な~んて(笑)。

ポストプロセスでは、黒顔羊さんの最近のこだわり、B&Wフィルムのクロスプロセス処理!なんでございます~。このB&Wフィルムに色を与えるというこの処理、面白いですよね~。非現実的なのに、妙にリアル!・・・なんていうある種矛盾したような世界観が生まれてくるように思います。

うん、楽しいっ!!!

いつもながら、黒顔羊さんには色々な刺激を頂き、勉強させて頂いております~!

ありがとうございます!


モノクロームなクリスマス・イルミ

先日に引き続きまして、タイムカプセルの中に見つけたお写真のご紹介です~(笑)。

昨年12月の川崎出張では、ffanさんとミニオフをさせて頂きました。その時に、クリスマスイルミネーションがきれいな場所に連れて行って頂きました。

今日はそのイルミをご紹介です~!

でも、イルミを普通に撮ってもな~ということで、T-MAX400というフィルムで望みました~(笑)。

Pentax_mx_12562

Pentax_mx_12612

Pentax_mx_12553

Pentax_mx_12623

Pentax_mx_12652

「寒空の暖色イルミ」

最近は、イルミネーションと言えば、LEDライトを使用した青っぽい寒色系のものが多いように感じます。LEDは、もちろん消費電力が格段に低くて一晩中点灯しているイルミネーションでは使用率が高くなるのはごもっとも・・・なのですが~・・・。

個人的には、この寒色系が少し苦手です(汗)。

なので、ポスト現像で暖色系に仕上げてみました~(笑)。LR4のスプリットトーニングで、ハイライトに黄色、シャドウに赤を入れてみました。

ミーハーなクリスマスのイルミネーションが、B&Wフィルムで撮ることによって、少しハードボイルドに見えるかな~・・・(笑)。

来年のイルミネーションでも、同じくモノクロでやってみようかな~・・・と思った次第でございます~!


餃子とタバコとカメラと友人と・・・

昨年の12月中旬、出張で川崎に数日滞在しておりました。

川崎と言えば!

そう、錆銀メンバーのお一人、ffanさんが平日滞在してらっしゃる場所です!

折角の機会ですので、ffanさんとミニオフ会をさせていただきました~。

あ、タイトルについて・・・

大先輩であるffanさんを「友人」などと気安く呼んでしまい、申し訳ございません!

語呂が良かったので、こうしてしまいました・・・(汗)。

ffanさん、失礼致しました~!

さて、ミニオフ会は、JR川崎駅近くのヨドバシカメラ前での待ち合わせ・・・で始まりました~。

まずは、腹ごなしにどこかで撮ってから・・・ということで、クリスマス前ということもございまして、近くのイルミネーションの綺麗な場所に案内して頂きました。

しばらくそこで撮影に没頭し・・・

そして、ご飯を食べに行きました。ffanさんおススメの餃子のお店です。錆銀・・・やはり食もコッテリ、ハードボイルドに(笑)!

Pentax_mx_1267

まずはffanさんの愛機、SONY α7Rをタバコとともに撮らせて頂きました。

Pentax_mx_1268

もう1枚、ffanさんとともに撮らせて頂きました~(笑)。

Pentax_mx_1266

さて、こちらのお店で、餃子定食を頂きました!とにかく安い!夕食なのに、ワンコイン+αくらいでいただけます!ボリュームも十分!錆銀ならではのディナーでございます~!

腹ごしらえも終えまして、次に向かった先は~・・・なんと!ffanさんの隠れ家(?)!このお店の直ぐ近くなんでございます~(笑)!

Pentax_mx_1269

皐月の樹、人生初の魚眼大砲(笑)!ffanさんの魚眼レンズをお借りして、MXで一発放ちました~(笑)。

ffanさんのお宅では、カメラや写真の事など、色々なお話をさせて頂きました。

いや~、楽しかったです~!

気付いたら、あっという間に23時!

そろそろお暇しなければ~!

と、私の滞在していたホテルの方向に向かって歩き始めました。

で、最後にもう1軒・・・ということで、ファミレスに入りました。

・・・そしてなんとここで、ドリンクバーだけで午前2時まで更に語り明かしておりました~(爆)!

ffanさん、お疲れ様でした~!

そして、本当に、ありがとうございました!楽しかったです!

また、是非、遊んでください!

私は、出張で1年の内の半分くらいの間、越後を離れております。でも、その分、こうやって錆銀メンバーの方とお会いできるのは、とてもありがたいんでございます~!

その内、他のメンバーの方のところまで伺うかもしれません。その時はお声掛けさせて頂きますので、是非、ミニオフ会を開きましょう~!

逃げないで下さいね~(笑)!


年の瀬の雨模様

最近ず~っと、自家現像写真をご紹介して参りましたので、今日もか?!

とお考えかもしれませんが、今日のはラボ現像品でございます~(汗)。

135判のフィルムは36枚撮りがございますので、1本消費するのに時として結構時間が掛かったりします。数週間~1ヶ月くらい入れっぱなし・・・ということもございます。

その為、現像を上がってまいりますと、ちょっとしたタイムカプセルからお写真が出て来たように感じますね~・・・というのを以前、film-gasolineさんもおっしゃってましたね~。

今日ご紹介するお写真も、そんな、しばらく前のお写真でございます。

昨年の12月の半ば、出張で川崎に行っておりました。その際に撮っておりました・・・。

Pentax_mx_1275

Pentax_mx_1277

Pentax_mx_1271

Pentax_mx_1273

Pentax_mx_1276

「年の瀬の雨模様」

5枚の組写真にしてみました。

本当は横に並べたいんですね~。上から順に1,2,3,4,5とすると、それを左から右に1,2,3,4,5と・・・。でも、私のブログではそんな芸当は出来なくて・・・(悲)。

皆様の頭の中で、変換してみてください~(汗)。

今回、初めてT-MAX400を使ってみました。Tri-X400に比べて、大人な粒状感、繊細な描写、ダークやシャドーの力強さ・・・ん~、400のフィルムはこれがスタンダードになりそうな予感でございます~!

クリスマス前の12月。イルミネーションが眩しい季節なのですが、あいにくの雨。そんな物憂げな雨模様を表現してみたのですが・・・。

この時は、予めフレーミングをしておいて、あとはひたすら人が入ってくるのを待っておりました。フィルムなので、正直どうなっていたかは分からなかったのですが、なんとか想像の範囲内(笑)で、良かったです~。

黒顔羊さん曰く、それが本当のスナップであると・・・!なるほど~。フィルムであれば、これがじっくり待つことができるんですね~。デジタルだと、ササッと連写して、適当に後から選べばいいかな・・・とやってしまうこともございます・・・。そして、後からPCで確認しながら、愕然となる・・・。どれも使えないという結果に・・・(滝汗)。

一か八かの勝負・・・。であるからこそ、その一瞬に神経を集中させて、切り取る!

フィルムっていいな~。

・・・って、デジタルでもそれをすればいいじゃん!

おっ!鋭いツッコミ!

ぐうの音も出ません~・・・ナハハハ~(滝汗)!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。