PENTAX 67_4111-2_R

Kowa SixⅠ

とーちゃんの好物

今年の初詣のお写真が、もう1枚残っておりました^^;

初詣などでは、露店が付き物ですね。

寒い中、温かそうな食べ物の露店があると、思わず「それひとつ、下さいな」と言ってしまうのでございます^^;

私は、露店の中でも天津甘栗が大好物です^^;

栗自体が好きなのですが、天津甘栗は・・・なんといってもサイコーです♪

妻もそれをよく知ってくれておりまして、今回の初詣の際にも、天津甘栗のお店を見つけると、

「あなた、これ好きじゃない。買おうか?」

と言ってくれました。

「あ、うん♪」

とおねだりして^^;

kowa-six_4095_r

ひとつ買ってくれたのでございます♪

さて、ここで栗に関しての苦い思い出を^^;

何年か前・・・確か息子が保育園の年中さんだった頃です。

私が天津甘栗を好きなのは、父の影響もございます。父も好きなのです。

当然の如く・・・息子も好きだろう♪ と思って、天津甘栗を買って息子に与えてみました。

案の定、美味しそうに食べました♪

が、その夜。

体が痒いと言い出したのです。見ると赤い発疹が出ておりました。

翌日、医者に連れて行くと「アレルギーかもしれない」・・・と。

慌てて調べました。

妻とも確認しながら、その日、何か普段と変わったものは食べなかったか?

「天津甘栗」・・・^^;

いや、ちょっと待て。それ以前だって、息子は栗を食べていたぞ!

どういうことだ?

ネットで調べてみますと、栗アレルギーなるモノがあるとか。

どうやら、ラテックス(天然ゴム)アレルギーがある場合、栗アレルギーとなるようです。

ラテックスの末端分子構成と栗や桃の分子の末端構成が似ているとか・・・いう話だったように記憶しております。

私はゴムアレルギーはないのですが、妻と妻の母がゴムアレルギーなのです^^;

そしてアレルギーは突然発症することもあるとか。

はっはぁ、ここで繋がった^^;

それ以来、息子はしばらく栗から遠ざかりました^^;

そして必然的に、私も栗から遠ざかりました・・・ToT

 

その後、妻が医者で調べてもらった結果、息子は栗アレルギーでないことが判明♪

これで、晴れて私も栗を食べることができるようになりましたv^^

でも、息子はその時の記憶がまだ残っているらしく、未だに恐る恐る栗を食べているようです^^;

でも、美味しいから結局食べちゃうのですが^^;


背比べ♪

kowa-six_4102_r

雪国の消火栓は背が高いです。

息子はまだ負けておりますね^^;

息子の身長は、140㎝程ですから、この消火栓は150~160㎝はあるのでしょうかね。

消火栓に沿うように建てられた竹の棒は、更に更に高く3m以上付きだしております。

これは、積雪でこの消火栓が見えなくなったときに、除雪車が誤って消火栓にぶつかって倒してしまわないようにするための目印です。

この辺りの積雪量は、今は2mを超えることは稀ですが、除雪車が道路脇に雪を積み上げますので、歩道の辺りは軽く2mを超えてしまうのです。

 

さて、このお写真は一時帰国最終日の夕方に撮影しました。

残り1枚分だけケロちゃんに残っておりました。

日没後で、かなり暗かったです。絞り開放でSSは1/8でした。

それでも、露出は足りませんでしたね^^;

息子に、「動くなよ~・・・」と言いながら撮っておりました^^;

雪ん子、さて、いつになったらこの消火栓を抜くかな?


お家へ帰ろう♪

kowa-six_4100_r

kowa-six_4101_r

今の小学校では、お友達のお家へ遊びに行ったときに、帰る時刻が決められているようです。

午後5時には家に帰るように・・・と指導されているようです。

私が子供の頃は、遅くなると、「ごはん食べて行きなさい」と言って、夕飯をご馳走になることもしばしばでしたが。

昨日ご紹介しました、息子のお友達が冬休みに遊びに来ている間も、やはり午後5時を目安にお家に送って行っておりました。我が家から、徒歩1~2分の場所なのですが^^;

1枚目は、男の子二人が先に走って行き、お姉ちゃんが後から追いかける・・・の図でございます^^;

2枚目は、お友達を送った後、家に帰る息子・・・の図でございます。

我が家は、長岡市街を見下ろす西側の高台にございまして、こういった階段が沢山あるのです。

いずれも午後5時を回った辺りでしたので、光が乏しく。

絞り開放で撮ったのですが、SSはせいぜい1/15でございました。

やっぱり、甘々のブレブレですね~^^;


仲良し三人組

kowa-six_4099_r

kowa-six_4097_r

愚息と、そのお仲間です♪

このお二人は、近所に住む息子のお友達で、ご姉弟です。

とても仲良くしてもらっているみたいです。

冬休みの間も、毎日と言ってよいほど家に遊びに来てくれました。

兄弟のいない息子にとっては、お姉さんと弟が出来たような感じでしょうか。

親の我々も、大変感謝しております。

三人というのはバランスが良いようです。

遊ぶ時もケンカする時も、三人であれば、物事が進むようです。

幼馴染として、末永くお付き合い頂ければな~と願っております。


家内安全祈願

気が付けば、もう1月も終わろうとしております。

2月に入れば、お正月気分もすっかり抜けてしまいますので、お正月ネタは完全に季節外れとなってしまいますね^^;

という事で、慌てて投稿です(汗)。

今日は、元日の初詣でのスナップからお届けいたします。

kowa-six_4092_r

kowa-six_4094_r

初詣は、近くにあるお稲荷さんを訪れました。

1枚目、見事に愚息は目をつむってくれました^^;

フィルム写真でこれをされると辛い^^;

まあ、笑い話の種にはなりますが^^;;;

この時お供したカメラはケロちゃんことKowa Sixでした。一眼レフタイプのウェストレベルファインダー機です。

シャッターを切るとレフ板が跳ねあがりファインダーはブラックアウトします。

同じウェストレベルファインダー機でも、二眼レフであればファインダーはそのままです。ビューレンズとテイクレンズに分かれているからですね。

二眼レフでポートレートを撮影する場合、シャッターを切った瞬間被写体が目をつむったかどうか分かります。

なので、シャッターを切った瞬間目をつむったかな?と思ったら撮り直せば良いわけです。

でも、一眼レフ機では分からないんですね~^^;

2枚目は、暗い本殿の中での撮影でした。

ISO100のネオパンアクロスで絞り開放のF2.8でしたが、測った露出から得たSSは1/8・・・トホホ^^;

こちらでも、息子はしっかりブレてくれました^^;

でも、彼の手は止まってますね^^;

 

このお稲荷さんでは、熊手や破魔矢が売られておりました。

妻はいつも熊手を選びます。

でも、意味は分からないようです^^;

見た目で選んでいるのかな。

私も、その意味を知りませんでした^^;;;

ググってみますと、商売繁盛・金運をかき集める・・・という意味があるようです。

その意味を、妻に伝えますと、多分こういうでしょう。

「やっぱり熊手で良かった♪」

このお稲荷さんでは、熊手や破魔矢を購入すると、皆さんで三本締めしてくださいます。

その時妻は、こうやって手を合わせて目をつむって受けるのです。

ちょっと違うかな・・・^^;

でも、気持ちが伝わればそれでよいのです♪


家族揃って初詣♪

昨日はけーいちくんでしたが、今日はケロちゃんです♪

こういうネタは、足が早いので・・・鮮度が命!

今月中に出さないと~・・・と、焦りながらの投稿です^^;

kowa-six_4091_r

kowa-six_4093_r

kowa-six_4096_r

2017年元日

この日は、朝から小雨がぱらつく天気でございました。

午前10時ごろ、少し止んだタイミングを見計らって、近くのお稲荷さんに出かけました。

しかし、お空はどんより鉛色で、なかなかSSを稼げませんでした。

全て絞り開放で・・・。

その分、実に甘いピントですね~^^;

 

今回は、幸いにも年末年始の一時帰国となりました。

お陰で、ゆっくりと家族と過ごして参りました。

何年かぶりの初詣でも、ございました。

家族の健康を祈願してまいりました。

2017年 幸多かれ!


今年一年の感謝の気持ちを込めて2016

毎年、一年の締めくくりとして大晦日前後にこの企画を催しております。

まず、最初に!

 

ご訪問下さる皆様

 

今年一年間、幣ブログにお越しいただき

また、温かいコメントの数々を下さり

本当にありがとうございますm(_ _)m

今年一年も、無事毎日Up Dateを続けてこられたのも、皆様のご支援の賜物と思っております。

皐月の樹、ススキの樹、ススキーノ、ススキーナ・・・一同、感謝の気持ちでいっぱいでございます。

 

それでは、今年の皐月の樹のPhoto Lifeを振り返ってみたいと思います。

photo-life2017-02_r

 

こうしてみますと、デジタルでの撮影枚数が毎年減少の一途を辿っているのに対しまして、フィルムの撮影枚数は去年より若干増加となりました。本ブログでの投稿数は、遂にFilm写真が圧倒的に上回る結果となりました。これは、今年の前半を終えた辺りで、なんとなくこうなるような気がしておりました^^;

年末近くになって、デジタルでの撮影が増えて多少挽回したものの、やはり結果はこの通りでした。

Film写真のブログ採用確率ですが・・・これは質が伴っておりません^^;

撮ったものは、殆ど無理やりブログにねじ込んだ・・・というのが正直なところです^^;

デジタルは、撮影枚数が激減する中で、採用の確率は多少高まりました。無駄打ちが少なくなったのは事実かもしれません^^;

この年末は、フルフレームのデジタル一眼・・・Pentax K-1を導入予定です(この記事は12/18に書いております^^;)。

この数字が、来年どのように変化するのか?

楽しみです♪

 

それでは、今年一年の締めくくりとして、今年幣ブログでご紹介したお写真をReviewしたいと思います。私が個人的に気に入っているものを四季それぞれで4枚選びました。

春夏秋冬の順番にてv^^

kowa-six_3565-3_r

pentax-67_3922-3_r

pentax-67_3901-5_r

kowa-six_3242-2_r

春、冬: Kowa Six+85mm/F2.8  NEOPAN100ACROS

夏:Pentax67+105㎜/F2.4  NEOPAN100ACROS

秋:Pentax67+105㎜/F2.4  ADOX CMS20Ⅱ

 

ここで裏話^^;

秋の一枚は、実は晩夏の撮影です^^;

冬の一枚は、実際は昨年末の晩秋の撮影です^^;

見返してみますと、今年は日本で雪景色を撮影しておりませんでした。

春に、残雪の山を撮ったくらいです。

秋はいつもより雪が遅く、春はいつも以上に雪解けが早かったな~と改めて実感しました。

来年はどうなりますやら?

今回の冬の帰国は年末年始となりましたので、さすがに雪景色が拝めることでしょう~♪

 

今年も、なんとか毎日ブログをアップすることが出来ました。

途中、何度か(今も含めて)、コメント欄を閉じさせて頂くことはございましたが^^;

残念だったのは、毎年参加させて頂いておりました、「錆銀」「全味協」の愛知合宿に参加できなかったことです。来年は、是非!と思っております。

 

それでは皆様。

今年も残り僅かとなりましたが、お体ご自愛頂き、良いお年をお迎えください。

来年も、元日からまたえっちらおっちらやって参りたいと思います。

何卒、引き続きよろしくお願い致します。m(_ _)m


駆ける夏

kowa-six_3932_r

kowa-six_3936-2_r

kowa-six_3930_r

kowa-six_3935_r

今年の夏は、息子にとってあっという間の夏休みだったように思います。

韓国に行き、京都へ行き、新潟に戻って夏休みの宿題、課題に追われ・・・^^;

それでも、おとーさんとしては、少しでも越後の自然に触れてもらいたく、山や田んぼへ連れて行っておりました。

そんな姿を、少しづつケロちゃんで撮りためたお写真です。

・・・などともっともらしい言い訳をしてしまいました。申し訳ございません~^^;

ただ、父ちゃんが写真を撮りたいから、一緒に連れて行っていただけでございます~^^;


若者のささやき

kowa-six_3934_r

おい、おめー穂は開いたか?

んにゃ、まだら。おめーは?

見ての通りらて~。あっちの奴、そろそろ開き始めてるろ。いいな~・・・。

俺たちゃ、やっぱり穂が開かねーと光の抱き方イマイチ出しな~。写真写りわりーんだよね~。

・・・^^;

kowa-six_3933_r

おい、おめーさ、あの向こうに見える三つ並んだ山、知ってるか?

ん?あー、あれ。越後なんちゃらって、じーちゃんが言ってたな~。

ふ~ん、そうなんだ~・・・って、おめー、じーちゃんに会ったことあんの?!

え、あ、うん・・・まあ。

・・・^^;

 

秋めいてきた越後の空の下では、そんな若いススキの会話が聞こえてくるとか・・・こないとか^^;

彼らが輝くのも、もう少し・・・ですかね~♪


越のひかりといぶき

kowa-six_3927_r

kowa-six_3928_r

kowa-six_3931_r

kowa-six_3929_r

こちらは長岡市にございます田んぼでございます。

いずれも同じ日、同じ場所で撮影しましたが、稲の様子が少し違いますね。

前半3枚はコシヒカリ。4枚目はコシイブキの田んぼです。

コシヒカリは、言わずと知れた品種でございますね。

調べてみて分かったのですが、新潟県で育てられているコシヒカリは、殆どがコシヒカリBLという品種だそうです。いもち病に対する抵抗性を高めた品種改良品だそうです。登録上はコシヒカリとは異なるようです。

※参照:コシヒカリ-WikipediaコシヒカリBL-Wikipedia

さて、こしいぶきは、ひとめぼれ(コシヒカリの子)とどまんなか(イブキワセの子)を掛け合わせて作られた早生品種だそうです。つまりコシヒカリの孫ですね^^;

一般栽培は平成13年~とのことで、まだ15年ほどのとても若い品種でして、新潟県でしか栽培は行われていないそうです。

※参照:きたえちご米店

この二つの品種が、新潟県の二本柱となっております。

市場ではこしいぶきの方が安価に出回っておりますので、我が家の主食の柱はこしいぶきです^^;

でも、新米は、やっぱりコシヒカリを頂くのでございます~v^^


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。