PENTAX 67_4111-2_R

Pentax K-1

ススキを画にするぷらな~の実力

昨日はFA43㎜を絶賛いたしました。

するとぷらな~くんが、俺はこんなもんじゃない!と、ドイツ魂を剝き出しにしてきました^^;

ということで、本日は、Planar 1.4/85の描写をお届けしたいと思います。

K_1P1837_R

K_1P1844_R

K_1P1840_R

K_1P1842_R

むむむ~、やはりぷらな~でございますね~♪

ご機嫌な描写にうっとりしてしまいます。

このツンデレ描写は癖になりますね^^;

ススキなどの冬枯れの草の繊細さを見事に表現してくれます。

黄昏の光の柔らかさをしっかりと魅せてくれます。

ぷらな~くん、あっぱれでございます。


倍々トリオで行く川辺

3月始めの週末に、お天気が良かったので、いつものように川辺を散歩しようと思い立ちました。

さて、持ち出すレンズはどうしようかな?

まだけーいちくんと使っていないレンズもあり。

広角、標準、中望遠・・・

よしっ!これで行こう!

と決めたのが、以下の3本でございました。

20㎜、43㎜、85㎜。

そうです、20㎜の約倍の焦点距離である43㎜、更にその約倍の焦点距離である85㎜ですね♪

K_1P1779_R

K_1P1776_R

 

K_1P1783_R

K_1P1784_R

1~4枚目: COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

K_1P1786_R

K_1P1787_R

K_1P1794_R

K_1P1790_R

6~8枚目: SIGMA AF1.8/20 EX DG ASPH RF

K_1P1804_R

K_1P1814_R

K_1P1817_R

K_1P1807_R

9~12枚目: Pentax FA43mm F1.9 Limited

 

ぞれぞれのレンズの描写を楽しむように、遊んでみました♪

ぷらな~のボケ、シグマのボケ、それぞれ柔らかく、好印象です。

が・・・この時は、FA43のボケに驚きました。

9枚目、12枚目のボケが実に美しく。

ボケは、メインの被写体を邪魔しないのが良い。それに越したことはないと思っております。

それが、このボケは主張しているように感じました。なんと言いますか、存在感のあるボケ・・・なのです。

でも、主役を邪魔してないんですよね~。

これは、B&Wフィルムで使用していた時には気付きませんでした。けーいちくんで初めて知りました。

FA43・・・恐るべしなのでございます。


超過残業にうな垂れる案山子?

K_1P1611_R

K_1P1613_R

K_1P1618_R

K_1P1619_R

K_1P1617_R

「もう、とっくに稲刈りも終わって・・・わし、いる意味あるのかい?!」

「すでに寒すぎて、鳥すらも寄ってこないし・・・」

「いい加減、お役御免だわ。少し休ませてくれんかな~。」

おやおや^^;

2月半ば過ぎのパジュの田んぼのあぜ道で、案山子さんがうな垂れながらぼやいておりました。

確かに、ちと残業が過ぎるよね^^;

 

ところで君・・・案山子さんでいいのだね?^^;

あまりにやっつけ感満載なんですが・・・^^;

 

さて、今日のポストプロセスは、初の試みです♪

ネガフィルム調に仕上げてみました。

イメージは、Fuji PRO400Hです。

とはいうものの、実は私、このフィルムを使ったことがございません^^;

いつか使ってみたいと思いつつ・・・今に至るでございます^^;

そこで、PRO400Hの作例をググって、見漁りまして、その感じから仕上げてみました。

ちとあっさりしすぎたかね~・・・と思いつつ。

でも、とにかく、パジュの冬は色がないので、どう弄ってもさほど印象に違いがないのでございます~^^;


季節外れ感のない正月風景

まず最初に。

本当は、一昨日のエントリーで正月一時帰国シリーズを終えたはずだったのですが^^;

一度組んだエントリー順番を、途中で弄ってしまったがために、こんなことになってしまいました^^;

すみません、今日がホントの最後になります~^^;

 

 

2017年の正月を過ぎて、もう4カ月過ぎようかと言うのに、季節外れ感がないとは一体どういう事だ?!

と、お思いなのはごもっともでございます^^;

ただ、1月2日に見たこの風景は、まるで越後の3月終わりから4月にかけての風景でございましたv^^

IMGP0500_R

IMGP0497_R

IMGP0499_R

IMGP0495_R

田んぼには、所々に雪解けの水たまりが出来、

山の木々はすっかりと雪を落とし、

空の雲は割れて太陽が顔をのぞかせる。

越後の春の訪れでございます♪

でも・・・本当は、年末に少し積もった雪が、融けて来た風景なのでございます^^;

今の今まで引っ張って、待った甲斐がございました・・・って^^;

今頃は、まさにこんな光景を目にすることができると思いますv^^


川辺で迎える逢魔時

2017年4月23日FA77mmF1.8 Limited,Pentax K-1

K_1P1730_R

K_1P1733_R

K_1P1736_R

K_1P1740_R

K_1P1745_R

K_1P1743_R

太陽が西に沈むころ

空は青から、紫、薄紅、橙色の美しいグラデーションを保ちつつその明るさを失い

川面にもその空の色が現れ

草木はシルエットとなって、訪れる闇にその姿を隠そうとします。

何やら怪しげなものが現れそうな雰囲気でございます。

ここは、パジュ。

国境の町。

一体どんな魔が潜んでいるやら・・・^^;

早くお家へ帰りましょう~。

 

しっかし、けーいちくん。

草木を完全なシルエットとしない、質感を残した描写を見せてくれるあたりが実に心強いです♪


Squareに収まる冬枯れ

K_1P1259_R

K_1P1248_R

K_1P1245_R

K_1P1242_R

K_1P1264_R

時に、正方形の安定したフォーマットに嵌る光景ってあるように思うのです。

縦横の長さが同じで、安定したバランスの良い印象を受けるのです。

冬枯れの状態は、ある意味安定した状態のように感じます。つまり、もう成長しない、最後の形・・・とでも申しましょうか。

それが正方形と呼応するのか・・・?

冬枯れの川辺を歩いておりますと、そんなシーンに出くわすのでございます。

そして、冬枯れした草の繊細さを表現するには、大口径レンズの絞り開放が重宝いたします。

ざわざわした背景の中に、小さな被写体を浮かび上がらせてくれるのです。

FA43㎜は、こういう時に力強い味方となってくれるのでございます♪

 

↓は誤記です^^;

iwamotoさん、ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

 

※ご訪問下さる皆様、いつもありがとうございます。

4月4日から4月15日まで、また一時帰国致します。

皆様のブログへのご訪問も滞ってしまうかと思います。

また、その間コメントのお返事が出来なくなってしまいますので、コメント欄も閉じさせて頂こうと思います。

予め、お詫び申し上げますm(_ _)m

何卒、ご了承頂きますよう、お願いいたします。


恵み潤う奥山水田

IMGP0515_R

IMGP0525_R

 

IMGP0522_R

IMGP0520_R

毎度お届けしております、越後駒ケ岳と桐沢の田んぼです。

今は、雪解けが進み、田植えの準備も進んでいる頃と思います。

今年は去年と比べますと積雪も多かったようで、また、美味しいお米が頂けるのではないかと思います♪

 

さて、大変長らくお届けしておりました越後シリーズ、ようやくこれで最後です^^;

え?!どういうこと?^^;

実は、今日ご紹介したお写真はお正月に撮影した越後駒ケ岳です^^;

まさか、冬の一時帰国のお写真をここまで引っ張ることになるとは・・・。

でも、この様子が雪解けの風景と重なり、意外に違和感ないな~・・・と思いまして^^;

そして私は、既に春の一時帰国を終えて、また韓国へ戻って来ております^^;

その春の一時帰国の様子は、またこれから登場となるのでございます~^^;

 


用途判明?印象絶大風景 ~後編~

K_1P1635_R

K_1P1637_R

K_1P1639_R

K_1P1640_R

K_1P1638_R

K_1P1643_R

K_1P1645_R

K_1P1646_R

K_1P1652_R

K_1P1648_R

本日は、昨日ご紹介しました用途不明印象絶大な風景の後編です。

あのコンクリートブロックが並んでいるすぐそばには、1枚目の写真の左上方に見える壕がございました。

一体これは・・・?

恐る恐る中に入ってみました。

川口浩探検隊の気分でございます^^;

でも、中は待ったく深くなく、小さな部屋と窓があるだけでした。面白いのは、庇もコンクリートで窓にかぶさるようにできておりました(2枚目の写真)。

そして8枚目、あのコンクリートブロックの隙間を埋めるように更に小さなコンクリートブロックや土嚢が積んでありました。そこに作られた空間には、小さな椅子のようなものもありました。

 

ここまでご覧になって、皆様は、この設備(?)はどのような用途だとご想像されますか?

私は、パジュという立地から、これは所謂トーチかなのかな?と思いました。

これまでに実際にその用途で使われたのか?というと、そうではないようです。

コンクリートブロックに銃痕は見られませんでした。周りにやっきょも転がっておりませんでした。

 

う~ん、この様な事をブログで書いてしまっても良いのでしょうかね?^^;

もしかしたら、このブログは強制的に閉鎖されてしまうかもしれませんね^^;

なんて・・・。

特に立ち入り禁止などの表記はなかったですし、現に田んぼのど真ん中ですから。

まず、大丈夫・・・だと思います^^;


用途判明?印象絶大風景 ~前編~

K_1P1624_R

K_1P1626_R

K_1P1627_R

K_1P1634_R

K_1P1631_R

K_1P1633_R

K_1P1629_R

K_1P1654_R

K_1P1649_R

これは・・・一体?!

何かの遺跡でしょうか?

いや、コンクリートで出来ているようです^^;

立方体に近いものや、六角柱のものが、川の土手から田んぼにかけてずらっと並んでおりました。

その規模も、ご覧の通りハンパないです。

よく分からないのが、田んぼの上に並んでいるという事です。

ご覧の通り、その周りにはびっしりと稲の切り株が並んでおるのです。

 

実は、この場所も、一昨日のプラタナスの並木と同じく、パジュへ赴任当時に見つけた場所でした。

2月の半ば過ぎに、ようやく訪れることが出来ました。

この風景を見て、もう真っ先に浮かんだのは・・・。

そうです、黒顔羊さんのフィルムブログでよく登場するシリーズ、「用途不明印象絶大」でございます♪

語彙の無い私には、この言葉以上に適した言葉が浮かびません^^;

という事で、リーパクなのでございます^^;

黒顔羊さん、すみません~m(_ _)m

 

さて、その用途なのですが・・・もしかしたら?というシーンを見つけました。

それは、また、明日の後編でご紹介したいと思います~v^^


暮れなずむひと時

2017年4月18日FA77mmF1.8 Limited,Pentax K-1

K_1P1750_R

K_1P1748_R

K_1P1751_R

K_1P1762_R

K_1P1756_R

K_1P1753_R

「暮れなずむ」という言葉、私は長い間間違った意味で捉えておりました。

日が暮れていく、あるいはその様子・・・という意味で捉えておりました。

調べてみますと。

なずむ(泥む)という言葉は、物事が進まない、滞るという意味だそうです。

つまり、暮れなずむとは、太陽が落ちてもなかなか完全に暮れないという意味だそうです。

参照:毎日一問!日本語ドリル

特に春の夕暮れの様子を表すのに使われるようです。

確かに、日の短い冬の夕暮れを直前で経験しておりますので、春の夕暮れは長く感じますね♪

今日ご紹介したお写真の撮影は2月後半でした。でも日はどんどん長くなって行っておりました。

日没後、そろそろ帰ろうかな~・・・と思ってからも、意外に長いマジックアワーを楽しみながら川辺で拾い撮りしておりました。

さて、私がこの暮れなずむという言葉を最初に聞きましたのは、あの有名な曲「贈る言葉」です。

その歌詞が好きなのです。

 

 

暮れなずむ街のヒカリトカゲ(光と影^^;)の中

~(中略)~

人は悲しみが 多いほど

人には優しく できるのだから

~(中略)~

信じられると 嘆くよりも

人を信じて 傷つく方がいい

求めないで 優しさなんか

臆病者の いいわけだから

~~~~~~

 

という事で、海援隊の贈る言葉、YouTubeのリンク↓を貼っておきます♪

「贈る言葉」 海援隊


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。