PENTAX 67_4111-2_R

SIGMA APO70-300

一年の締めくくりシリーズ ゆったりした時間

こちらはだんだん寒くなってまいりました。現在0~-1℃。午後3時頃から、冷え込んできたように思います。週末にかけて、また雪模様だそうです。明日は、最高気温0℃、最低気温-3℃。典型的な越後の冬の気温です~。

寒く、でも決して寒すぎず、それほど大きな気温差は無いのですが、ず~っと寒い・・・

こちらでは、冬を通して大体±5℃くらいで推移します。-10℃にまで至るのはめったに無いです。あ、山は別ですが(笑)。

さて、本日も一年の締めくくりシリーズで参ります。

本日のお題は、“ゆったりした時間” です。

皆様、田舎のイメージってどんな感じですか?山があり、川があり、田んぼがあり、空が広く・・・などなど様々あると思うのですが、時間がゆっくり流れている場所、としてもどうでしょうか?

時折、出張などで都会に行くと、朝 電車を乗る時に気後れしてしまいます。皆さん忙しそうで・・・。越後では、冬が長いので春~秋の時間は絶対的には短いです。でも、なんだかゆったり流れているんですよね~。

そんな、越後の里山の四季ぞれぞれのゆったりとした時間を意識した作例です~。

K5_24785

「天に召される桐の花」

春の代表的な花、桐の花。田舎の大きな家のお庭には大体1本植わってます。田んぼの脇にも結構見られます。でも、それほど多くの人が被写体にはしていないような・・・

これは落ちた花ですが、こうやって見ると、可憐で美しくないですか?落ちた後もなお、その美しさを保っていて、ゆっくりと土に返っていくようで。

K-5+SIGMA APO50-150

K5_29811_2

「木漏れ日のトンネルを通って」

夏の午後、明るい日差しの中、仲の良さそうな女の子たちが桜並木のトンネルを歩いていました。公園に向かっている様子でした。

K-5+SIGMA APO70-300

K5_31936
「秋雨の中のお散歩」

雨が降っていたのですが、ふと雲の切れ間から日差しが現れました。すると虹が見えて、それを見つけたらしい家族連れが・・・。

女の子の差しているピンクの傘が印象的でした。

慌てて撮ったので、構図むちゃくちゃですが・・・(汗)。

これは、既出のお写真ですね~(汗)。すみません。

K-5+SIGMA APO50-150

K5_33408

「深雪を溶かす日差しに包まれて」

越後の農家のお宅には、こうした蔵があります。その傍には南天が植えられていることが多々あります。

なんでだろう?と思っていたのですが、南天は難転(難が転じる)と同音と言うことで縁起が良いとされているようですね。

昔から薬草としても使われていたようですし。

南天が明るい日差しを受けて、周りの深雪と対照的に見えたのが印象的でした。ゆっくりと雪を溶かす、冬の明るい日差しです。

K-5+DA★16-50


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。