PENTAX 67_4111-2_R

光と影

証拠を消し忘れた透明人間

Rollei 35_4148_R

透明人間シリーズと言いますと、これまた黒顔羊さんの専売特許です^^;

そして、フィルガソさんもそれに参戦してらっしゃいます。

という事で、私も遅ればせながらお仲間に入らせて頂きます~^^;

と・・・堂々とリーパク宣言でございますv^^

黒顔羊さん、いつもすみません~^^;

 

今日は、久しぶりのサンゴくんです♪

けーいちくんが来てからというもの、めっきりフィルム写真のエントリーが減りました。

このサンゴくんも、かなり久しぶりです^^;

実は、1月にフィルムを詰めたのですが・・・消費し終わったのは3月の頭でした。

そして、4月の終わりに登場・・・^^;

 

おっと、今日のお写真のご説明を忘れておりました。

雪が降った朝、少しお写んぽしてみました。

さすがに1月のパジュで雪が降った朝に、誰もベンチには座らないだろう・・・と思ったら、なんと誰かが座った痕跡が!

でも、足跡を消し忘れてらっしゃいました。

コナン君でなくても、犯人は分かりました!

・・・透明人間さんですv^^


錆銀の好奇心をくすぐる天才

K_1P1596_R

K_1P1576_R

K_1P1584_R

K_1P1586_R

K_1P1592_R

K_1P1607_R

K_1P1587_R

K_1P1601_R

K_1P1604_R

K_1P1610_R

K_1P1574_R

冬枯れの姿が迫力満点で、錆銀侍の心を鷲掴みにするこの木は・・・恐らく紅葉葉鈴懸の木(プラタナス)だと思います。

私が、パジュへ就任当初に仕事の現場へ向かう途中でタクシーの車窓から見つけた場所でした。

冷えた朝に、朝日が差し込む様子などは、実にフォトジェニックでございます。

残念ながら、まだ早朝には訪れていないのですが^^;

いつかは訪れなければいけない・・・と思っておりました。

2月半ば頃のある週末、意を決して訪れることに致しました。アパートから、徒歩30分くらいの場所にございます。

日中で最も気温が上がる、午後3時過ぎに到着いたしました。

やはり、逆光で見る姿が強烈ですね♪

お陰で、沢山のカットを撮らせて頂きましたv^^

 

さて、このプラタナスの花言葉

・好奇心

・天才

だそうです^^;

 

 


水面で共演する光と影

IMGP1008_R

IMGP1021_R

IMGP1018_R

IMGP0991_R

IMGP1054_R

IMGP1055_R

IMGP1060_R

パジュの川の水面に西日が落ちて、戯れておりました。

そこに冬枯れの木立の陰が映り込み、美しい絵を描いておりました。

それを知ってか知らずか、鴨さん達がアレンジを加えてくれました。

川辺のススキも、合いの手を入れて♪

水辺の美しいハーモニーに見とれておりました。

この時は、まだ川には氷が残っておりました。

水面となっているところと、氷面となっているところの反射の差が、これまた面白く。

最後のお写真では、その氷の上を鴨さんが歩いておりますv^^


川辺に凍り付く光陰

IMGP0719-2_R

IMGP0744-2_R

IMGP0746-2_R

IMGP0752-2_R

IMGP0747-2_R

以前ご紹介いたしました凍る川でございます。

ご覧の通り、川岸は真っ白になっていて、完全に凍っている様子です。

でも、中央部透明感があり、氷の下には流れがあるようです。

川岸の日陰になっている場所は、少し雪も残っておりました。

見るからに寒い風景でございます^^;

ススキは、風になびいて、そのまま固まってしまったようです(ウソ)^^;

ヒカリトカゲも、凍って動けなくなっているようでした(大ウソ)^^;

最後のお写真の、背景の左上に見えるゴミのようなものは、鴨の大群です(これホント)。

鳴き声を上げながら、餌場を移動しておりました。

ヒカリトカゲすら凍ってしまうほど(?)の極寒の中、鳥さん達は凄いな~と眺めていたのでございます。


猫が誘うヒカリトカゲ

暫く越後のお写真が続いておりました。

この辺りで、韓国の近況をお届けしようと思います。

近況と言っても、もう1カ月近く前のお写真ですが^^;

1月の半ば頃の週末、お天気が良かったのでパジュのアパート近くをお写歩に出かけました。

晴天で太陽の光が燦々と指しておりましたが・・・気温は氷点下でした^^;

ある一画が気になりスナップしていたところ、ある猫が目に入りました。

この日の最高気温-5℃・・・^^;

炬燵で丸くならなくて良いのか?と思いつつ。

日差しがあったせいか、そのにゃんちゃんも日向ぼっこしていたようです。

近づこうとすると、歩き出しました。

そのまま後をついて行って見えてきたのがこの風景でした。

IMGP0671_R

IMGP0672_R

IMGP0673_R

IMGP0663_R

IMGP0668_R

やはり、冬枯れの木のヒカリトカゲは迫力満点ですね~♪

おまけにパラレルワールドな雰囲気満点♪

にゃんちゃん、ありがとう~!

 

さて、今日のレンズは久々登場のFA43㎜ Limitedです。

パンケーキタイプながら、F1.9と明るく実に使いやすいです。

43㎜という画角も、標準としてスナップに最適と感じます。

やはりけーいちくんで使うとしっくりきます。

暫く、けーいちくんとこのレンズを使い倒さねば!と思った次第でございます♪


枯れ蓮畑に潜むヒカリトカゲ

まず最初に!

※フィルガソさん、閲覧ご注意ください~^^/

2枚目、シャワーヘッドがございます~^^;

 

さて、昨日に引き続きまして長岡市は大口の蓮根畑からお届けいたします。

今日は、しっかりと枯蓮をv^^

imgp0113_r

imgp0112_r

imgp0110_r

imgp0082_r

この日も、曇天でございました。

ただ、雲に流れがございまして、時折日が差しておりました。

その一瞬を見計らっては、枯れ蓮畑に潜むヒカリトカゲを拾い集めておりました。

シグマの標準ズーム、24‐70㎜ F2.8ですが、ピント面は実にシャープで、ボケも柔らかく良いのですが・・・

絞り環が絞っても円形に近いために、光条が実に出し辛いです!^^;

贅沢な悩みですが・・・^^;

黙って、FA43㎜ Limited付けろ・・・と叱られちゃいますね^^;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。