PENTAX 67_4111-2_R

光と影

ビルの谷間に差す春光

Rollei 35_4124_R

Rollei 35_4126_R

Rollei 35_4125_R

一枚目の冬枯れの木のシルエットなどを見ますと、本当に春の光か?!

と思ってしまいますね^^;

実際、撮影したのは確か2月の始めでした^^;

まだまだ寒い、冬の光なのでございました。

でも・・・今拝見しますと、なんとなく春の暖かい光にも見えてくるのでございます^^;

サンゴくんに入って、3カ月タイムカプセルとなっておりましたロールからの抜き取りでございました~^^;


アイシングシュガーに落ちる影

Rollei 35_4146_R

Rollei 35_4145_R

Rollei 35_4144_R

Rollei 35_4147_R

5月も半ばを過ぎて、これが降りたてのパジュの雪景色です・・・などと言っても信じがたいですよね^^;

という事で、これはアイシングシュガーを振り掛けた景色なのでございます~!

と言い切っておきます^^;

ピントやフレーミングが甘いのも・・・アイシングシュガーのお陰、という事で~^^;

 

※追記

因みに撮影は2月でございました~^^;

誤解を生む表現で、失礼致しましたm(_ _)m


買い物帰りに足を止めるヒカリトカゲ

Rollei 35_4131_R

Rollei 35_4132_R

こちらでの週末の内の一日は、大体家事をして終えることが多いです。

朝食を終えて片付けを済ませると、おもむろに洗濯を始め。

洗濯機を回しながら、部屋の掃除を済ませる。

観葉植物に水をやり。

洗濯物を干し。

そうこうしている内にランチタイム。また準備して、食べて、片づけて。

アフターランチのコーヒーを楽しみながら、ブログ訪問v^^

午後3時を回った辺りで、カバンにサンゴくんとショッピングバッグを忍ばせて、近くのスーパーへお出かけ。

次の週の月~金のメニューを考えながら買い物を終え。

お天気の良い日は、そんな帰り道に、ヒカリトカゲの通せんぼを食らうのでございます^^;

カメラバッグではなく、ショッピングバッグを抱えたカゲトリスト・・・不気味なのでございます~^^;


初春の光にあぶり出されたヒカリトカゲ

Rollei 35_4137_R

ここは、昨日ご紹介いたしました、パジュにあるDMZ最寄りのアウトレットモールです^^;

2回の回廊に備えられたベンチが、初春の午後の光を浴びて、透明人間さんが日向ぼっこしてそうなほど気持ちよさそうな場所でございました。

でも・・・あれ?

と思ったのです^^;

お日様の光は、このお写真で左から差し込んで来ておりました。

このベンチはその光りをほぼ正面から浴びていたのです。

なのに・・・ベンチのヒカリトカゲはそのベンチの前側に伸びているではございませんか!

おお~、ヒカリトカゲがあぶり出されてる~!

・・・^^;

いや、ベンチの背後にあるガラス窓に反射した光でしょ・・・と言ってしまえば、それまでなのですが^^;


あっとホームな光陰

Rollei 35_4142_R

Rollei 35_4141_R

あっとほーむ・・・At Home・・・?

どこが?

あ、いえ、これは「あっ」と思うような西日が差し込む駅のプラットホームで見つけたヒカリトカゲを、サンゴくんでささっと撮ったシーン・・・という事なのでございます^^;

 

連休も終わり、今日から仕事・・・

仕事始めに、つまらないオヤジギャグを飛ばす・・・このブログって^^;


逆さの夕景

K_1P1861_R

K_1P1867_R

K_1P1869_R

K_1P1866_R

K_1P1888_R

K_1P1876_R

水面鏡に映り込む夕景を眺めておりました。

日は上りながら沈むんですよね(笑)。

静水面に映り込む草木のシルエットが、夕焼け空に栄えて実に美しかったです。

こういうシーンに遭遇しますと、水面鏡フェチの私としましては、唯々撮らされるのでございます。

そんな時に、ぷらな~は美しい描写を提供してくれる、強い味方でございます♪


西日に向かう武骨な連中

K_1P1660-2_R

K_1P1666-2_R

K_1P1656-2_R

K_1P1657-2_R

K_1P1659-2_R

K_1P1658-2_R

K_1P1694-2_R

K_1P1663-2_R

K_1P1662-2_R

K_1P1669-2_R

K_1P1672-2_R

K_1P1690-3_R

あの、印象絶大なコンクリートブロック群が妙に気に入ってしまいまして、大量に撮らされました^^;

以前はFA31㎜でご紹介いたしましたが、シグマの20㎜でも撮っておりました♪

もう、一挙大公開ですv^^

ひとつひとつは武骨な表情のコンクリートブロックですが、ここまでの数が並びますとなかなかに壮観です。

夕日を浴びて、より一層印象的な表情を見せてくれておりました。


証拠を消し忘れた透明人間

Rollei 35_4148_R

透明人間シリーズと言いますと、これまた黒顔羊さんの専売特許です^^;

そして、フィルガソさんもそれに参戦してらっしゃいます。

という事で、私も遅ればせながらお仲間に入らせて頂きます~^^;

と・・・堂々とリーパク宣言でございますv^^

黒顔羊さん、いつもすみません~^^;

 

今日は、久しぶりのサンゴくんです♪

けーいちくんが来てからというもの、めっきりフィルム写真のエントリーが減りました。

このサンゴくんも、かなり久しぶりです^^;

実は、1月にフィルムを詰めたのですが・・・消費し終わったのは3月の頭でした。

そして、4月の終わりに登場・・・^^;

 

おっと、今日のお写真のご説明を忘れておりました。

雪が降った朝、少しお写んぽしてみました。

さすがに1月のパジュで雪が降った朝に、誰もベンチには座らないだろう・・・と思ったら、なんと誰かが座った痕跡が!

でも、足跡を消し忘れてらっしゃいました。

コナン君でなくても、犯人は分かりました!

・・・透明人間さんですv^^


錆銀の好奇心をくすぐる天才

K_1P1596_R

K_1P1576_R

K_1P1584_R

K_1P1586_R

K_1P1592_R

K_1P1607_R

K_1P1587_R

K_1P1601_R

K_1P1604_R

K_1P1610_R

K_1P1574_R

冬枯れの姿が迫力満点で、錆銀侍の心を鷲掴みにするこの木は・・・恐らく紅葉葉鈴懸の木(プラタナス)だと思います。

私が、パジュへ就任当初に仕事の現場へ向かう途中でタクシーの車窓から見つけた場所でした。

冷えた朝に、朝日が差し込む様子などは、実にフォトジェニックでございます。

残念ながら、まだ早朝には訪れていないのですが^^;

いつかは訪れなければいけない・・・と思っておりました。

2月半ば頃のある週末、意を決して訪れることに致しました。アパートから、徒歩30分くらいの場所にございます。

日中で最も気温が上がる、午後3時過ぎに到着いたしました。

やはり、逆光で見る姿が強烈ですね♪

お陰で、沢山のカットを撮らせて頂きましたv^^

 

さて、このプラタナスの花言葉

・好奇心

・天才

だそうです^^;

 

 


水面で共演する光と影

IMGP1008_R

IMGP1021_R

IMGP1018_R

IMGP0991_R

IMGP1054_R

IMGP1055_R

IMGP1060_R

パジュの川の水面に西日が落ちて、戯れておりました。

そこに冬枯れの木立の陰が映り込み、美しい絵を描いておりました。

それを知ってか知らずか、鴨さん達がアレンジを加えてくれました。

川辺のススキも、合いの手を入れて♪

水辺の美しいハーモニーに見とれておりました。

この時は、まだ川には氷が残っておりました。

水面となっているところと、氷面となっているところの反射の差が、これまた面白く。

最後のお写真では、その氷の上を鴨さんが歩いておりますv^^


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。