PENTAX 67_4111-2_R

桐沢

季節外れ感のない正月風景

まず最初に。

本当は、一昨日のエントリーで正月一時帰国シリーズを終えたはずだったのですが^^;

一度組んだエントリー順番を、途中で弄ってしまったがために、こんなことになってしまいました^^;

すみません、今日がホントの最後になります~^^;

 

 

2017年の正月を過ぎて、もう4カ月過ぎようかと言うのに、季節外れ感がないとは一体どういう事だ?!

と、お思いなのはごもっともでございます^^;

ただ、1月2日に見たこの風景は、まるで越後の3月終わりから4月にかけての風景でございましたv^^

IMGP0500_R

IMGP0497_R

IMGP0499_R

IMGP0495_R

田んぼには、所々に雪解けの水たまりが出来、

山の木々はすっかりと雪を落とし、

空の雲は割れて太陽が顔をのぞかせる。

越後の春の訪れでございます♪

でも・・・本当は、年末に少し積もった雪が、融けて来た風景なのでございます^^;

今の今まで引っ張って、待った甲斐がございました・・・って^^;

今頃は、まさにこんな光景を目にすることができると思いますv^^


恵み潤う奥山水田

IMGP0515_R

IMGP0525_R

 

IMGP0522_R

IMGP0520_R

毎度お届けしております、越後駒ケ岳と桐沢の田んぼです。

今は、雪解けが進み、田植えの準備も進んでいる頃と思います。

今年は去年と比べますと積雪も多かったようで、また、美味しいお米が頂けるのではないかと思います♪

 

さて、大変長らくお届けしておりました越後シリーズ、ようやくこれで最後です^^;

え?!どういうこと?^^;

実は、今日ご紹介したお写真はお正月に撮影した越後駒ケ岳です^^;

まさか、冬の一時帰国のお写真をここまで引っ張ることになるとは・・・。

でも、この様子が雪解けの風景と重なり、意外に違和感ないな~・・・と思いまして^^;

そして私は、既に春の一時帰国を終えて、また韓国へ戻って来ております^^;

その春の一時帰国の様子は、またこれから登場となるのでございます~^^;

 


恵は轟音と共に

PENTAX 67_4120_R

PENTAX 67_4119_R

4月半ば・・・今の越後の山では、春の日差しを浴びて雪がどんどん融け、その水はあちらこちらで滝を作り、川に流れ込んできます。

その流れは、轟音と共にやって来ます。

轟音の流れは田畑に注がれ、稲や農作物を育みます

 

とはいうものの、今日ご紹介したお写真は今年の正月に撮影したものですで、まだまだか弱い流れになっておりますが^^;

今頃は、この倍の流れが轟音を上げていることでしょう~♪

 

さて、一昨年の11月に入手しましたADOX CMS20Ⅱの6本組も、この年末~お正月に最後の二本を消化致しました。

そして、今日ご紹介するお写真が最後の二枚ですv^^

ちょっと、このフィルムが使用された面白い記事を見つけました。英語なのですが・・・^^;
Comparing the Image Quality of Film and Digital

この記事では、デジタルカメラとフィルムの画質を主に解像度という点に着目して比較しておりました。

カメラはNikonのD800E(35.9×24.0㎜ 3630万画素)とPhase OneIQ1 80(53.7×40.0㎜ 8000万画素)で、フィルムカメラはMamiya7です。フィルムはカラーはVelvia50/100Fで、B&WがADOX CMS20Ⅱでした。

この比較ではD800Eは中判フィルムに完敗でした。そして中判フィルムはIQ1 80と良い勝負という事でした。

面白かったのは、Velvia50ではIQ1 80に軍配が上がるのですが、ADOX CMS20Ⅱはがっぷりよつという結果です。このフィルム恐ろしいほどに解像します。

なかなか興味深い記事でした。

けーいちくんのセンサーはD800Eとほぼ同じ解像度ですね。リアルレゾリューションを使っても、厳しいかな~。

やっぱり、まだ中判銀塩には敵わないですね~^^;

しかしながら、Phase OneのデジタルバックIQ1 80は旧式ですが、270万円ほどです・・・ToT

システム(ボディ、レンズ)であれば、軽く300万円オーバーですね。

とてもじゃないですが、手が出ません。

そう考えますと、10万円出せばかなり上等な中判銀塩がシステムで手に入りますので、30分の1くらいの投資でIQ1 80クラスの画像が手に入るというのはありがたい限りです。

 

 

※ご訪問下さる皆様、いつもありがとうございます。

4月4日から4月15日まで、一時帰国しておりました。

その間、ブログ活動も休止しておりました^^;

本日から、またボチボチと参らせて頂きます^^;

何卒、よろしくお願い致しますm(_ _)m


雪解けの頃・・・大ウソ

また、春の一時帰国の季節がやって参りました。

この季節の越後の里山は、雪解けの光景で溢れております♪

早速、バケペンで撮影した雪解け風景のご紹介です~・・・などと、またしても大うそを付いております^^;

今日のお写真は、実は、先の一時帰国の際に、お正月の2日に撮影したものです。

まさか、正月の写真を4月にご紹介することになるとは思いませんでした。

そして、私は、次の一時帰国を迎えております^^;

PENTAX 67_4118_R

PENTAX 67_4117_R

この撮影の数日前に降った雪も、ご覧の通り直ぐに解けて来ておりました。

そして、この様子はまるで今の、雪解けを迎えた越後の風景そのままなのです。

まさか、正月の風景とは思わない程でございます。

唯一らしくない・・・と言えば、このどんよりとした鉛色のお空です。

まあ、それも、モノクロにしてしまうと分かりませんね^^;

 

かくして、全く季節外れ感のない4カ月遅れのお写真のご紹介と相成りました。

今、越後で撮影しているお写真も、恐らくこれと殆ど変わりないのだと思います~^^;

すなわち、それがまたこれから登場してくるという事でございます^^;

何卒、お付き合いのほどを~^^;;;

 

 

※ご訪問下さる皆様、いつもありがとうございます。

本日から4月15日まで、また一時帰国致します。

皆様のブログへのご訪問も滞ってしまうかと思います。

また、その間コメントのお返事が出来なくなってしまいますので、コメント欄も閉じさせて頂こうと思います。

予め、お詫び申し上げますm(_ _)m

何卒、ご了承頂きますよう、お願いいたします。


雪解けの始まり

IMGP0406_R

IMGP0417-2_R

IMGP0405_R

IMGP0411-2_R

今日のお写真も、昨日に続きまして、昨年の大晦日に撮影したものです(汗)。

毎度、季節外れのお写真、恐縮です~^^;

さて。

ここは、駒ケ岳の麓を流れる水無川の支流です。

夏場には、水が枯れることもある小さな川です。

この時は、まだ雪が降り始めたばかりの頃でした。

その雪が既に解けて、雪解けの流れを作り始めておりました。

今は、本格的な雪解けのシーズンが到来している頃と思います。

恐らく、この時の倍以上の流れが轟音を立てながら岩に当たりながら下流へ向かっていることでしょう。

最後のお写真は、川の流れに三脚を据えて、水面近くにカメラをセットして撮影しておりますが、本格的な雪解けの際には、流れの中に三脚を置くのは至難の業です。そして、水しぶきもとんでもございません^^;

でも、あの轟く雪解け水の流れの音を聞きますと、心が晴れやかになります。

何だか、心の中を一気に洗い流してくれるような、そんな気持ちが致します。

そろそろ、次の春の一時帰国の時期になって参りました。

また、春の森を散策できるといいな~♪と、思っておりますv^^


恵みを湛える山々

IMGP0357-2_R

IMGP0358_R

IMGP0355_R

IMGP0359-2_R

新潟県は、日本では豪雪地域として知られておりますが、この雪が天然のダムとなってくれます。

2000mクラスの山には、6月下旬頃まで残雪が見られます。

お陰で、降水量の少なくなる夏場も水不足に悩むことがございません。

そしてその水が、越後の稲作を支えております。

この景色を見ると、安心するのでございます。

 

さて、2月16日現在の魚沼地域の積雪情報を確認してみました。

南魚沼市の市庁舎の積雪は、150㎝程でした。累積積雪量は650~780㎝との事です。

スキー場を見てみますと、湯沢あたりのスキー場で250~300㎝程度でした。

少し少ないかな~?という印象ですが、まずまずだと思います。

今年もまた、美味しいお米が頂けるのではないでしょうか。

秋の実りを楽しみにしたいと思います。


雪の華咲く桜道

IMGP0342_R

IMGP0339_R

IMGP0338_R

IMGP0337_R

IMGP0345_R

ここは、南魚沼市 桐沢にございます桜並木です。

背景に越後三山のひとつ、駒ケ岳を望める場所で、桜の咲く頃に訪れる場所です。

水無川沿いの土手にもなっておりまして、ススキも豊富でございます♪

今日ご紹介したお写真は、昨年末の大晦日の様子でございます。

ご覧の通り、降ったばかりの雪が枝に白い華を咲かせておりました。

4月の終わり頃になれば、今度は薄紅色の花が咲くことでしょう♪

今年は、それを拝めるか?

ちょっと無理かな~?^^;

また、機会のある時に、寄らせて頂こうと思います。


白の情景

IMGP0348_R

IMGP0352_R

IMGP0353_R

IMGP0350_R

IMGP0346-2_R

雪に覆われ始めた山や田畑。

空さえも、白い雲に覆われ。

白の世界が始まっておりました。

長い、越後の冬の始まりでした。

 

もう、3カ月以上前の話でございます・・・^^;

今日はひな祭り。

様々な世代の女の子の皆様、おめでとうございます♪


雪ん子

越後の子供は、しばしば雪ん子と呼ばれます。

豪雪地帯の子供という事ですね。

息子も、私に似たのか雪は大好きです。

私が雪山へ遊びに行っても、ついて来て、一人で遊んでおります。

ほっぺを赤くして・・・まさに雪ん子なのでございます♪

IMGP0506_R

IMGP0508_R

IMGP0510_R

IMGP0511_R

IMGP0490_R

IMGP0456_R

IMGP0458_R

IMGP0462_R

カメラを構えている私に、平気で雪玉をぶつけてきます^^;

おおお~、ち~とタンマ!

このレンズは、防塵防滴じゃないぞ~!^^;;;

悪童めが!

私も、負けずに応戦するのでございますv^^

やはり、私には、防塵防滴が必要なのでございます^^;;;


苔生す雪渓

IMGP0393-2_R

IMGP0396_R

IMGP0395_R

IMGP0398_R

昨日ご紹介いたしました、雪山行脚での目的地の一つがここでした。

これまで、春~秋のご様子は何度もご紹介してまいりました場所でございます。

大体がバケペンでの撮影でした。

今回は、けーいちくんとトライしてみました。

ご覧の通り、まだ雪景色・・・というには早く、雪はまばらでございました。

杉林のど真ん中ですので、かなり積雪がないと埋もれていきません。

ただ、ここに来るまではあっという間に数mの積雪となりますので、真冬はなかなかこれません^^;

今回は、雪が少なくて来れました。ラッキーでございました♪

ここは、木々や岩が苔生して美しいんです。

その色をお楽しみ頂きたく、カラーで出しました。

撮影したお写真は、曇天日陰という条件もあり、AWB(オート・ホワイト・バランス)ではもう少し暖色系の色でした。少し撮影時の印象と異なりましたので、後でLightroom CCでWBを寒色系に振っております。

それにしても、けーいちくんのはじき出すカラー写真が、良いんです♪

K-5やK-7から比べると、圧倒的に忠実に再現してくれているように感じます。

また、多少Lightroom CCで弄っても破たんしません。やはりトーンが豊富なのだと思います。

お陰で、幣ブログでのカラー写真率も上がりつつあるような気がします^^;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。